Trick or Trick? Otherwise Sweet

trick or trick? otherwise sweet

Trick or Trick? Otherwise Sweet
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

27

レビュー数
1
得点
4
評価数
1
平均
4 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
小説(同人)
サークル
27000Hz〈サークル〉
ジャンル
オリジナル(ジャンル)
発売日
価格
ISBN
ページ数
44ページ
版型
A5

あらすじ

『しもべと犬』『茨姫は犬の夢を見るか』番外編

表題作Trick or Trick? Otherwise Sweet

奥村智重・刑事/玖上禪・傭兵
石凪信乃・《犬》/篠宮犬姫・《犬》

その他の収録作品

  • ひとの気も知らないで。
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

犬姫は気付いていない禪の気持ち

わんこシリーズの番外編同人誌。
二つの掌編が入っていて、
表題作は主に犬姫(ちょい信乃)のハロウィンネタでした。
もう一つは、禪が戦地に行ってしまうときの
犬姫の見送り(いつも犬姫が眠ってる間に出発してしまう)に関するお話です。


【Trick or Trick, Otherwise Sweet】約14P
イタズラか、いたずらか、さもなくば甘々か。
禪の出国を一週間後程度に控え、ハロウィンを迎えた禪と犬姫の住まい。
飾り付けとかするんですね。
禪はわざわざカボチャを彫って
ジャックオーランタン作ってくれるなんて本格的です。

地下室で禪に優しく抱き込まれ、
『トリックオアトリート?』と耳元で囁かれたのに対して
『トリート……』と答える犬姫。
禪のイタズラ(調教?お仕置き?)なんて怖くて所望できませんww

昨年の経験
(タイガーバーム、玩具・キャンディ詰め放題、ロウソク&練乳まみれ)
から無駄だと思いつつも『トリート』と答えたのですが、
今年は予想に反して、痛いのしんどいの皆無の甘々です。
(初めてらしいですね。甘いだけのセックスって)
続き

ところが、甘々すぎて犬姫が耐えられなかったww
正気に返るタイミング(痛い系)がないようです。
しまいには自ら『悪戯してぇ』と叫んでました。

最後にちょっとだけ信乃。
智重に『トリックオアトリート』と聞かれて、
せいぜいくすぐり合いだろうと、うっかり『トリック』と答えてしまったら、
本格的な特殊部隊用の訓練施設に連れて行かれて、
夜中まで徹底的に鍛えられてしまったというもの。。
まっ、信乃はいつも幸せなんだから、これくらい耐えなさい。


【ひとの気も知らないで。】約17P
出国する禪を見送りたい犬姫と、見送らせたくない禪のお話。

禪が出発する気配を感じ取った犬姫が、
『今度だけでいい。見送らせて』と禪に頼みます。
禪はいつも了承するのですが、それは口先だけで、
必ず犬姫が眠っている間に出て行ってしまいます。

さて、本庁に行くと犬姫を偽って研究所を訪れた禪は、
世界中の全てのものを分析できる犬姫の舌を騙すための
犬姫専用の睡眠薬を一水からもらいます。
犬姫は放っておいても眠ってしまうから、
その間に出発するのだとばかり思っていましたが、
実に念入りな方法を取ってます。

一水の回想によると、昔は犬姫が禪の出発を見送ったこともあったようです。
けれど、そのときの犬姫の様子があまりに悲惨なので、
今では眠ってる間に出発する方法に切り替えたみたいですね。

ところが、犬姫に見送りをさせたくない本当の理由は、
犬姫が可哀想だからじゃなくて、禪が気持ちを切り替えるため。
泣き顔に見送られて後ろ髪を引かれていては、
戦場でやっていけない。

とっくに無くなったと思っていた人間らしい感情が、
犬姫によって禪の中で息を吹き返し、
自分のしようとしていることに疑問を投げかける。
倫理観や優しさ、慈悲や愛、
そういった人間らしさをすべて犬姫のいる地下室に置いて、
禪は出発します。
大切に大切に犬姫を抱きしめてから。
眠ってる犬姫は全く気付いていないけれど…。

最後は信乃視点。
信乃を呼び出してパフェのやけ食いをする犬姫は、
高飛車に振舞って虚勢を張りながら、信乃に愚痴を零します。
《犬》同士だから一番気持ちがわかる、
と思える位には信乃を気に入ってるんですねw

『――――……人の気も知らないで』
と、禪に黙って置いてかれて不貞腐れてる犬姫ですが、
『ひとの気も知らないで。』って、本当に言いたいのは禪の方だよ
というお話でした。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ