夜光花さんのレビュー一覧

無能な皇子と呼ばれてますが中身は敵国の宰相です 3 小説

夜光花  サマミヤアカザ 

えらいこっちゃ!

うおおおおおおーーーー!!!
リドリー、どこまで行くの〜?すごいよ、すごい!!

3巻は文句無しの神評価です。

途中までは、このお話はリドリーとシュルツが恋人になっちゃったらおしまいかな?と思ってたんですが、とんでもない!
いくらでもリドリーが帝国の闇を拾い上げて、こりゃどんどん広がるよ!

は〜、読み応えがありました。すっごく楽しみにしてて1巻から復習してたんですが、疲れてきち…

14

無能な皇子と呼ばれてますが中身は敵国の宰相です 3 小説

夜光花  サマミヤアカザ 

リドリー信者、増殖中

3巻もクソおもしろっ!!
リドリーの手腕も見事だけど、作者の夜光花先生の描くストーリー運びも見事!
何でこう次から次へと楽しくワクワクするようなネタぶっ込められるんだろう……頭の中どうなってるのか知りたいです( ˃̶͈̀∀˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾


今巻もリドリーが大活躍。
期待以上の奮闘と期待以上の結果を残し、ますますリドリーのシンパを増やすことになる見逃せないストーリーでした!
企画…

9

薔薇の誕生 小説

夜光花  奈良千春 

命のつながりと意味に恐れさえ感じる作品

完結おめでとうございます!
寝不足になりながらも続きが気になって仕方なく、3日ほどで読破しました。

ここまで攻めが2人残っている作品も珍しい。
結局、ケイがどちらを選んだのか、どちらも選ばなかったのか。
どの選択も私には萌えます。

夜光花先生の作品はこれで3つ読みましたが、どの作品もテーマが重いと感じます。
命のつながり、命の重み、死への恐怖と希望、生へのこだわり。
普通に現…

0

無能な皇子と呼ばれてますが中身は敵国の宰相です 3 小説

夜光花  サマミヤアカザ 

今巻も最高。

『無能な皇子と呼ばれてますが中身は敵国の宰相です』の3巻目。
続きものって続巻が進むごとに面白さが半減してしまうものってあったりしますが、さすが夜光先生。巻数が進むごとに面白さがマシマシです。素晴らしいです。

アンティブル国の若き宰相・リドリー。
落雷事故に巻き込まれた彼は敵国・サーレント帝国の第一皇子のベルナールと入れ替わってしまっていた。自国に舞い戻り、そしてリドリーの身体を取り戻し…

10

始祖の血族 小説

夜光花  奈良千春 

哲学させられました……!

とうとう完結、ということでドキドキしながら読みはじめました。
読み進めていくうちにページ数が足りるのかドキドキしてしまい、本当にこの巻で完結?と思うくらいに最後まで終わりが予想できませんでした。
最後、マホロの決断はマホロらしいもので、彼の純真さと成長を感じて涙しました。
文句なしのハッピーエンド! これまでのことを思うと寂しい気持ちもありましたが、この世界の彼らにとっては最上のものでしょう…

0

金曜日の凶夢 小説

夜光花  稲荷家房之介 

No Title

さすが夜光花先生と言わざるを得ない!
3冊ものの2作目ですが、このカップルが一番好き。
ふたりがようやく……のところで悲しい展開になっちゃうんだけど、そこからの盛り返しが本当によかった!
紀ノ川さんの超人的な耳バンザイ‼️
良麻の素顔、見たかったな。
割と現実的な話が好きなのでこういう設定にハマれるかな…?と思いましたがそこは夜光先生、めちゃくちゃよく仕組まれた作品で読む手を止められませ…

0

狐の巣ごもり -眷愛隷属- 小説

夜光花  笠井あゆみ 

なんだこの最高のシリーズは

7巻に続き、我慢できなくて最新刊も一日で読了。
ああ…これでもう続刊がなくなってしまった、という絶望感を味わっております。

7巻では達成できなかった有生の目標である、同棲!いよいよスタート❤︎
もーーーそれにしても笠井先生の表紙!表紙!YES・NO枕じゃないかーーー!
しかも、しかも、、YESしかないじゃないかーーー!もう大興奮です。

左上で目を閉じて気持ちよさそうに寝そべる(足…

1

狐の弱みは俺でした -眷愛隷属- 小説

夜光花  笠井あゆみ 

最高に大好きなシリーズ・:*+.

大好きシリーズの第7巻。
最新刊まで読み終えたくなくて、ゆっくりゆっくり読んでいたのですがあと一冊かあ…
面白すぎていつも一瞬で(感覚的に)読み終えてしまいます。

待ち針狸の「ご主人たま」を聞くと(実際に聞いてはいないけど)自然に頬が緩む…
「気持ち分かりマッスル」とか、繰り出す寒ーいギャグ(?)も待ち針が言うと全部全部可愛い。。ニヤケっぱなしになります。

そして自分に高説を垂れ…

1

薔薇の誕生 小説

夜光花  奈良千春 

圧巻の最終章

や……!!終わってしまった。。。!

間違いなく、自分の短いBL小説読書歴に刻みつけられる名作でした…
ほぼ2日で全6巻読了。

朝5時まで読んで、しばし放心。。

キャラ設定、息つく暇もないような臨場感あるバトルシーン、次々と明かされていくアンデッドと薔薇騎士団の誕生の秘密、ストーリー展開…

どれをとっても本当に最高の最高で…文句なく、納得の神シリーズ。

自分の性癖的に…

1

薔薇の奪還 小説

夜光花  奈良千春 

神シリーズの4巻


や、や、や…!

どうなっちゃうの!?で終わった後の続刊、なんとなんと3年後のお話からでした。
この巻もスリル満点、終始興奮が収まりませんでした…!

タイトルに「奪還」とあるように、ラウルの奪還、そして総帥の座の奪還のための闘い、アクションシーン満載でもうワクワクドキドキが止まらず。
個人的にはワンコのサンダーが戦闘で大活躍してて嬉しい♡さりげなく、好きなキャラ?です笑

つ…

0
PAGE TOP