砂原糖子さんのレビュー一覧

Chara BIRTHDAY FAIR 2019 C キャラ文庫創刊22周年記念バースデーフェア小冊子 小冊子

菅野彰  砂原糖子  樋口美沙緒  二宮悦巳  笠井あゆみ  yoco 

「花屋+次男」+猫屋敷先生+きゃっきゃ女子大生

2019年バースデーフェア小冊子のC。フェア参加店で既刊1冊購入するともらえます。猫屋敷先生もパブリックスクールのSSも大好きだったので神.特にパブリックスクールの番外編が面白かったです!

1.毎日晴天! 番外編
  花屋が来シーズン、デートで東京ドームに行こう!と考えているのを、
  全力で丈兄と真弓ちゃんにとめられるお話でした(爆笑)

2.猫屋敷先生・・ 番外編
  本編大好…

1

職業、王子 小説

砂原糖子  小椋ムク 

風景描写が綺麗です

砂原さん×アラブというのがあまり想像できなかったけれど、テンプレアラブではなくて良かったです。
アラブ攻めじゃなくて、アラブ受けだし。
小椋ムクさん×アラブというところも、これまた新鮮。
ずっと積み本にしてて電子の本棚に並ぶ表紙を何度も目にしていたのだけど、あらすじを見るまで「アラブもの」だとは気づかなかった。

わがまま王子にかっさわれて、異国で性奴隷にさせられ、夜な夜な王子様にご奉仕…

0

シガレット×ハニー 小説

砂原糖子  水名瀬雅良 

萌えきれず

年下ワンコ攻め×美人ツンデレ受け(しかもツナギが似合う美人♪)という組み合わせは、めっちゃ大好物なので萌えるの間違いなし!と思って読み始めたんだけど、どっちのキャラにも、共感できないところがあり萌えきれず不完全燃焼です。

彼女が出来てはすぐフラれを繰り返し、元カノの数だけはやたらと多いノンケの後輩・浦木に長年片思いし続けている先輩の名久井。
浦木は「先輩が女だったら彼女にするのに」だの「ホ…

0

アンダーエール! 小説

砂原糖子  小椋ムク 

BLに出てくる女の子が好きな方は是非

結論から言うと、ツボが合わず主役2人には萌えませんでしたが、脇役の女の子たちが良いのです。

主人公の受はイケメンの長身設定ですが、中身はさほどイケメンじゃないです。
フェミニンというか、女々しいというか。
ウジウジぐるぐるしていて、しゃきっとしない。
人のせいにもするし、はっきり言って弱い。
精神的に成熟していない青さでいっぱいです。

攻は朴訥で心情が読みづらいです。
彼もま…

0

世界のすべてを君にあげるよ 小説

砂原糖子  三池ろむこ 

刹那的な時間に受けは何を思い、攻めはどう見てたのか。

あらすじにも書かれているように駆け落ちしたカップルのお話です。

寂れた町で周囲には兄弟と偽り淡々とした日々を送る。
"駆け落ち"というドラマティックな恋物語の割には空気感が…あ、あれ?
どこか少し影を落とし淋しさを纏うように展開していきます。

駆け落ちの終着点は一体どこにあるのかドキドキしながら読みました。

攻めは大学1年生。
受けは7歳年上の看護師。

1

青ノ言ノ葉 小説

砂原糖子  三池ろむこ 

言ノ葉シリーズ未来編

言ノ葉シリーズを全く読んでなくて悩んだのですが、設定が未来と聞き購入。最後の1文がとっても好きだったので萌よりですが萌2にしました(あのセリフが無かったら萌かな)。
訳ありで偏屈になった元発明者と彼に寄り添おうとする青年のお話、本編270P弱+その続き75Pほど+あとがき。

西暦2318年、地球の人口は300億人を超え、人々は地上から遠く離れた高い階層の上で暮らしていて
地面に触れたこと…

1

言ノ葉ノ花 小説

砂原糖子  三池ろむこ 

なんとなくピンとこなかった……

今もなお新作がでる人気シリーズだし……コミカライズも始まったし……と積み本化していたこちらを読んでみましたが、なんとなく作品と自分との距離が縮まらないまま読みおわってしまいました……。

決して悪くないのだけど、「他人の心の声が聞こえる」という特殊能力がもたらす苦難を自分でも想像してみたんだけど、自分だったら生きていられないほどの苦しみだとは思うのだけど、結局は想像の範囲にすぎないというか、ど…

0

青ノ言ノ葉 小説

砂原糖子  三池ろむこ 

彼が残した「タスク」に泣いちゃいました

「言ノ葉」シリーズ新作です。
シリーズと言えど主役組も新キャラですし、舞台は300年後なので、今作だけで問題無く読めます。

で、こちら、「人の心の声が聞こえる人物」というのがテーマになるシリーズなんですね。
心の声が聞こえてしまうが故の苦悩だったり、逆に相手の恋心や欲情なんかがダダ漏れと言う萌えが見処の。
が、今回は、なんとお相手となる受けだけの「心の声」が聞こえないと言うパターンでし…

9

猫屋敷先生と縁側の編集者 小説

砂原糖子  笠井あゆみ 

攻めが猛獣かと思いきや大型ワンコでかわいかった

超絶遅筆な俺様小説家にひたすら振り回される哀れな編集担当のお話かと思いきや、クォーターで派手な外見ゆえに遊び人っぽい=黒乳首?と邪推されたことに腹を立てた受けが、バッとシャツを脱ぎ捨てて「なんなら下も見せましょうか?」と啖呵を切るところに、お主やるなぁ!感があって一気に期待度があがりました。

おまけにノンケなのにゲイだと勘違いされたことを逆手に取り、ビッチ受けのフリをしてまで原稿をゲットする…

1

メランコリック・リビドー 小説

砂原糖子  ヤマダサクラコ 

悲しみを分け合う仲だから恋なんてできない

切ない片思いのお話。

二十歳になった千夏史には、十一年思い続けている男がいる。出会いは九歳、相手は九歳年上の兄、由多夏の同級生で現在はカメラマンをしている日和佐明。

日和佐は自らも色情狂上等!とばかりに、男女構わずセックスがお盛ん。彼自身が魅力的なのはもちろん、綺麗な人間がひしめく華やかな業界に身を置いているせいもある。出会った頃から子供は嫌いだと豪語している日和佐は、二十歳になっても…

1
PAGE TOP