SUPER LOVERS 6

super lovers

超级恋人

SUPER LOVERS  6
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神30
  • 萌×216
  • 萌7
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
10
得点
235
評価数
54件
平均
4.4 / 5
神率
55.6%
著者
 
媒体
コミック
出版社
KADOKAWA
シリーズ
あすかコミックスCL-DX(コミック・角川書店)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784041209004

あらすじ

苦労性長男、超美形双子、野生児末っ子が贈るスーパー★ラブ!
「ナツ」問題も一段落。だけど相変わらず晴は自分を抱いてはくれない。男だからなのかと悩む零でしたが…?

表題作SUPER LOVERS 6

カフェオーナー 海堂晴
海堂零 義理弟

その他の収録作品

  • ♯16
  • #17
  • #18
  • #18.5
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数10

晴のトラウマを癒すのは

表紙をめくった扉絵の零、なんだか大人っぽくないですか?だってなんか体と頭のバランスとか喉元とか表情とか大人の男って感じに見えます!これ本当に零なの!?#18で亜樹がそっくりなベスト着てるけど、これは亜樹じゃないよね?亜樹と晴が手を取り合っていちゃこらするわけないもんね。
 晴を手に入れられるんだと知った零は、積極的に晴に迫ります。「いつお前とセックスできる?」とあからさまに訊ねたり、晴のマネをして手のひらを舐めてみたり・・・。まだ子供で、おバカで無知だからと拒む晴ですが、零はもう子供じゃないと訴えます。零が子供なんじゃなくて、晴が零に子供でいてほしいだけなんだよね。カナダで初めて会ったあの夏が幸せ過ぎて、今の零のことは好きだけど、あの夏の日のままの零でいて欲しいとも思っている。あの頃の晴はなんでも持っていた、海堂の両親、双子の弟たち、春子、そして自分だけの零。事故で両親を失って、双子から両親を奪って、幸せだった夏を忘れて、その大きな喪失感が晴のトラウマになっている。今のままでいたい、変わりたくない、変わってほしくない。ずっと小さい零のままでそばにいてほしい。何でも持っていて幸せだと思続きっていた自分の中の寂しさを、あの夏、零が埋めてくれたから・・・。だけど零はこのままではいられない、いつ晴が誰かのものになってしまうかわからない、いつも晴の周りには女たちが群がってきて、それを見るのが辛い。だから手っ取り早くナツと体験して大人になろうと、強硬手段に出ます!駄目ー!それ駄目だよ、零!そういうところがおバカで無知だって言われちゃうんだよ。晴がすごい顔で怒ります、当たり前だよー!どうせ晴が止めに来なくても、零だって最後までは出来なかっただろうし、ナツだって最後まではしなかったと思う。だってナツは零が晴のものだから手を出しただけ、ナツは昔から晴が大嫌いで、大好きなんだもんね。でもこの行為は決定的に晴と零の仲を拗らせてしまいます。自分のことを好きだと言いながら他の男とSEXしようとする零が理解できない晴。晴のナツに対する気持ちを勘違いする零。晴が自分と出来ないのなら諦める、晴のことも諦めると言う零に、とうとう晴は!!
 SEXで『弟』という枷を外して晴を手に入れたかった零。「愛してるって言って?」と迫る晴には言葉で縛りたくないから言わないと拒み、「好きって言って?」という晴には「言ってもどうせ何も変わらない。」と頑な態度を見せます。「変わる、俺がお前のものになる」と晴が言って、お互いに一番欲しかった言葉を手に入れます。「ハルが好きだ、大好きなんだ」
 海堂の両親の命日と零とのごたごたでずっと眠れなかった晴が寝てしまって、最後までは出来なかったけれど、2人の関係が大きく進展して、晴のトラウマも克服されて来たようです。ずっと口に出来なかったお墓参りにも零を誘えたし、どうしても思い出せなかった父親の言葉も思い出せました。「(零を)一目見て思ったよ。ああこれはもう、運命なんだ、って。」

1

実力行使に出る、の巻

4人兄弟の、血が繋がらない長男と4男のラブストーリーの6巻です。
5巻で、春子さんが零とハルの関係は変わらないと言っていたけど、同じ不安を抱えていた零が暴走する、波乱含みの展開になってて6巻も面白かったです。

ハルのことがずっと大好きで、ぶれない零が可愛くてキュンキュンします。そして、ハルを自分のものにしたいと、一生懸命なのが堪らなく萌えます。ちょっとその方法は、過激だったけど…(いや、ハルにはそのくらいしないとダメなのかも?)
ハルに小悪魔のように迫ったり(あれを断れたハルは凄いと思います)、夏生とエッチしようとしたり…。ほんと、読んでてハラハラします。

もちろん、ハルがそんな零に怒らないはずもなくて。その後のすれ違いが切なくて、胸が痛かったです。
でも、結果として、その事件のおかげで、ハルが零のものだとハッキリと認識することができたから、雨降って地固まるになってて良かったです。
零の告白も聞けて、2人の関係も大きく進展して、大満足です。

2

零クンが~~

晴さんのカウンセラーの森先生登場。
みんなで海水浴で、
零くんははじめての海です。
泳ぎもそうですが、
濃いメンバーがキヨさんの仕事の仲間、
ある意味で、目立つメンバーですね。
零くんの高校の養護教諭の篁さんが、アパートに引っ越し(名前も分かったし)。
晴さんにお見合い写真の相手が店に訪れ、
キヨさんや美人キャラで仕事ができる女性登場で、
結婚後の話で、晴さんが、専業主夫という話をしたら撃退成功ですね。
零くんの嫉妬と熱烈の告白(反撃)をして、
晴さんと零くんの両想いになったみたい。
良かった。
嫉妬する零くんが可愛い。
面白かった。

0

零可愛い

この本は何年か前に買ったんだけど、あまり面白くなくて売ったんですけど、ネットであらすじとか見て読みたいって思ってかいもどしました。でも古本屋とか行っても売れ切ればかりで、思いきって定価で買いました。零可愛い。しかも大胆すぎ。SEXしないと、もうあわないとか言っちゃってるし。零だと、このセリフ言っても、全然嫌な感じがしない。っていうかもっと言って晴を困らせてって思っちゃいます。
まだ思いは通じあってないけど、もう1巻目から、思いが通じあってる、イチャイチャしまくりのバカップルじゃないですか。晴が零を甘やかすの超萌えちゃいます。攻が受をベタベタに甘やかすシチュ大好物です。

0

保険医の活躍求む!

『SUPER LOVERS』第六巻です。
このレビューを書いている段階では、多分この巻までしか発行されていないと思います。
刊行までに時間がかかってきているので(八犬伝の影響?)、次はいつになるのかしら……

長男(晴)と四男(零)のラブも、やっと六冊目にして進んだ気がします。
ラスト近くは「晴、やっとなの?」と半ば呆れながら読みましたよ(苦笑
零が先に進めよう進めようと頑張っていたのが、やっと通じてきたかなーと。

そして、連載が少し長めの作品て必ず海水浴に行く回がありますね(笑
なんでかなあ。
わたしは特に「水着、キャッ」などというのは求めていないので、萌えない……

六巻でやっと名前の出た人物もおりました。
それは謎の(?)保険医、篁!
これって、篁が今後ただの脇キャラでなくなるということでしょうか?
近所に越してきたということは、まさか双子とじゃないよねーと色々想像しています。
双子は、双子同士でというお声が高いのでそれはないのかなあ。
わたしは篁のようなおっさんキャラも好きなので、これから楽しみです。

0

唯一の存在…2人が心から笑って幸せになる姿が楽しみになりました!

シリーズ第6巻!
やっとハルとレンの関係も終着地点に向けて動き始めます!

今回はレンの無知さが暴走してます(笑)
もうハルに迫りに迫り、しまいにはナツに…みたいな!
帯のセリフに読む前からテンション上がってたんですけど、これがナツのセリフだったので、成る程な〜な展開でした!
ハルのヘタレっぷりもですけど…今回はレンも悪いかと⁉︎
ハルを好きすぎて独占したい気持ちも分かるし、レンにとってこの感情が大進歩な展開ではあるものの、レンのあまりにも子供すぎる行動に、ややハルが不憫でした。
ハルはハルで、両親の命日が近づくことで精神的に不安定になっています。
いつものパターンで、周囲は気がついているけど、本人は無自覚みたいな(笑)
それに加えてレンの悪魔のような行動なのでイライラぶつかって、またすれ違う2人。
今回は、ハルが凄い剣幕でキレたのもわかるな〜と同情。
でもやっぱりヘタレハル(笑)絶対言いすぎたと、後悔している所が面白い!ハズさない男だな〜と楽しかったです。

また一歩進んだのは、やっとお互いにとって特別である事を実感できたこと。
すれ違い続けた2人が、お続き互いの心の本音を明かしあったシーンに胸がキュンキュンでした。この時のレンの表情がサイコーに萌♡
「変わる…俺がお前のものになる」…このハルの言葉が心にしみて、ゆっくりな歩みでも気持ちが繋がっていく2人をみて、嬉しくて感動でした。
オチはやっぱりお決まりパターンでしたけどね(笑)

でも、少しずつ2人が寄り添っていてくことで、お互い心に抱えたものも良い方向で変化している2人。
ハルはずっと思い出せなかった、両親の事故前の会話を夢の中で思い出します。
そして、ずっと踏み入れることができなかった両親のお墓参りにも…ハルにとっては大きな前進。
レンの存在の大きさをと、亡くなった両親の「運命なんだ」って言葉の結びつきの深さをとても感じました。

そして改めて、読みながらあ〜あべ先生のこの感じが凄く好きだな〜と実感♡
ここで、新キャラのカウンセラー•森先生を加えてきたところもニクイ(笑)
2人の気持ちが微妙にすれ違っているのは、立場や葛藤、考え方の違いはもちろん、もっと奥底に隠されている部分が解決しないことには、本当の『愛』にはならないんだな〜と思い出しました!
ハルは、小さい頃の孤独感だったり、両親の死への想いがトラウマになっているし、レンは両親に捨てられたトラウマを抱えています。
だからこそ、ここに来てやっと登場してきた森先生の存在と、亡くなる前の両親の言葉の意味の大きさを感じさせられます。
森先生は早くも、長男と末っ子は似てると分析しているし!
ハルにはレンが、レンにはハルが必要である事に気がついた様子。
そこに恋愛感情込みで複雑化していることまでは気がついていないしにても、森先生の中では、2人の関係性はカウンセラーとして興味を掻き立てられているものである事は間違いなし…といった感じでした(笑)
「笑えるくらい超ソックリ」って、少しミーハー気味な森先生には、賛同しながらも笑いのツボでした。
私の中では好きなキャラ決定!

レンは藪だ〜と言ってますけど、きっと2人の関係性を進めていく上で、森先生は鍵を握っていくはずかと⁉︎
「似ている」=「お互いに唯一の存在」であることを分析して、焦れったい2人の架け橋的な存在になって欲しい!
ただ、男性同士の恋愛に寛容な先生だと良いんですけどね。
お医者だから、その辺は冷静に私情は挟んでこないかと思うんですけど…できればミーハー系でワイワイ楽しませてくださる方に1票!
1人で盛り上がってすみません。テンション上がるくらい、今回の展開は嬉しかったもので(笑)

どちらにしても、2人が本当のラブに発展するのは、まだ簡単ではないな〜と。
今回の展開は大きな前進でしたけど、お互いに抱えている痛い部分を掘り起こさないと進めない予感です。
そう考えると、一瞬2人の泣き顔が過ってしまい胸が締め付けられました。
でも、それがどうにかできるのは、お互いなんだと、今回のラストを読んで実感できたことは嬉しかったです。
実際そうなれば、とっても美味しい胸キュンな展開です♡
お互いに乗り越えた後の、2人の最高の笑顔も想像出来るから、本当に幸せになって欲しい。
亡くなった海棠夫婦のためにも、2人に振り回されるアキやシマ…見守る周囲の人達の為にも。
どんな形であれ、幸せになってくれることを願い、それが自分達にとっても嬉しくて、幸せな事だと思ってくれるステキな人達ばかりなので。
こういったあべ先生特有の描き方は大好き!
色んなパターンのキャラを生み出しながらも、最後には、大好きな人が笑顔でいてくれることを素直に喜ぶ、心温まるキャラの描き方をして下さるので。
どんなに辛い展開であっても、そこはブレない所にいつも魅せられてしまいます。
キャラへの愛の深さは、きっとあべ先生自身とても「人」が大好きなステキな方なんだろうな〜といつも嬉しく思いながら読んでしまいます。
6巻は色んな意味で感慨深く、萌どころ満載だったので「神」評価です!

他にも…相変わらずなアキ&シマのハルのひどい扱いや、初めての海水浴では、レンの意外な一面発覚とハルのおバカ行動にレンの大逆襲エピは大爆笑。
やっぱり貧乏くじだったのは、保健医の篁先生(今更名前発覚というのも不憫笑)。
レンのご近所…しかもボロアパートに越してきてしまい、この先も、小悪魔レンに無理回されること間違いなしな模様(笑)

ゆっくりながらも今回の進展は大きかったな〜と!
次巻がとても待ち遠しいです。

1

すれ違うときすれ違えば

どんだけかみ合わないのこの二人・(つд`。)
なんで解らないの!なんて思わず感情的になるくらい
キュンキュンさせていただきました。
いかんね。思わず感情乗せて苦しくなってしまう。

家族としての愛情と、恋人としての愛情と。
みんなへ向ける視線と自分だけに向ける視線の違いは一体何か。
特別になりたい。好きな相手を自分だけのものにしたい。
それを可能にするのには何が必要なのか。
ひたすらにこだわっていた「セックス」という言葉の真意
エロイ意味ではなく~な展開に凄く胸を打たれてしまった。
いまや15歳なんてBLの中じゃショタ枠でもなさそうだけれど
やっぱり幼い頃からの印象って大事なのかな~と思ってみたり
見た目の幼さも比例するのか否かと思ってみたり。
ある意味、やっちゃうとこの話の面白さは半減してしまうのか。

ひとまず、気持ちのすれ違い
葛藤、苦しさはひと段落という感じでの終わり方だったので
次回はゆっくり気長にまてるかなと思います。
面白かったw
にしても、保険医のオッサンwwヴィジュアル的に好きすぎる
出番が増えてくれることを祈りつつ

0

家族、年下だからこそ(*´ω`*)

いやー、待ってました!!!
って感じです(≧∇≦*)
最初はすぐに買わなくてもまた今度でいいかな
って思ってたんですけど、評価点とかレビューとか
見てたら「買わねば。」ってなって即買いました!!
今回の6巻では、
レンレンが晴にこども扱いされたくなく
頑張ってる感じが良かったです。
年下だからこその悩みというか、
家族だからこそ、弟だからこその悩みというか、
そういったものが今回の巻でとても現れていて、
設定を無駄にしてないなー、と改めて思いました。
夏生と一緒にヤっちゃうの??!!と期待と不安で
いっぱいでしたが、結局晴が迎えにきて、
「あー、やっぱり笑」
と思いましたが、晴の気持ちもわかるし…。
なんだかもやもやした感じで終わるのかなって
思ってたら、エッチまではいかないけど、
ちゃんと、思いが伝わってよかったです!!
あと、レンレンの誤解には笑いました笑笑
途中から、この作品で最大の悩み?とも言える
晴は誰のものにもならない、というのが
解決してお互いついにちゃんと思いが通じ…
という流れになって、一瞬このままスパラバが
終わってし続きまうのでは…??と不安になりましたが、
まだ最後ではないようで、安心しました(*´∀`)-3
ちゃんと晴はレンレンのものになったわけだし、
次回ラブラブ期待です(* ˘ ³˘)♡*

0

待ち遠しかった…っ

やっと出ました、6巻!

今回もハルにはイライラさせられました(笑)
前から思ってたけど零ちゃん…男の趣味悪いよ(笑)

今回も零ちゃんは頑張ります!
押して押して押して、それでもダメなら「諦める」発言でハルを煽ります。
やり手だね!

ハルは結局、どのベクトルで零を好きなのか……。
不可解な男だなぁ、もう。

子ども子どもだと言いながら、行き過ぎたスキンシップはするし、独占欲丸出しだし、零の一挙一動に振り回されているのに。

でも最後の最後。
ハルは言います。

「変わる。俺がお前のものになる」

ハル……男に二言はないな?


なので零は言います。
ハルが自分のものになるのなら。

「大好きなんだ」


あぁぁぁもう!
零ちゃんいじらしすぎる!


その後のオチは、まぁこの二人ならではのもので。
またしてもおあずけ!

……でも、少しは零の想いは報われた…かな?



零の存在がいかに大きいかを、ハルはもっと思い知ればいい。
なので、ハルに最強ライバルでも登場すればいいと思います(笑)
あ、春子が最強続きライバルか(笑)

2

零のあの手この手

待ちに待った6巻!
晴には毎度めちゃくちゃイライラするんですけどねー。
零に頑張ってもらいたくて応援の気持ちも込めて毎度読んでおります。
萌え度的にはうぅ~ん。でも零のエロ度は着実にUPしていっております。

家族で海水浴~とちょっとサービスなお話もはいっておりますが
晴の記憶喪失や家族への想い、零の暴走で今回ちびっと晴にとってはハードなお話です。
いつもの晴と零のイチャイチャ度が少なかったです・・。グスン
その分、零のしたたかさ?天然で晴をあおるという大人な技でしかけていきます。ふふふ

前回、男同志でHでくるという中途半端な知識を取得した零は今回事あるごとに晴へ迫りまくる。
周りの兄弟親戚、友人はもう二人の仲を認めてるも同然。
晴の態度はというとお兄ちゃん目線でセックスはしません!!と毅然と言いはなち零を子供扱い(笑)零にとって晴から子供扱いされることがもっとも嫌な事であり理解してもらいないことで
ナツに誘われイケない事しよーとしちゃいます(キャー

零にとって夏はいい実験相手だったのに晴に見つかりあえなく御用。
お兄ちゃんとして叱る晴と対等な立場続きとしてみてもらいたい零の会話がかみ合わないかみ合わない(笑)
晴をあきらめる!って零の言葉に反応してつなぎとめようともがく晴はこっちからしたら
ええかげんにせーよ!!はよー!はよー自覚しろや!!です。

もちろんHしません(笑)
これは大人として手をださないのかな?いや出してるけど・・・・キスとかテコキとか散々してっけどさ。
もーじれったいですけど今回は零の作戦勝ちというかどんどん周りからじわじわと固めていってる感じが否めませんでした。
あいかわらず晴の思考は私には理解できず・・というか何考えて行動しんのや!!

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ