間の楔 1 帰って来た男

間の楔 1 帰って来た男
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
2件
平均
2.5 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
成美堂出版
シリーズ
クリスタル文庫(小説・成美堂出版)
発売日
価格
¥457(税抜)  ¥494(税込)
ISBN
9784415088235

あらすじ

倫理も禁忌もない本能と欲望の街・ケレスから姿を消していたリキが突然帰って来た。
狂乱と暴走を極めていたかつてのカリスマに対する周囲の好奇をよそに、スラムで怠惰な日日を送る彼が仲間の誘いで出かけた競り市。
その人波の中で遭遇した金髪・イアソンによって運命の輪は回り始めた…。
待望の文庫化。


表題作間の楔 1 帰って来た男

イアソン・ミンク タナグラのブロンディー
リキ スラム出身のペット

評価・レビューする

レビュー投稿数1

今後の展開しだい

 いきなり、扇情的なシーンから始まる物語。
 男がつるされて、中におもちゃをいれられて……。
 どうやら他の女に色目を使った罰を受けているようで、男の名前も、外見的な描写も一切ない。

 そして、シーンが切り替わって、惑星全体の話になる。

 そもそも惑星自体が娯楽のための星で。
 また更に、その惑星の中の一部に倫理も禁忌もない本能と欲望の街と化したスラム街・ケレスという街があって。
 そこは長い歴史の理由から、他の場所とは区別されていて、ケレスの住民が他の場所に行くのにはものすごく難しい。
 そして、そのケレスではグループ同士の抗争が常にあって、今はどのグループも烏合の衆状態で、すべてをまとめあげるような『カリスマ』が存在しない。
 ところが、かつてそのケレスで『カリスマ』として存在し、ケレスを纏め上げ、その後、グループを突然、解散していた男・リキがふらりと帰ってくる。
 ただ、帰ってきさえしたものの、再度グループを活発に動かすでもなく、メンバーと同じように、ただ日々を浪費していた。
 そんなある日、競り市で遭遇した金髪・イアソンによって、運命の輪は回り始める続き

 という感じの話でした。
 最初も最初、なので。
 最初、あんなにあえがされていたのは誰なのか、どういう状況の、どういうシーンだったのか、まったくわからなくて、かなりヤキモキさせられます。
 今後の展開が分かれば、十分に楽しめるのだと思いますが、今のところは謎のままでした。

 なのでこの点数からのスタート。
 今後の話し次第では、変わってくると思います。
「面白くない」わけではないですが、1巻から面白い! というのを期待している人には向かないと思います。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ