草間さかえさんのレビュー一覧

肉食獣のテーブルマナー コミック

草間さかえ 

肉を食べない理由

草間さかえ先生のCPは割と左右が分かりやすい事が多いのですが、表題作のCPは安藤(表紙右 眼鏡)が受けで、水沢聡司(黒髪 双子の弟)が攻めです。ただ、聡司の内面を知るとスーパー攻め様の色気がすごいですね〜

「キス・シロップ」の岸田(攻め マンションで水沢兄弟の下の部屋)は20代だったのか…。騒音に怒ってる以外は落ち着いた大人感が強いので、草間先生的ちょっと年齢高めの会社員かと思って読んでまし…

0

地下鉄の犬 コミック

草間さかえ 

"可愛い"

草間さかえ先生は短編集が多いので、丸っと一冊表題作なのは拝みたくなるほど嬉しいです。

この作品でいっとう好きな表現は、篠田(離婚直後の会社員)がお弁当のおかずを2人分作るときに、朝倉(ゲイ 煙草屋兼骨董屋)へ真ん中をあげるってところですね。それに気づいている篠田課長の部下の女性。言葉ではない愛の表現を、作品のこの位置にこの描写の仕方でもってくる草間さん、最高です。
表紙もとっても好き。&q…

0

幸せの条件 コミック

草間さかえ 

16頁で読後の多幸感

草間さかえ先生の作品がとにかく好きです。

◾︎幸せの条件
諏訪(受け 表紙右)は草間さかえ先生の中でも結構不思議なキャラだと思う。あまり可愛い受けを描く印象がない草間先生ですが、諏訪は可愛い系。しかし性格というか中身は割とぶっ飛んでる。

◾︎されど美しき日々
「夢見る星座」収録の短編の再録と、その続篇です。「夢見る星座」では、すこしもやっと感が残っていたのですが、続篇まで読んだらじ…

0

明け方に止む雨 コミック

草間さかえ 

美しい夜の描写

この謎解きをしながら進行する草間先生らしいストーリーの虜。絵柄も大好き。この表紙は特に好き。短編集ですが満足度が高いです。トラブルはあるけれど、ハッピーエンドで安心して読めます。

◾︎明け方に止む雨
里村(表紙 ノンケ)が色っぽいですね〜。結城(ゲイ 攻め)が「嘘は苦手です」といいながら嘘をつくのがいい。結城には今後さらに里村に翻弄されて欲しい。

◾︎夜更けに花降る
正しい人を愛し…

1

魔性の男と言われています 小説

中原一也  草間さかえ 

色気溢れてる攻めが読みたい人にオススメ

魔性の男ってどんなタイプなんだろうとドキドキしながら読み始めました。
勝手に好意を押し付けられる、受けの名波はとても気の毒な人でした。
そしてもう一人の魔性の男の比嘉がとても素敵でした。大人の魅力と男気に溢れていて、名波が惹かれたのも分かりました。
比嘉は本当の名波の良さが分かった上でメロメロになっていました。
2人のセックスがとても色っぽくて叫びそうになりました。
中原一也先生の文章っ…

2

王様のベッド コミック

草間さかえ 

いなかで受が

完全電子書籍派なのですが、草間さかえ先生の作品は紙で読んでる気分になります。絵のタッチと空気感が。

高校生同士のBL漫画でタイトルは「さくらんぼ」…がこうなるのが草間先生ですね〜
先生の作品の中ではポップな感じではあるものの、雨の中のキス未満から漂う純文学的色気はなんなのか。
「花」も高校生同士のBLですが、むせ返るような熱を感じる。
表題作「王様のベッド」もかなり好き。謎を繰り返す冒…

0

ワンダーフォーゲル コミック

草間さかえ 

すぐに読み返したくなる謎

ミステリー調の作品が多い草間さかえ先生の中でも、初っ端から謎だらけの作品です。

◾︎みえない友達
難解との前評判ではありましたが、初読のとき先生の新刊が嬉しくて異常な集中力だったため、すんなり読めました。しかし、暫く経って軽い気持ちで読み返していたら途中道に迷いました笑
登場人物の名前をきっちり噛み砕きながら読む事をお勧めします。

◾︎ワンダーフォーゲル
「みえない友達」ありきの…

0

どこにもない国 コミック

草間さかえ 

漫画から熱が伝わる

第二次世界大戦時の日本が舞台の表題作、戦争をBL漫画で扱うって相当難しいと思うのですが、描いた草間さかえ先生も編集の方もすごいと思う。
台詞で多くを表現せずに、漫画の流れや空気で読み手に訴えかけてくる作品です。直接的な性描写がなくても淫靡さを感じさせたり、人間性を感じ取らせたり。

草間先生はまた、そういう作品しか描かないのではなく、学生同士の恋愛やワンコ攻め漫画も描かれるのがより一層いいで…

0

夢見る星座 コミック

草間さかえ 

漂う色気

草間さかえ先、絵のタッチが大好きで、ミステリーっぽい展開のストーリーも大好きな作家さんです。お話に謎が仕掛けてあることが多くて、読むたびに新しい発見がある。

バラエティに富んだ短編が5つ収録されています。短編集であっても草間先生の単行本は満足度がかなり高いです。落ちるところで綺麗に話が落ちる。もちろんもっと読みたいな〜とも思うのだけれど。
エッチシーンはあまりないですが、草間さかえ先生のス…

0

真昼の恋 コミック

草間さかえ 

久々に読んだら更に好き

作家買いしている草間さかえ先生の作品の中でも特に好きな一冊です。
小説ショコラで4年掛けで掲載されていた作品が1冊になっています。付き合っている2人の短編が5話も見られるのとても嬉しい。
草間先生は短編の中の起承転結が鮮やかなんですよね〜

かつてはしっくり分からなかった正午(リーマン受け)の「誕生日って後で知ったら落ち込む」と岡崎(年下攻め)の「言わなくても泊まってくれたから10倍嬉しか…

0
PAGE TOP