ROMEO(2)

romeo

ROMEO(2)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神122
  • 萌×212
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない2

46

レビュー数
8
得点
662
評価数
138
平均
4.8 / 5
神率
88.4%
著者
 
媒体
コミック
出版社
マガジン・マガジン(ジュネット~JUNET~)
シリーズ
ジュネットコミックス ピアスシリーズ(コミック・ジュネット)
発売日
価格
¥648(税抜)  
ISBN
9784896442984

あらすじ

待望の第2弾!
光陽への恋心を断ち切らなければと思うジェイド。たとえこれが最後でもジェイドに触れたいと願う光陽。
切なくもどかしく、どこか可愛い、戦う性的強種・ライカン同士の両片思い。
エピソード♯6最速公開&♯6.5まるっと描き下ろし!

表題作ROMEO(2)

ジェイド・バルドー,人類強化獣種で受の番犬,33歳
光陽・LS・バルトロメオ,人類強化獣種で狩猟部隊隊長,112歳

その他の収録作品

  • neos
  • Ficus
  • Ficus+(描き下ろし)
  • あとがき
  • ドラマCD「ROMEO」ができるまで

評価・レビューする

レビュー投稿数8

誰だこの帯考えたのw

ネタバレしてます。

この巻、自分にとって、そのネタが組み込まれるだけで評価がドン底まで落ちる超巨大な地雷「妊娠ネタ」が不意打ちのようにぴゅぴゅっと飛び出してくるのですが、そんな地雷を持ってしても神評価は変わらずです。ほんとそれを上回る萌えを頂きました。感謝感謝。
全巻、とんでもないところで「次巻につづく!」となって、心底「2巻が出た後にこの作品に出会って良かったー!」と喜びに浸りながら読み始めたわけですが、2巻を読み終えたら「何故自分は3巻まで出た後に買わなかったんだ…」と後悔しました。
タイムマシンがあったら3巻出た後に速攻飛びます。

さて、リカと光陽のあれこれですが割と早い段階でジェイドにバレます。割と早いっていうか、リカと2人でベタベタお風呂に入ってるときにジェイドがバーーンと登場します。早い!!個人的にはもっと焦らしてほしかったけどそんな個人的なことは死ぬほどどうでもいいので割愛!
この巻、ディアガが何故セックスできない(戦闘不能の)身体になってしまったのかが明かされるわけですが、その事があってジェイドは「戦う事が出来なくなったディアガを裏切るなんて許さない」続きと、リカと寝た光陽を詰ります。
はーーーー、せつない…
そんな険悪なムードのまま戦闘に赴く面々。前巻でマーキングしたバシリスクが現れ、光陽が先陣を切って戦います。しかしバシリスクに致命傷を与えると同時に、光陽もまた負傷して意識を失い、それを追ってジェイドも谷底に落ちてしまいます。

とりあえずこの巻で言いたいのは
帯の「ドS獣人ジェイド」とかいうセンスのない煽り文考えた人に、本当にお前は本編を読んだのか?と小一時間説教したくなった。ってことと(あれ?これ1巻の帯だっけ。センス無さすぎて即外したのでどっちか忘れました)
光陽、合体できて良かったね!!!いやー良かった良かった。死にかけてるけど。ってこと。
そうか、医療行為としてのセックスという手があったか…しかしこのセックスがエロいだけじゃなくて切ないのなんの…

そして2巻で最もびっくりしたのが、物語の中で重要になってくるであろう話を、まさかの、巻末作者のあとがきに書いてるってとこw
しかも一番最後w
誰々が誰々の過去生で〜って…この話、本編でちゃんと掘り下げてくれますよね?

1

こじれた両片思いにやっと解決の糸口が!

MAGAZINE BE×BOY別冊「泣けるBL」の番外編に登場したジェイドは、光陽に近づくものは許さん!って執着野郎になってたし、あじあ先生のTwitterで二人の子供が登場していたので、ジェイドと光陽の想いが通じ合う日も遠くないはず…と待ち遠しかった2巻。

ジェイドは「光陽にはディアガって番(ペア)がいるから好きになっちゃいけない」
光陽は「ジェイドは俺に興奮するのが嫌」とぶつかって触れることさえ申し訳なさそうなほど…じつは両想いなのにこじれまくっている二人。

2巻では、ジェイドの半獣化を解毒するためにセックスしてますが、光陽はこれが最後でもいいとか、ジェイドと馴染みの娼婦(男)の名前で呼んでとか、ジェイドは抱きたくて自分を抱いているんじゃないと思ってるのが切ない…
ジェイドも光陽を求めてるとしか思えない熱いキスをしてるし、とっても官能的なシーンになってるけど、ジェイドが求めてるのは自分なんだって光陽が自覚して幸せになってるところが見たい!

そして光陽は受胎による昏睡状態に。胎児がいるとわかった周りの慌てぶりがおかしい。イーラは医師なのに「たいじって?」って混乱続きしてるしw

後半「Ficus」は幼い光陽と新しいキャラ達とのお話。
あとがきによると光陽たちの過去生(前世?)の話で、この後の話でつながってくるようです。
壮大なストーリーのほんの一部分がちょっとだけ出てきたって感じで、期待感は高まりつつ、2巻だけではよくわかりません。
幼い光陽(成人はしてるらしい)はかわいいけど、戦うスレイヤーズの肉体美のほうが私は好きです。

2巻はジェイドと光陽のわだかまりが溶ける入口に入ったところ、ジェイドの誤解はディアガが解いたけど、光陽はまだジェイドの気持ちを知らない。昏睡から覚めた時にどんな反応をするんだろう?過去生との関わりもふくめて続きがとても気になります。

2

に、にんし…?!∑(゚Д゚)

ついに2人が…!
エロくて美しかったです。
光陽が「あの子だって思っていい」って泣いてたとこ…!!!そして、「シャノンって」の時のあの涙。凄く悲しいのに、光陽の想いとかがよくわかって…読んでて辛くなりました泣
でもいい辛さです。やっとこの2人のシーンを見れて幸せでもあり…
でもそんなことを思っていた矢先、光陽が妊娠?!だと?!?!
BLでの妊娠・出産が大好きな私にはなんてご褒美なんだと思いましたが、果たしてどちらの子なのか………と。。そりゃあ、、、、ねぇ、、、?
とにかく続きが読みたいです!!!

4

美しい

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

ついに結ばれた身体。
って、、喜んでもいられない展開なのが惜しい。
お互いにずっと想いあっているのにすれ違っている二人。
求めてやまないのに我慢を繰り返している。

かたや、もう他の男に抱かれなくてもいいように薬で抑制する光陽
かたや、触れることすら禁忌と言い聞かせるジェイド。
お前らどんだけ。。。

ひたすらに美しい世界観と、キャラクターにドキドキしてしまう。
激しく結ばれた後の二人。
そして妊娠発覚。
はてさて怒涛の展開からどーなるかというところですね。
早く続きが読みたいよっ(>_<)

7

美しくて美しくて、美しい

(1)から変わらずのエロしなやかな肉体美。
ただ2巻はより、肉体関係が人間関係の核、みたいに描かれていて、萌えポイントとしてのHシーンを見たい、というニーズには凄く合っていると思いますが、人間関係イコールセックスではないのに、と一度感じてしまうと本作はあまりに性的に過ぎる気がする。
褐色肌のジェイドかっこいい〜、光陽かわいい〜、筋肉エロい〜、挿入エロい〜、みたいな視点だけで読むならそれでもOK。そういう読み方をしたい時だってある。
しかしながら、(1)で期待していた「恋はどこから生まれるのか」という命題はおあずけ、の感がある。
ストーリー的には光陽の妊娠事件が大きいので、まだこれから色々展開する期待はできます。
大河的展開もあり得るかも、と思いつつ3巻を待ちたいです。

5

少しずつ広がる「ROMEO」の世界

この作品、BLジャンルでの発表で大丈夫なのかな?
寿たらこさんの「SEX PISTOLS」という前例があるから大丈夫かな?
つくづく思うけど、男女がくっつかなきゃ子孫を残せないこの世界で、一方の性だけで世界を広げていこうとあれこれ考えてらっしゃるBL作家さんの頭の中って凄いと思う。
この「ROMEO」はSF混じりのかなり壮大なファンタジーだけど、あじあさんが設定資料を読者に公開してくださっているおかげで、作者の頭の中が覗きやすく、初心者でも物語に入り込みやすいのが良い。
また、本編と番外編を同時進行させながら、本編でメインのラブストーリーを展開させ、番外編で本題を掘り下げるための地ならしをされているあたりも巧いし解りやすい。
全てを本編に盛り込もうとすると冗長になりがちなSFやファンタジーの世界を巧い手法で見せてらっしゃるなぁと感心しきりです。
読者と少しでも多くROMEOの世界を共有しようとしてくださっている感じがしますね。

さて2巻。
ストーリー的には前巻第3話の続き(光陽がリカと寝たその後)から。
ジェイドの態度を決定的に頑なにしてしまった過去のエピソードか続きら始まって、盛りだくさんの展開が待ち受けております!
ジェイドと光陽の切なすぎる両片想いの切なさ度合いは最高潮だし、今度はジェイドが半獣化してガーゴイルに立ち向かうバトルシーンは画面のカッコ良さに滾りまくるし、泣いたり興奮したり興奮しながら泣いたりと感情のベクトルがあっちこっちに忙しいったらない!
そして、この物語にとっての「始まり」を意味する光陽の妊娠。
ここに来るまでをBLだからって引っ張られたらやだなぁ〜と懸念していましたが、そんなこともなく!このあたりは同人誌発表作ということで、商業の制約に縛られることなく作家さんの好きに描けるのが功を奏しているのかな?
いよいよライカンの進化が始まるんだ!というワクワクで、ますますROMEOから目が離せません!
光陽が次に目を覚ました時、切なかった昨日までとは違う、愛情と幸せの満ちる世界が広がっていてほしいなぁ。

後半にはピアス本誌発表の番外編2編と、プラスαの描き下ろしが収録されています。
ROMEOの世界に私が本当の意味でどっぷりとハマりこんだのは、マガビーの付録(泣けるBL)に掲載された「BLUE BIRD.」を読んだ時。
なんて壮大なロマンティックに挑まれているんだろうかと。
残念ながらその「BLUE BIRD.」は今巻には未収録ですが、その代わりに「Ficus」があじあさんの可愛いショタっ子萌えを楽しめつつ、とても深いお話になっています。
ROMEOがテーマにしている「死なない世界でどう生きるか」って、それはつまり、人が絶対に避けて通れない「死ぬことがわかっている世界でどう生きるか」と正反対の問いだよなぁと。
前者を考えていけば、それはきっと後者にも辿り着けるんじゃないかなと思います。
そもそも「死ぬ」意味すら、このROMEOを読んでると曖昧になってきますしね。
生と死を超える輪廻の世界にロマンを感じるタイプの方は読んで損ない作品じゃないかな。
登場人物達の口から紡がれるセリフのひとつひとつに、そこかしこでグッとさせられます。
まだ若い光陽が最後に言う「起こったことはぜんぶ受け入れる 誰かのそうしてほしいって気持ちも。その代わりにいっぱい泣くけど」というセリフが刺さりました( ; ; )
あじあさんの作品が優しくて素敵な理由がちょっと分かった気がします。

一緒に届いた「ROMEO COLORS」をパラパラめくりながら、ますますROMEOの世界に深くはまり込んでいくのでした。
ROMEO熱はまだまだ続きそうです!

14

ようやく…!ようやく…っ!!

同人誌版も購入しているので比べてみました。
特に加筆修正はなかったように思います。

収録内容を同人誌版に当てはめると、
・同人誌版ROMEO4の後半〜
・同人誌版ROMEO5まるっと
・今後発売予定の同人誌版6 (17'春刊行予定だそうです)
・ピアス掲載「Ficus」(「neos」同様、同人誌版にも収録されると思う)
・描き下ろし「Ficus+」(←これだけコミックス限定/9P)
という収録でした。


内容は書いてくださってるので感想を。

コミックス2巻で発表された新エピソードは、ただただ急展開にビックリ!
前々からあじあさんがツイッターで光陽&ジェイドの双子の赤ちゃんを出していましたが、
2人が両片思いを拗らせてる上に寿命の長いライカンだから、遠い未来なのかなぁと思ってました。
まさか抑制剤の副作用でこんなサラッと妊娠に持っていくとは…。

正直、展開の速さはちょっと残念でした。
光陽とジェイドは互いに誤解したまま、すれ違った両片思いを長年続けていて、
2人ともいっぱいいっぱい切なくて苦しい時間を過ごしてきて。
今回の大怪我で、こん続きがらがった糸が少し解け、思春期拗らせたジェイドが少し大人になったので、
ゆっくり誤解を溶かし互いに理解を深めあっていく…という時間が見たかった。
そういう時間をすっ飛ばしての妊娠というのはなぁ…(´・ω・`)ショボーン

『進化の一番目』となる光陽とジェイドのストーリーとしてはタイミングは良いと思います。
ただ、個人的には光陽とジェイドの恋物語を一番の楽しみにしてて、2人の焦れったい関係をジワジワ堪能したい!と思ってたので、子供が先にきちゃうかぁ…というションボリ感が拭えない。。。


その部分以外はすごくすごく良かったです(∩´///`∩)

まず、ディアガがまだ現役だった頃の回想。
野営中にに逸れた光陽と探しにきたジェイドの2人で過ごす一夜。
絶賛拗らせ進行中のジェイドの何気ない一言に傷つく光陽に萌えた〜!

裸で抱き合ってピッタリ体温を感じてるのに、
言葉と気持ちだけ噛み合わないのが焦ったくて焦ったくて。
でもいっぱいキスを繰り返す2人はどこか通じ合ってるようで。
あー!キュンキュンするー!!!(∩´///`∩)

戦闘中に光陽が大怪我をしたあとのシーンでは、
ようやく…!ようやく……っ!!。゚(゚´ω`゚)゚。

せめて1度だけでも抱かれたいと願う光陽は、sexは医療行為だと促し、
「あの子だと思っていい」「呼んで、シャノンって」と言ってーーー。
そのセリフはジェイドにとって
愛してる相手にとんだ誤解をさせてた『己の愚かさを思い知る』な突き刺さる言葉で、
一瞬言葉を失いショックな顔をするのに、切なキュンでした。

そのあと何度も力強く「光陽」と繰り返す言葉が甘くて切なくて。
何度読んでもこのシーンは涙腺が緩んでしまうよ…(∩;///;∩)


脇で萌えたのは、ジェイドvsリカ。
この2人は実は幼馴染だそうで(by設定資料)ジェイドの砕けた喋りが良いです♪
光陽を巡ってバーカバーカって子供みたいな喧嘩してるジェイドとリカにニヤニヤしちゃう///

あと、イーラ先生の光陽ラブも良かったー!!
散々光陽を傷つけたジェイドに対してはとっても塩対応ww
で、ディアガの前だと子供みたいに素直なジェイドが可愛くて萌え。
ディアガは優しくて良いパパだなぁ。

今回明らかになってきたのはリカはただの当て馬な脇役ではないってこと。
リカの「過去生」という、いわゆる前世は光陽にとって深い関わりがある人物で。。。
(同じくブラやジェイドの過去生も出てきます)
この辺りはあとがきの文面で語られたのはとても残念でした。
これは本編のストーリーで見たかったですよ…あじあさん…。


評価はすごく悩む!!
同人誌版は文句ナシで即決神!だったけど、サイズが小さいと迫力が弱く感じる。
あと展開の速さに気持ちが追いついてない部分もあり、萌え×2かな…。
でも大好きなシリーズがコミックスでまとまって読めるのは嬉しい。
同人誌版とコミックスを揃えで持っててもどっちも楽しめます♪

14

急展開のシリーズ第2巻!

シリーズ第2巻。
本編全2話、番外編3編(1つは描き下ろし)という構成です。
本編は全体の6割くらいの分量ですが、内容としてはなかなかの急展開でした!

まずディアガが隊を引退することになった2年前の出来事について。
野営中、迷子になった光陽を探しに行ったジェイド。
つかの間甘い時間を過ごす二人ですが、その最中にディアガたちのいるキャンプ場が襲われてしまい…
光陽にとっての幸せな時間が、間接的にディアガの負傷の原因となってしまったことを思うと切なく、そのことでジェイドに益々嫌われたと思い込んでいる光陽にも胸が痛みます。

そんな過去を光陽がリカに話しているところへジェイドが乱入!
リカと寝たのかと怒り心頭なのは、ディアガへの気遣いだけでなく嫉妬も入っていそうでニヤニヤしてしまいます。

その後、戦闘中に負傷した光陽を回復させるため、ジェイドは遂に光陽を抱くことに!!!
医療行為という名目ですが、途中からどう見てもイチャついている二人のやり取りに萌萌。
敬語が抜け、光陽を気遣いつつも余裕なさげなジェイドが可愛く、
そんなジェイドに抱かれ泣いている光陽にはギュ続きッと切ない気持ちになりました。
事後リカに対して嫉妬心むき出しなジェイドも可愛く、遂にラブい二人が見られるのかと期待したのですが…

なんと、光陽は事後眠ったまま昏睡状態に。
イーラのところで診てもらい妊娠(!)が判明します。
ジェイドは光陽の目を覚ますため、彼の意識の中に入ることになり…
と、いうところで本編は終わり。

個人的に妊娠ネタは趣味ではないですが、光陽の本当の気持ちや身体のことを知ったジェイドが今後光陽にどんな風に接するのか、続きが楽しみでなりません。
ジェイドに嫌われていると誤解したまま眠ってしまった光陽が、早く愛されていることに気づけるといいなと思います。

番外編「neos」は、若き日のジェイド視点の話。
光陽への想いを抑えようとするあまり、彼に冷たく接してしまうジェイドも、
拒絶され落ち込む光陽もどちらも切なく、ディアガの良いパパっぷりが救いでした。

次の番外編「Ficus」「Ficus+(描き下ろし)」は、ショタ時代の光陽の話。
幼い光陽が、当時の隊長に可愛がられてベッドでトロトロになっている姿に萌えます。

全体として、番外編も多く1巻に比べややトーンダウンした印象ですが、前半のジェイドと光陽のHシーン前後の展開は絵的にも内容的にも文句なしに神!!!でした。

残念だったのは、本作の設定(光陽がジェイドに惹かれる理由など)についてあとがきで解説されていること。
本編で描ききれなかった部分をあとがきで補足するのは邪道に感じました。
本作の番外編に出てきたキャラが実は…等、そうした事柄はあとがきでネタバレすべきではなかったと思います。

ちょっとマイナス要素はあったものの、3巻も引き続き楽しみに待ちたい大好きなシリーズです☆

17

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ