ゴミ拾い集団「イベリコ豚」のリーダー・入江と、椿。出会って意気投合し惹かれ合っていくけれど……。

イベリコ豚と恋と椿。

iberiko buta to koi to tsubaki

イベリコ豚と恋と椿。
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神186
  • 萌×2103
  • 萌60
  • 中立16
  • しゅみじゃない20

--

レビュー数
80
得点
1538
評価数
385件
平均
4.1 / 5
神率
48.3%
著者
 
媒体
コミック
出版社
海王社
シリーズ
GUSH COMICS ~ガッシュコミックス~(コミック・海王社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784796402781

あらすじ

不良のくせにゴミ拾い活動をする集団「イベリコ豚」…地元じゃ有名なイカレた連中が「ポイ捨てしただろ」と俺にイチャモンつけてきた。やってもねぇ罪をなすりつけられて一触即発の雰囲気になった時、現れたのが奴らのリーダー通称「イベリコ」。コイツがなかなか男気のあるヤローで、俺はすっかり惚れちまった。ところが急にイベリコが「二度と俺の前に姿を現すな」と衝撃発言をしてきて…!?
BL界の革命児SHOOWAが贈るヤンキー受ロミジュリラブ!

収録作品:イベリコ豚と恋と椿。/イベリコ豚と繁殖小屋/BAD ROMANCE in ブタ/目覚めの日/繁殖小屋は貸し出し中。/イベリコ豚とお王様ゲーム。(描き下ろし)

(出版社より)

表題作イベリコ豚と恋と椿。

ゴミ拾い集団のリーダー 通称イベリコ(入江)
椿建設のやんちゃ息子 椿・高校生

同時収録作品BAD ROMANCE in ブタ  / 目覚めの日 / 繁殖小屋は貸し出し中

源路 高2
吉宗 高3

その他の収録作品

  • イベリコ豚と繁殖小屋
  • イベリコ豚と王様ゲーム

評価・レビューする

レビュー投稿数80

ぬこぬこ

この作品のレビューを書いていなかったことに驚きですが、読み返しての感想を。
他の方のレビューにもありましたがSHOOWAさんの作品は私もこれが初めて読んだものでした。タイトルのキテレツさと、表紙のイケメンに、気にはなっていて、評価も高くて話題にもなっていたのを覚えています。

シリーズも今や三冊目。この一冊目から私は吉宗の色気と時折見せる暗い部分にきゅんきゅんしてました。もちろんイベリコさんと椿のバカップルも大好きなんですが、思いの外早めにくっついてくれましたし、吉宗さんは過去のことがあるので今後はどうなるんだろう?源は報われる日が来るのだろうかと次を期待した巻でした。

二巻、三巻は主に吉宗カップルの話なので、イベリコさんの男気とか優しさとかキレたら強いとことか椿の可愛らしいところが一番堪能できるのはこの一冊目なので貴重とも言えますね。

2

男惚れ

今思い返せば初めて読んだSHOOWAさんの作品がコレでした。
表紙のイケメン高校生にヤられて…w

中を開けば独特のユーモアに笑いどころはなく
独特のコマ割りが読みにくさを感じ
無心で表紙のイケメンを見るコトだけを楽しんで
ソッと本棚奥の奥に仕舞い込んだ思い出。
その時すぐにレビューをしていれば「趣味じゃない寄りの中立」にしてたと思います。

それでもSHOOWAさんの描くイケメンが好きなので幾つか本を読み、
再度こちらにチャレンジしたら、初読みの時よりは楽しめました。

椿が可愛いですヾ(*´∀`*)ノ
「男惚れ通り越していっきに恋心目覚めちゃったろーが」の一言にキュン。
喧嘩が強くて憧れに近い感情だったのが、恋心に変わるってイイですね(∩´///`∩)
いざエッチとなると、挿れられる側として躊躇しちゃう姿も可愛い!
それだけに初エッチの終わりは美しくあって欲しかったわ…。
アレでいいのか…それが面白さなのか…ううーん、わからん(-言-;)

そして、源×吉宗編。
いきなり吉宗さんのヘビーな過去がぶっこまれてビビったけど、それが良かった!
続き題作がアホカップルなので、こちらは切な成分多めで雰囲気が違って楽しめました。
源は苦労の道のりを歩き出してしまったので、早く想いが報われるといいなーと願う。。。

1

おもしろかわいい

まず、絵が格好良くて、読んでいて目の保養になりました。
タッチが荒くて登場人物の顔が整っている絵柄が好みです。


ゆるい感じのギャグを挟みつつテンポよく進むストーリーに引き込まれてしまいました。
表題作の2人についての話が少なかったところは、あれ?となりましたが、次作での主要キャラの背景が分かるので良しとします(笑)

一話のラスト、屋上でのキスの時の椿の表情が可愛すぎました。

1

独特の雰囲気がたまりませんでした

あらすじなどの情報を一切入れずに読み始め、ゴミ拾い集団という設定で初っ端からやられました笑
なんでしょう、あの独特の雰囲気。ほどよいゆるさがあって最高です。意図的に作れるものではなかなかないとおもいます。これを読んでSHOOWAさんを好きになりました。

1

入江さん良い男。これは惚れるわ・・・

SHOOWAさんの作品はこれが初読み。
表紙に惹かれて購入しました。ギャグ要素が多めで笑えます。
個人的にはかなりツボでした(笑)ゴミ拾い集団っていう設定もユニークで。ただ、入江と椿の話が短めだったのが残念。
源路と吉宗の話も良かったですが私は入江と椿のアホエロな感じ、高校生がわちゃわちゃとバカ騒ぎしている方が好きです。
増田や、ゴミ拾い集団の仲間達も覗きや繁殖小屋作り等いちいちクスッと笑えました。

吉宗の過去の話は入江と椿の話と比べて、少し重ためですがセリフが心に残ります、一言一言重みがあって、そういう所が良いと思えたのでシリーズ続編の「イベリコ豚と恋の奴隷」も購入しました。
そちらの方もレビューを書く予定ですが、シリーズ続編は買わなくても良かったかも。

0

吉宗ー!好きだーー!!

滅多にクリックしない電子書籍の試し読みで冒頭だけ読んで、気になって紙媒体を購入。試し読みの時点では間違いなくイベリコ×椿に惹かれたはずなのに、終わってみれば吉宗さんの虜ですよ。…我ながらチョロいな。

自分的に萌えの新しい扉が開く切欠になった作品がいくつかあり、この作品もその一つです。バカな男子高校生達の群像劇はこれまでBL以外のジャンルでは好きだったのですが、これもまたいいなぁと思うようになりました。

3

意味はないかもしれないがオチはある

椿のバカワイさと吉宗の裏があります感がツボでした。
ツンデレ好き向け作品です。
ギャグは昔懐かしのコント番組を彷彿とさせる感じで
キチンとオチがついたな、とクスリと来ます。

0

このわちゃわちゃした感じ、

たまりません!
おもしろいです!

ホモじゃない、くやしいけど男惚れだ
っていいですね。

椿はアホで無鉄砲で、
入江はイイ男でした。
椿のかわいい顔と、
入江の余裕そうな感じがまたイイ!

いつもメンバーが覗いているけど、
気にしない入江はすごいし、
椿が気の毒でした。

バナナがハバナにハバナイスディで悩み、
お前とトゥギャザするって腹すえられたのも
よかったなぁ!

源路と吉宗のカップルの話は、
増田がストーカーから覗きに
変わっちゃう気持ちがわかりました。

吉宗の過去は切な過ぎます。
彫り師のおっちゃんが
「戻りな」って言ってくれてよかった。

吉宗がそんないかねーからってのは、
クスリ(葉っぱ?)で云々があったからなのかな。
そう思うと余計切ない。

源路の外見も内面も好みなので、
吉宗と幸せになれるといいです。

最後はもう、
王枚とか玉様とか、
笑いすぎてつらい!

0

みんな可愛いよ

表紙に一目惚れして古本屋さんで購入したら、BLでびっくり(笑)
普段BLは小説のみなんだけど、漫画も楽しくてワクワクしました。今後は漫画も候補に入れます。
入江も椿も可愛い。イベリコ達は不良なんだけどエコでゴミ拾いしちゃう良い集団で、おバカで愛おしいです。繁殖小屋作っちゃうてなんなの(笑)ロミジュリ感はあんまりなかったけど、最終的には仲良しカップルで良いです。
吉宗と源治は、吉宗のストーカー対策の為が発端で、良い感じになっちゃう。吉宗の過去が可哀想で痛かった。続きがあるようで、楽しみ。

0

初BLマンガです

「絶対おもしろいから」とすすめられ・・・
男の生理、と言い表していいのか。
そういうのに温度差、違和感きて読むのすぐやめるか、と予想して
ナナメ読みから始めたんですが・・・裏切られました(いい意味で)
おもしろい、声出して笑った、
この作者さんの他のも読みたいって思った

ところどころ、
このシーンにこの単語(もといボケ)を入れてくるのか~、と
感じた箇所ありましたが、個人的にはそこもツボでした
コミカル部分は愛きょうあるし、
かっこよいシーンどころはちゃんとかっこいい

今の少女漫画はそんな違うって決めつけなら本当すみません。
兄弟上・下、女なのがあり「りぼん」「別マガ」とか積んでなだれが起きるほどにあったんで
モロ少女漫画的な、こう
カット割り・・・情景?心象のゆらぎ?
淡いトーンで、いい匂いの風や花びらプアプアしてそうな、
隙や余白でストーリー運んでいくんだろうって決めつけ
(なにしろBLは女性市場→女性読者→少女マンガ的なんだろうという単純思いこみ図式で)

そんな予想裏切って
気味いいセリフと展開で、ズバズバ持ってかれました

続き逆を言うなら、そういう少女マンガ風が好みのかたにはお勧めしないです。
(いや、あの表紙みてそれと判断して買う人もいないか・・・すみません)

個人的にはもっと欲しかった喧嘩シーン、気迫あったしエロもか。
肉というか骨格のバランス、カラダの描き方、そこか?だけどシャツの皺いい。
腫れとか傷とか血とか体臭とかちゃんとのっかっている絵で
少年誌的なバッキバキの無理さ描きこんだ感もなくって自然。
目つき、表情もいい。入江みたいなの男が惚れる男だな、と。

源治・吉宗さん編も・・・・ああ、うん。
なんかわかる、現実に吉宗さんみたいな人に出会えた経験ないけど
源治が同級生なら「がんばれ、マジで」そう応援したくなった。

とにかくいい意味で裏切られました。
SHOOWAさん、描いてくださってありがとうございます。

4

SHOOWAさんどうした?ってくらいに面白くない

大好きなSHOOWAさんにまさか「しゃみじゃない」評価を付けることになるとは思いませんでしたが、これ本当にSHOOWA作品なのか?と思うくらいに面白くないです。
逆にビックリです。

今ではすっかりドハマりしている作家様ですがSHOOWAさんを知ったのはこの作品で、どこかで冒頭1話をお試し読みしたものの全然ピンと来なくて、お陰で他のSHOOWA作品に手を出してみるのに結構時間がかかってしまったくらい。
他の作品を全部読み切ってハズレが一冊もなかった(むしろ神連発だった)ので、じゃ大丈夫かな?って最後の最後にやっと読みましたが、うーーーん……
このシリーズが他作品に差を付けてヒットした理由は何なんだろう…

SHOOWA作品の魅力は、浅いと思って足を踏み入れたらとんでもなく深かった、ってとこだと思ってるんですけど、これはそう思って踏み込んだらくるぶしくらいの深さしかなかった、みたいな感じ。
サブカプ(源治×吉宗)の方が特にそんな印象。

テイスト的には、
表題の入江×椿がアホエロ寄り
サブの源治×吉宗が切なめトーン
全体としてはほのぼの時々暴走系青春ラブコメディ続きって感じで、
サブカプの方が人気なのはまぁなんとなく解りますね。

もし私と同じような少数派さんがいらっしゃって、他のSHOOWA作品を読むか二の足踏まれてましたら、是非もう一冊何か試しに読んでみてほしいです。
オススメは「パパ's アサシン」ですが続きモノなので、「Nobody Knows」辺りをオススメしたいです。
コメディモノなら「僕らの三ツ巴戦争」がストーリーそっちのけで豪快にアホエロに走ってて面白いです。

3

主役喰われちゃったパターン

入江と椿の話が面白くて、もっとあれば良かったのにと思いました。購入するに至ったのは、表紙のイラストに惹かれてでした。表紙と裏のあらすじを読んでみて、一番手前に居る二人の話っぽいな〜と思い、2冊一気購入したのですが、読んでみると、入江と椿の話は1巻の半分位?で終わってしまい、後ろ2人の話に移りました。2巻で、また話が出てくるかな〜なんて思いながら、読み進めていくと…あれ?主役喰われちゃったパターン?
入江と椿は出てはきますが、完全な脇キャラ化……( ̄▽ ̄)
ちょっと残念でした。




2

オススメ!

大好きなSHOOWA先生!
初めて読んだ作品がこちらでした!

初めて読んだ時は絵が苦手だったの
ですが読めば読むほど好きになります!
メインカプよりは恋の奴隷のカプが
好きですがこの二人の何の危機感もない
バカップルは大変癒されます!笑

ハバナイスデイとかトゥギャザーとか
OKツカマツリーとか(ファンには分かるw)
SHOOWA先生ワールドが一番でている
作品だとおもいます♡♡
ぜひ読んでいただきたいです!

2

イベリコ第一作目!

最初見た時は、
「BL作品に『豚』とはなんぞ…」と
思った気がします。

ただ、アマゾンのランキング上位で
どうしても気になってしまい、
購入を決めました。

SHOOWAさんの作品は今作が初めてだったんですが、
これは買ってよかった!

なんだ、このはじけたギャグは!
今まで見たことない部類だ。
おおお、これはなんか凄い!
萌えるというか、新ジャンル!

とか、思った記憶があります。

椿がH前に、
受けに回ることに対して
悶々と悩んでいるところがカワイイ!

悩み方が凄いけど、(ハバナイスディとか…笑)
これがまた独特でいい。

受けに回る男の子って
やっぱりこんなふうに悩むのかなぁ…。

「俺、男なのに同じ男に簡単に犯されちゃっていいの?」
みたいな。

特に椿みたいな男気のある子はねー。
こんな風に悶々と悩んでしまうのかも。

でも
「俺は受けに回る!」
みたいに腹をくくった椿もカッコ良かったよ!

源と吉宗は、
続きがあっても…
うーん、イベリコ×椿みたいには、
全開コメディにはなりそうになくて続き
期待は薄いかなー…。

「恋と椿。」みたいに、
全開でアホだといいんだけどなー。

2

勝手にSHOOWA祭り開催中

SHOOWA先生好きすぎて辛いんです。
『イベリコ豚と恋の奴隷』発売を記念してひとりでSHOOWA祭り中です。

この作品、入江と椿のカプももちろん可愛くて面白いのですが、なんといっても吉宗ですよね!源路×吉宗!年下攻めの美人受け!チョー大好物でっす!
この表紙の吉宗が視界に入った瞬間、はわわわわわわわわ((((;゚Д゚)))))))ってなりました。美人さんの黒ベストとか。男のポニーテールにここまで萌えたのは人生初ですた。
続編の連載中には小躍りで毎月本屋に走っておりました。

SHOOWA先生のストーリー設定、不良なのにゴミ拾い集団とかなんじゃそらって思うんですけど、そういうのひっくるめて読ませてくれるんですよね〜。セリフの言い回しとかも笑えるし(入江のバナナが俺のハバナにハバナイスディとか)、脇役まで無駄なキャラがいない(ホエイとかマトモに顔描かれてないのに割とスキ。ストーカー増田とかなんやねんあの髪型ww)。小刻みに入れてくるギャグがたまりません(王様ゲームの王様を玉様とか王枚とか。繁殖小屋の看板がち○こ型とかワロタ)

ストーカーを撃退するために吉宗は源路を使続きうんですが、吉宗のことが前から好きな源路には無意識で翻弄する吉宗が悪魔に見えて仕方ありません。本作では、身体の関係だけな雰囲気で終わってますが、続編では吉宗の悪魔っぷりと気持ちの変化と源路との関係の進展に期待できると思いますので、
発売日まであと数日、楽しみに待ちたいと思います。
書き下ろしも入っていることをかなり期待してます!

2

勇気を出して初投稿します!

王道BLにハマり始めていたとき、
たまたま手に取った作品がこちら。
初心者にはガツ~ンときました!
なんなの、この作品!
好き過ぎたので…勇気を出して、初投稿しちゃいます。

絵は苦手な少年ギャグ漫画風、
しかもヤンキーには全く興味ない。。
なのに、センス抜群の題名につい手が伸びて
…結果、めちゃくちゃ引き込まれてしまいました。
食わず嫌いは良くないと、開眼させてくれた記念すべき作品。ストーリーがシリアスもあるけどギャグ寄りなので、そこの流れにはまると無理ない流れだし、登場人物が高校生らしい悩みを抱える、中身は純粋なエロカッコイイ男子ばかり。
あ、カッコイイ組ではない脇役君も愛らしいのです。
ストーカー増田に感情移入して、ハアハアしたのは私だけじゃないはず。。

とにかく笑いのツボが最高で、言葉選びにセンスがあるのです。バナナ…には悶絶。どこからそんな絶品ギャグが湧き出てくるのでしょう。

ザクザク書いた感じの絵なのにHのときの顔が、攻めも受けも、とてつもなく色っぽいんですよー。体温が伝わってくる感じ。

あっさり好きな作家さんになってしまいました。続き

深く考えずにハッピーエンドが読みたいときの
現実逃避本なので、
主役カップルのいちゃいちゃがもっと読みたいし、
デレデレな吉宗と源カップルも読みたくて悶え中。。



5

nypfd

ココナッツ様

ありがとうございます!
恐れ多くもヒロシ賞をいただいてしまいました(>_<)
どうしましょう。。

これはもう、熱い気持ちがあれば、拙くてもレビュー書いていいのよ!と皆様に勇気を与えたで賞ですよね。。

初レビューでココナッツ様から嬉しい初コメントもいただいて…記念すべき、素晴らしい第一歩になりました(涙)



ココナッツ

こちらこそ、お返事ありがとうございます(*^^*)
確かに好き過ぎると『文章じゃこの溢れる気持ちは表現できない!』ってなるんですよね…

それから、既読の日のヒロシ賞受賞おめでとうございます!
こちらこそ、これからもよろしくお願いします!

nypfd

ココナッツ様

私の初めての拙いレビューを読んで下さって、またお返事まで下さってありがとうございます!
しかも、同士の方からご連絡いただけるとは…本当に嬉しいものですね(涙)そうなんです、念願の新作発売まで後少し。好き過ぎると文章がまとまらなくなるのですが、頑張ってレビューを書きたいと思います。

なかなか、ちるちるを開く時間もなかったものですから、ご連絡遅くなりまして申し訳ありません。今後ともどうぞ宜しくお願いします(^_^)

ココナッツ

はじめまして、nypfdさま(*^^*)
突然すみません。
わたしの大好きな作品がnypfdさまの初投稿ということで、嬉しくなり参上してしまいました。

おっしゃいますように、重過ぎず軽過ぎずで、一服の清涼剤的作品ですよね。
吉宗編がこの度発売されるようですが、イベリコカップルも少しでもラブってくれると良いのになあと発売を心待ちにしております。
新刊発売されましたら、また、レビューを楽しみにしております(*^^*)

う〜ん

評価が高く絵柄も好きだったので購入しました。
一言でいうなら、う〜ん…という感じ。
面白さが全然わかりませんでした。
吉宗の美しさには心打たれましたが(笑)
それ以外は何にもひっかかりませんでした。
SHOOWAさんの作品はどれも評価が高いので
他の作品も読んではみたいのですが
1番最初に購入したのがこれだったので
未だに手に取れません…(泣)

3

yrhj

コメントありがとうございます。
元々ギャグっぽいものは好きなのですが、うーんちょっと違う、という感じが否めず…
ギャグはギャグでもいい雰囲気のところはいい雰囲気をしっかり出して欲しい私としては所々入るギャグが邪魔でしょうがなかったのです(泣)
絵柄とかお話の流れ自体は嫌いではないので、「向日性の扉」、読んでみたいと思います。
手に取る勇気をありがとうございます!(笑)

キリヱ

私も同じ感想でしたので、もしかしたらSHOOWAさんのギャグが駄目でシリアスはいける感じでしょうか?
でしたら、「向日性の扉」をおすすめ致します。ちょっとトンデモなところだけ目を瞑れば、一本の映画を観ているような話でした。
他にもバンドもののシリアスがあるのですが、このシリーズは短編集にしか載っていないので、ギャグと抱き合わせで泣きました。

ご参考までに。

とっても良かったです。

評価が高かったことと、元々SHOOWAさんの絵が
すごく好きだったので購入しました。
今回も絵は文句なしです!入江と吉宗かっこよすぎます!

わたしはシリアスな話が無理なので
こういったギャクっぽいのはとても好みでした。
メインのカップルが2組いますが、どちらの話もとても良かったです。
入江×椿の方は、ほとんどがギャクですが、所々椿の心の葛藤が描かれています。
SHOOWAさんの言葉の選び方がわたしにはツボでした(笑)
源×吉宗の方は、吉宗のストーカー撃退から話が始まりますが
吉宗に振り回される源が良かったです。続編ではくっつくのかな?

ただ…吉宗の過去編がわたしには地雷すぎて無理でした。
あの話さえ無ければ最高だったんですが…
レビューを見て覚悟はしていたのですが想像以上でした。
しばらくは読み返せそうにないです。
ですが、源×吉宗の方は続編があるということなので
そちらの方に期待してます!

2

友情と愛情

ゴミ拾い集団『イベリコ豚』は男子不良グループ。
リーダー入江(通称イベリコ)を中心に活動を続けている。
まず、そこからしてBLとしては異質な感じ。
不良なのにエコ?ポス捨てするとボコられるっていう噂。

前半は、入江×椿 そして後半は、源路×吉宗のストーリーです。

個人的には入江×椿が好きなのでそちらについて書かせていただきます。

ポイ捨てしたと勘違いしたことから知り合った、入江と椿。
気が合って付き合って行くうちに、お互いに好きになっていき・・・
だけど、入江と椿の親同士が仕事上のライバル
本人同士はそうでなくても周りが許さない・・・もう会うのはやめようと言う入江。
しかし、勇気を出して入江のところへ乗り込んだ椿を入江の父親に認められ
晴れて付き合うようになるものの・・・

お互いに好きでキスや青空手コキはするものの、そこから先に進めないのは椿。
入江の仲間たちが『繁殖小屋』(繁殖できるのかぁ~?)なる
ようするにHするための掘立小屋を作ってくれるものの、どうしてもできない。
その時の椿の心の葛藤が面白い。

どちらかというと入江と椿は攻×続き攻に近い感じで・・・
椿の中でこの先もしそういうことになったら、下になるのはおそらく自分だと・・・
自問自答してあれこれ考えてしまう椿。
この心の声がかなり笑える。
入江のバナナが俺のバナナにハバナイスディ!(笑)
なんじゃ、こりゃ~?
わかっていても、自分の中の男が受としての自分を認めることができず・・

入江は入江で拒否られたことで、抜け殻のようになっちゃって
あのイベリコ豚のイベリコともあろう男が・・
二人ともが、こんなにも相手のことを考えて、気持ちが揺れてしまうなんて
またそんな二人を、仲間がみんなで心配して応援する。
BLではあっても、青春学園ドラマ的な感じにも思えるストーリーでした。

やっとたどり着いた待望のHの最中に繁殖小屋崩壊!!
きゃぁ~!!なんてすごい展開。

最後のイベリコ豚の王様ゲームも面白かったです。
みんな無表情なのが笑える~♪
源路は最後まで当たらなくてかわいそうだったけど
家に帰ってから続きやろう・・・なんて言ってもらって
あのあと、二人で何したんだか・・・(笑)

1

痩せたソクラテスよりも、イベリコ豚になれ。

◆あらすじ◆

喧嘩上等の不良高校生が集まって街のゴミ拾い活動をする不思議な集団「イベリコ豚」。
やんちゃ高校生の椿(表紙絵右端)は、イベリコ豚のメンバーにゴミをポイ捨てしたと言いがかりをつけられたことがきっかけで、イベリコのリーダー・入江(表紙絵左端)と出会います。
お互いに男惚れしてしまった二人、その勢いでボーイズラブに突入?と思いきや、そう簡単ではなく…
二人の意外にウブな恋を描いた表題作と「イベリコ豚と繁殖小屋」。
後半は、資源担当・源路(表紙絵右から2番目)の、プラ担当・ワケあり美人な吉宗(表紙絵左から2番目)への切ない片思い(年下攻め!)に軸が移ります。

◆レビュー◆

SHOOWAさんのコメディタッチの作品は私にとって当たりハズレが大きいのですが、こちらはズバッと笑いと涙のツボにハマりました。
ベースは王道の青春もの(笑いと涙と切なさのバランスも、まさに)で、そこにSHOOWAさん流のアレンジとメッセージ性を加えたような、安定の面白さ。
「街のゴミ拾い活動をする不良グループ」という設定が、とにかく神!
そもそも論としての「不良」の定義を覆す勢い続きですね。(もっとも、彼らを「不良」と決めつけてるのは、裏表紙のあらすじだけなんですけどもw)
見た目ヤンキーで、片手にゴミ挟み、片手にゴミ袋なイベリコメンバーの姿に、不良的カッコ良さのひとつの極を見せられたような。
普段何かとよろしくない例えに使われる「豚」ですが、豚も極めればイベリコ豚に。
高級豚・イベリコ豚を名乗る彼らは、そんなポジションを目指す集団なのかもしれません。

胸に熱いものを秘めながら、いつも眠そうで自然体の入江がまた大器。
用務員のおばちゃんとも仲が良かったり、商店街で「頑張ってね」と声かけられたりと、学校や街にしっかり馴染んでるところもポイント高いですね。
その上喧嘩すれば敵なし…と来ればもう、椿が入江に男惚れしちゃうのは自然の摂理でしょう。
入江もまた、任侠入ってる椿の男気に惚れて…
男惚れ=ボーイズラブな勢いでごく自然に一線を越えようとしてくる入江に、めちゃ戸惑いながらも「惚」の字が滲み出てしまう椿がキュート(*´з`)

押されては引き、ロミジュリ化で逆に盛り上がり…の紆余曲折の末に、ついに「繁殖小屋」(仲間が二人のために学校の屋上に建ててくれた愛の巣♪)で、初エッチを遂げる二人。
ところが、いよいよfinishってところで突如二人を惨劇が襲い・・・
もうもう、このシーンには、笑いすぎて腹がヨジれました!!
とにかく笑って泣いて、入江と椿が大好きになる表題作&「イベリコ豚と繁殖小屋」。
個人的には、チーム・イベリコ豚としての面白さも詰まってる入江×椿のこの2作が大好きです。

後半は大人気の源路×吉宗。
前半同様コメディタッチですが、こちらは吉宗の暗い過去を描いたシリアスタッチの「目覚めの日」を挟んで、笑いよりも切なさとエロ度がぐんと上回ってくるストーリーになっています。
けだるい色気を纏った(でも性格は男前な)吉宗を、「最近吉宗さんで抜きすぎ」な源路のヨコシマな目線を通して追う…これは萌えます!萌えという切り口で見れば入江×椿以上。
ただ、かなり2人の世界に入っていく話なので、入江と椿のモブ化っぷりがちょっとカナシイ(苦笑)
まだ続きがあるとのことですが、イベリコ豚メンバーの群像劇としてまとまっていくのか、それともどういう方向性になるのか…そこはSHOOWAさんだけに未知数。
続きが楽しみです。

4

yoshiaki

むぼちさま

長いレビュー読んでいただきありがとうございます。
ゴミ拾い集団「イベリコ豚」っていう命名が面白くて気になってしまいました(´・ω・`)
作品の中で椿がイベリコのメンバーに「あいつ(入江)のいいトコわかんねーような奴に高級豚の名を語る資格はねー」と言ってるので、SHOOWAさんの中で「イベリコ豚=高級な豚」だということだけは言えるのかも??と思ったんですが、どーなんでしょうか??
(「最高の豚」は拡大解釈だったかな?と思ったのですこし書き直しました。)

入江×椿もっと見たいですよね。傘チューせつなくてウルウルしました(/ω\)

むぼち

はうあ!
yoshiakiさんは何気なく披露なさっていますが、「イベリコ豚」の解釈が鮮やかで驚きです。
何らかの意味が込められているなんて、私は全く思いもしませんでした。

それから私も、入江×椿のほうがずっと気に入っていて、続編が吉宗組らしいのにがっかりしていましたので、仲間ができて嬉しいです。

この多重構造がSHOOWAさん

SHOOWAさんの作品って隠しコマンドがいっぱいありすぎて、おいそれとレビューなんて書けないのが難点。しかも、好きすぎてレビューというより愛を語るのみになってしまうという・・・。(スミマセン)

この作品も、地味にほかの作品のキャラがカメオ出演してたり、ただのラブコメかと思わせておきながら、そうじゃなかったり。まだまだ読みつくせてはいないのですが、それまで待っていたらいつになるかわからないので、あきらめて書いてみています。

独特の不思議な味わいは、ものすごく繊細で実は基本をきちんと押さえたしかも王道少女マンガ系の画力で、あえて雑に限りなく俗っぽいものを書いているところから生まれるのかなぁと思いました。線の感じとか、身体の描き方とか、一条ゆかりに近いものがあると思っています。
そしてお話も、すっ飛ばせるところはどんどんすっ飛ばして一コマとかほんの少しの言葉で終わらせてしまって、ぐいぐいと進んでいきます。かと思えば、じっくり表情を追うところがあったり。緩急のつけ方が半端ない。
そうして属性部分もこれでもかとてんこ盛りになっています。

一言でいうと、「情報量が半端ない」。続き濃厚ってことですね。だからこそ、何度読んでも飽きない。さらっと読んでも読めるし、じっくり読み込んでも底がなかなか見えてこないし、どう読むのかを読み手の裁量に任せていながら、ちゃんと必要な要素は完成させているという、多元的な作りがもう本当に。
シリアスなお話でぐっと感情移入させられるものは多々ありますが、こんなアホ全開ぽいお話でこんな技を見せられたら、神評価しかありません。

続きのお話もあるようなので、早く続きが読みたいです。

3

標準的に面白かった。

あれですね、人生観を変えるほどの作品に出会った時に神評価をするのだとすると、これは全く持って何も影響してこない面白い本ですね。

私は好きです。

たまぁにどうでもいいお話を読みたくなる時ってあるじゃないですか。そういう時に関して言えばBest of the BL漫画ですw

泣けるBLと宣伝されていて期待して読んで、あ、全然泣けんやんけ、となる今日この頃。
そういう期待はずれな本を買うよりもこういった明るく(シリアスな所もあるけど)コメディいチックな漫画を読んだ方が、人生楽しく生きていけそう、なんて思っています。
読んで損はないし、思っていたより面白かったので私は満足です(-"-)!

それにこの作品でSHOOWA先生のほかの作品も読んでみたいな、と思った。
サブキャラまでみんな可愛いし、嫌いなキャラクターがいなかった。

てなわけで、一応お勧め作品かなw

2

この作家さんは好きなのです。可笑しいなあ。

この方のシリアスは本当大好きなのですが、ギャグは全くもって受け付けられません。
この作品は何処でも高評価なので、ギャグ寄りっぽいけれど「もしかしたら!」と思って読みました。

で、吉宗さんの暗い過去の話は好きですが、それ以外は特に残らないという残念な結果になりました。
高評価という事は、お好きな方多いのですよね。
私には合わないというただそれだけな気がします。

どの点が高評価なのか、お好きな方に一度聞いてみたいなあと思うくらい、全く分からなかったです。

でも、この作家さんは好きなのです。可笑しいなあ。

2

ヤンキーの可愛さが最大限にひきだされています。

SHOOWAさんの描く男子ってなんであんなに
かっこ可愛いんだろう!

そのもとからの力とヤンキーが融合して
半端ない萌えが生まれています。

入江×椿も十分良いですが、
やっぱり源×吉宗が……たまりません!!

源は髪を上げたときと下げたときのギャップが腰にきました(笑)
ヨッシーはあの気だるい色気がたまんないですね~!

そしてヨッシーの過去編!
感情が読めない彼の想いが辛い過去と共に伝わってきて切なかったです。
そして墨屋のおっさんがいい人すぎて泣ける(笑)

続編が待ち遠しいです。

4

『三つ巴』よりストーリー性は上

もうたくさんあらすじのレビューがありますので、感想を。
高校生物です。ヤンキー。
ギャグおりまぜですが、シリアスもありかな。


表題作のカップルは、攻めがゴミ拾い活動グループ『イベリコ豚』のリーダー・イベリコ(入江)さん。(表紙のマッシュルームさん)
受けの椿は椿建設社長の息子・椿。(表紙の黒髪)

こちらのカップルはあまり暗くないのが特徴。
親同士のごちゃごちゃはありますが、他校の不良のおかげで落着。
2話収録です。
ただ、舎弟手製の愛の巣にハプニングがあって若干えっち度は低いかなー。
わたしはカップル的には後半カップルよりも好きです。
SHOOWAさんの描くちょっとアホ子な受けは好きですし、イベリコさんもヘアスタイルこそビートルズちっくではありますが喧嘩上等(漢字あってますかね…)でカッコ良いです。


後半カップルは、攻めがイベリコさんの右腕的な寡黙男・伊賀。(表紙のガタイ良し男さん)
受けは同じくイベリコさんの参謀的な吉宗です。(表紙のポニーテールさん)

吉宗が人気あるせいか、こちらのカップルは話が3話入っています。
続きもこちらのカ続きップルはあるそうですね。
イベリコさんの方でチラリと吉宗の過去が揶揄されますが、その辺りのお話がちょっとヘビーなので好みは分かれますがわたしは好きです。
ですので吉宗人気は、この辺りのお話がガツンときた方が支えていらっしゃるのではないでしょうか。

全体的に『三つ巴』の方よりえっち度は低いですが、ストーリー性はこちらがだんぜん上です。
修正もこちらの方がゆるやかと言えます(笑

3

茶鬼

ココナッツさま

新刊情報ありがとうございますー♪
吉宗メインだとちょっと暗さもあるのかな?と思いつつ、そこはSHOOWAさんの明るいも暗いもまいなぜになったセンスで上手く引き込まれていくのかな?と期待しております(自分も雑誌読んでないデス)
テンションMAXの高低差が自分の感じる魅力・・・三つ巴メンバーがシリアス登場したら笑っちゃいそうですが、そこはやっぱりおバカだろうか?
ブタ小屋はグレードアップしてないか?とか
色々楽しみです☆

続編!?に期待

様々なレビュアーさんが仰ってますが、好き嫌いがハッキリと分かれる作品かなと思います。

個人的には、SHOOWA先生らしい独特の青春観でスカーンと青空にホームラン打たれちゃうみたいなイメージで、テンポよく気持ちよく読めました。

吉宗の過去話はかなりシリアスでズッシリと重いものでしたが、あのお話があるからこそ作品全体の明暗のコントラストが鮮やかになったかなと思います。それがなくとも、ギャグありエロありで楽しめましたが。

源と吉宗のお話が続いているようですね。あの2人の関係はうまく行きそうでありながら、付かず離れずで気になって仕方なかったので、続編を楽しみに待ちます!

2

なんかすごく、スルメの様なBLっていうかそんな感じの。

MY ファースト SHOOWAさん。
厳密には電子書籍で「僕らの三つ巴戦争」を
ちょっとだけ読んだことあったけど、
そんとき好みに合わなくて食わず嫌いしてました。
今となっては、ただ単に
自分がエロメインなのが苦手ってだけの話で。
作家買いがハズレる事だってあるわけだから、
逆もあり得るよね、この作品は好き!みたいなの。
食わず嫌い、いくないな。と反省しました。

とはいえ、初読み時はすごーーーくハマったわけではない。
でもなんか不思議と読み返しちゃって、
読み返すうちに、なんか萌えポイント続々発見しちゃって、
シュールなギャグがツボっちゃったりして、
気付けばさらに何回も読み返しちゃってる…!
なにこの中毒性!!!
かめばかむほど味が出る的なアレ!?


私は基本、タレ目三白眼が超絶好みなんで、
基本にのっとれば、一押しはイベリコさんになるはずですが。
この本に限っては、まぁ皆さんも大プッシュのあれです、
YO・SHI・MU・NE!
何だあの美人は。
しかし感情移入したのは勿論源路のほうです…。
ぐるんぐるん悶々とする源路…萌える。
続き

体は許すけど、心は簡単に開かない吉宗。
過去のトラウマがあるから、
無意識のうちにバリアをはってんだろうな。
女と付き合ってた、って書いてあったけど、
多分その女の子たちにも
心は開いてなかったんだろうとか想像しちゃった。

吉宗のこの過去トラウマ話、
彫り師のお兄さんの導くようなセリフに、
じわっときました。
ラスト、源路が起こしてくれるとこで終わるのも、
なんだか救いのようで嬉しくて。
源路が吉宗を救ってくれる暗示のように見えたから。

でココ、次話に出てくる、セックス前の
起こすシーンにリンクしてるのね。
この小屋での二人の二回目のセックスは、
無表情の吉宗がだんだん感じてきちゃうのが
すごいそそるのだけど、
私の最大萌えは、この最中に
吉宗が「源っ…」って呼んじゃうとこです!!!
ちっちゃいコマなんだけども。
思わず呼んじゃってるみたいな感じと
呼んでる表情が…
その後挿入中のキスも、前半の無表情でのキスとの
ギャップを感じてキュンときます。
吉宗、髪で表情かくれて見えんけども(笑)。
ここは妄想で勝手に心情を補うよ。

てか一回目のセックスでは最中にキスをしてないんだよね。
二回目のセックスでは最中にもキスをしてて
それも想像力を掻き立てられました。
吉宗は源路に体しか許してないと思ってるけど、
この時点で恋ではなくても、
何かしら源路だけに対する感情を
持っちゃってくれてたら嬉しいなぁ、読者的に。


絵は好みあるのかもしれませんが、
少年漫画に抵抗のない人はイケるんじゃないでしょうか。
タイプの違う男子がいろいろ出てくるのが好きな方、
キャラ萌えしやすいという方、
シュールなギャグに耐性・ツボのある方、
おススメします。

スルメの様に読み返しまくったら、
今は萌×2だけども、いつの間にか神になっちゃうかもしれません。

2

絵もストーリーも苦手

評価が高かったので購入したのですが、まず絵が自分とは合わず…。何回も読んでいくうちに慣れるかな?なんて思ってたけど何回も見る気がしなかった。
ストーリーも私には合わないです。

2

面白かったです。

笑って、ひたすら笑ってハッピーエンドにほっこりしてたのです。

が、吉宗の過去がキツイ。キツすぎる。

そんなわけで、タンスの奥に封印。

しばらく後、読み返してみた時に飲み込めるようになってるといいなぁ。

3

心持ってかれた

好評価が多いことと、以前同著者の『僕らの三ツ巴戦争』を読んだことが切っ掛けで、購入してみました。

やばい、初めっから心持ってかれました。最近ギャグ要素のあるBLが好きなんだと感じていましたが、この作品で確信に変わりました。

絵柄もとても好き。線は荒いですが、そこに温かみを感じます。

入江×椿ですが、私は椿×入江のほうが萌えます。そんなストーリーが番外とかで出てくれませんかね? このカプはお互いに好きって感じがヒシヒシと伝わるのが良かったです。

源路×吉宗カプもまた良い。
今の所、源路の片恋で身体だけの関係ですが、このカプは今後も話しが続くようなので、吉宗の心の動きが気になるところ。吉宗のシリアスな過去ストーリー、切ない。幸せになってほしいよう。。

そして、ナイスなサブキャラ達。
協力的で好奇心旺盛。笑いぱなしでした。

2

(。-_-。)うーん

良くもなく悪くもなくって感じです。
評価の高さと、作家さんの人気の高さもあり期待しつつ読んだのですが・・・?
夢中になるところがひとつもありませんでした。

吉宗の過去は痛くなるというか、ただもうひどい目にあったね(´;ω;`)とは思うのですが、流された君の弱さも気になるよ!?って思いました。
でも源との今後は気になります♡源がいなければこの本の感想もまた少し変わってしまうほど源ちゃん応援したいです。

メインのかっぷるはサラッとくっついて、らぶらぶでといいな♡とは思いましたが、読んでて心に何もたいして引っかからなかったです。
ページをくるガッツキ感が湧かない感じで、落ち着いてサラッと読んじゃったって感じです。
ちょいギャグな描写は可愛いなとほっこりしました。

1度読んでまったく引っかからなくて、どうしよう?手放そうかな?って思い、その前にもう一度読んでみようと、3ヶ月程経ってから再読しての感想です。
趣味じゃない、から、中立に上がりはするものの、まだ人気のほどが解りません。

でもなんか気になるのでSHOOWAさんの作品をもう1っ冊は読んでみたいなと思っ続きています。

4

よくわからない

SHOOWAさん初めて購入。
絵柄好みじゃなく、ただ人気が高かったので読んでみようと思いましたが、正直良くわからなかったです。萌えもなく、早いな←という印象でした。キャラが好みじゃなかったのか?
オリジュネというより何かの二次創作を読んでいる雰囲気がしました。絵柄も少年漫画っぽいです。
私は合わないなと思ってしまいました。

3

好みがはっきり分かれそう

評価が高かったのと、BLアワードで2位に選出されていたので、期待して読みました。
試し読みした時からなんとなく、私には合わないかも…と思ってたんですが、やっぱり
少し合わなかったかな、と。絵、ストーリー、会話等々、人によってはっきり好みが
分かれる作品だと思います。

私の場合、絵柄は好みだったんですけど、メインキャラ然りサブキャラ然り、個性的な
キャラ達が苦手で…。そのせいか話の流れもぶっ飛んでいるように感じて、ロミジュリ的な
切なさが全くと言っていいほどないように感じました。たとえラブコメだとしても、入江に
「二度と俺の前に姿を現すな」と言われた時、もうちょっと心理描写を細やかに書いて
ほしかったです。ただ椿がパワフルに周りに八つ当たりして、パワフルに問題を解決した、
みたいな……。嵐の如く瞬く間に解決して、ポカ─( ゚д゚ )─ンってなりました。
その勢いが個性と言えばそうなのかもしれませんが、残念ながら私は苦手です(汗)
すみません…。

でも、もう一つの源路×吉宗は好きでした。心理描写が椿よりも多かったせいか読みやす
かったし、とにかく吉宗が好続きみです。色気がありすぎて、源路と一緒にムラッっとしてた
くらいです(笑)ただ、吉宗の過去の話がキツかった……。吉宗と吉宗が好きだった人と
知らない醜男との3Pとか…せめて絵で見たくなかったです。吉宗以外の二人をぶん殴る
ために漫画の中に入りたい…!(ついでにあのビデオカメラも壊しておきたい)と思った
くらい嫌でした。確かに切ないけれど、過去の話は後味が悪すぎてもう読み返すことは
ないんじゃないかな、と思います。でもそれがあったからこそ、余計に源路に吉宗を
幸せにして欲しくなったというのも事実なので、何だか複雑…。

この二人は続きが出るようなので、吉宗は源路にデレてくれるのかなぁと楽しみに
してます!既にあの色気がたまらないくらい好きなのに、デレたらどれくらいの
破壊力があるのか。でも何だかんだでツレない吉宗でいて欲しい気もする。(どっちw)

あと、私だけかもしれませんが、コマ割りが見づらかったです。数回読む順番を間違え
ました。普段はそういうことはまずないんですけど…。
個人的な1冊全体の感想として、源路×吉宗は好きになったし面白かったけど、メイン
カップルの話は正直別段面白く感じることが出来なかったので、萌とさせて頂きます。

3

勢いで読んだ

評価が高かったので購入して読みました。
絵柄も嫌いではない、ストーリーも嫌いではない、だけど、何かしっくりこない!なんて感じてしまいました。
面白いことは面白いんだけど、そこまで胸にぐっとくるものはないし、ギャグも中途半端に笑えたり笑えなかったり……
主役の二人から脇役に至るまでキャラクターは全て魅力的でした。
しかし、もう一度読みたいかといわれると…うーん。他の好きな作品に手が伸びてしまいます。

ただ一気に読ませる力がある作品です。
途中であれ?ちがうなー?と思いながらも最後まで止めることなく読み切ってしまったその力のすごさに敬意を表して中立にさせていただきました。

2

中毒性があります

ネタバレです。


**********************

一番好きなシーンは、
過去のトラウマから、
Hで気持ちよくなりきれない(と思われる)吉宗が、
源の愛撫によって、
少しずつ感じていく表情の変化です。
奥深さとリアル感があって、
読後はボーっと余韻に浸ってしまいました。

Hシーンって、
受けがアンアン言うだけが全てじゃないんだ、と
目が覚める思いがしました。
(いやアンアンも好きだけど(笑))

吉宗の過去のエピソードは痛々しく、
現在の彼の、どこか陰のあるキャラに
巧く通じています。

過去、吉宗が伊賀を好きになった
具体的なエピソードはなかったですが、
きっと色々あったんだろうな、と
すんなり納得出来てしまう説得力が、
作品全体に漂っていました。

そして1回読んだだけでは見逃してしまうような
コマのはじっこで何かやってるキャラ達。
ネーミングセンスや心の声などは、
狙った感がありながらも
ハマってしまう中毒性があります。

皆さん書かれている絵柄に関しては、
確かに、もう少し丁寧だともっと良い続きかも。
せめて、乳首をハッキリした二重丸で描くのはヤメテ(笑)
あと、髪の毛も傷んで見えてしまうんですね。

私も皆さんと同じで、もっと吉宗君が見たい。
彼の色々な表情が見てみたいし、
今後の源との関係も気になります。

ちょっと気だるげに控えめに、
いつも少しだけ微笑んでいるような、
(特に表紙の吉宗に、
彼の内面が表れているような気がします)
そんな吉宗が、
これから傷ついたり辛い思いをしたりしないで
仲間たちと楽しく過ごせる話を
沢山読みたいなぁと思いました。

吉宗のことばかり書いてしまいましたが
登場人物全員が大好きです。
続編を期待したいです。

4

男子高校生の雰囲気が素敵

初SHOOWAさん作品です。

まず作画がドストライクでした。
粗いとおっしゃる方もいらっしゃいますが、デッサンもしっかりしてますし、むしろこういった作風の方が動きがあっていいですよね。内容と作風がマッチしてますし、何より皆男前で///

内容も、ギャグありシリアスありエロありで、
男子高校生のゆるくて軽いノリがすごくよくあらわれててとても楽しく、ドストライクw

他の方もおっしゃられてるように、人物の細かい表情や仕草が魅力的です。

イベリコさんを取り巻く仲間が何故か同性愛について寛容で応援してくれる設定、
源路が悶々と悩んでる後ろでラブラブるんるん♪な入江・椿・・・
軽いギャグ漫画かと思えば、吉宗の激重の過去・・・
このバランスがすごいと思います。

個人的に、イベリコさんがとても好きです。
普段温厚そうに見える容姿なのにキレたら恐ろしい程強かったり、椿に対しての愛情がハンパなかったり、椿にそっけなくされると木偶の坊になっちゃったり・・・w
サブカプのお話が5話中3話を締めているので、強いて言えばこの2人のお話がもう少し読みたかったですね。サブカプ続きさんのお話も素敵なので満足ですが!

ラストの玉様ゲーム?王枚ゲーム?の破壊力が・・・反則です///
い、い、イベリコさぁん(^^;)わらっってw

4

色々あるけど。

作家買いではありますが
イラストには相変わらず慣れる事がなく

読む前に自分に喝をいれつつ読みに入ります。

入江の髪のモヤモヤ線気になりまくる本となりました
天使の輪みたいな?なんだろ。

ヤクザ、暴力、大嫌いです。
ですが、うまく話がそれだけに向かない
作り方が良かった

入江と椿より、源と吉宗が好きです。
吉宗の髪型も可愛、
将軍イメージなのかな?と。

ナイーブな過去や影は、今回ももちろんあります
それありきでも、むしろ、それなくして
ゴミ拾い無しかな〜

上手く絡めてるなとただただ凄いなと
思いました。

たまに今でも読み返しをします。

王様ゲーム。大好きです
玉様、王攻、
面白い。

男子学生最強。

3

少年漫画のBL要素・・・

SHOOWAさん、好きです。
三つ巴で惚れました。
しかしちょっと作家買いにはいたらなかったかも・・・

女々しい男性要素のBLじゃなくて
男子の青春漫画の男色風味的な・・・そんな印象を受けました。
(チープな表現でごめんなさい)

ヤー坊達の青春というか・・・
「イイハナシダナー?」といった感想です。
面白かったし、内容もいろいろで楽しめましたが、
ヤー坊の過去からの今!系統が多くて・・・
ちょっとげんなり・・・してしまったかもです(´・ω・`)
うーんそんなに「うんうん辛かったんだね!乗り越えたんだね!!うるうる!」
という気持ちにはなれなかった。

イベリコ隊がいちいち人情にあつくて可愛くて憎めないなあと(笑)

好みが別れると思います。

4

吉宗

全く内容知らないまま読んだのですが、
さすがに高評価の作品だな、と思いました。
もっと早くに読んでおくべきでした。
かなり面白かったし、何度も読み返したくなる作品です。
実際私は何回も読み返してます。

絵柄に好みが分かれそうですが、
この漫画はギャグが強かったのでそれほど気にならず、スラスラ読めました。
でもところどころコマ割りが見にくいところがありました。
でもトータル的には気にならなかったです。
設定もなにもかも笑える展開が良かったです。

イベリコ豚と恋と椿。の2人のカップリングでは、
恋する椿があまりにも乙女で可愛かったし
イベリコは男前が全面に出てるしバカップルでした。
イベリコが椿にキスするところのアングルがすごく好きです。
この2人の話だと、イベリコ豚と繁殖小屋の方が好きでした。
繁殖小屋っていう名前のセンスも素晴らしいと思いましたw

メインカップリングの2人よりも源と吉宗の2人が大好きでした。
源のポーカーフェイスとあざとい吉宗素敵でした。
吉宗は全体的にかっこいい男前キャラ感が尋常じゃなかったです。
この2人は最終的に付続きき合ってほしかった気もします。
本当に幸せになってほしい2人です。
吉宗の過去はつらかったです。
でも今の吉宗になれて本当に良かったなって思います。

5

独特なタッチと独特な発想

絵の線画がワシャワシャっと描いた感じなのでちょっと見づらいかもしれませんが、
自分はこういうタッチ大丈夫なので全然OKでした。

内容はヤンキーのお話なんですが、良いことをするヤンキーというのが、なんかゴクセン系?みたいな、最近の流行りっぽい感じでした。本来なら悪いことをするイメージのある人たちが良いことをするという意外性が面白いですよね。

しかしその活動の意味とか色々謎の部分があって、そこがマイナスでした。
あとはギャグがエロいのはいいんですが、繁殖小屋とか下品を通り越してえげつない感じがしたので、ここは微妙な気がしました。
エロエロは別に構わないですが、何となく乗り切れないギャクセンスでした。
でもそれぞれのカップリングは良かったと思います。

4

番外編が最高


もちろん入江と椿も萌えましたが、やっぱり吉宗と源がたまりませんでした…
年下攻めとか体格差とかポーカーフェイスとかたま~にさらりと入る自慰シーンご馳走さまです……

過去ありの美しい受けはホント何も言えないくらいおいしいものです。
受けでも優勢っぽいのがまたいい。ポーカーフェイス崩れちゃうのもまたいい。好きです。

続きがみたいですね!二人がちゃんとくっつかずに終わったのも良いと思いますが気に入った分やっぱり見たい!

3

青春!!!

すっごいおもしろかったーー


男くさいかんじで、すてきでした!あと、イベリコ率いる奴らがかわいい(笑)(笑)ゴミ拾いかわいい(笑)(笑)

3

クールでキッチュでナイスガイ!

「魅力的」のオンパレードです。

そこかしこで言われてますが、この作品では作者さんのセンスが節々できらりと光っています。
こじゃれたセリフまわし、「こまけぇこたぁいいんだよ!」な展開、
ゴミ広い集団という新味のある設定。基本ライトでどこか乾いた男らしい雰囲気です。

途中、脇キャラの一人の少し趣の違った過去話が入りますが、
コマの流れや表情、そしてその結末と、そこから導き出されるその後の恋愛への態度など、重くもあれどじわりと胸に染みるテイストを味わう事が出来ます。
独特な切なさというか。

しかし、その後再びライトな流れに戻る事もあってか、読後感はどんよりとはしませんでした。

絵については、人を選ぶなと思いましたが私は好みでした。ただ、いわゆるプロっぽいなぁ~漫画っぽいなぁ~という画面ではありませんでした。

不満があるとすれば、これもよく見る意見ですが入江×椿がちょっと物足りない。
もう2,3話は欲しい所でした。
あと「ゴミ拾い集団」という設定があんまり生かせていないところ。
展開だけみればこの設定じゃなくても成り立ちそうな感じがしたので、そこが惜続きしいと思いました。

しかしとりあえず買って損したなんて思う作品ではありませんでした。面白かったです。

4

魔法のような言葉だな

これはきっと半分はギャグ漫画だと思います。
「ぬこぬこぬこ」「トゥギャザ…」「俺のハバナにハバナイスディ」。
エロは昔から笑いに繋がる事は多々あって、
だけど、必死なそれには笑いはなく真剣に向き合う事が出来ます。
それはエロを作っているキャラクターもだし、読者もです。
言葉にセンスがあることに気がつくと、なお一層楽しめます。

ちなみに、笑いも勿論ありますが、少々きついところも。
吉宗のイレズミを止めるおじさんの台詞。
「ちゃんと日の当たる所に戻りな」
好きだった人を忘れた方がいい、忘れないといけないんだよな。
そんな涙を流した彼の事をもっと知りたくなります。



3

”しゅみじゃない”レビューを読んで買った天邪鬼です。

ものすごく評価が高かったからこそ、最近”中立”や”しゅみじゃない”レビューが多かったので、余計気になりました。
多くの人がおっしゃる絵についてですが、私は結構好きです!
”粗い”とおっしゃる方が多く、私も粗い絵は苦手なのですが、SHOOWAさんは粗いと感じなかったなぁ……
私の場合デッサンが整っていればあまり気にしないので。
むしろ表情とか魅力的でした。

吉宗さんの過去話が重たいという意見も多かったけれど、この辛いのを乗り越えて、今の吉宗さんの憂えた表情があるんだろうなぁと感じます。
結果的には幸せになれてるしね。

ギャグもシリアスもえちも充実!
デバガメ衆やストーカーに笑いましたww
もっと早くこの作家さんに手を出しておけば良かったと後悔……
とりあえず今月の新刊から集めていきます!

2

やばっ///

どのBLより1番ハマりました。
源と吉宗がやっぱかなり良くて、吉宗のツンデレっぷりと源の振り回されっぷりと努力っぷりが堪らないです。
読みにくいのがちょっとあれですが、吉宗の過去も適度に重くて切ない感じで私は好きでした。
続編出るんですか??
楽しみです//笑ッ

3

やっと

けっこう前に読んだけど、好きすぎてレビュー出来なかった1冊。

いろいろ書きたいことはあるけど、今更なんで簡潔に。
とにかく吉宗が好きでねぇ、今の色っぽい吉宗も好きだけど、過去編の幼い吉宗にストーリー共々やられちゃいました。
過去編は重いです。こういうの苦手な人が多いでしょうが、私はもっとこういうの描いてほしいんです。でもBLだと避けられちゃうんだろうなぁ。
すっごい重い、救いようのない映画を観てしまった後、1日中なんにもやる気が起きなくて落ち込んでしまうあの感じ、嫌いじゃないっす。

伊賀は弱い人だったんでしょうね。「ちゃんと日の当たる所にもどりな」この会話の後の吉宗の涙は胸が痛かった。戻れてよかったね。
吉宗と源路のお話は続くそうで、楽しみです。

でも、この2人と同じくらい椿と入江も好きだから、オールキャストで描いてほしいなぁ。入江と吉宗の出会いとか気になる!

カバー裏や書き下ろしも面白くて大好きな1冊です。オススメ!

3

ぜひおすすめ\(^o^)/

この作品がきっかけでSHOOWAさんが好きになりました。
この作品と出会えてホント良かったと思ってます!

出会いは揉め事から…
少しづつ気になる2人…しかし親同氏の関係で離れてしまいます…が、椿の男前な行動でイベリコさんもびっくり!
お互いくっつき幸せに!

でも2度目の別れが…
ノンケだった椿は気持ちが整理できず…

でもここからの2人の行動がめちゃ可愛いです//

ここで椿ピンチ…!!
捕まったと聞いたイベリコさん!
ケンカのシーンめちゃかっこよかったです。

2人はまたまた幸せなカップルに/////

イベリコさんのグループの人達の行動も可愛くて見どころ(笑)
そのグループの中の吉宗×源路カップルも最高!
吉宗の過去の話も深くてとても良かったです。

簡単に説明してきちゃったので読んでないみなさんにはもっと細かい部分も読んで楽しんでもらいたいです\(^o^)/


3

萌えなさ過ぎて残念

とても人気のある作品で、私にとって初のSHOOWAさん作品です。
以前から気にはなっていた物の、何となく躊躇して手を伸ばして居ませんでしたが、読める機会があったのでワクワクしながらめくりました。

あらすじや内容は割愛します。沢山の素敵なレビューをされている方々の方を是非ご参考下さい。
私の思った事を羅列させて頂きますので、ご了承下さいね。


驚くほど趣味ではありませんでした。
よく「表紙に期待して」という状態で手に取り、頁を捲って「あぁ…」という事を経験された方もいらっしゃるのではと思うのですが、私にとってまさにこの作品がそうでした。
総じて絵柄が苦手なようです。
人物画もそうですが、時折コマ割りも見辛く、背景の書き込みが無さ過ぎて頁が白過ぎる(=雰囲気や余韻を楽しむ為の空気感と思えなかった)のが気になってしまって。
荒々しいタッチは嫌いじゃないですが、粗すぎてそっちに気を取られてストーリーが頭に入らない時もありました。
ただ、喧嘩のシーンなどは逆にそういうタッチの方がスピード感があって良かったです。

又、ストーリー的にも心にぎゅっと来るものがないので続きす。
時折入る笑いも…もう好みの問題ですかね、お笑い的要素は大好きなので笑える所は笑えるんですが、自分的にその波が有り過ぎました。

どういう内容かという軽い情報だけを頭に残して先入観なく読んだ作品で、二度は最低読んだと思うのですが、どうしても面白いと思えませんでした。

時間が経ち、何かの機会に又頁を捲って、今とは見方が変わって「最高に面白い」と思えて居たらいいなと思います。
残念ながら今は、「しゅみじゃない」以外有り得ませんでした。

8

答えは「椿」でした

 ずっと、『イベリコ豚と恋』というのが正式なタイトルだと思っていたのですが、この後に「椿」が続くということで納得(笑)それに、すごく評価されていた作品だったので、期待していました。

 ゴミ拾いをする不良と、そのリーダー、通称イベリコ。椿はポイ捨てしたことでイベリコ集団から注意されるのですが、気がつけばイベリコの男っぷりに惚れている椿です。

 感情が云々とか、設定が云々というよりは、欲望そのものに行動したら結果は、生々しいシーンの連続です。そんなシーンばかり見せられている気がして、逆に引いてしまいました。
 その上、のぞきありの繁殖小屋というのが、また何とも奇妙であり、萌えるどころか何だか辛くなってしまい、ずいぶん後味が悪かったです。
 
 イベリコと椿のCPの他に、源路と吉宗のCPも登場しますが、こちらも結構生々しいです。吉宗が悪い男に捕まらなくて良かったというのが唯一ほっとしたところです。

 生々しい場面、けんかシーンなどの描写がありますので、人によって好みは分かれると思います。いずれにしても、もう少し絵を丁寧に描いてくれるともっと評価できたかも知れません。 続き

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ