―――俺も、てめぇに触りてぇ。

睨めば恋(2)

nirameba koi

爱上你不屑的眼神

睨めば恋(2)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神26
  • 萌×229
  • 萌21
  • 中立1
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
8
得点
310
評価数
79
平均
4 / 5
神率
32.9%
著者
ゆくえ萌葱 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
海王社
レーベル
GUSH COMICS ~ガッシュコミックス~
シリーズ
睨めば恋
発売日
価格
¥620(税抜)  
ISBN
9784796406376

あらすじ

ゆる系生徒会役員くん×硬派なヤンキー先輩の睨み愛♥

ゆる~く適度に生徒会役員をやってる志摩の恋人は、不良が集まるスポーツ科のヤンキー・竜之介。
眼光鋭く喧嘩っぱやい竜之介だけど、身内には優しいし、面倒見がいい。
なにより照れると赤面しつつも睨みを利かせてしまう可愛い人だ。
お互い惚れて、幸せな毎日…のはずだけど、志摩には一つ気がかりがある。
それは竜之介の事を溺愛する兄の寅之介の存在で---!?
ゆくえ萌葱のヤンキーラブ、人気に応えて再び見参!

GC「睨めば恋2」GCDX「おれはブサメン-猫つづり-」2冊同時発売記念!
描き下ろしマンガが読めちゃう!
初回限定ミニ小冊子(ブサメンver.)封入♥

表題作睨めば恋(2)

志摩,高校2年生普通科,生徒会役員
梶本竜之介,高校3年生スポーツ科

同時収録作品気づけば恋

章,高校3年生,理(竜之介の友達)の双子の兄弟
令侍(通称:ヘタレ),高校2年生,竜之介の舎弟

その他の収録作品

  • 竜さんの○○が見てみたい!(描き下ろし)
  • カバー下:あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数8

相変わらず可愛すぎるヤンキー

表題作は前回に引き続き、今回も竜之介君がめちゃくちゃ可愛いです///
というか前回よりもさらにデレが増し、かつ男らしさも健在という・・・!!そして竜さんがすっごい可愛くデレる!!!(2回目)
個人的にヤンキー受けの中では彼がトップクラスで萌えですヾ(*゚∀゚*)ノ

そして今回はお兄さんの寅之介さんの愉快な職場が登場したり、志摩君の家庭事情なんかもちょっとほっこりするエピソードで綴られています。
また、後半には舎弟のヘタレ君(令侍)の恋のお話も入ってます。
こちらのお話は攻めにちょっとSっ気があるので、個人的に今後さらにSM度増してくれると嬉しいです。無さそうだけど「なめろ」はいつか是非実行していただきたいです(笑)

評価について、表題作は「神」でしたが、同時収録は「萌1」寄りでおまけで「萌2」くらいだったので全体評価は「萌2」にしました。

2

竜さんが可愛すぎてどうしたらいいのか…

1巻から引き続き、沢山キュンキュン摂取出来る2巻です!

1巻でヤンキー受け・竜さんの可愛さは充分わかってるし、攻めの志摩が「竜さん可愛い可愛い可愛い可愛い∞(=´∀`)=3 hshs」状態なのもわかってるので、100%甘々展開しかないよね!!って思いながらページめくるから1ページ目からニヤニヤが止まらないw( ´艸`) 〜3
そして期待通り冒頭からイチャイチャしてて、萌えでゴロゴロ。

今巻では攻めの志摩くんのバックボーンに焦点が当たってるので、色んな志摩くんが見れたのが良かったです。
志摩くんは自分が普通の男である事に引け目を感じ、竜さんと少しでも釣り合うようにって頑張ってて、男前な一面も覗かせたりしてます。

そしてマルッとイチャイチャばかりしてるかと思いきや、2人がケンカするお話が入っていてビックリ。あああ・・・切ない。売り言葉に買い言葉は見てる方もツライ(つД`)ノ
でも仲直りがね!!もーーーーー竜さんメッチャメチャ可愛かった!!!
エロ表現は薄いのですが、トロンとなってる竜さんが可愛くて可愛くて可愛くて萌えたーーーっっ(///Д///) そして最終ページで落とされる特大のデレに萌え尽きました・・・✧*。(ˊᗜˋ*)✧*。大満足

赤面するときの効果音が「じわじわ」なところが繰り返し読んでるとじわじわしてきます。竜さんがじわじわと照れて、志摩がじわじわと眺めて、読んでる私もじわじわ。
竜さんが照れる時の効果音「ゴゴゴゴ」も良しですw
睨みをきかせてゴゴゴゴと照れる竜さんが可愛い。


◆気付けば恋

ヘタレ(竜さんに懐いてる後輩ヤンキー)のスピンオフ。
ヘタレかぁ・・・(あまり興味ない)だったので期待せずに読んだのですが、こちらも表題作に負けず劣らず良かった!!表題作がひたすら甘々成分たっぷりで最初からスンナリ上手く行ってたカップルだったので、この話の切ない成分が胸にチクチク刺ささって痛い。。。
攻めの長年の健気な片思いや拗らせ具合がもう切なくてキュンとなる。。。
で、ヘタレはおバカだから誤解させて傷つけて。
でもヘタレはヘタレなりに色々考えてて。
このすれ違いがグッときました。初恋拗らせたすれ違い最高です(・∀・)b






2

ブサメンが強烈すぎて;

同時発売の「睨めば恋」のスピンオフ本、
ブサメンの本から読んでしまったため、
こちらの本にはとくにインパクトを感じなかった的な…。
ひどす…

ブサメンはほんと強烈な見た目してるもんで、
あのスピンオフは元作品を破壊するインパクトを持っていると思います。

というか個人的に本当にぶさ猫が大好きすぎて、
魂が持って行かれた状態に;
いやもうこれフェチとかなんかそれっぽい強烈な好き!
なのですよ。
理由はないがとにかくキュンが止まらねぇ!

でももちろん睨めば恋も好きですヨ。
ブサメンのせいで印象が薄まったとはいえ、楽しく読ませて頂きました。

竜之介の睨みは相変わらずキツイですが、
それでもやさしい表情もけっこうありましたね~♪

竜之介の髪は実は寝癖が付きやすいとか、
実はけっこう積極的だったりとか、
意外と「一緒にいたい」と思っているとか、
見た目とは裏腹な中身が徐々に分ってきて、
本当、これぞギャップ萌えだと思いました。

あと店長さんと(竜之介の)兄と、
なんか良さげなストーリーがまだありそうで、
気になる存在でした。

そして同時収録作品は竜之介の弟分、令侍の話でした。
こちらもスピンオフ。
もう一冊のスピンオフとはえらい違いだw
そういえばこちらの2の作品中にも適度にブサメン出てきてましたw

令侍と、幼馴染との話でしたが、
意外にエロ展開で、お!?と思いました。
ちょっとあっさりしていたけど、
それなりに楽しく読めました。

1

萌える漢だわ~v

2巻も良かったです!
前巻の志摩と竜之介がツボだったなら、続編も買って悔い無しです!!

前巻で両想いになって付き合い出した竜之介と志摩。
今巻では、竜之介の兄や志摩の母等二人の周囲の人をキーにしながら、竜之介と志摩それぞれのキャラクターを掘り下げています。
おかげでキャラクターに厚味が増し、竜之介と志摩の魅力が増し増し!!
本当に二人とも漢前だし可愛いし優しいし、読んでいてキュンキュン萌えて堪らなかったです。
もうこの二人が好きすぎて・・・
竜之介に懐いてる令侍(通称ヘタレ)君のスピンオフ「気づけば恋」が収録されているのですが、一冊丸々「睨めば恋」を読みたかった!と思ってしまいました。

竜之介と志摩のキャラクターは勿論、二人の空気感というか、互いに対等で、相手がいるからさらに良く成長していけるところとか、すごく萌えます!
本当に、素敵で漢前な二人だと思います。あぁ、本当に竜之介と志摩、この二人大好きです!!

0

さり気ないきゅんなオチ


まさか続きが出るとは…!

前作で恋人同士となった志摩と竜之介。
竜之介が自分に手作り弁当を作ってきれくれることなり、とても楽しみにしていた志摩。しかし不良の喧嘩に巻き込まれ、お弁当は台無しに。

「俺が竜さんにお弁当作ればいいんだ」
「竜さんの初めてを堪能できなかった分だけ 俺の初めてを竜さんにあげる!!」

好きな人の気持ちがこもった初めてのお弁当が食べられなかった分、自分の気持ちを精一杯込めた料理を作ろうと意気込む志摩。竜之介の家で料理を作ることになるのですが……。

誰かに頼ってばかりでなく、自分の力で前に進みたいという志摩の変化が見られます。
お弁当の一件からバイトを始めることにした志摩ですが、生徒会の引継ぎなどもあってかなり多忙な日々を送ることに。一緒にいる時間は減ってしまうけれど、進路も決めて、自分の将来をしっかり見据えている竜さんに少しでも追いつきたい。そのために今自分ができることをやり通そうと、精一杯頑張る志摩に竜之介は「バイトを辞めろ」と言い出します。
それが原因で二人は喧嘩をしてしまうのですが、竜之介には竜之介なりの理由があって……。最後の二人のやりとりにきゅんときました。

今回も竜之介のしかめっ面赤面がたまらないですね。そして相変わらずの男前さにも頭が上がりません…!
竜さんとのお付き合いをちゃんと認めてもらおうとお兄さんである寅之介の職場(美容室)に単身乗り込む志摩の話もあるのですが、髪を切ってもらった志摩のさり気ないオチも好きです。


そしてもうひとつの収録作「気づけば恋」。
こちらは竜之介を一心に慕う舎弟"ヘタレ"こと令侍と、幼馴染である章のお話です。章は初登場ですが、彼は竜之介の友達である理と双子の兄弟で、令侍とは昔から家族ぐるみの付き合いをしていました。
子供の頃から令侍の兄役をしてきた章ですが、ある時から令侍にたいして「兄弟」以外の感情を持ち始めるようになります。しかし鈍感な令侍はそれに気づかず、学校から帰ってくると毎日のように章の部屋でくつろぎ、泣き言を言ったり、甘えたり。

令侍の兄でありたい、そして兄以上でありたい。

令侍への固執した感情を持て余す章でしたが、ある時令侍に「章はもう兄貴って感じじゃない」と言われ、令侍と距離を置くことに。

章自身はけっこう淡々としたキャラなのですが、章視点からの令侍がなんだかかわいい。エロシーンは少なく、ほんのお触り程度なのですが、オチがまた、やられたー!という感じで。さっぱりしているのですが、これがまたいいです。

最後に竜之介と志摩で、竜さんの中学時代を見たい!というお話もあります。
中学生の竜さん。今より幼いのだからさぞかわいいんだろうなって期待はある意味裏切られました(笑)

カバー裏にて、作者のゆくえ萌葱さんももう少し二人の話を描きたいとおしゃっていました。
私も幸せな二人をもう少し見ていたいです。

0

そういえば、生徒会長のネタってないの?

見た目硬派なヤンキーが、実は…なヤンキー受けストーリーの続き。
恋をして、お互いの事を思うとき、そこには二人の関係だけじゃなく、あらためて家族との関係も考える展開に、ちょっとほろっとさせられちゃう。
後半は、志摩のグループの仲間のスピンオフ。
2年生のヘタレこと怜侍と、3年の理の別の高校に通っている双子の兄弟・章の話。
これが、台詞や何かからちゃんと読み取れば、ストーリー上の関係性は理解できるのだが、双子で同じ顔で髪の色だけが違うって所がなかなか見分けがつかなくてちょっととまどった。

0

竜が男!

竜さんのキャラがいいですね!アニキ!男前です。
なのに受け!照れたり恥ずかしがると睨んじゃう。

2巻では志摩が竜の兄寅之介にケジメをつけに行ったり、竜の進路に触発されてバイトや生徒会の仕事を頑張ったり。
でもそれで忙しくてバテて竜とすれ違っちゃうんですよね。
竜も志摩を触りたかったんだね!可愛い!

お弁当のエピソードや志摩親子のお話も良かったです。本当に竜はアニキだなあ。懐が広くて大人で。なのに志摩には照れ照れで。

気づけば恋
ヘタレと幼なじみの双子の兄、章のお話でした。
ヘタレが不良になった経緯にびっくり。
そして恋心に気がつくのが遅いよ!
スピンオフは嫌いじゃないけどこれは別になくても良かったかな。すみません。

0

2人を取り巻く甘あま後日談。もはやハートフル・ストーリー。

相変わらず、照れると凶悪な目付きになって睨みつけてしまう竜之介。けれど、志摩はもはや竜之介が可愛いとしか思えないので、自分がそんな顔をさせてしまっている事に萌えている。
志摩は彼氏として、ブラコン兄 寅之介に認めて貰いたいと頑張ってみたりする。
寅之助さんは弟可愛さに志摩を認めない!というスタンスでいるものの、志摩の男らしさに絆されてもいる。弟が自分の手から離れて成長して行く事を寂しがってもいる。寅之介さんは店長とどうにかなりそうな気もするなぁ。ここには描かれ無いけれど。
志摩は生徒会役員だけど、それ程優等生では無い。至って普通の男だ。だからもうすぐ卒業してそれぞれの道へ行くであろう、生徒会長や竜之介を見ていて、焦る気持ちからがむしゃらにバイトしたりして、疲れて、見失いそうになる。
会いたいのは、触りたいのは、ただ竜之介だけ。
お話が中編と短いので、結構駆け足なんですが、母子家庭で良い子にしなくてはならなかった志摩の話とか。寅之助さんに男らしくケジメつけに行くとか。自分の将来に竜之介がいる事を真面目に考えるとか。恋愛以上にハートフルなお話でした。

後半は竜之介の自称舎弟、もしくは金魚のフン的な令侍の恋のお話、「気づけば恋」
同じく竜之介の取り巻きの一人、理は章という双子の兄がいる。二人は令侍の幼馴染。章は出来がいいので、二人よりも偏差値の高い別の高校に通っている。いつも一緒に居たのに…。令侍は、自分よりも竜之介をアニキと慕っているらしいのが、章は気に入らない。嫉妬しているのだ。
そして理はそれに気づいている。気付かないのは令侍だけ。お決まりのモダモダラブです。
残念なのは、脇役だけに⁈ ラブシーンなっても令侍がどこかブサイクなところ。というか…モブ顔⁈
せっかく主役なんだから、もぅちょいご容赦して欲しかったかも。
街中で出くわした彼等の中で、普段色恋にやや鈍い竜之介さんが察してるのが可笑しかった。ヒトの事はよく見えてるんですよね、竜さんは。理に令侍を連れて帰る様に促したりして。
双子弟、理は良い男っぽいので、彼のスピンオフも出そうですよね。登場キャラ全員カップル化していくのでしょうか。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ