継承者(下)―ロッセリーニ家の息子

継承者(下)―ロッセリーニ家の息子
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神8
  • 萌×27
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
4
得点
77
評価数
19件
平均
4.1 / 5
神率
42.1%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
角川書店
シリーズ
発売日
価格
¥1,200(税抜)  ¥1,296(税込)
ISBN
9784048742061

あらすじ

岩本薫×蓮川愛で贈る『ロッセリーニ家の息子』シリーズの新作。「共犯者」続編が上下巻で登場!
(出版社より)

表題作継承者(下)―ロッセリーニ家の息子

レオナルド/マクシミリアン/エドゥアール
早瀬英/ルカ/成宮礼人

その他の収録作品

  • 古き佳き日々
  • 真夜中のピクニック

評価・レビューする

レビュー投稿数4

おしりぺんぺん

岩本先生、蓮川先生好きで、このシリーズ(文庫版の方)を読破させていただきました。。。
なんで今頃コメントするかってーと、
この本でやっと好きな展開がはっきり出てきたので、
すいませんうれしさのあまり。(笑)

略奪者の時から思ってたんですけど、
もうちょっとちゃきっとした受け(アキラ・長男受け)がいいなあと。
したら、この巻の受け3人パジャマーパーティ
(イノセント無敵王者 ルカ主催!)の後に、
攻め3人飲み会への乱入、
おしりぺんぺんって感じで、攻めさんをそれぞれ
引き取っていくシーンがあったので。
それだけで神(笑)
(あ、サイボーグマクシミリアンは 怒られてないですよ
 レオとエドゥだけ)
もう超楽しかったです!
最強ダディの活躍で後継者問題もなんとなく大丈夫じゃね?
って感じだし。
どっかで後日談(ラブリーベイベーを6人で取り合う図)とか
出てないんでしょうか?読みたいんですけど・・。

4

あーちゃん2016

ピピン様
こんばんは。さすがちるちるユーザーのお姉さま方、すばらしい!
まさに求めていた情報、ありがとうございます!!!
助かりました~今からどっかで入手できないか探してみます(笑)

ピピン

こんばんは。
後日談が、全員サービスの書き下ろし小冊子「Piacere」にありますよ。
お姫さまの1歳のお誕生日に全員勢ぞろいし、泣きだすお姫さまにおろおろしたりするお話などが収録されています。

あっ、そうくる?!

上巻からの続きす。

このままだとこの家は…でも別れるなんてできない。
それぞれの兄弟に気付かれないよう、パートナーたちは苦しむのです。
が、そのために取ったマクシミリアンの態度でルカがヘマをしちゃうというか
本当に自分に素直なんですよねルカ。
とうとうレオに見られてしまい、あれよあれよと互いのパートナーを知るのです。

そうなると跡継ぎはどうするんだ問題がみんなで話し合われます。
そして出した答えは
「自分たちの意思を曲げてまで家を存続させる必要はない」ということ。
そしてそれを自分たちの父親に伝えるという…

その当日
みんな胸に何かを思いつつ臨もうとした、まさにその時
まさかの父親4度目の再婚発表!!
そしてお腹には既に1つの命が宿ってるという!!

その報告を父親から受けて、とりあえずは自分たちのことを保留ということに。
でも安心はできないですよね。
新しい誕生はあるにせよ、じゃあその子が継ぐかはまた別問題だもの。
でも新しく生まれてくる子も含めて幸せになる結末になればいいなぁ。


ちなみに3兄弟の父親は凄く男前だということが判続き明したよ。

2

一安心

上巻からの続きです

息子達3人とそのお相手達が、それぞれに互いの関係に
気がついたり目撃してしまった!と衝撃を受けていましたが
結局のところ3カップル同士すべて全員にバレてしまいます

3カップルが本気の恋そして人生の伴侶として相手を見ていると
互いが認め合いますが、やはり跡取り問題です・・・・が
お父さん!4人目の妻!そして!!!

ひとまず後継者問題はクリアーしそうなので
その日の夜は、3カップル共に仲良くしましたw

今回の目玉はなんといっても攻め様グループの絡み
そして受け様グループのパジャマパーティーでしょうかw
嵐があった後のこの楽しい組み合わせ!読むしかありません!

3

カバーが秀逸でした(瑛と礼人が・・・)

マクシミリアンの提案で瑛と礼人もなんとかこの窮地を乗り切ろうと思っていたのに・・・ルカがわがままを言ってマクシミリアンとキスをしている現場をレオナルドに押さえられてしまいます。
この末っ子、育ちが良すぎるのでしょう。隠し事は一切できません。
全部ぶちまけて、それぞれの関係を全員が知ることになります。
こうなったら仕方がない。
レオナルドは、男らしいですね。
父親に打ち明けることを決心します。
そして、父、ドン・カルロを迎えてのディナーのあと・・・。
すべてをひっくり返したのはこの父親でした。
ドン・カルロ、4回目の結婚とベビー誕生(まだ新婦のおなかのなかにいますが・・・)
とりあえず、それぞれの秘密は護られ、祝宴へと続きます。

そして、宴のあと・・・。
瑛・礼人・琉佳のパジャマパーティーは、とても楽しかった
この3人には、いつまでも仲良しさんでいて欲しい。

レオナルド・エドゥアール・マクシミリアンの飲み会もなかなか面白かったですが・・・レオとエドゥ、意外と似たもの兄弟?このふたりをマクシミリアンが止められるわけはないので、ああなっても仕方がないですね。続き
レオはともかく、エドゥも最終的には尻に敷かれるのでしょうか(笑)

このシリーズ、ここで一区切りだそうです。
今後は未定かな・・・。
もう少し読みたい気もします。

特に生まれてくるベビー・・・姫様希望(笑)
不甲斐ない(というのは、ちと違うかな?)兄貴たちの愛情を踏み台にロッセリーニに君臨していただきたいです。

下巻でとうとう秘密の花園(笑)の3人も表紙に登場しました。
共犯者の裏表紙もこの3人なのですが、琉佳はともかく、瑛と礼人・・・レオとエドゥが見たらと思うと・・・というくらい、ふたりのビジュアルが素晴らしかったです。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ