きのこの谷の、その向こう

kinoko no tani no sonomukou

きのこの谷の、その向こう
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×228
  • 萌12
  • 中立2
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
7
得点
170
評価数
49件
平均
3.6 / 5
神率
8.2%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
二見書房
シリーズ
シャレード文庫(小説・二見書房)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784576150369

あらすじ

山で遭難した真佐人は、クマのような身なりの高坂に助けられた。だが、真佐人がひた隠しにしてきた恥ずかしい秘密を知られて……。

表題作きのこの谷の、その向こう

高坂康行,34歳,謎の山守
内野真佐人,25歳 ピアニスト

評価・レビューする

レビュー投稿数7

ネコになのに…。童貞なのに…。

コミカルでテンポ良く面白かったです♪

(小説に詳しくないですが)
挿絵が多く感じました。
小山田あみさんの描くイケメンイラストで
エッチぃの・コミカル・ほのぼの絵と目が癒される〜!(∩´///`∩)
攻めが「クマ男」と揶揄される大きさなので、デッカい体で厚い胸板が素敵///
受けはピアノ弾いてる時の顔から楽しさが伝わって連られてニコニコ(﹡´◡`﹡ )
口絵カラーは本編の雰囲気と違って淫靡さが…///

タイトルも内容もコミカルなのですが設定はぶっ飛んでて。
受けの股間の秘密は初めてお目にかかりますww

世間知らずのおぼっちゃまのお遊びがあまりにアホで最初ツッコミたくなったのですが、受けが無垢で無自覚なあざと可愛い系で、読んでる方も途中からほだされちゃいましたwアホだけど一途で可愛いから許す!ヾ(*´∀`*)ノ
攻めにコロリと落ちたら、尻尾振って好き好き♡ってなって、ワンコ受けがとっても可愛いです。
世間知らずのお坊ちゃん特有の素直さとスレてなさがなんだか憎めない。

攻めの落ちっぷりは早かったですねー。
でも元々バイなのと、刺激のない山の中の暮続きらしで刺激的な出会いと目の前にあるご馳走(受け)に気持ちが持っていかれたーという理由がハッキリしてたので個人的にはそんなに違和感を感じませんでした。お付き合い後の献身的な愛情は意外に思いましたが、甘々スキーには堪らんです(∩´///`∩)

タイトルからエロは期待してなかったのですが、
思った以上にエロシーンが多く描写にページを割いてシッカリあったのが嬉しい誤算でした♪
攻めは経験豊富っぽく余裕がありそうなのに、受けより先に…って暴発が美味しいw
手管がありそうなおっさん攻めが童貞にイカされるというギャップ萌え。
受けは童貞なのに無自覚あざと系で無意識に煽るのがエロ可愛かったです♪

メインカップルはひたすら甘くて甘くて砂糖吐きそうな甘々っぷりなのですが、
気になるのはいつの間にか発生した脇カップル。
キャンキャンうるさく吠えるツンデレ受けがあまり好みでないものの、攻めの手にかかればトローンとなるギャップや、攻め受けツンツン同士の言葉のやりとりが面白かったので、メインたちがイチャイチャしてる間に何をしてたのか気になります。

コレって続刊のフラグですよね??
是非是非スピンお願いします゚+.((o>д人))゚+.

0

この兄弟に学習能力はないのか

受けは罰ゲームで山に入り、遭難して攻めに助けれれる。 ちょっと世間知らずの坊ちゃんです。 それに少しイラつきつつも素直な性格なので親しみが持てます。 助けられたはいいが彼には凄い秘密が! まったく金持ちは何考えてるか解らないですが、なんと童貞なのにチンコに真珠? 義弟との罰ゲームで入れられたらしいのですが、なんで抵抗しなかったんだろうか逆に不思議に思ってしまいます。 それはさておき、それを攻めに知られあれよあれよとなる訳です。 そして恋に落ちというパターンですが、義弟という存在を忘れてはいけません。 なんとなく先が読めますが、思った通りのブラコンでした。 彼は彼で攻めの友人においしくいただかれちゃってます。 この兄弟家の庭環境的に愛に飢えてるのがみえみえなので、相手がこれくらい大人な攻めでちょうどいいのかも。 キャンキャン吠えても可愛いだけだし。 コミカルなお話でした。

1

キノコを買う時思いだしそう

初読みの作家さまでしたが小山田さんの挿絵に惹かれて購入。表紙をめくってすぐのカラーの扉絵がエッロいのでリアル書店で購入される腐姐さま方、カバーかけてもらうのでしたらご注意くださいwww

親の再婚で兄弟になった、血のつながらない兄弟の真佐人と昭良。どちらの親も有名な音楽家ということで、ネグレクトこそされてはいなかったものの親からの愛情という点で飢えていた二人は互いに唯一無二の存在。そんな二人は色々な罰ゲームをかけてゲームを楽しんでいるのですが。

いやもうね、その罰ゲームがまたいろいろぶっ飛びな内容で。あらすじの「真佐人の恥ずかしい下半身の秘密」ってパ〇パンとかかなあと思っていたのですが、あらあら、それはまた…、な秘密で爆笑してしまいました。

もちろんその罰ゲームを企画する昭良にはそれなりの意図があるわけで、その意図も読んでるうちに早々に分かっちゃうのですが、なにしろ真佐人は天然ちゃんを通り越してアホな子なので真佐人には伝わらないという…。

出会ってすぐの正体も分からない男に惚れちゃうとかすぐに身体を重ねてしまうとか、ちょっと「んん?」と思う点も多く、また、真佐人の続きアホの子ぶりには何とも言えない気持ちにはなるのですが、全体的に甘い空気が流れ、またエロもかなりエロかったりするのでサクッと楽しんで読める一冊でした。特に最後のエチシーンは良かった…!真佐人と昭良のネコちゃんが可愛かった。その二人、もう少し絡んでも良いよ~~。とちょい変態な感想を持ちました。
あと忘れちゃいけない「きのこ」。もうきのこいっぱいのお話でした。きのこ買う時に絶対この作品思い出しちゃうと思いますv

鶴来さん×昭良のCPもかなり気になります。甘々な高坂×真佐人のCPに、ドS(らしい)鶴来さんに、ツンデレの昭良。スピンオフ出してほしいなとか思いつつ。

あと今回も小山田さんの挿絵が美しかった!最近さらに美しさに磨きがかかっていて、シリアスな内容でも、コミカルな内容でも、どちらも描ける小山田さんに脱帽です。


7

チ●コの秘密を知りたくない人は読まないで(^^;)

とにかくチ●コの秘密が知りたくて購入。
私が想像してた秘密とは全く違って楽しめました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

童貞のくせにチ●コに真珠!!!
何故そんな体になったかというと「罰ゲーム」
若気の至りとはまさにこれ…。

そしてこのお話の始まりも罰ゲームから。
山に入って松茸を取って来ること。
だけど山で遭難し助けてくれたのが今回の攻。
そこで自分の秘密がバレて流されまくりの初エッチ。
その日が初対面で、次の日初エッチで、もう両想い?!
と数日での急展開ですが、そんなことは気にならないくらい面白いです。

そして罰ゲームとくればその相手がいるわけでして、
なんとそれは義理の弟。
全ては恋愛込の超ブラコンから始まったようで
真珠という罰ゲームをしたのもすべては兄を自分のものにするため。
確かにその真珠が恥ずかしくて誰とも関係を持てない兄でしたが
今回のような攻もいて掻っ攫われてしまった訳です。

でもこの弟、兄に事が好きだといいつつ下が緩すぎ?
兄が数日で恋に落ちてる間、弟の方も攻の友人と…。
兄を取られてキャンキャン続き吠えるわりには体は別物。
だけどすでにこの弟の方も恋に落ちてるよね。
素直な兄も可愛いと思いましたが、この弟の方も結構…。
なにせ相手はかなりのドSとみたっ!!!
これは弟カプでも1冊希望ですよ。




5

楽しかった

ただただ面白く読みました〜。

読んで楽しんでそれで十分な一冊だと思います。エロもよかったし!

0

作家さんの熱意が伝わります

これは楽しい作品でした!もう作者さんが楽しんで書いているだろうことが手に取るようにわかる感じ。

そこそこ有名なピアニスト真佐人は仲の良いバイオリニストの弟の昭良とよく賭けをして負けた方は罰ゲームをする遊びをしていた。
真佐人は罰ゲームで森へ松茸を取りに行かされるが遭難?してしまう。
森のくまさんみたいな男、高坂に助けられた真佐人は体の恥ずかしい秘密をしられてしまい関係を持ってしまうが、急速にふたりは惹かれあう…

昭良の兄への執着はなかなか凄いんですが、それが真佐人の股間の秘密にもつながるんですけど、その弟もいつの間にか真佐人が出会った高坂の同僚のペットになってしまったようでw
こちらは一筋縄ではいかないようですが、手綱を持っていてもらえれば真佐人は高坂とのらぶらぶ生活を維持できそうです。

なんかいろいろこじらせた兄弟ふたりのオモシロ物語でした。

6

キノコづくしのキノコ御前でございます☆

※ネタバレ表記ですが、秘密は厳守しておりますw

”キノコ”という単語に反応してしまうのは自分だけではないだろう(笑)
現在TVでキノコのCMが流れる度に動きが止まってしまうのも自分だけではないだろう。
たしか、アレは前回Kきゅんが出演の折、なにやら危なすぎるということで放送中止になってしまって、今回Gくんで復活したわけだが、やはり何やら意味深に感じてしまうのは…w

さておき、
名倉さんのコメディ路線作品のほうです♪
いつもコメディ路線だと、笑いの役割分担が漫才でいうところのボケ的役割を担い、それが面白おかしく展開させていく傾向があるのかな?と感じていたのですが
今回もそういった傾向でキャラクターが作られ展開されていくと思われました。
おまけに、その属性が(?)童貞&訳あり股間ですから~爆!
期待しちゃうっていうもんですよ。
なので、その訳あり股間は最後まで秘密にしておきます。

あらすじの通りに、主人公が山で遭難しかけた折に助けてくれた熊男に、股間の秘密を見られ、ついつい流れでエッチになだれ込むのですが
これがまた!
主人公、童貞君だったよね?という続きのを忘れるほどに
いや、童貞で今までセックスに縁のない、股間の理由からあきらめてきたからこその開花なのか、その男とのセックスにはまっちゃうんです。
セックスから始まる意識は好きになりやがて愛してるになり
とまあ、主人公の恋愛についてはそんな流れを見せるのですが

それらを盛り上げるのが主人公の家庭環境からくる育ち、
そして血の繋がらない一緒に活動しているバイオリニストの弟の、兄への超執着からくる数々の言動
そういったものがちょっぴり天然をまとった主人公をあたふたさせて、おもろい展開へと導いていくのです。
主人公が山で遭難したのも、兄弟で行ったゲームの罰ゲームが発端であり
この兄弟の罰ゲームが股間の秘密と主人公の性事情につながるわけですから
兄弟関係は注目です。

秘密は秘密のまま伏せますから、ストーリーや様々な部分への言及はここまでにしましょう

キャラが立っている、この一言に尽きます。
弟の方も何やらございまして、こっちも愉快ですよ
ラストクライマックスでは驚愕の2×2なんか登場しちゃいますから
いや~名倉さん、はじけるエロが時々お目にかかれますがまさかよもやのサプライズに一本取られたぜ♪
で、ございます。

ライトですが面白おかしく楽しめた1冊でした。

17

ココナッツ

茶鬼さま

な、な、な、なんとー!
熊に偽りあり!だったのですね∑(゚Д゚)
すっかりあらすじにコロリとされてしまっていました。
教えて下さってありがとうございます。
もじゃではないとは無念(きっと乙女には不必要なのですね…)ですが、脳内で補正して読みたいと思います。ありんこを!
確かにイラストは小山田さんですし、よく考えて買いなさいという感じでしたね(;^_^A

茶鬼

ココナッツさま

お久しぶりです、コメントありがとうございます
熊男に反応されていましたか、、、
実は、実は、この攻めになる男、熊男ではないんです
もじゃもじゃでもないんです。
先にバラしてしまってごめんなさい。
私もてっきりそうかと思っていたら、さほどでもない主人公視点の印象が優先されているようです。
イラストも小山田さんだけにとてもきれいで、もじゃも無精ひげ程度。
どうやらイラストにもっさりもじゃもじゃというのは、暗黙のタブー部分があるようで誠に残念であります。
そんなんいいじゃん!って思うんですけどね(´・ω・`)
「すね毛でありんこ作った」くらいの表記してよ、とか常々思います(笑)

ココナッツ

茶鬼さま

茶鬼さま、こんにちは(*^^*)
わたしもこの作品注文しました。
熊男(もじゃ?)に惹かれまして。
毛むくじゃら表記があるとさらに萌えですが、BLでそれはご法度なのかな?
まだ届きませんので、レビューを拝見して楽しみにしたいと思います。

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ