この三ヶ月間、貴方は俺の、嘘の恋人――…

ドラマ

drama

ドラマ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神11
  • 萌×25
  • 萌5
  • 中立4
  • しゅみじゃない8

--

レビュー数
7
得点
94
評価数
33件
平均
3.2 / 5
神率
33.3%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
フロンティアワークス
シリーズ
ダリア文庫(小説・フロンティアワークス)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784861345265

あらすじ

現役高校生のモデル・榊 拓人のもとにドラマのオファーがきた。題材が同性愛だと知り、出演を嫌がる拓人。だが拓人を恋人役に指名したのは、憧れの俳優・恵 裕次だった。彼の役者としての姿勢に触発されて、拓人はドラマに真剣に向き合い、そして気づく。胸の中にある痛みに。演じることでしか伝えられない、裕次への恋心に――…。架空の恋を辿って紡ぐ、二人の物語。加筆修正+書き下ろし付き。

表題作ドラマ

恵裕次,俳優,32歳
榊拓人,モデル,17歳

その他の収録作品

  • あとがき
  • scene 白のあと

評価・レビューする

レビュー投稿数7

二人のラブストーリーの前編

やっぱりBLはハッピーエンドじゃなくちゃイヤだなーと改めて思った作品でした。
いろいろあっても最後は結ばれて幸せに暮らしましたとさ…の『いろいろ』の部分が痛かったり辛かったり傷ついたりしても、障害を乗り越えてあるいは成長して二人で生きていく道を模索しこれから何かあっても二人なら解決していけると思わせるような話に惹かれます。

拓人にとってモデルはバイト感覚の軽い気持ちのようでいたけれど、ドラマの出演や恵との出会いがあり俳優としての仕事に目覚めていくところが面白く、役者として大成していったらいいなと応援したい気持ちになりました。
それと並行して恵への気持ちがファン目線から俳優の先輩への憧れや敬愛、そしてやがて好意が恋情を含むようになるまでの展開で拓人に感情移入してドキドキしました。

夜の海や星の輝く夜景など二人の少ないデートの背景が印象的でした。

陰影のはっきりした麻生さんのイラストもとても素敵でした。
拓人が女友達と二人で教室にいるシーンが好きです。風に膨らむカーテンと光と影に分かれる教室の天井などシンプルだけどここから飛び出していろんなことを経験して大人になって続きいく拓人の悩めるひと時という感じがして好きです。

二人の恋愛感情が今後の俳優としての二人や周りへの影響あるいは親の苦労や心配を考えるとどうしても続けることはできないという結論になったのがどうしても理解できませんでした。
それはそうでしょうけど、そんなことで止められる思いなら止めてしまいなさい、そして人生の最後になってうんと後悔するがいいさと意地悪く思ってしまいました。

この作品は続編の『ラジオ』と合わせてひとつの作品のようなのでまだ前編部分だけを読んだところだと思っていいのかもしれません。
だから早くこのあとの二人の姿を見せて欲しいです。
もう何年もたつのに未だに出版されない大人の事情というのがあるかもしれませんが、このまま中途半端というのも悲しいので是非フロンティアワークスさんには続編の発行をお願いしたいです。

0

凄い気になるんです つД`)

歳の差設定が好きなので、検索した結果こちらの作品を発見!
楽天さんの電子版で読ませていただきました

あこがれの俳優さんから同性愛のドラマのオファーが来た受け様ですが
最初はいやがるものの、相手はあこがれの俳優
役を受けていくうちに、どんどん役にのめり込んでいきます

そのドラマがまたBL本としても気になるいい感じ内容なのですがw
そのドラマと自分たちが重なるように
お互いを想い好きになりそして・・・

これから幸せに~っとウキウキ読んでいたのですが!え!!!
ということで続編があるようなのですが
まだ発売されてないんですね・・・・
ですが、続編がありつつもこの終わり方凄いしんみりして
後味、苦いけど萌えちゃいました _| ̄|○

若い受け様が最後の結果を出してしまい、
攻め様がそれを責めない懐の広さ!!!

続編の「ラジオ」早く読みたいです!

0

感動・・?

カラスとの過ごし方で、朝丘戻さんを好きになった私です。
今回、偶然書店で本を見つけ買ってみました。
おもしろいとは思いましたが、納得のできないところがありました。。
三か月という短い恋ですがもう少し濃い内容の方がいいと私は思いました。
拓人が裕人を好きになっていく流れが速すぎてイマイチ感情移入できませんでした。
しかし、萌えるところもたくさんあって良かったです。
続編のラジオに期待してみたいと思います。
二人が結ばれることを願います。

0

一口に悲恋とは言えない。

ハッピーエンド史上主義な私ですが、朝丘さんの書かれる小説は、たとえ悲恋であっても納得できます。
「実る恋」じゃなくても、気持ちが繋がっていて「結ばれる恋」という在り方も素敵だな、と思わせてくれた最初の作品です。
彼女の小説を読んでいる時は、SEAMOの『マタアイマショウ』が脳内でヘビロテしてます。

1

こどもの恋

連続ドラマで共演してる俳優とモデルが、役と共鳴しあいながら愛し合う話。

雰囲気はとっても切なくっていい。

演技経験の全くなかった高校生モデルの拓人が、憧れていた俳優・裕次とドラマの中で愛し合う役を演じながら、現実の裕次とも愛し合うようになるが、、、
ドラマ撮影中の、拓人の感情の揺れとか、とっても切なくていい。
これ、個人サイトの連載小説だったりしたら、滂沱の涙で身もだえしながら読むと思う。
でも、こうやって商業出版物になった物を読むと、ちょっと待ってよって感じるところがあって、
愛するあまりに別れを決意するって、拓人が決めた「子どもの結論」としては充分アリだと思うけど、裕次の方はどうなんだろう?
裕次は最初に拓人に迫っていた時から、なんかずるい大人な感じがして、結末も、拓人から言い出されたから別れを受け入れてるのが、どうもなあ、
大人として、どうなのよって、
このダメな大人と、子どもなりに一生懸命考える子どもっていうのが、朝丘作品の魅力で、どこまでそれが許容できるかギリギリ微妙なラインに面白さがあると思っているけど、今回はちょっと萌えきれなかった。

1

少年は分別を覚え、大人は見守る

コバルトで05年に出された作品の新装なのですね。
麻生ミツ晃さんの初めての挿絵のお仕事だそうで、中の白黒カットはほとんど手直しなしに当時のまま再掲載だそうです。

一応お話としては悲恋ものになっており、互いに気持ちを残したままの納得づくの終わりになっております。
主人公達がドラマの主役で、しかもそのドラマが同性愛を扱ったもので。
役に入り込んで、本来の素と役柄と本人は見分けを付けているつもりでも、やはりそこに役柄の影響は否めないわけで。
更に芸能人であることという周囲への迷惑を考える部分もある。
なので、彼等が出した最後の選択は彼等の今後の為に必要なものであるとはおもうのです。

しかしながら、この入り込み方と彼等の気持ちに深く感銘と共感と、のめりこんで一緒になって苦しくさせる展開は、実はとても好きです。
どちらかというと、多分に恵のほうが恋愛としての「好き」という意味で、先に拓人を好きだったのですね。
拓人は恵の身体などが、モデルの立場として好きではあったがそういう好きではなかった。
初めての役者経験で拓人を導いていこうという恵の意図もあったのかもしれないけど続き、役柄が恋人になるという設定であるだけに、彼等の中に、特に役者が初めての拓人には重すぎるほどに役柄の「海」が入り込んでしまう部分が見てとれます。
その中で、初めてのゴシップ写真や、事務所のスタッフの拓人への温かい見守りがあって、拓人は周囲の大事さに気が付くのです。
恋愛感情と周囲への思いやりを同じ天秤に載せることはできないけど、彼等が芸能界で生きて行くには、時としてそれも必要なのでしょう。
特に拓人はまだ17歳。
恵もひと回り以上も年上の大人で、色々な経験や苦しい想いをしていますから、でも、拓人に対する気持ちは決してウソではなかったであろうし、一時的な混同でもなかったはずだと思います。
愛してると互いに言いながらも、二人ともその裏に「さよなら」を秘めていたそのラストは胸が苦しくなる、思わず涙腺を刺激するラストでした。

次が【ラジオ】。
この悲恋で結末を迎えたお話がハッピーエンドになるお話なのでしょうか?
ドキドキと期待が膨らみます♪

5

誰も傷つけない恋?

新装版書下ろしをプラスしての再販の切ないラブストーリー。
コバルトから6年ぐらい前に出版されていた時は神評価が
かなり高かった作品ですが個人的には苦手な本です。
でも、泣かせるお話でもありますね。
物理的にいつも共にあるのがハッピーエンドなら間違いなく
アン ハッピーな結末のお話です。
互いを思いあって周りの人たちを傷つけないで
好きだから、好きすぎるから別れを選ぶ悲恋的ストーリー。
人気俳優と将来を有望視される若手モデルとの恋愛。
二人は同性愛をテーマにしたドラマで出会う事になります。
もっとも、ホモ映画なんて嫌だと受け様がごねるのですが
攻め様からの指名と言うことで直接理由を聞きに行くような
かなり気概のある受け様でもあります。
二人で役に取り組むうちにプライベートでも親しくなっていき
ドラマでの役作りが進むうちに架空と現実の世界でも思いが
シンクロしていくような思いが互いに育っていきます。
ドラマでの疑似恋愛の延長と言う簡単なお話ではありませんよ。
でも受け様は確かにドラマでの役を演じていく過程で真剣に
愛するという事を自分なりに考えていきます続き
好きになった事、好きでいる事を後悔もやめる訳でもないけれど
このまま一緒にいたら必ず不幸になってしまう・・・
受け様は好きだから相手を守りたいと言う気持ちには
共感出来るのですが、だから別れると言う結論は短絡的かも。
でも、受け様の年齢からしたら純粋で綺麗な精一杯の愛の示し方。
そしてそれを受け入れる攻め様の包み込むような愛の形。
何年かして受け様がもっと大人になった時にまた二人の
運命の歯車が回り出したら違った結末が見れるかな?なんて・・・
切ない悲恋系のラブストーリーはいつも上位人気なので
きっとこの作品もそうなんだろうなと感じる作品でした。
評価は神的なんだけれど私個人の単なる趣味としての中立評価です。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ