百と卍(4)

momo to manji

百と卍(4)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神43
  • 萌×218
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
8
得点
297
評価数
65
平均
4.6 / 5
神率
66.2%
著者
紗久楽さわ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
祥伝社
レーベル
on BLUE comics
シリーズ
百と卍
発売日
電子発売日
ISBN
9784396785178

あらすじ

ふたたびの契りをへて、
好きの気持ちが、あたたかく
身も心も満たす小春日和。

百樹には、云わねばならないことがあった。
卍にも、怖れず過去と向き合ってほしいから…。

火消し四天王たちの絆、
千と兆のいびつな繋がり、
そして、絶世の美少年陰間・十五夜の
生き様を描き出した番外編も収録。

絡まる縁は、さらなる深みへ…
陰陽いりまじる第四巻。

表題作百と卍(4)

万次(卍),元火消しの笛吹き
百樹(百),元陰間

同時収録作品百と卍(4)

千,火消し時代の卍の相棒で今はヤクザもの
億政,彫り物師で千の恋人

同時収録作品百と卍(4)

千,火消し時代の卍の相棒で、今はヤクザ
兆,億政の双子の兄弟で船頭

同時収録作品百と卍(4)

七松
十五夜,絶世の美少年の陰間

レビュー投稿数8

繋がり始める男たちの縁

今巻は百と卍の他、火消し四天王の男の熱い絆や千と兆の歪な因縁、
以前名前だけ出てきた美貌の陰間・十五夜とまわしの七松の恋など
物語の脇を固める人々のエピソードも収録されておりました。

前巻では結婚式もとい、今一度の契りを交わし、
新たな一歩を踏み出すことを誓った百と卍。

今回は百に切ない想いを寄せる女の子の話から始まり、
熱くエロス漂う相撲見物、二人の新・愛の巣の下見噺などなど。

お百のぷるんぷるんの桃尻に見惚れ、相撲オタクな卍の意外な一面にニヤけ、
激しい種付けセックスに鼻血を堪え、百にあーんを要求しちゃう卍に悶え、
そんな相も変わらず、甘く、艶めかしく、仲睦まじい二人ですが、
今回は前巻での誓い通り、変わろうとする百に続き卍にも変化が-。

叔父や火消し仲間たちからいつまでも
逃げ続ける卍に「向き合え」と喝を入れる百。

背を向ければ、まっすぐにそれを咎め、
卍が進めるよう信じて背中を押してくれる百。
それに対して素直に「ありがとう」と言える卍。
これって対等だからこそ、できるやりとりだと思うんですよね。
こうして心の奥深くまで踏み込むことを許すのも、踏み込むのも
信頼がなければできないし、愛がないとできないことで、
そんな二人の関係がとても心地よくて、好きだ。

そして、最後は火事の現場に居合わせた卍と
元・火消し仲間たちが遂に鉢合わせしてしまいます!

一瞬前まで百と笑い合っていた卍の表情が凍り付き…
めちゃくちゃ気になるところで終えてしまいます!
ええ!!ここで終わり!?一体どうなるの?
次回、修羅場か?卍の火消し復活か?

火消し四天王たちの章では末吉や貞九郎の過去にも触れられ、
ようやく一人一人の人柄がわかってきました。
短気だけど本当は心優しいツンデレな季吉が可愛らしかったです♪
実は貞九郎のこと…?なんてBL脳で期待しちゃってすみませんでした(笑)
粋で男の熱い友情で繋がる四天王に心癒されました。

四天王のお話が陽なら、千と兆のお話は陰。
この二人はどうにも一筋縄ではいきそうもありません。

千と億政の過去が明かされ、なぜ千がこれ程までに荒み、
クズ野郎に堕ちてしまったのか、ようやく腑に落ちました。

溺れるように、心から億政を愛していた千。
本気の恋だったからこそ、今もまだ億政を失った絶望から抜け出せず、
卍にちょっかい出したり、兆に億政の面影を求めてしまうんですね。
そして、その度に喪失感に苛まれ、もがき苦しみ続けのエンドレス…

現段階では全くハッピーエンドは見えて気ませんが、
きっと兆の恋が報われ、千も救われる展開に向かいますように…

番外編『十五夜懺悔』はかつての巴屋一の売れっ子陰間の“十五夜“のお話。
十五夜が“まわし”の七松と共に見世を出て行くまでの顛末が描かれます。

十五夜がド迫力の絶世の美青年でした…!
本作中では卍や兆など幾人もの美形が登場しますが、
その中でも群を抜いて、ため息が出るほどの麗しさでした。
見る者を惑わすそれは、もはや魔性。
七松も初めて出会った瞬間から十五夜の美しさに心囚われてしまいます。

十六夜でも、客の誰でもなく、七松を選んだ理由はなんだったんだろう。
七松が自分だけを見て欲しいと願ったように、
十五夜も自分だけを見てくれる人を求めてたのかしら…

外見は絶世の美女だけど、去り際の仁義の切り方はとっても男前でした。
引き際まで美しい十五夜様に惚れ惚れ致しました。

描き下ろしは醒と百の昔のお話。
2ページだけど、泣きました。
改めて、醒の百への兄弟愛を噛み締めました。
いつの日か、二人がまた再会し、わだかまりなく兄と弟として、
抱き合える日がやってきますようにと願わずにいられませんでした。

6

過去、そして。

待ちに待った『百と卍』の4巻。
「江戸時代」に対する紗久楽さんの愛情と情熱をひしひしと感じる今作品ですが、この絵柄がこの世界観にぴったり合っていてそれも良き。最高か。

で、緻密な下調べ、この絵柄に萌えを感じるわけですが、ストーリーがこれまた最高。男同士の恋、プライドをかけた男の張り合い。よくぞここまでいろいろなものを混ぜ込んでストーリー展開できるなあといつも感心します。

4巻は前三巻の伏線を回収しつつ、百と卍の過去と現在が交差する、そんな展開でした。ネタバレ含んでいます。ご注意ください。






4巻は百に恋心を寄せる「るい」のお話からスタートします。
空けても暮れても想うのは百のことばかり。けれど、百はここから愛する卍がいるので当然おるいちゃんの求愛を受け入れることはできなくて―。

何が素晴らしいって、序盤の百と卍の濡れ場。
百ちゃん、張り型を自分で用意してそれを使ってあれやこれや致すわけですが、この慣れた感じがかつての陰間時代を彷彿とさせる。

それでいて、その張り型とおるいちゃんの存在を介し今は卍一筋なのだということをきちんと交差させて描いています。

二人の甘い描写で始まり、うんうん、今巻は甘々な展開かな?と思わされましたが、紗久楽さん作品ですもんね。ンなわけない。

二人の甘い生活と対比するように、いや、だからこそ、かな?
二人の過去に焦点が当たっていきます。

まず卍。
火消し時代の「を組」の面々が登場します。

えー。
一言でいうと、

カッコよ!

町の人たちの安全のために身体を張って火消しを行う彼らですが、だからこそ、ともに火消しを行う仲間たちには他人が割って入れない絆がある。いやいや、これ、ラブあるでしょ…。いやあってください!と、所望してしまう絆がある。

粋な男たちに惚れ惚れしたと思ったらお次はややシリアス展開。
前巻で登場した、卍の火消し時代の相棒であり身体の関係もあったであろう千のお話に移行していきます。

千が愛してやまなかった彫り物師の億政、そしてー。

卍と対立したこと、百にマウントとってきたこと。
そういった過去から千にいい印象がなかったのですが、ヤバい…。
千がカッコ良い。
彼は愛する人たちから、ことごとく(いろいろな意味で)手を離されてきたんだなあ…。切ないです。

人間関係が複雑で、それでいて、すべてが繋がるこの展開。
素晴らしいです。

終盤は百ちゃんの陰間時代の先輩たちのお話。
これも良い。
十五夜がカッコよすぎて悶絶する。

おそらく過酷な過去を持ちつつ、常に高みを目指し屈しない。

『百と卍』にはたくさんの萌えポイントが存在していますが、その一つにキャラ設定があると思う。

どんな人にも、影も闇も、そして光もある。
そして、それらは「愛」によって姿を変える。

良くも悪くも、人は自分を取り巻く人たちによってどうとでも変わっていくんだと。
「過去」ではなく、これからをどう生きるのかが大切なのだと。

4巻は、卍の「これから」を大きく左右する重要な巻だったように思います。
「を組」の面々、千の存在。
そしてもちろん百ちゃん。

本編も良かったですが、描き下ろしも泣けた。

一言でいうと、最高。
最高な神作品でした。

5

今後の布石がゴロゴロしてます

相変わらずの見応えで面白かったです。

しかし、今回ちょっと読みにくかったような?
脇CPがカップル未満で複雑な感情が入り乱れるせいか、
ちょっとゴチャッとしてて理解に時間がかかりました。
(単に私の理解が悪いだけかもですが…)

その点で言えば卍と百のわかりやすさは良い対比になっているのかもしれません。
それだけ彼等がストレートに愛し合って言葉を紬合っているということですもんね。
卍と百は相変わらずなイチャ甘を楽しめました////

少しマイナスなことを書きましたが、
脇CPの関係性には仄暗い感情に萌えるものがある…!
読むのが難しかっただけでストーリー自体は大満足でした♪

今回は大きく分けて3つのお話が収録されています。

◆卍(万次)×百樹
安定した日常の甘々から新章への足がかりが描かれます。

個人的一番の衝撃は色んな意味で『相撲』!

いや~~~~~~相撲がこんなにエロいとは…!!!
相撲を見てるときの百はゾクゾクと欲情しちゃってて、
相撲ってそんなスポーツでしたっけ?ってなるんですが!
これがま~~~すっごくカッコイイんですよ。
表情とか動きとか描写に迫力あって惚れ惚れしちゃう。

んで卍の相撲オタっぷりも面白いw
百が相撲を褒めちぎると、
卍が「心地よきの全肯定」でドヤ顔するのがツボ♪
相撲のエロさに当てられて盛り上がる卍×百のエッチもめっちゃ熱々でした♡♡

そして彼等は次のステップへーーー。

辛かった過去も含めて今の自分がある。
そう受け止めて"今の自分を愛す"百樹の強さにグッときます。

そして卍にもそうであってほしいと。
過去から逃げて気持ちを誤魔化してちゃいけないと。
そう力強く語りかける目が印象的ですごく良かった…!!

そのあとがめちゃくちゃカッコイイんですよー!
卍が"万次”になってですね。
100%信頼をみせる百の眼力と笑みが最ッ高…!!!

新章への布石がうたれたところで次巻続く待機(;ω;)
うううう焦れったいけど楽しみに待ちます~~~;;

◆千×兆
帯の言葉を引用すると、この2人は、
『死んだ恋人を挟む三角関係』
この関係が性癖に刺さるんですよーーー!(;////;)

ゴチャっとしてて分かりづらかったんですが、
とりあえずわかりやすかったのは千の性癖←
万次の時もだけど、気が強くて悪態つく男を泣かせるのが好きなんでしょうね!

で、そういう意味では兆は好み正反対の男。
自分の言いなりになる兆を無様と冷たく突き放すのが個人的にめちゃくちゃ萌えました。
受けがトロトロでフェラしようとしたら「舐めたら殺すゾ」と睨みつける攻めですよー///
(あーーーー…めっちゃ興奮した。最高)

んで三角関係っていうのもツボで、
千は兆を善がらせながら頭の中は死んだ恋人と比べてるってのも堪らないものがありますね。
顔は同じなのにって。ああああ萌える。ヤバイ。
あと兆が流す涙が美しい。美男子の涙…////
ここのCPの複雑さは性癖にきますね~~!(∩´///`∩)

◆七松×十五夜
既刊でもチラリチラリと触れていた2人の番外編。
陰間1人に対し、まわしが1人。
いわば専属のボディーガード的な…?

十五夜を見守りながら自分の中に沸々とする感情と戦う七松。
七松がなかなか手を出さないので十五夜は焦れったかったのかな?(と私は読んだんですが…)

上手く説明できないんですが
十五夜がどんな立派な身請け希望者よりも七松を選んだ理由がすごく良かったです。
凛として強い十五夜だけど、七松の支えがあって強くいられたのかな…と思ったり。

どう理解したらいいのか難しい表現はちょこちょこあったけれど、読めて良かったです。

◆描き下ろし
醒と百樹が子供の頃の江戸へ渡った時のお話です。
これは悲しい。そして切ない温かさがキューっときます。
ずっと守りたかっただろうな…(;ω;)
頑張るお兄ちゃんに弱いのでたった2Pだけど泣けました。

6

火事と喧嘩は…

相変わらずの絵の美しさ。
描き込みの充実。
時代考証に基づく生き生きとした江戸暮らし。
江戸の、生活、風俗、暮らしぶり、風景。これらが異色としての江戸BLの風を運んでくる。


「第24話 美人水」
へちまの化粧水を絡めて、女の性交痛をぶつけてきた…!驚きと共に、作者様の気合を知ったような。

「第25話 冬場所」
相撲ですよ…!
ガチムチをはるかに超えて、相撲取りの肉と肉のぶつかりに欲情する百と卍。
現代腐女子を置き去りは当たり前。
男が男に欲情するとは何たるか、を描く一編。

「第26話 おくや、け、こ」
判じ物みたいだけど、その心は「まぬけとふぬけ」。
火消しの心意気と、仲間への深い深い想いのエピソード。
BLの視点で読んでしまうと、季と金太郎、季と貞、その辺の関係を期待しちゃうけどネ。

「第27話 首ったけ」
この話は、前巻からの千と兆。
これが卍の再生としての新章と対になって進行するのか?というところ。
兆は、千の運命の男・億政の双子の片割れ…
(こういうの…私はなんだかなって思う。ご都合)
で、兆は妻もいる身なのに、BLでたまに見るチョロい受けよりもえらく簡単に快楽堕ちしてる。
とにかく千と兆のエピソードは、BLとしては美しくも背徳的な、素晴らしくソソる絵ヅラな訳だけど、「客寄せ」感を醸し出してるようであざとい感じ。

「第28話 冬茜」
やっと新章の幕あきですか。
百は段々「いいオトコ」になってきてる。
卍が越えられないでいる「昔」。
自分は越えて強くなった。兄ィにも越えてほしい。そんな百の意気。
さて、火消し衆とまみえた卍は?
というところで4巻終わり。気をもたせすぎ。

「番外編 十五夜懺悔」
超売れっ子陰間の十五夜の恋の話。
素晴らしく美しいけど…単に「美女」に見えてしまう十五夜。
本来なら恋仲になるのも叶わぬ「まわし」 の七松との仁義を通した恋の顛末。
多くを失っても何も怖くない、何も惜しくない。エド・クラシカル・ロマンス…

この1冊は勿論美しく読み応えはある。
しかし「新章」云々はどうなの?全てはこれから。

3

もちろん凄く良かったけど

相変わらず線が綺麗で、紗久楽先生の江戸に対する熱い思いを感じてしまう作品でした。

一つひとつのお話も捻りが効いててとても面白かったです。
特に第二十五話の冬場所なんですが、百樹があんなに相撲にエロスを感じていて驚きました。
でもって紗久楽先生の描かれる力士が、とても艶っぽいのです。鰻屋の2階のお話はとても為になりました。w

百樹の強さとそれを眩しく思う卍が自ら変わろうとしていました。
そして小火をきっかけに、それぞれの歯車が動き出した感じです。

卍も相変わらず艶っぽくて、百樹は凛々しくなって来ているし、他キャラもとても魅力的でした。

ただ帯に新章突入と書いてあるので、全てがこれから繋がって行くのかな?って感じでゴチャついた印象になってしまっていたように思いました。

1

攻め達は変われるか

 今までより万次と百だけではない、2人の周りにも焦点を当てた部分が多かった巻かなと思います。千の狂おしい恋愛事情だったり、百のいた陰間茶屋で人気だった少年の物語だったり。千と兆の関係性も、ここから変化があるといいなぁ。まだまだ続きそうなシリーズなので、この世界観に深みを持たせる良い構成でした。

 メインの万次と百については、この巻ではもう安定感たっぷりという感じで、互いの確たる気持ちの強さを見せつけられました。百を好きだという女性が現れても、百は一切の迷いもなく正直な気持ちを告げて、彼女と良い友人関係を築くくらいしっかりしている。百に掘り返されたくない過去と向き合わないかと提案された万次も、提案自体は渋りつつも、百を突き放したりはしない。3巻で契った2人の覚悟と想いは、並々ならぬものだったんだなぁと改めて感じます。百が強くなれたように、万次にも乗り越えるべき試練がある。それを百から提案できたことが嬉しかったです。

0

相撲

卍百のプレイじみたエッチからスタートです!そんなエロエロを挟みつつ女性から好意を寄せられるももちゃんを見る。なんとも変態くさい!卍さんに美人水つけてこれ以上どうしようと。

相撲見に来るのは1巻で約束してたんですっけ。卍さんが相撲オタクなのが面白い。相撲をそういう見方したことがなかったけれど、そうかそういう人もいるのか。
ももちゃんに対してより卍さんの方が"可愛い"と思うことが多い。126ページの卍さんは百も思ってる通りめちゃくちゃかわいい!!

4巻ともなると主役2人から話が広がっていきますね。関係性がぼかされたり、時間や場所の言及が少ないもので、誰がどこで何をどうしてるのかだんだんわからなくなってきました。ぼんやり読んでるせいよ。いよいよ次巻で卍の過去精算っぽいのに。

最後に収録は十五夜編…いい女だわ十五夜…
電子特典は十五夜が出て行った後の六夜です。見世界隈好きは是非。

0

ん~…

メインカップルの話というよりも、他キャラの話が目立ってしまって。

1巻の方が正直面白かったなって思ってしまいました。
2人が出てくる話があまりなくて、ダラダラ続いているようにしか思えず、読んだ時の満足感が低かったです。絵は綺麗でした。

さわ先生お得意の江戸ネタも、何だか見た事あるものばかりで随分とあっさりしていた感じでした。

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う