大人気!! オレ様×仔猫の甘すぎラブ?

誓約の恋愛革命

seiyaku no renai kakumei

誓約の恋愛革命
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×21
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
2
得点
29
評価数
12件
平均
2.8 / 5
神率
16.7%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
アスキー・メディアワークス(角川グループパブリッシング)
シリーズ
B-PRINCE文庫(小説・アスキー・メディアワークス)
発売日
価格
¥640(税抜)  ¥691(税込)
ISBN
9784048915052

あらすじ

「おれら、こんな夜中に何欲情してんだって感じだよな」
 傲慢オレ様の世界的トップモデル・泰生にメロメロ&エロエロに愛されちゃってる潤。モデルだけでなく演出家としても活躍しはじめた泰生に、潤を騙してでも近づこうという人物が現れて!? 必死で問題に立ち向かう潤に、泰生の想いもさらに深くなり……??
 つまずいても傷ついても泰生のために立ち上がる!! 純真仔猫のキラキラシンデレララブ?

表題作誓約の恋愛革命

榎泰生・世界的カリスマモデル「タイセイ」で演出家
橋本潤・生真面目で優秀な大学生

評価・レビューする

レビュー投稿数2

潤もどんどん成長します

恋愛革命シリーズの…もう7作目なんですね。
最初はとんでもなく弱弱しかった潤(受)もどんどん成長していきます。
今回の主な舞台は、潤の大学と泰生(攻)の演出方面のあれこれです。

友人との距離感をはかりながら大学生活を送っている潤ですが、やはり泰生と知り合いだとなるとなかなかうまくいかないこともあって。
今回の悪者は大学の先輩です。
泰生や八束(デザイナー)と一緒に仕事をしたい、それでビッグになりたいなどという野望を持った先輩が事件を巻き起こしていきます。
いろいろあって八束に迷惑をかけ、泰生の信頼を失わせるかもしれないと思い素直に謝る潤だけど、潤に邪魔されたとキレた先輩がさらに罠をしかけてきて…というお話。

毎度思うことなんですが、恋愛革命シリーズの悪者って最初から最後まで悪者なので
途中ムカムカしながら読んでいても最後にはスカッとするw
でも今回は味方か敵かいまいち分からない女の子もいたりしてハラハラしました。

事件の解決方法は割とあっさりしてるんですけど、でもやけにリアルです。
こんな悪い大学生はそうそういないとは思います(思いたい)が、浅知恵の結続き末なんてこんなもんなんだろうなーなんて思ってしまう。

潤は今まで泰生に守られることが多くてそこもお話の楽しみのひとつだったわけですが、
蜜月の恋愛革命(4作目)では泰生を助け、情熱の恋愛革命(6作目)では異国のシルバーカップルを助けたりもしました。
今回は心を病みそうになっていた友人を助けて…と、さらに周りにも目を向けることができるようになっています。
不遜な恋愛革命(1作目)を読み返して潤の別人っぷりに驚きましたw

まだまだ続くのかな?
今回スピンオフになりそうな人たちがいたんですけど、そちらにも注目していきたいです。

1

潤くん、大人になりましたね

このシリーズかなり好きだったりするんですよ、前作6巻が神評価してしまう程
素敵な作品のシリーズ7作目が意外と早く読めるなんて嬉しい限りです。
訳有りの受け様が攻め様と出会い、シンデレラのように攻め様の元へいく事になり、
更には関心を持たれていないと思っていた実父の愛情まで確認出来るようになったし、
ホントの身内だけの結婚式もして、家族にも認められ溺愛される受け様の愛らしさ、
毎回トラブル発生も良いスパイスで飽きのこないシンデレラストーリーなのですよ。

世界的にも人気モデルでオレ様攻め様と大学生になった天然健気な受け様との第7弾は
いよいよ演出家として本格始動し始める攻め様や、大学生になり同級生との交流なども
描かれていますが、受け様の今まで育ってきた環境のために、大学で友人が出来ても
みんなとワイワイ冗談を言い合えるスキルはまだまだ育っていない受け様の学生生活の
トラブルも出たりしちゃいますが、受け様の成長した姿を見る事になりますね。

きっと前の受け様だったら何も出来ずにオロオロしてばかりいたかも知れないけれど、
嫌なこと出来ない事をきっちり言える強さに続き磨きがかかっていました。
攻め様に繋がることで利用されやすい立場な受け様は今回そんなトラブルに巻き込まれ
攻め様の仕事にも影響が出てしまう事態になります。
それでも友人を信じようとする純粋で強い気持ちが最後には報われる。

今後も傷ついたり裏切られたりすることがあっても受け様ならきっと、
攻め様と二人で乗り越える道を探していけるのだろうと思える内容で楽しめました。
それにいつまで経っても甘い二人の関係がとっても素敵な萌えでしたね。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ