ヘタレな天使が女装王子と出会いました

hetare na tenshi ga josoudanshi to deaimashita

ヘタレな天使が女装王子と出会いました
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×211
  • 萌7
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
71
評価数
20
平均
3.6 / 5
神率
5%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
 
媒体
BL小説
出版社
白泉社
レーベル
花丸文庫
発売日
価格
¥657(税抜)  
ISBN
9784592877363

あらすじ

※5/20→7/22→10/20になりました。

三十路にして無職しかも失恋した六実にとって、若手人気俳優の恵は現実を忘れさせてくれる王子様。女性ファンに紛れるよう女装してイベントに参加するが、恵を偶然助けたために彼の付き人となり…!?

表題作ヘタレな天使が女装王子と出会いました

高城恵、人気若手俳優、23歳
剛志六実、恵の付き人兼世話係、29歳

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数4

恵良かったね!!

超人気若手俳優と今は無職の年上ファンのお話です。面白くて一気に読みました。

あれよあれよという間に六実が恵の付き人になるのにびっくり。
何度も何度も言いたかった。ストーカーはあなたじゃないから!!

六実は恵が怯えるストーカーが自分だと思い込んで何度も申し訳ない気持ちになるのがもどかしく、またそれがお話の軸でもあると思ったのですが、突っ込みたかった!だって遭遇したの一度だけじゃない!違うでしょって。

恵は初対面から六実が好きだったんですね。自覚してからは距離が縮まりとうとうエッチになだれ込みます。これまた何度も言いたかった。お風呂覗かれてるよ、恵に!!

そしてストーカーの正体もやはりあの人でした。

恵は六実に出会って好きになってどんどんいい方に変わっていきましたね。真逆キャラをずっと演じさせられてストーカーに怯えて超忙しくて可哀想でした。

最後の六実のピンチを救う所は感激しました。恵立派だよ!

女装の六実に発情して燃えるのは、トラウマとかなかったみたいで安心と、初恋なのにそんな性癖持っちゃったの?と美味しい感じも。
六実も新色の口紅見て夜が楽しみなんてウフフです。

受攻確認しないで読んだのでそうなのね!と新鮮でした。

0

おぼこいイケメン俳優の『性のめざめ(笑)』

電子書籍で読了。挿絵あり。あとがきその他なし。

イケメン俳優、ストーカー、女装、離島と盛りだくさんで、立ち回りもあるのですが、読み終わって「どういう感じ?」と聞かれたら「ほのぼの?」と答えちゃう様な読後感です。

六実は起業するという大学時代の先輩に転職を誘われて勤めていた会社を辞めた途端に、会社立ち上げが失敗し無職に。それと同時に付き合っていた彼にも振られてしまいます。ゲイ友の勧めで「すこしゆっくりする」事にした六実は、人気俳優の高城恵に填ってしまいます。行ってみたら女性だらけであることに気後れを感じて、恵のイベントに行く際は女装することにしていました。舞台あいさつがある試写会に出かけた帰り、トイレで女装を着替えていると隣の個室から悲鳴が。その後、非常階段で倒れている恵を発見します。恵はストーカーに追われて精神的にまいっていました。彼を助けたことで気に入られ、六実は付き人として雇われ同居することに。仕事でのクールなイメージとは異なり純朴な恵に懐かれ、六実は単なるファンを超えてどんどん惹かれていくのですが、恵が怖がっている『ストーカー』とはどうも自分のことらしいと気づき初めて……

クールで傲慢っぽい恵くんの素が『ヘタレ』というより、どっか垢抜けない純朴青年だったというのが結構私のツボに填りました。個人的好みですが、オレ様キャラって笑っちゃう時があるので。
あとね、何と言っても私が萌えちゃったのは、六実のお風呂場シーンですよ!
読んで楽しんでいただきたいので、具体的には書かないけど!
「あー、そうなのね。年上の色香なのね」ってことです。
これがあったが故に、恵くんが六実に心底惚れちゃうのが解るんですっ。
そんでもって「恵ってこれから立派な変態に育つんではないか?」という期待に満ちあふれてしまうのです(どんな期待だ……)。
「23歳にしてはおぼこ過ぎるのでは?」という心配も含めて、ピュアな純朴青年好きの姐さま方の心を鷲づかみにするシーンではないかと。
私はかなり鷲づかみにされちゃいました(笑)。

1

ヘタレ年下攻め

自分的萌えが詰まっている作品でした。
ヘタレ、大好物です。年下攻めも大好きです。ギャップ萌えもあります。

「女装王子」とありますが、女装に関してはそれほどたいした描写はなく、女装萌えの人は物足りないと思います。別に女装のくだりがなくてもお話として成立しそうです。

ちょっとした事件があったり、場面展開も早いです。

ヘタレな子が、最後の方では少し男らしくなったのもよかったです。やっぱり攻が童貞でちょっと情けない感じだと萌えます。

買ってよかった!

1

俳優と付き人のイケナイ関係

人気若手俳優23歳×失職して攻めの付き人になった29歳。

とある事情から職を失った受けは、慰めに友人から借りた攻めの出演DVDを見て大ファンに。でも攻めの出るイベントや試写会などに行く際、周りが女性ファンばかりで悪目立ちするため、いつしか女装して参加するようになります。
ある日いつものように女装してイベントに参加していたところ、ストーカーに追われて階段から落ち、倒れている攻めを発見します。トイレで着替えて男の姿に戻っていた受けは、怯えた攻めを助けたことで懐かれ、攻めのマネージャー氏に「攻めの付き人にならないか」とスカウトされます。
元々ゲイだった受けは、大ファンの攻めと同居することになり、憧れの俳優と暮らすときめきと、信頼を裏切ってはいけないという気持ちの板ばさみになり…という展開。

タイトルにあるように、俳優としてはかっこいいのにプライベートではヘタレな攻めと、女装もできる美人なのに空手の達人という男前受け、それぞれのギャップが楽しかったです。でも、いろいろと中途半端…。攻めを狙っている先輩俳優の扱いも半端だし、攻めのマネージャー篠塚氏のキャラにも一貫性がないし、受けが空手の有段者という設定も設定倒れで全然活かせてないし、ちょっとまとまりに欠けるかんじがありました。
あと、マネージャーの篠塚氏、初登場時には「篠崎」になってて、あーあと思いました。こういう誤字は冷めるなぁ…。
まあ、ヘタレだった攻めが、成長して男らしくなるのはちょっと萌えました。エッチもよかったな。

6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ