雨上がりの僕らについて(2)

amemagar no bokura ni tsuite

雨上がりの僕らについて(2)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神31
  • 萌×214
  • 萌7
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

181

レビュー数
6
得点
234
評価数
55
平均
4.3 / 5
神率
56.4%
著者
らくたしょうこ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
一迅社
レーベル
comicPOOL
発売日
電子発売日
価格
¥780(税抜)  
ISBN
9784758017053

あらすじ

この先何度泣いたって、きっと大丈夫

pixivコミックで約16万いいねの、涙が出るほど尊いBL、完結!
最終話はコミックスだけの30ページ描き下ろし!

恋に臆病だった青年・奏は
高校時代の親友・真城のまっすぐな想いに向き合い、ついに恋人同士に。
すべてが初めての、甘酸っぱい日々が始まった。
そんな時、真城の母親が突然訪ねてきたことで
いつも明るい真城が心に秘めていた事情が明らかになり……。

表題作雨上がりの僕らについて(2)

真城洸輔,サラリーマン,高校時代の親友
奏振一郎,出版社営業マン,高校時代の親友

その他の収録作品

  • 最終話(コミックス描き下ろし)
  • あとがき
  • 朝うどん(カバー下漫画)
  • 浮かれマン(カバー下漫画)

レビュー投稿数6

朝うどん

表紙の笑顔がいい!

◾︎真城(表紙左)×奏(表紙右) 高校の同級生 社会人
あとがき読んで一般レーベル作品なんだと気づく。そうだったのか!その割にはきっちりBLしてましたね。少女漫画っぽさや、母親の絡み具合はたしかにBL漫画テンプレとは違いました。そこも面白かった。

連載で読んでる間「母憎し」でしたが、どうも切ない。愛する人を失うとはそれほどのことです。また真城か父親にそっくりでカッコいいから辛い。
再会時の真城のゴリ押しも奏が望んでなければ迷惑かもしれない恐ろしさが描かれていました。

真城まだ若いからいいけど、ちょっと油断したらめちゃくちゃ太るんだろうな。でも熊系になっても奏の愛は変わらないだろうな。
この2人普通に喧嘩できるとこも好きです。あと朝チュンシーンの「時が止まってしまえばいいのに」からの「さすがに飽きてきたな…」には笑った。そうよ…トキメキだけでは飯は食えないのよ…

近影部分に書かれていた通りまさに「ふたりのこれからはどんなかなー」という気分なので、喫茶店に入店する2人から始まったこの作品、またちょっとずつ真城と奏を小出しにしてくれたら嬉しいです。

0

雨が上がったその先は、

自分の欲を抑えがちなワンコ攻×臆病で照れ屋さんなゲイ受。
それぞれの関係性や性格がとてもリアルで……!

母親との関係性から、自分の欲望をいつも後回しにしてきた攻が、受にだけは欲を我慢できずにぶつけたり、やっぱり尻込みしてしまったり、な案配がすごくリアリティがあって焦れキュンが止まりませんでした。
そして1巻では受け身が多かった受が、攻のために頑張る姿もいじらしくて、攻と一緒にいられて嬉しい、幸せ、が全身から伝わってくるので「恋の力って偉大だなぁ……//」としみじみ浸ってしまいます。
完全に結ばれたあとも喧嘩しながら愛を育んでる様子がとってもキュート。
ふたりの同棲生活を壁から見守りたくなる、温かくて素敵なカップルでした。

1

必見の描き下ろし。

前回から引き続き主に奏視点で進みますが、今回の主役は真城。
1巻で明かされた真城の薄暗い家庭事情にさらに切り込んでいきます。
ついに恋人になったふたりの甘酸っぱいやり取りを交えつつも、心が苦しくなるシーンを含むストーリーでした。

読み始めてまず思ったのは、奏がキラキラしてる!ということです。
「寂しくないってすごいよね」から始まる、奏が自分の内に生じた変化を語るシーンが印象的。
これまでの孤独と、真城がいる幸せの両方が迫ってくる台詞が胸にじんと響きました。

前巻で、真城に彼女ができ奏が涙する場面を見た時から「奏って実は芯の強い子なのでは…?」と思っていたけれど、真城と結ばれたことで本当に表情が明るくなりました。
相手の存在が自分の糧となる、そんな真城との恋愛関係が素敵。

今回、真城の母というかなりハードな相手と対峙することになりましたが、部外者扱いされようと、手が震えようと立ち向かう奏に励まされました。
母親が絡むと情緒不安定になる真城を初めて目の当たりにして、すごくびっくりしただろうに。
奏、よく頑張ったよ…(涙)

重い問題ときちんと向き合って、最終話では身体も結ばれるふたり。
最終話はpixiv未掲載の描き下ろしになります。
か、奏の可愛さが炸裂してる…!!

叫びたい萌えポイントがたくさんあるのですが、せっかくの描き下ろしなので詳細は控えますね。
個人的には、翌朝ベッドの上で目覚めてからの流れがすごく好き。
ちゃんと甘いんだけど、ドラマチック過ぎず、日常感が滲んでいて最高でした。

読了後に表紙を見返すと、奏と真城の笑顔がより素敵に感じられます。
「この先何度泣いたって、きっと大丈夫」
帯の言葉通り、あたたかい未来を思い描ける完結巻でした。

0

心理描写が繊細な良作

1巻とあわせて、とても好きな作品になりました。
本当に優しくて素敵な作品なので、どうか多くの方に1度手に取って貰いたい気持ちでいっぱい。
最近BLを読み始めたばかりだよという方にも、結構読んでいるよという方にも全力でおすすめしたいです。
ネタバレ無しの真っさらな状態のまま、ゆったりとした2人の足跡を追って欲しい。
特に、ストーリーと心理描写を重視する方!ぜひ。

6年ぶりに再会した高校の同級生同士の、ゆっくりと進む大人の遅い青春と恋の物語です。
穏やかに、ゆっくり1歩ずつ進む2人の交流が可愛かったり、甘酸っぱかったり、きらきらとまぶしかったり、時にはほろ苦かったり。
読み終えた時に、きっと心に何かを感じるシーンが1つ、いや、2つ以上は残ると思う。

こちらの作品、BL作品ではあるものの、一般レーベルから出版されています。
だからなのか、BLならではのきゅんとするシーンも沢山あるんですけど、それと同時に、等身大な人の心が描かれていいます。これがすごくリアルで、登場人物達の背景に厚みと説得力を持たせている。
心理描写や、ふとした時の表情が本当に丁寧で、さり気ないのに胸にグッときてじんわりとするものばかりなんですよ。
BLのLの部分以外も、普段BLを読まないという方でもキャラクターに入り込みやすいようにかなり繊細に描かれている気がしました。

人間は大なり小なり、目に見えない何かを抱えて生きているじゃないですか。
メインに描かれているのは、人が人に恋をする楽しさだったり、嬉しさ、幸せなんです。
その中で、それぞれが抱えたものが自然と見えてくるというのかな。
らくた先生の、人や感情の描き方が本当にお上手なんです。すごく伝わる。
大切に描かれているのが分かる。
だから攻めにも受けにも愛着がわいてしまうし、愛しくてたまらなくなる。
優しくて可愛らしくて、でも心に何かが沁みるお話なんです。
上手く言葉に出来ませんが、とにかく読んで欲しい。

そしてその後に、らくた先生がTwitterとpixivで公開されている「夏の喫茶店」を読んで欲しい。
ああ、いいな。と、心に優しく響くものがある作品です。

1

どんな時も2人でいれば大丈夫!

『雨上がりの僕らについて(1)』の続編です。

サラリーマンの真城 洸輔くんと高校の同級生でサラリーマンの奏 振一郎くんのお話。

前作は、高校卒業後は音信不通だった真城くんと東京で偶然再会した奏くん。
友人関係を続けたいと思っている真城くんに、奏くんは自分がゲイであること、高校の時に真城くんが好きだったことをカムアウトします。
これで終わりかと思ったら、真城くんの返答は「お前のこと好きだから」でした。
お互いの気持ちを伝えたことで付き合い始めた2人ですが…。
今作は、その続きになります。
好きな人と付き合うことが初めての奏くんは真城くんのことを考えるたびに感じます。
「俺の世界に俺が1人じゃなくなったんだ」

pixivで連載を追っかけていたので、コミックスで読めて本当に嬉しいです。
ゆっくり進む2人を見守りながら、それぞれが抱えている問題がどうなるのか心配でした。
真城くんは精神が不安定なお母様の存在があり、奏くんは過去の経験から憶病になっている…。
でも、2人は問題に向き合い、ちゃんと乗り越えました。

ある日、真城くんのお母様が訪ねて来たことで一変します。
本音で話し合った2人がお母様に対峙した場面にはジーンとしました。
結果、お母様には辛い思いをさせてしまったかも知れませんが、これで良かったと思います。
家族の問題はすぐには解決しません。
この先、真城くん家族が少しずつでも話し合いが出来たらいいなと思いました。
一方、奏くんも真城くんとの距離を縮めたいと描き下ろしで頑張ります。
あの日は真城くんの様子がいつもと違って怖くなり拒んでしまったけれど、今夜は一緒に居たい…
「今日は帰らなくてもいいですか」

当て馬は、やはりお母様ですかね。
完全に毒親ですが、愛する人を亡くしたお母様の心の寂しさもわかります。
本当は誰も悪くないのですよ…。
脇キャラでは、前作からの喫茶店のマスターと姪ちゃん、奏くんの同僚の金森さんと藍沢さんが登場します。
奏くんにフラれた藍沢さんが新島さんとお付き合いしているみたいで良かったな~。

Hシーンは、本編ではありませんが描き下ろしであります。
らくたしょうこ先生があとがきに記載していますが、BLですが一般レーベルからの出版なので「あれ」に関しては慎重だったようです。
でも、「あれ」がなくても2人の心と身体が繋がったことがわかりましたよ〜。
お約束の小鳥も「チュチュン!」と鳴いています(笑)

描き下ろし『最終話』
コミックスだけの30Pの最終話は必見ですよ!
とても良い最終話だと思います。
ぜひコミックスを読んでいただきたい。

真城くんの家族の問題や奏くんのゲイであるが故の葛藤など重いテーマを取り上げているのですが、らくたしょうこ先生の可愛い絵柄と魅力的なキャラで暗くならずに最後まで読み進められました。
タイトルの通り、雨が上がって陽が射し始めたような素敵な作品に仕上がっています。
未来に向って、2人のペースで歩いて行って欲しい。

陽だまりのようなピュアな大人のラブストーリー。
BL初心者の方はもちろん、癒されたい方にもおすすめです。

1

雨が上がって光がさすように…

ゆっくり育んできた恋も、いよいよ完結です。
恋愛に探り探りな不器用さが、焦ったくも可愛いと思ってしまいました。これって大人の青春だよなあ。

2巻では、恋人同士になった2人のあれこれ、真城と母親との確執について描かれています。
最終話が描き下ろしなのですが、Hも少しだけあります!


ーー俺の世界に俺が一人じゃなくなったんだ

奏のこの詩的なモノローグに心打たれました。
このモノローグから今までの寂しさも、今の心強さも全部伝わってくる。
真城と再会して、奏の世界がガラッと変わっていくのが分かる。
奏が真城にボーっとときめいているのを見て、一緒にキュンキュンしました♡

高校時代の2人がスカバにいく特別編があるのですが、そのエピソードが面白くて可愛くて悶えます!
2巻の中で一番好きなお話です。萌えすぎて苦しい♡

そして、1巻から続く真城の憂いの原因である母親登場!

父親が亡くなってから心が壊れてしまった母親。
適当に笑って流して考えないようにして……そのツケが回ってきてしまったかのような状況。

「お前は自分の気持ちを無視してるだけだ 我慢するな」

5話で奏が真城に言ったセリフが、ここで効いた気がしました。
初めて母親に言いたいことをぶつける真城。
奏が受け止めて隣で支えてくれたからこそ、正面から向き合えたのだと思う。

「愛情って何?」
真城の問いの答えは、〝自分に素直になることと、相手を思いやること〟その両方だと思う。
真城を思いやれなかった母親が奏に勝てるわけがない。

相手を思い合う日々がずっと続くことの幸せを教えてくれる、素敵なラストに胸アツでした。
母親とのことはモヤっとしたものが残ってしまいましたが、親なら子の幸せを願ってほしいし、真城が望んだように、いつかお母さんにも幸せになってほしいと思います。


pixivにて最新の特別編が公開されています。
本編読了後にお楽しみ下さい!
1巻に登場した出会い系のあの変態男が……⁉︎と、いうお話;

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う