宝物見つけました

takaramono mitsukemashita

宝物見つけました
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神8
  • 萌×211
  • 萌6
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
3
得点
103
評価数
27件
平均
3.9 / 5
神率
29.6%
著者
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784832289031

あらすじ

終電を逃した二人きりのデザイン室で
どんなエロ漫画よりも熱い情事★

無口でデカイ図体のエロ漫画雑誌編集者の仁井名は、
美人だけど辛辣な年上の社内デザイナー・瀬田に
会えることが密かな喜び。

(が、顔に出ない)

酔って一夜を共にした翌朝、「全部忘れてくれ」と懇願されて…!?

表題作他、ノンケBL誌編集長×好奇心旺盛な新入社員、
イケメン編集者×オタク編集者など、
出版社で巻き起こる3カップル恋物語★
描き下ろし付き★

表題作宝物見つけました

仁井名颯 エロ漫画編集
瀬田功平 デザイナー

同時収録作品宝物奪われました

成田一十三 児童書お陽様文庫編集
咲坂 二次元好きエロ漫画編集

同時収録作品宝物光りました

倉持 BL編集長
一ノ瀬 宝 BL新人編集

評価・レビューする

レビュー投稿数3

定番つめあわせ

ジャケ絵の体格差にハート撃ち抜かれるの巻。
同じ出版社内にできあがる3組の話が収録されています。

【宝物見つけました】
編集者:仁井名×デザイナー:瀬田
デザイン部に発注しに行くたびに豊かな表情で対応する瀬田に惹かれていた仁井名。
ある夜、酔った瀬田に誘われ自分の気持ちを自覚し告白します。
ヒヨコの刷り込みみたいですが自分に欠けているものをもつ瀬田から迫られたら急速に傾きますよね。

自分の内側を話したり仕事上の悩みを聞いてもらううちにますます瀬田を好きになる仁井名…仁井名の[堅さ]の理由が無理なく差し込まれて読みやすいです。

そんな風にグイグイ押してくる仁井名を拒む瀬田には前彼?に酷いことをされたトラウマがあります。
この前彼の暴挙が原因でふたりはうまくいくんですが経緯を話す瀬田を抱きしめる仁井名の顔も彼を見つめる瀬田の笑顔も穏やかでほっとします。
無表情と自覚のある仁井名の笑顔が優しいと言う瀬田、「俺の宝物」と宣言する仁井名、互いに何よりも欲しかった言葉を与えられる似た者同士のふたりは幸せになれると思います。

もんもんとしている時期の仁井名の妄想続きがおかしくて爆笑しましたww
チビキャラのコスプレで順番待ちしてる瀬田が可愛かった~!!セーラー服推し~!

【宝物奪われました】
児童書編集:成田×仁井名の先輩編集:咲坂

この話はちょっと…咲坂に納得いかなくて(笑)
自分の好きなアニメキャラと思い込んで成田とシちゃう咲坂。
いくら自分の原点となった好きキャラに似てるからって…お初は酔ってたからって言い訳できても、そのあとはヅラひとつでその気になるってノンケにしては流されやすいww
そのくせ、成田にひどいことサラッと言うし…二次元ヲタの臆病な部分が悪い方に出ちゃってて悲しい。

体からはじまった関係でもちゃんと恋におちるまでが描いてあるのにもったいなかったな~。

【宝物光りました】
BL誌編集長:倉持×新人編集者:市ノ瀬宝
好奇心旺盛な不思議ちゃんがスパークするコメディ。

「やってみたいことのきっかけが全部漫画」という宝の発言に私自身がすごく共感しちゃったために女性編集同様、応援する気持ちが強く面白かった~!!
カ●ジみたいに編集部がざわざわする場面とアナニーマニュアルをプレゼントする場面、めっちゃ笑いました!!

初めて読んだBLに好奇心を刺激され瞳に星をきらめかせてオネダリする宝にふりまわされてノンケな倉持が「 BLなめんな!!」とばかりにムード作りをするファンタジスタになるとは!
宝は仕事もできるし何より一生懸命な可愛い子です。
そんな子とコトに及んだだけで終わりにするなんてできるわけないのに。
クールな編集長のチョロさも可愛かった。

内容だけ追うと誉められた始まりではないし限りなくあり得ないことなんですがテンポの良さに持っていかれ「有り有りww」と楽しめました!

ーーーーーーー

千葉リョウコさんは繋がってる姿をロングショットで違和感なく描いてくれる貴重な作家さんで今巻も満足でした~!!



1

やはりBLはファンタジーかな。

【宝物みつけました】
エロ漫画編集者:仁井名颯×デザイナー:瀬田功平です。
う~ん表題作なんですけど、ぶっちゃけ私は誘い受けとか自分から
挿入してくる受けは好きじゃないので、あまり合いませんでした。
まぁ瀬田にも色々あったとはいえね・・・
とりあえず仁井名は頑張ったと思います。ていうか仁井名の粘り勝ち的な?

【宝物奪われました】
児童書の編集者:成田一十三×エロ漫画編集者:咲坂です。
個人的に咲坂は見た目はものすごく大好きな受けちゃんですね!

基本的にセフレとか一夜限りとか体から入る関係とかのってあんまり
好きではなかったハズなんですが、どうやらもうそんなことはなくなった気
がします。

しかし女装攻めって新しいなぁと思いました。(女装と言ってもカツラだけですが)今までオネェ攻めは読んでも女装攻めは見ないなぁと思いますし。
女装受けだったら、普通の女の子に見えて萎えますが、女装攻めなら有りと思いました。

【宝物光りました】
BL編集長:倉持×新人編集:一ノ瀬宝です。
この話は何の深読みをしなくてもサラーっと読める話でした。
ていうか、漫画続きに影響されてなんでもやろうと思うのは勝手ですが、
いくらBLに影響を受けたからと言って上司に「挿れてみませんか?」なんて
絶対に言えない(笑)

基本的今回はサラーっと読める作品ばかりでした。
何も考えたくないときに読むのがいいかもしれませんね。

0

どれもみんな宝もの

表題作
『宝物見つけました』
のほか、同じ宝物~「奪われました」、「光りました」
そして表題作描き下ろしの、「手に入れました」の4つです。

『宝物見つけました』
同じ出版社の中で働く、仁井名と瀬田。
仁井名はエロ漫画編集、瀬田はデザイン部でそれぞれ仕事をしている。
真面目で表情があまり顔に出ない仁井名は美人だけど辛口な瀬田に会うのが密かな楽しみで
みんなが嫌がる仕事も、瀬田がらみとなると喜んで引き受けていた。
酔った勢いでHなことをしてしまった二人・・・
増々好きになって告白する仁井名だけど、瀬田はただただ拒み続けてばかり。
無表情の中にも真面目さと一途さが見える仁井名は身体こそ大きくて
ぼーっとしてるように見えるけど、本当はかなり情熱的で
一度好きになった相手には、とことん尽くすタイプのようで。
どんなに瀬田に断られても、何度も何度も食らいつき
最終的には頑なな瀬田を落とします。
しかし、本当は瀬田も仁井名のことは嫌いではなく
仁井名の気持ちを受け入れられない理由が、瀬田の過去にあり・・・
最初はただただ断っていた瀬田も、仁井名の想いがわかるだ続きけに
だんだん辛くなってくるのが表情でわかります。

そんな二人のことを見守ってくれているのが唯一瀬田の過去を知っている
仁井名の上司の編集長。
この人が、またオヤジなんだけど良い人なんだなぁ~
ああいう上司の下で働けるから、仁井名は自分らしさを失わないで
前に進めるんだと思いました。

何か月もかかって瀬田を振り向かせた仁井名。
辛い過去の記憶を一人で抱え込んでいた瀬田に、優しく手を差しのべて
頑なに閉ざしていた瀬田の心をついに開いた仁井名。
やっぱり心変わりせずに一途に思い続けたたまものです。
描き下ろしのベッドシーンは、効果音がすごくエロいんだけど・・・
うとうとしながら告白する瀬田さんがエロ可愛くて・・・
そして何事にも必死で誠実な仁井名もまた、すごく可愛いです。

『宝物奪われました』
仁井名と同じエロ漫画編集の咲坂と児童書担当の成田一十三。
少女マンガ「マジカルEYE」が好きな咲坂に振り向いて欲しい成田が
あの手この手でアタックし、恋が成就するまでのお話。

『宝物光りました』
BLコミック事業部編集長倉持と新人編集一ノ瀬宝。
一ノ瀬はBLをとことん知るために
編集長に「挿れて」だの「前立腺マッサージって気持ちイイんですか?」
と真面目に聞いちゃう新人編集。
その新人に振り回されながらも、最終的には自分が
BLコミックの主人公のようなセリフを言ってることに気づいて
ちょっと恥ずかしい編集長のお話。

どのお話も、同じ出版社の中の違う部署で働く男性。
仁井名と咲坂はエロ漫画編集、仁井名の恋人瀬田はデザイン部。
咲坂の恋人成田は児童書お陽さま文庫担当
そして倉持はBLコミック編集長その恋人一ノ瀬はBL新人編集
とこんな関係です。
同じ会社にこんなに男性同士のカップルがいるのもすごいです。
よくよく探したら、もっといそうな感じが・・・・

3

高律

まったくその通りですね。
実に様々なキャラが登場してお得な1冊でした。
私も一ノ瀬くんには、驚きを通り越して笑いました。
でも、編集長もなんだかんだと言って、最終的にはノリノリでしたよね。(^_^.)
このシリーズ、次回も期待しちゃいます。

スズキ27

高律様、こんばんは☆

 私は無表情&機械的な口調の仁井名と、一ノ瀬君の凶悪なまでの無邪気さに萌え×2でした! 編集長相手に迫っておいて下手くそ呼ばわりとか、恐ろしい新人…(笑)

宝物シリーズで、色んなキャラが拝めてお得な一冊でしたね~。

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ