何かいいの見つけた!

nanika iino mitsuketa

何かいいの見つけた!
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神36
  • 萌×256
  • 萌23
  • 中立15
  • しゅみじゃない16

--

レビュー数
28
得点
488
評価数
146件
平均
3.6 / 5
神率
24.7%
著者
 
媒体
コミック
出版社
大洋図書
シリーズ
H&C Comics ihr HertZシリーズ(コミック・大洋図書)
発売日
価格
¥620(税抜)  
ISBN
9784813030522

あらすじ

「自分から寝転がってヤラシイ…♥」
転入初日早々に胃痛で保健室のお世話になった室襠小春。ところが、保健室のベッドで寝ていたはずなのに、屋上手前のおどり場で目が覚める。しかも、そばには見知らぬ人が! ここはどこ? あなたは誰!? 1年先輩だと言うその人はなぜかじりじりと距離をつめてくる…! さらに、押し倒された小春は突然キスをされて!? 
本能に忠実!?なアホちん先輩・大杉とやさしすぎるまじめな転入生・小春のラブエロコメディ♥

表題作何かいいの見つけた!

大杉善治 ブレザーを着た謎の先輩 三年生
室襠小春 学ランを着た転入生 二年生

その他の収録作品

  • いつもに感じ+

評価・レビューする

レビュー投稿数28

タレ目にうっかり絆された

 私にとって3冊目のひなこ先生の作品です。『Blue Lust』『知ってるよ。』といい感じにハマって、この『何かいいの見つけた!』で、「はて!?」とけむに巻かれたように、わからなくなったひなこ先生です。
 これは…どう捉えたらいいんでしょうか?まず、攻めの大杉先輩が不思議っ子過ぎます!!しかもレイプ魔!!優しければいいってもんじゃありません!レイプは犯罪です!
 それなのに大杉のゆる~いふわふわな感じと、小春が気持ちよくなっちゃうもんだから、犯罪っぽさが無くなっちゃうし、絆されて気持ち良くていつの間にか大杉を好きになっちゃうし…。
 大柄なのにゆるふわな大杉も眼鏡ッ子の小春もキャラとして魅力的だったので、最初のレイプシーンが、キスだけとか抱きしめただけから始まった関係なら、もっと感情移入して読めたかなーと思いました。
 あとがきによると同人誌からのコミックス化で、テーマが「801」「ハイテンション」「あほあほエロエロ」と言うことなので、ちょっと無理がある始まりになってしまったのかもしれませんね。
 最初がレイプなのでその後もエロありきのお話で、絵柄の綺麗さと修正の薄さもあって続きかなりエロいし、コマの使い方が上手だなーって思いました。
 私はひなこ先生の描く切れ長の目が好きなのですが、今回、大杉先輩のタレ目がすっごく可愛くて、覗きこむような穏やかな視線に、うっかり絆されてしまいました^^;

2

噂は本当なのか?

寝てるところをラチられてレイプなんて、本当は絶対受け付けない設定なのに、なんででしょう?あののほほーんとした大杉先輩にやられてしまいました。あのちびキャラが可愛すぎるのがいけない!
こんな先輩なら私もかつがれたーい!
それにしても小春に出会う前の先輩は噂通りなのかしら?そこは謎なままだった。

0

あくまでラブエロコメディ♡

粗筋読んで無いわ〜と思いずっと買わずにいましたが、読んでみてやっぱりあり得ない展開に少し引きつつも、絵が好みなのと、読むにつれて天然?自由、本能の赴くままに行動する攻めに(私が)慣れてきたのと、それに流されてしまう優しいのか?ある意味おバカな受けが可愛く見えてきたので良かったです♪
読後は始まりからして普通じゃない、エッチする場所も毎回アレだしな2人が普通に付き合い始めたらどうなるんだろうと、いらない心配してます 笑
あまり深く考えず、気楽に楽しむのにいいなと思った話しでした♪

1

そこまで感じてるならw

保健室で寝てる小春を拉致・レイプ、その後もお構いなしに押しかけエロ攻撃を仕掛けてくる超絶マイペースな大杉善治。
なんだその設定は?先輩だからって後輩がかわいそうじゃないか!って話なんですが、大杉に犯られてるうちに開発されていく小春はかわいらしく、そこまで感じてるならそれで良いじゃないかと思えてしまう話です。
モラルを考えると引っかかる点もあるかもしれませんが、ひなこ先生の綺麗な絵とアホエロをお話として気軽に楽しめばそれで良いんじゃないかと思います。

※最初は電子書籍を購入しましたが、修正ばかりで何が起こってるのかわからないわ、あとがきで触れられているのにカバー下は収録されてないわで紙本を買い直しました。紙本は2014年発行にしてはハッキリした表現でした。紙本の方がおススメです。

1

ごめんなさい。

新刊の『Blue Lust』が好評価なひなこさん。どんな作品描くんだろ~と、まだ新刊は電子化されていないので即刊のこちらにチャレンジ。
ん?!これも意外と評価高かったのに…ん?!
これは好みが別れますね。私には合わず、ただ先輩が小春を強姦し続けてそのまま手込めにしていくストーリーにしか読み取れなかった…。小春がほだされた理由が全くもって分からなかった…。先輩が小春に惹かれた理由も分からないし、あれよあれよとされるがままの小春にも理解し難かった…。
本当、題名のまんま『先輩にとって何ともいえない良いおもちゃみつけた』って感じだな~と思ってしまった。
男で無くてもいいよね。そしてラブの気持ちが足りない…。
好評価な新刊。電子化されても読む勇気ないな~。もっと感情が顕になっているかしら…。

3

どうなんだろう

突拍子もないことをしでかす不思議な先輩×真面目で繊細な後輩、と言ったら聞こえはいいけど、受けは流されすぎだし先輩がしでかした事はぶっちゃけレイプだし、なんだかなあ…という感じでした。

個人的に、ぶっちゃけ双方の魅力が分からないまま遭遇する度にH、H、H……で、エロいけどあまり萌えませんでした。

攻めは受けの生真面目な性格が気に入ったとしても、受けは攻めのどこに惹かれたんだろう……救出してあげないと、と思うくらいの受けの流されっぷりです。


先輩はかっこいいし、Hのシチュエーションも萌える設定の筈なのに、モヤモヤしてしまいました。

2

可愛いです。

とりあえず小春が可愛い、の一言です。
正直、内容は薄く、無理にエロに繋げている印象を受けました。
ですがそれ目当てで読む方もいると思いますし、実際私はそうなので全然いいと思いました。
むしろ小春の蕩けた顔をたくさんありがとうございますって感じです。

0

面白い

この一冊はかなり楽しめます。
最初は絵が好みではなかったのですが読み進めていくうちにどんどんとこの本に虜になっていきました。
とにかくほのぼの。そしてやるときはやる
エロがとても満載です。

攻めの天然さと受けの少し真面目さがこの本を引き立てている気がします。
シリアスが好きな方にはオススメしません。
ギャグっぽいところとかもありとても面白いです
今ではこの本を何度も読み返しています。
ぜひ読んでみて欲しい作品です。

0

なんかかわいい。

自分の感情第一優先、何でも都合良く解釈しちゃう先輩に気に入られて、保健室でグリグリされてガバッと拉致されて、グイグイ引き摺られる小春くんが不憫で可愛い。具合悪くて寝てただけなのにね…題名の『何かいいの』の通り人間扱いされてないのに人のいい小春くんは先輩の立場を考えて運動会で公開告白までしてしまって…可愛い…小春。レイプ始まりだけど小春も気持ち良さそうだから良いですよね。サラッと読みやすくて再読、再読としちゃってます。

0

追いかけっこ

まさに全編通して追いかけっこな話。
小春ちゃん、ツンツンしてそうな眼鏡くんなのに先輩を全く拒みきれてない優しい青年でもう、もう…愛しいです。
レイプから始まる関係ですが先輩が終始軽くて掴みどころがない宇宙人。マイペース。翻弄されっぱなしの攻防戦がとにかく楽しいです。
体の関係から始まるから余計に両想いになる過程にギュンッとさせられました。
えろくて素直で可愛い小春、これからも雲みたいにふわふわした先輩にどしどし攻められて欲しいです。

0

うーん、内容が…。

ひなこさんの作品を読むのは初めてです。
ランキング上位だったので、
何となく「読んでみるかー」って感じでした。

最初のシーン…、
だれがどう見ても、これは強姦ですよね…!?

一目惚れにしたって、いきなりさらって
Hは酷すぎます><
小春が可哀想…。

何かにつけて、理由がうすーい感じで
H、H、H…。

先輩は一体何を考えてるんだー!

最後の告白のシーンも「うーん」と
白けた感じでした。

もっと心が近づくようなシーンを書いて欲しかったなー
というのが希望です。

1

下半身直結型

ひなこさんは他の作品で名前を知って、
この本が店頭に並んでいたのを見つけて買ってみました。
個人的にはこの話が一番すきです。

ゆるゆるで留年しそうな攻めと
転校してきたばかりの苦労性の受けの話です。
保健室で寝てた受けを見て、何故か連れ去る攻め。
そして、なしくずしに行為に及ぶ。
どういうことなの!?と素直に思いましたw

話はすごい明るくて、ほのぼのと進んでいくんですが
攻めのやってることは結構強引で勝手なことです。
しかし、なぜか許せるのは攻めのゆるゆるな態度のおかげ
なんでしょうかw

体育祭で借り物競争の時に
マイクの前で受けに告白させるシーンが印象的です。

最期の話で出てくる犬がすごくかわいいです。
攻めに懐いていたのに、投げかけた言葉によって
飼い主のところに走っていく場面は面白かったですw
ああ、この人本当に変態だなあ・・・と再認識しました。

0

急展開ストーリーにエロ増し増し

初めて会った日にそのまま流されてエッチされてしまうというご都合展開。
はじめは流れで何度もエロい展開になるが、いつしか好きになって
という受けの小春目線で進むため、攻めの大杉の内心がいまいち掴めない。
後半、恋心を自覚した小春の反応から、大杉の対応に変化がはじまる。
ここの変化で多少違和感を感じてしまいました……
当初レイプじゃない、そんなつもりじゃないと言いつつ
後半では無理やりと認めているので、大杉の性格が何も考えていないアホ性格と
思いきや、ちゃんと本当は小春の気持ちなどを理解していた上なのか
よく分からないな??と感じました。

ですが、そういう細かい部分をまぁいいかと思わせるほど
小春のトロ顔がかわいくて、快楽に溺れていく様が良かったです。
エロもなかなか濃かったので、なんにも考えずエロくてかわいいのが
読みたい気分の時には良いかなと思いました。

1

軽くてほんわか

丸ごと一冊がひとつのストーリー入りでした。

初めて読んだ作家さんでしたが、絵も観やすいし
お話もキレイにまとまっていた感じです^^

シリアスな部分というのは無かった内容ですが
笑えるところやちょっとばかりキュンとできるところがあって
軽~い感じでサクッと読めました。
ケラケラ笑えて軽い割にえっち度も適度に有りで
バランス良い印象かな^^

攻めの大杉くんは、とにかく我が道をゆく・・・な感じですね。
ソコに振り回されている受けの小春くん。
小春くんはヒドイ事されたから対抗しているハズなのに
自分から謝ってしまったりして、もーとってもイイ子。
大杉くんがゾッコンに惚れ込むのも解りますw

読みやすくて、読後にはニコニコしてしまう作品でした~♪

0

エロくて笑えて、キュンとする

転校生の小春と、ヤンデレの先輩大杉。
今までごく普通に高校生活を送っていた小春が転校先で
なんとも、つかみどころのない先輩大杉に出会ったことで
高校生活が一転しまいながらも、大杉の良さに気付いてしまう。
一見流されているように見えて、実は心の一番奥の方では最初から大杉を受け入れていて
だけど、やっぱり出会い方とか、男同士だとか
考えると、普通ではないような気がしてしまって迷いを隠せない小春。

嫌だと思いながらも、本当は求めている・・・
真面目に頭で考えていることと、心で感じることと、体で感じること
いろんなことが、ぐるぐるなって一時は自分でもわからなくなってしまうけど
素直な気持ちで大杉に向かい合った時、「好き」という簡単な答えがそこにあって・・

内容はすごくいいのですが、なんだかコミカルでばたばたしてて
真剣に考えるところも、なぜか笑いに変わってしまい
ほろりと来ながらも、くすっと笑える。
そんなストーリーでした。
小春と大杉の数々の、かみ合わない会話の中で
「マ●コがないのでできません!」「ア●ルがあるじゃん」の件には笑いました。
結局、思続きいきり感じまくってしまうんですけどね・・


勘違いされやすい、ちょっと軽いノリの大杉ですが
実は、すごくマメで良い人。
エロいことたくさんするけど、なぜがそこに小春に対する愛を感じて
どうしても嫌なヤツには思えない。
しかし、この二人学校の踊り場とか、外とか、保健室とか・・・
なんで人に見られそうな場所でばかりでHするのかなぁ・・・
そして、あんなに真面目でHなことなんて何も知らないような顔してる小春が
大杉なしではいられないほどHな体になってしまったのは
大杉さん、あなたの責任です。

お互いの気持ちがわかり、ただHするだけではなく、そこに愛があると
優しさやぬくもりを感じて、いつもより感じてしまう小春ですが
どんなにイイ雰囲気のシーンでも、熱く燃え上がるシーンでも
最後に必ずオチがある・・・それがこのお話。
受けの小春がこの先ずっと童貞なのかとため息をつくと
へんな人形持ってこようとする大杉のその考え方が
笑えてエロくて、ときどきキュンな、このお話そのもののような気がしました。

0

ほのぼのしててかわいい♡

ひなこ先生の作品を読むのは2度目
割と好きな作家さんなのでワクワクしながら読みました!
いやぁー癒されますねぇ笑

保健室で具合悪くて寝てる生徒を襲うか普通っていうツッコミから始まりw
なんだかんだで先輩の大杉に流されて、いろいろやっちゃう小春
もう小春って名前からして可愛いですよね笑

あるとき、いつまでたっても大杉が自分のところに来なくてさみしいと感じ、小春の中で大杉の存在が大きくなっていると自覚し…

それでもまだ恋だと気づかない小春笑
可愛いなぁ!!

くっつくシーンは感動しました!小春よく言った、可愛いぞとなりました!!

そして最後に二人でデートに行くんですが、大杉先輩安定のエロっぷりwww
初デートでいきなり外でヤるか普通w
なんだかんだでラブラブイチャイチャカップルでした

ぜひぜひ読んでみてください♪

2

なんか癒される

あほな先輩(大杉)と真面目な後輩(小春)。

本能のままに小春を攫い、流されるままエッチに突入。
だけど凄いチャラそうに見えて結構一途?
頭の中がいつもお花畑みたいな先輩だから、
つかみどころが無くてグルグル悩んだり
何だかんだと文句を言いつつ大杉の事が気になっていく小春。

気が付けばいつも流されてエッチしてるような気もするけれど
拒みきれてない小春もいるし
なんだかんだでお似合いのカップルなんじゃないかな?

ほのぼのとしたラブコメディって感じで私は好きだな。


1

初漫画家さん

今回初めてひなこさんの作品を買ったんですけれど、
なんと言うか受けに萌えでしたね。
受けキャラが可愛い、真面目だけどちょっと天然といいますか、抜けてる間が可愛い!!
攻めキャラの先輩も良かったよ。
最後のオマケみたいなの二人のデート?の話は内容が無理あり過ぎてちょっとだったかな

1

内容は薄いけど体格差に萌え

ポップな表紙にジャケ買いしてしまいましたが、うーんなんだかなぁと。受け小春が簡単にほだされ過ぎです。

出会って早々小春が攻め大杉先輩に襲われるんですが、バレると卒業できなくなるからって言われて受け入れるって、優しすぎると言うかもっとしっかり自分の身ぐらい守れよとツッコミたくなりました。男向けエロマンガじゃないんだから、そんな簡単にやらすか〜?っていう展開です。
大杉先輩はかっこいいはかっこいいんですがキャラがゆるゆると言うかぼんやりしていて、こんな人がホントにいたらかなり怖い人です。アホだからって許される域を越えてます。
えっち回数を重ねるごとに小春は大杉先輩に惹かれていって、最終的には結ばれてしまうんですが、ストーリーは全体的に内容が薄いです。

でもただ一つ萌えた点は、二人の体格差でした。
いくつかあるえっちシーンの中で、体育祭の道具小屋みたいなところの裏のシーンはとくに体格差がいい感じに描かれていて、巨人の大杉先輩が小春の体をひょいひょいもてあそぶところは萌えました。
良いところもあったので評価は中立です。

2

エロエロ

ひなこさんの作品は「知ってるよ。」を読んで知っていたのですが、今回の「何かいいことみつけた?」はあらすじを読んで気になって購入しました。買ってちょっと読まないで置いていたので、買わないほうがよかったのかなって思って、でもちょっと読んでみるかと思ったのですが、すごくほのぼの?と感じがしたので、よかった。
受けの小春は攻めの大杉善治に流されてる?って思ったけれど・・・
でも最後には小春も大杉善治を好きになってラブラブでハッピーエンドになっちゃってます

1

流されすぎやろ‼︎w

転校初日に先輩に襲われ、
その後もフワフワした先輩に流される。
もともとは同人誌からのお話ということで
エッチ早くない??
と話の流れや気持ちの変化などを
重視する私としては、合わない作品なのですが
面白かったです(^^)

ひなこさんが好きなので多少贔屓めで見てますが
それでも楽しく読めました( ´ ▽ ` )ノ

絵がお上手なので、エッチシーンもよかったです。照

先輩がひょうひょうとしすぎてたので
チョットそこがうーん…って思ってしまったが
その後のやり直しをするところとか
ちゃんとした一面が見れてよかったです。

さらっと読める1冊なので
楽しみたい方にオススメです(^^)

1

バター犬の世代か!!


タイトル通りです。
ひなこさんの3作目はラブコメ★テイストでした。(…ラブコメだよ…ね…?)
前々作、前作からの流れを思い返すと作家さんの振り幅が半端ないことを再確認(笑)

転校初日に気疲れから胃痛を起こし保健室で寝ていたところを得体の知れない上級生:大杉にさらわれた転入生:小春。
そのまま処女をいただかれてしまうところから関係が始まる、まさに『何かいいの見つけた!(by大杉・心の呟き)』というタイトル通りの話です。

この大杉が奔放といえば聞こえはいい、真面目なんだか不真面目なんだかよくわからないタイプ。
寝ている間に連れ去られ身の危険を察知し回避しようとする小春の攻防戦に吹いたww
『マ●コがないのでできません!(キリッ)』
『ア●ルあるじゃん(キョトン)』

結局、テクニシャンの大杉に上の口も下の口も美味しくいただかれてしまったんですが強姦なのに悲愴感がない(笑)
『転校初日に体調崩して…拉致られてぇ
…』と、えぐえぐ泣く小春の背景はうさぎさんのトーンでした ̄(=∵=) ̄

その後もことあるごとくマイペースな大杉に構われ弄られ振り回される小春続き
断りきれない、お人好し属性の理性と快楽を覚えていく体のギャップのジタバタっぷりが楽しいです。

最初は興味本位だった大杉が本気になっていく過程がちゃんと描かれているのも良かったです。
大杉が机の上に置いていった桜の花を『花に罪はない』と捨てずに胸ポケットに入れた時も体育祭の借り物競争の際、全校生徒の前で大杉に告白する破目になった時も、小春にしたら空気を読んでのことでも大杉にしたら拒まれていない→小春大好き!!に繋がるんですよね。

このふたつのエピは好きだなぁ。
胸ポケの桜を見た時の大杉の表情、体育祭で大杉に恥をかかせてしまえ、とかかせまいと
する小春の葛藤とか。
好きじゃないのに嫌いになれない…ってあり得ないほどの人の善さ(笑)

そんな毎日を重ねたある日、いつもいるハズの大杉が来ないことに小春は心細さを感じます。
大杉のペースに強引に巻き込まれただけと思い込もうとしていたのに、いつの間にか自分ひとりの時も大杉のことばかり考えている自分に気づきます。
このへんのグルグル感も王道ラブコメですね。

そして、ついに小春が観念して自分の本心を認めると大杉は出逢いから仕切り直そうと提案し、強姦まがいだったスタートをラブい感じに上書きします。
鼓動の速さだけでは曖昧だと主張する小春(可愛い)に大杉もちゃんと好きだと言って恋人同士に。
小春から好きだと言われた時の大杉の満ちたりた顔が優しげで嬉しくなりました!
描き下ろしの初デートもほのぼのして可愛かったのにバター犬で爆笑!!
ひなこさん、同世代か!?

チンコのぼかしもほどよく、いろんな角度でのフェラ場面が多彩(笑)
シチュエーション、アングルともにバラエティに富んでいてエロいです!
もとは同人誌とのことで5話で形成されてますが全部の話でヤッています。
そそる絵柄なんですよねぇ、この作家さん。

カバー下も含めチビ絵がまた可愛い!!
最近の表紙はポップなカラーが流行りなのかな…ペールブルーやピンクをよく見かけます。

ーーーーー

大杉の性格、小春の流されっぷり、強姦からの始まり…気にしたらキリがないほどのツッコミどころです。
中途半端な話の作りだと読み進められなかったと思いますが、ここまで突き抜けてくれると私は笑いながら楽しく読めました。
でも、好き嫌いはわかれる作品だな、とは思います。


6

明るくハイテンション・・・でもSAN値は低空飛行

 作品紹介ではラブエロコメディとなっていましたが・・・

 ホラーだよ!これコメディの後ろにホラーがつくやつだよ!!
 サイコホラーの下地に大量のコメディをぶっこんで塗装したような作風でした。下地のホラーが若干透けてます。

もっと具体的に例えるとハッピーでコミカルな・・・「ミザリー」?

 ハイテンションではある。デフォルメした可愛い絵や、喜劇的なパートも沢山ある。
でもそれら全ての土台となってるのは、病的にオカシイ先輩という存在。
相手にしてると神経に障る狂気タイプです。

 それでも悲壮感が漂わないのは主人公の転校生・小春が忙しなくジタバタしてるから。
可哀相なんだけど要領が悪すぎる。もどかし過ぎて読んでるこっちがどうでもよくなってきます。
(私見ですが、他著者作品である「純愛えろ期」の充、「かわいい悪魔」の秋吉に通じる個性を感じます)

 視点は主人公の室襠(むろまち)小春で固定。
 私は常に先輩の大杉は病的にオカシイ人だと意識しながら、SAN値を下げて読み進めました。
おかげでストーリーの着地点が見えるまで、致命的な違和感は無かったかもしれま続きせん。
 いや、正確にはstep.4でスゴイ急旋回で軌道修正かけてきたなとは思いました。
小春の気持ちの変化が、先輩の奇行に対する印象をオブラートに包んでしまうような流れに入りだしたので。
話をハッピーに収束させる為には必要な措置だったのでしょうが・・・脳内でSAN値の調整に追われました。

 作者のあとがきには「あほあほ」とありましたが、アホはアホでもエグいアホでしょう。
コメディにしては不気味すぎ、ホラーというにはコミカルすぎる。
ホラー脳の私にはサイココメディと呼べばストンと腑におちて、笑いとして楽しめる作品でした。

4

短髪受け

ひなこさんが描かれる短髪の男の子いいですよね(*´∀`*)
それも受けですwww
ちょい髪長め受け様に目を向けがちですが、この作品の受け様は
短髪眼鏡で平和を求める地味目ちゃん
それに対して攻め様はアホちゃんですwww

勢いがあってあれよあれよと流されて、しちゃってるパターンですが
私的には楽しめました(*´∀`*)

可愛い感じのドタバタ作品が好きな方!楽しめると思いますw

それに体格差がまた私の萌えをくすぐってくれるので楽しめました

1

ヤンデレ?

表紙が自分好みでつい手を伸ばしてしまうひなこさんの作品ですが、毎度何かハマりきれません。
アホエロコメディって好みの設定なんですけど…

攻は受けに対して結構外道なことをしているにも関わらず悪びれないでドンドン進めていくし、
受はもっと嫌がればいいのに自分の身に危機が迫っている場面でも理性的だし、
アホエロというよりも「この攻病んでるの?」と疑問に思えてしまう始末。
始終エロで残念ながらまったく愛を感じることが出来ませんでした…
普通の無理やり系の話ならやっと愛が芽生えて喜ぶところですが、
楽しいおもちゃでも見つけた感覚なんじゃないの?と受の身が心配になってしまいました。
受もただただ流されやすいし。
なんだろう…萌ない。

4

ドタバタエロコメ

ほのぼの純情路線だった1作目の「知ってるよ。」
ダーク&タブー路線に転じた2作目、「イノセントラブ」
そして今回、エロエロハイテンションコメディへの跳躍。
脳内色えんぴつ何色あるんですかひなこさん!と突っ込みたくなりました。

 正直に申しますと、前作、前々作共に特別萌えたわけでもなく、今回の作品は冒頭から苦手展開でした。ですが、毎回独特のカラーに惹きつけられます。
 よくある話のような気がするのに先が読めなくて、新鮮な台詞がポツリポツリとつぶやかれていて、何だか目が離せません。いつの間にかわくわくしています。

 転校初日に1学年上の先輩にレイプされた主人公・室襠小春。そのお相手はゲイでセックス中毒と噂の大杉先輩(ダブり予定の3年生)。
 受け攻め双方の魅力を知らされる前にHされるとそこで萌えストップ。ついていけなくなってしまうのですが、楽しそうに進んでいくエロエロ展開に思わず心ウキウキ。1話目のエピソードは脳内削除してついていくことにしました。楽しかったです!

 階段踊り場で、資料室で、教室で、体育祭の日には屋外で、校内のいたるところでHしまくりの2人。毎回続き抵抗しながらも優しさが滲み出てしまう受けの反応が可愛いです。つけこまれてもしょうがないです。先輩だっていつの間にか本気にもなります。

 ドタバタながら時折真面目さも垣間見えて、息切れしないエロコメでした。さんざん体を重ねた後に「仕切り直しさせて」と言う先輩。初日の少々強引だったHに対して、傷つけるつもりはなかったけど本能が君を選んだのだともっともらしい言い訳をする先輩…胡散臭いです(涙)。

 個人的神要素である「男×男ならではであるか」が感じられなかったので☆ひとつ消し、エロは堪能しましたがラブが物足りなかったので☆ひとつ消し、主人公にモンキーヘアーが似合っていなかったので☆ひとつ消し、見た目で判断するのは良くないと思いなおして☆ひとつ復活させた「萌」です。

4

このチャーミングな作家さんを好きになりました!

ズバリ、私は個人的に「ひなこ」さんの中で、今まで読んだどれよりも、今作が一番好きになりました。というのも今作は今までの中で一番、キャラクターの完成度が高いように感じたのです。また、変な言い方をしてしまえば、作家さんのテンポが良くて、作品に入っていきやすかったのです。


ーーーー簡単な内容紹介ですが、ちょっとネタバレもあるかも?!ご注意を!ーーーー

今回も、「変わり者」が登場してきます。攻の、大杉善治は、学校では変わり者(バイセクシャルで「軽い」)でダブっていることでも有名な人物。そんな彼が、サボるために保健室に来たら、まさに「何かいいの見つけた」と、思わず拉致をしてしまったのが、根が真面目で優しい転入生、室襠小春だった。ちょっとした思いつきで連れてきたら、思っていたよりも可愛い。そうなれば、本気で嫌がれるまで、触れてみよう、と、そう思ったに違いない。善治は、大胆に攻めていく。一方小春は、襲われている状況にも関わらず、「先輩に逆らってはまずいのでは」等と色々なことを頭の中で巡らせている内に、もはや引き返すことができないところまできてしまう。しかし、元々適応力があるせいだろう続きか、本能的なものだろうか、与えられる快感には素直な反応をみせ、嫌だと思いながらも、思わず彼を受け入れてしまう。それから善治にしつこく付き纏われるようになるが、気のいい小春は邪険にできず、次第に気になる存在へと発展していき・・・

なんというか、基本的に、本気で抵抗すればできたけれど、で、抵抗したら善治はきっと引いていたと思うけれど、小春がなんだかんだで抵抗しなかったのは、善治から「怖いオーラ」を感じなかったから、と、ま、運命の相手に対する本能的なもの(笑)があったからなんじゃないかな・・・なんて、思ってしまいます。善治は、意外に常識家的な匂いのする男なのです。彼はきっと将来大物になると思います!(勝手に断言)笑

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

という、ザ・BL!とてもシンプルなストーリーです。拉致されているのに、襲われているのに、なぜかコミカルで明るい、そのテンポが、最後までずっと続くのです。普通ならば、(準備なしで挿入だけでもあり得ないのに)、そんな始まり方、あり得ないと仰る方もいるでしょうが、だからこそ「コメディ」なのでしょう。この作家さんの手にかかってしまえば、非常に爽やかで、可愛らしいラブストーリーと早変わりしてしまいます。

この作家さんの絵は、元々そこまで個性的とは言えません。けれども、とても丁寧で、どこか甘い香りのするキャラクターを描く特徴があると思います。一方で今までの作品は、攻が、腹黒かったり、受が純粋過ぎたりと、少し極端だったのと、受のキャラクターの恋心への感情変化が少しベールに包まれているようなところがありました。また、読み終わった後、少し何か物足りなかったような、1冊に納まりきれていないような感じがありました。

今回の作品は、受の感情がコミカルタッチでありながらも、非常に表現、表情豊かに表現されていて、主人公、小春と一緒になって攻のマイペースさに翻弄されるような、読者も楽しい気持ちになれる作品になっています。作家さんの、ラブシーンに対するこだわりも見えて、ーーー例えば体育着を着たまま、膝下を抱き上げられて触れられてしまうシーンなどーーー今までに無い、オリジナリティのあるラブシーンに、ドキドキさせられて、あれから何度も読み返してします(基本的に私は、開発型の受が凄く好きなので、今作品は基本点が高いのかもしれません)笑


つまり、甘い香りのする絵に、コミカルでテンポの良いストーリーを乗っけたら、ビスケットの上に甘くて美味しいふわふわのレモンムースがのせてある、白くて可愛いケーキのような、今回のような作品に仕上がったのではないかと思うのです。エロエロなのに、甘酸っぱくて、そしてエロエロなのに、読み応えのある、本当にいい作品が描ける作家さんだということを知り、これからは作家さん買いをすることに決めました。

またこういう、読みながら、気持ちがぱーっと明るくなって、きゅーんとなるような作品も楽しみにしています!

8

なんか違うかも

転入初日に胃痛で、保健室行きになった小春。
ベッドで眠っていた彼には、魔の手が忍び寄っていました。(偶然ですが)
本能のままに生きる、善治です。 
ああ言えばこう言うで、とっても…な言葉を●つきで発言する二人。
さっそく濡れ場も始まって…
善治は、ストーカーです。いや、もっと悪質かも。
もう色々と訴えられても仕方ないことしまくりで。
たっぷりと、人が通りかかってもおかしくないところで、調教される小春。
エロエロ路線ですが、なんか萌えなかったです。私の求めているアホな展開とは違う。
特に先輩は、設定以上に、ちょっと軽すぎたかも。
そんなことを思っていると、
お話上、小春は、善治を意識しますが、
なんかこれでいいのかと疑問な所も浮き出てしまい。
ストーリー重視の方は…かもしれません。中立で。

9

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ