ダメです。人のモノにマーキングできません

ROMEO(1)

romeo

ROMEO(1)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神202
  • 萌×238
  • 萌6
  • 中立3
  • しゅみじゃない6

175

レビュー数
31
得点
1183
評価数
255
平均
4.7 / 5
神率
79.2%
著者
 
媒体
BL漫画(コミック)
出版社
マガジン・マガジン(ジュネット~JUNET~)
レーベル
ジュネットコミックス ピアスシリーズ
シリーズ
ROMEO
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784896442717

あらすじ

人類強化獣種の中でも強力な性フェロモンを持つ光陽に、ひとり抗う右腕・ジェイド。
光陽がどんなに望んでも、ジェイドは決して挿入しないーーー。
恋とホルモンに振り回される、非凡なふたりの関係の先には…?
新エピソード38Pを最速公開、さらに、ここでし読めない描き下ろし10P!!
夢が漲る話題作、待望のコミックス化!!

表題作ROMEO(1)

ジェイド・バルドー,人類強化獣種,光陽の番犬
光陽・S・バルトロメオ,人類強化獣種,狩猟部隊隊長

同時収録作品ROMEO(1)

リカ,狩猟隊隊員
光陽・S・バルトロメオ,人類強化獣種,狩猟部隊隊長

その他の収録作品

  • ROMEO #4.5(描き下ろし)
  • Data Base
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数31

文句無しの神!

もう最高でした!これは躊躇なく神評価です!

初め、最初の方のページの説明文を読まないでパラパラと読んだ時は話が全然頭に入ってこなくてこれ本当に面白いのかなと不安になりましたが、最初の世界観の説明をしっかり読んだ後でもう一度頭を整理しながら読んだら最高に面白かったです。

趣味じゃないと答えた人のレビューにもあるようになんなの?とイライラするかもしれないくらいメインのふたりの恋は一向に進展しません。
二巻の最後でようやく…?ってぐらいすれ違ってばかりのふたりですが、私の場合そのすれ違いが最高にそそりました。お互いにお互いを想っているのに、空回りしてしまう。
特に主人公の健気さには萌えまくりで、改めて私って健気受け好きなんだなと自分の性癖を自覚しました。
ストーリー展開が遅めなので、これ絶対好きな話だ!と思った方は出てる巻はまとめて買ってしまった方がいいかも?たぶん1巻のみは物足らなくなります笑

また、設定がエロくて主人公の性格もビッチでとにかくエロい。

絵も細かくてエッチでとても好みでした。エッチシーン以外の戦闘シーンや日常の描写でさえ作者様の描き方が本当にエロいんです!

健気受け、ビッチ受け等が好きな人や
エロ重視だけどストーリーもちゃんと欲しいっていう人は絶対にハマるはず!

3巻が待ちきれません!

1

恐ろしく苦行だった

受けがどうにも私的地雷な様で、なんだこいつめんどくせーうっとうしー
が続いて読むのにすごく時間がかかった。
好きなら好きでいいじゃないのよー。

0

新鮮で面白い!

わたなべあじあさん好きなので読んでみたのですが、とっても面白かったです。初めて読んだ時は設定を理解しきれなかったり、どういうことかわからず「?」状態だったのですが、何度か読み返して理解できるようになると「そういうことか!めっちゃおもしろい設定やん!」ってなりました。ただ年齢にはびっくりしました。(光陽が100歳超えているので…笑笑)

ジェイドが光陽のこと好きなのに叶わない恋だと思い込んでいる所はいじらしくてかわいいなぁと思いました。他の方もおっしゃる通りHシーンは多めなので苦手な方は注意した方がいいかなと思います。

1巻ではまだ2人は結ばれてないので、どうやってくっつくのか楽しみです^ ^


2

ファンタジーならでは!納得して萌えられる上手な設定。

ケモミミ・尻尾/体格差/肉体美/年の差/褐色にプラチナブロンド/セクシーなファッション/パートナーの血を飲む/マーキング/発情期…などなど

腐女子・女オタクが大好きなありとあらゆる設定をぶち込んだ萌え要素満載作品なのですが…
本当に驚くべきことに…実際はこの多くの要素は『ぶち込まれ』ているのではなく、きちんと『収められ』ているのです。
ここが、ただの萌え要素エロ漫画とは一線を画すところ。


架空の世界の世界設定は世界情勢や種属の生い立ちなどがしっかり練られていて奥行きがあり、登場人物の服装など細かいところも世界観の統一があって説得力があります。
本作の主人公たちは人間ではなくライカンという種属なのですが、ライカンの生態もエロシーンが自然に入るように、きっちり設定が練られていて、圧巻です。

・他の個体の血で戦闘力強化できる
→血を啜るシーンあり
・他の個体の精液で解毒できる
→Hシーン多い
・人間のコントロール外で繁殖しないようオスしかいない
→ゲイセックス

などなど…きっと、そういうシーンが描きたいが為の設定なんだろうな、とはおもいますが…笑 それでも、やっぱり一つ裏付設定があると説得力が違うなと…。
Hシーンが取って付けたようなサービスシーンでなく、ちゃんとストーリー中の重要なタイミングで必要なシーンとして挟まれているのも凄いなと。最中に交わす言葉も伏線になっていたりと、朝チュンではダメできちんと絡みが必要だ!という流れにしているのも上手いです…!


このように、設定も素晴らしいのですが、この作品の本筋は『自分を変えるほどの運命の人』との純愛。
この両片思いの何十年にも渡るラブストーリーがまた、せつなくて良いです…
作者も、あとがきで「不老不死が恋愛においてどのような影響を及ぼすのか」という事がテーマにあると言うようなことを仰っていますが、
主人公カップルも、同性愛や大きな年の差など普通の漫画なら葛藤ポイントになる要素が「オスしかいない不老不死の種属」という設定によって打ち消されているのですが、それでもすれ違う!
どんな環境・状況にあっても恋愛というものは儘ならないものである…と感じました。

この本筋のラブストーリーがあれば、もうエロとか萌とか関係ない!と思うんですが、やっぱりエロとか萌のための設定が、ふたりのすれ違う恋愛に必要な要素になっているので…結果エロも萌も必要になってるんですよね…凄いなぁ…上手いなぁ…。

ただ、地雷要素としては、
・エロがかなり多い
・世界設定が本編の中だけで完全に説明はされておらず、作者の設定説明文(結構長い)を読んでから読まないと深く読み込むレベルまでは読めない
というあたりが少しネックかなと。
この辺が問題なければ、普段乙女系コンテンツを嗜んでいるオタクの方などにもハマると思うんですよね…。ぜひ沢山の方に読んでもらいたい神作品です。

2

何回読み直したかわからないほど好き

こういったレビューサイトを見ていると、精神の許容を萌えが上回った時に、「心のち◯こが勃った」と表現されていることがあるのですが、今までそれを見ても何言ってんだコイツとしか思ってなかった私が、この作品を見て心のち◯こが勃ちましたね。
この作品を産み出してくれたことを神に感謝しようと思ったのですか、神に感謝してもしょうがないので、できることなら作者様の足元に跪いて足を舐めさせて頂きたいほど心動かされました。それは逆に失礼か。
絵柄も話の展開も設定も、何もかも自分の嗜好に添いすぎてシビれました。
しかし、これを見て感動した翌日、友人に勧めたら、速攻趣味じゃないと返事が返って来たので、やはり合う合わないはあると思います。
まずはこの世界観に入り込めるかが重要です。
そのためにはまず一番最初の設定をよく理解した上で読み始めることをおすすめします。

ROMEOの世界では、人々の生活を脅かすモンスターが生存しており、街や城を守る部隊やモンスターを殲滅する戦闘部隊が遺伝子組み替えによる獣人族(ライカンスロープ(ライカン))達で結成されています。
受けの光陽はライカンスロープ(ライカン)で長命のほぼ不死身です。
そのなかでも希少種の光陽は、とても強力な性フェロモンを持っています。
モンスターと戦うときに重強化(ドーピング)するときは、他人の血液を摂取するのですが、解毒には提供者の精液(または自分の精液)が必要。(つまりおセックス)
(ちなみに解毒しないと、辺りにフェロモンを撒き散らして大変な事になる。)
ここら辺まで読んで、ななななな、なんてエロに特化したエロ設定なんだwギャグか?ギャグなのか??w
と半目で読み始めたのですが、全然違った。至って大真面目な両片思い物語でした。
で、主人公 光陽(受)は、一目見た時からジェイド(攻)が好きで、結ばれたいと思っています。
が、光陽にはすでにディアガという番がいて、ジェイドにとって光陽とディアガの関係は理想のカップルそのものの姿。
(ちなみに光陽とディアガの関係は、番といってもゆる〜いもの。
ディアガも、光陽が「運命の相手(オンリーワン)」を見つけるまでの関係だと割り切っています。
しかも、とっくに2人は番の関係を解消してるんです。)
ディアガがある理由でセックスできない身体なのもあって、ビッチだった光陽はジェイドの為に貞操を守ってます。が、
ジェイドも光陽のことを憎からず思っているのに決して手を出しません。
この 「決して手を出さない」状態が本当に切ない。
具体的には重強化してフェロモンムンムンの光陽を目の前にして、光陽がどんなに望んでも、ジェイドは決して挿入しないんですね。
光陽を抜いてあげて、自分も精液を提供するだけ。
なのに、ここの描写がエロい。
挿入しない癖に他の奴とセックスして欲しくないジェイドは、重強化の相手を他に譲りません。

でもある時、同じ戦闘部隊に属するリカ(光陽のケツをずっと狙ってた)から、「ジェイドが番を作るらしい」と聞いて、「もーー、今まで貞操守ってたのになんなんだ。時間無駄にしたわほんと」となってしまった光陽が、リカと致しちゃうんです。
このリカとのおせっせシーン。一穴一棒主義の私ですらゴクリと喉を鳴らすほどエロい。100回くらい読み直した。
この人達獣人族なので、匂いでおせっせしたかどうか分かっちゃうので、あーもうこれ修羅場だな。
ってとこで
待て次回!!!!!

いや〜、ほんとシビれました。
何が痺れたって、本来なら自分にとって地雷だらけの漫画なのに(一穴一棒じゃないしネコミミだし)
そんなんミジンコほども気にならないくらい萌えまくったんですよね。

5

おぉ~

 ロメオ2巻の、表紙の美形と評価の高さが気になり、まずは1巻からと思い読んでみました。
 ピアスの漫画は初めてだったのですが、雑誌によってカラーがあるなぁと再認識。
 ディアプラスやキャラやリブレ、クラフト、ガッシュ、東京漫画社とはまた違い、センシティブとストーリーの両方を取った感じで、そこに異世界と獣人とオメガバースを足した、もの凄く至れり尽くせり、サービスに富んだ一冊でした。
 絵の上手さ、きれいさ、キャラの可愛さ、読者へのサービス、世界の作り込み度など、最高水準に位置していると思います。
 受けの光陽の、可愛いながらも逞しくエロさ溢れる肉体表現には始めて出会いました。『コヨーテ』『ヴォイド』の座裏屋さんの硬質な、官能的かつ高貴な肉体表現とはまた違い、世界観も含めて萌要素の非常に強い一冊です。
 作品の中だけで完結すると言うよりも、同人やCDなど、他の物も併せて世界観を楽しめる一冊で、世界に広がりがあり、参加型の、トキメキ&わくわくBLだと思います。
 ですが、繊細な心情描写、情緒、お互いの思いを軸にストーリーが展開していく王道のBL(ファンタジーでも、やまねあやのさん系)が好きな方は、また違う方向の一冊だと思います。
 現代社会が舞台のオメガバースが少し苦手な自分でも、+異世界&獣は受け入れやすく、とても良かったのですが、光陽(受け)のジェイド(攻め)に対する真剣な、やるせない想いが、もっと描かれていたら嬉しかったです。妄想力が足らない人は、物足りなさを感じるかも。
 あとはもう本当に、ツボるかどうかの問題です。お互い想い合っていても、感情に湿っぽさ、執着系の病んだ感じ、がないので、そこが分かれ目なのかと思います。
 1巻はまだ二人が結ばれないので、二人のラブラブが見たい方は、纏めて購入してもいいのかもしれません。
 

1

ドS獣人ジェイド???

帯か…どこかの内容紹介文か…「ドS獣人・ジェイド」に違和感。

ジェイドってSかな?って疑問に思います。
発情フェロモンムンムン、雄ッパイプリンの光陽が涙目で誘惑しても挿入ナシって!!!
忍耐力と自制心、ストイックさがハンパないだろ。
どう考えても気位の高いドMだと思いました。

両片思い、万歳マンセー\(^o^)/\(^o^)/
大好きな作品です

0

ファンタジー最強!

だいすきな作品で何回も何回も読み返してしまいます
はやくほんとのラブラブになってほしい…
この作品は同人誌と商業誌とありますが
同人誌のほうは大きいので細かいとこまでかかれてる
あじあ先生のイラストが見やすいので
そちらもオススメです!
Twitterで先生が描かれる未来の光陽とジェイド?の
イラストが非常にもえなので
はやく本誌でもそこまでラブラブになってほしい!
と思わずにはいられません
いつか妊娠&出産イベントもあるのでしょうか…
涎ものですね

3

ファンタジーがお好きなら

ハイファンタジー+オメガバースって感じです
アルファがいて番(ペア)になってフェロモンが出て、発情期(ヒート)を薬で抑えるとかかなりオメガバース風味
BLには珍しい転生・トリップとかじゃない異世界ファンタジーで、そこはかとなくゲームっぽいです

着衣で疑似セックスなどエロ度はエロエロです

1

面白かったです♡

あじあさんの作品は お友達から借りて拝見してから
いいな〜と思ってて ついに先日 ROMEO 買いました♡!

絵が綺麗!ストーリーが面白い!
何よりファンタジーなBL好きなわたしには
持ってこいの作品でした (^O^)♬
いかにも ゲームの中というのか何というのか…
のめり込んで 見てしまいました ( 笑 )

早くジェイドと光陽がくっついてほしいな〜って
終始思っておりました。
とても続きが気になる終わり方だったので
早く続きが読みたいです \(^o^)/♡

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ