艶に惑うは、仮初めの妻。

そして蝶は花と燃ゆ

そして蝶は花と燃ゆ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×22
  • 萌5
  • 中立1
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
5
得点
29
評価数
11件
平均
2.9 / 5
神率
9.1%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
プランタン出版
シリーズ
プラチナ文庫(小説・プランタン出版)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784829624463

あらすじ

鳳城組組長の息子・桐弥は、カタギの高校生でありながら、天才的な博徒だった。若頭補佐・雨柳の仮初めの妻として、女装して賭博の女胴師を演じる桐弥。だが、極道見習いの水無月にほのかな恋心を抱く彼を、雨柳は許さなかった。「俺が極道である限り、お前を放しはしない」幼少の頃から兄のように慕っていた雨柳が、危うい色香を放つ桐弥に、修羅の如き執着と情欲の焔を燃え上がらせる。さらに組長襲撃事件が起こり、跡目争いも勃発する中、その独占欲と愛欲に惑う桐弥は――?
出版社より

表題作そして蝶は花と燃ゆ

若頭補佐・雨柳道風
鳳城組組長の息子・鳳城桐弥

評価・レビューする

レビュー投稿数5

強きもの、弱きもの。

大好物です、極道もの。

暴力、殺し…と、この作品を包むものは暗いものばかり。
だけどどこか凛としていて、桐弥も雨柳も痛く愛おしい。

強くあろうとする雨柳、だけど大きすぎる存在の死によって弱い部分を隠せなくなってしまう。
そんなときに叱咤したのは、桐弥だった。

ほのかな恋心を抱く桐弥、それを許せず執着する雨柳。
親の死によりその道を選ばざるをえない桐弥は、カタギにはならず極道に染まる覚悟を決めた。
桐弥のその強さがまぶしかったです。

一見桐弥のほうが弱く見えるけれど、芯が強いのは雨柳よりも桐弥なのかもしれない。
だって雨柳さん、ヘタレだし(笑)
尻に敷かれてしまえばいい。←

あぁぁぁぁっ。Cielさん、素敵です。
桐弥色っぽい…雨柳おっとこまえ!緋牡丹が美しい…。

1

いいなぁ、シリアス博徒モノ…。

受けの心情が、しっとり艶やかに描かれていて萌えました。
淡く切ない初恋、博徒としての運命を受け入れるまでの葛藤…。

強いようで脆い部分もある、攻めの苦しみも良かったです。

殺し・刃傷沙汰・凌辱シーンがあって、暗いトーンですが、
そのうえにキラめくような恋情・執着の数々。

受けは高校生ですが、すごく大人だと思いました。
普通の高校生として生きたいのに、親を殺されて、待ったなしで決断・行動しなければならない。

やわらかい心を持っていて、色々感じたり考えたりするんだけど、
熱い博徒の血も持っていて、すごい行動力もある。
初恋を昇華させて極道になおるまでの葛藤が良かったです。

攻めはかなり強引で暴力的な行いをしますが、病んでは無いと思います。
組の親の大恩に対する責任感と、受けへの強い思い。
大人としての色気があって、強さと脆さのコントラストにぐっときました。

殺しの犯人には「えっ」とびっくりしました。

0

選んだもの。

 鳳城組組長の息子・桐弥は、カタギの高校生として学校に通いながらも、天才的な博徒だった。
 その才能を買われて、若頭補佐・雨柳の仮初めの妻として、女装をして賭博の女胴師を演じる桐弥。
 けれど、桐弥は極道見習いの水無月に、ほのかな恋心を抱いていた。
 もちろん、そんな桐弥を雨柳が許すはずもなく、修羅の如き執着と情欲の炎を燃え上がらせる。
 そんなさなか、組長襲撃事件が起こり、桐弥の父でもある組長と母親が命を落としてしまう。
 突然の出来事に、ちゃんとした遺言さえもなく、跡目争いも勃発するが、桐弥は組を守るため、博徒としての誇りを守るために、ある一つの決断を下す。
 その決断を下すことは、後戻りのできない道へと歩み始めることで……

 という話でした。
 桐弥は淡い恋心を、まっすぐに自分の道を定める水無月に抱いているものの、その優しい想い想われる静かな日々ではなく。
 自分が博徒として生きるために、胴師として生きるために、雨柳と生きることを選び取る……

 そんな感じで、中途半端な自分を恥じていた桐弥が決断を下し、無理やりな関係が、気持ちの伴った対等な関係になるま続きでの話。
 表紙の絵のとおり、かなり艶やかな世界だったように思います。
 濃い目のBLが好きな方にはぜひ、オススメします。

2

若頭補佐×組長息子

ヤクザと極道の違いは?博打うちって?
そんな事がちょっと詳しくなる1冊でした^^

主人公は、古き良き「博打うち」鳳城組の嫡男・桐弥(18才)。
博打の技を仕込まれ家業に納得しながらも、カタギにも未練がある。
そして、美貌も丹も才もある若頭補佐の雨柳。
下っ端ながら、朗らかで気が利く桐弥付きの水無月。
この鳳城組は、指定広域暴力団には組せず、清水の次郎長親分とこみたいな感じ。
今まで大事無く過ごしてきたのに、体を壊している組長から雨柳が次代指名を受けた時から、大暗転・・・!(↓もこさん参照)

文章がソツなく過不足無く、いい感じです!
その人の悩みや立ち場で引く所出る所の辻褄がちゃんとあっています。
キャラもそれぞれ立っていて、誰と言わずに誰だと分るのは気持ち良い!
橘、もう嬉しくて早い読みでございました!
はい・・・3/4までは確かに・・・!

途中、あの濃い彼が出てこないので心配していたのですが、やっとここからの登場は何故?
今までの順調な話の流れを留めたように感じました。
彼の雨柳への執着を、小さくても良いからもう1~2エピソードがあって読者に続き印象付けておいて~なら分るんですが。
それらが無かったから、それまでの怒濤の展開や頭の切れる雨柳のキャラを霞ませてしまったと思います。
取ってつけたような「転」だから、彼の理由付けが説明で終わってしまって、それが薄っぺらくて気持ち良くない。
彼の偏執狂の部分、雨柳の悔悟の部分が充実してこそ、それらを赦す桐弥の成長をもっと伝えられたのでは?と、惜しさが残りました。

既読【蝶よりも 華よりも】でも感じましたが、話の枝葉がうまく繋がって「すごく好みだ~」と喜んだ後、説明不足や盛った部分が勝ち過ぎと思うところもある。
読んだ2作品は作者の早い時期での作品だし、折角の文章なので、次作次々作と期待して読んでみます^^

2

極道モノ

犬飼のの先生の新刊ヾ(●´▽`●)ノ嬉しい!!
挿絵もCiel先生と豪華な一冊。
面白かったですwさすがな文章力というか、軸がしっかりしているので読み応えもバツグンでした。

鳳城組組長の息子・桐弥くん。カタギに憧れる高校生。
この桐弥くんと、若頭補佐の雨柳を中心に描かれる極道作品です。
生まれが極道だから行く末極道。非道徳な世界。
カタギとの狭間でゆれる桐弥くん。そして両親を失い、淡い恋心を抱いた水無月との関係。そして雨柳は・・・~な流れ。
すごく作品としてウマ。なんですが、肝心の恋愛という面では微妙だったかな~という印象も強いのが残念でした。
水無月との淡い恋。とっつきやすくて慕ってくれる水無月とは良思いだったりするわけで、普通の生活をしていればいい恋愛できたんだろうな~と思う反面、そこは極道で、いろいろあるわけで、雨柳との関係もはさまるわけで・・。
結論なにがいいたいかといいますと、数年前の雨柳との会話「もしもお前が女なら~」の部分では、わりと雨柳といい感じだったのが今は水無月と・・水無月好きなのに・・雨柳と~に変わっておりまして、そこの部分の変化がわかりづら続きかったのと、組長に挙げるために雨流を立てて=は解るんですが、抱かれる日々のうちに恋愛感情がめばえ「愛してる」な流れがまたつかみにくかったかなと思います。
人間関係や、事件描写、極道の云々かんぬんは丁寧に描かれている分見せ方がすごく良かったんですが、恋愛面が大幅に省かれている気がしてそこが残念でした。

濡れ場部分
わりと強引なシーンが多かったんでうsが、もっと丁寧な優しい愛撫~な場面も見たかったかな。
雨柳の緋牡丹の刺青と蝶の刺青を掛け合わせる表現はすごく良かった!

トータル
作品としての仕上がりはすごくウマ
恋愛面がちょっと弱いかな
雨柳さん視点で読むとまたかわるのかしら

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ