箱入り姫の嫁入り

hakoirihime no yomeiri

箱入り姫の嫁入り
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
12
評価数
5件
平均
2.6 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
海王社
シリーズ
ガッシュ文庫(小説・海王社)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784796402026

あらすじ

清楚で可憐な花嫁さん――貰っていただけないでしょうか
「不束者ですが、末永くお願いいたします」
昔馴染みの老翁からの頼みごとは突然だった。日本人形のような紫緒が高校を出たら彼を、嫁に貰えという。自分の生きたいように生きるが信条の小説家・柊吾。なのに、厄介事を頼まれてしまい・・・!?
(出版社より)

表題作箱入り姫の嫁入り

玖園柊吾 男嫁を貰うことになった小説家
二条紫緒 嫁入りすることになった高校生

その他の収録作品

  • 縁-えにし-
  • 寿-ことぶき-
  • ひめごと

評価・レビューする

レビュー投稿数1

受けさんがしっかりもので可愛い!

この続きの本に対する、他のお姉さまのレビューを読んで、
このシリーズ読んでみたくなりget。

筋金入りの箱入り娘な男子で、料理作るわ、着物着るわ
三つ指つくわ。。。そういうのがダメな方は厳しいと思います。

以下のような方々が出てこられます。
攻めさん:自分の祖父が、二条グループの爺さんと仲良し。
     その関係で、爺さんから可愛がってもらってた。
     自分ちのグループ企業で業績をあげて、
     いやんなって、小説家に転身。
     そのため実家と絶縁状態。
受けさん:二条グループの爺さんの養子。もうすぐ高校卒業。
     爺さんが娘を育てたかったため、娘扱い。
爺さん:二条グループの影の会長。誰も逆らえない系。
    攻めさん曰く「妖怪もどき」
    将棋に勝ったら褒美をやろうと攻めさんに言い、その褒美が受けさん。
    受けさんを猫かわいがりしてる模様。
爺さんの孫:攻めさんと仲良し。爺さんに一番かわいがられてるので、
      情報収集先として活用。
      立ち回りうまそうな設定。NYで勤務中。

私も続きどうかなーと思いつつ読んでみましたが、
受けが嫌味のない善人(考えもってる無垢さん、ある意味最強)で
本当に攻めさんの事が好きらしいのが伝わるので
おばさん、け っとならずに済みました。
想いが通じ合ってからは、攻めさん溺愛(笑)
六芦先生の挿絵も相まって、なかなか楽しめましたが、
やっぱさらりん としてるので、萌どまり。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ