曰く、恋の相手は闇属性

iwaku koi no aite wa yamizokusei

曰く、恋の相手は闇属性
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神6
  • 萌×210
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
70
評価数
16件
平均
4.4 / 5
神率
37.5%
著者
 
媒体
コミック
出版社
ホーム社
シリーズ
EYE'S COMICS BLink(アイズコミックスブリンク・ホーム社)
発売日
価格
¥750(税抜)  ¥810(税込)
ISBN
9784834262681

あらすじ

昔住んでいた田舎に引越してきた百目鬼聖は、編入先の高校で、儚げな美少年の田中はじめに一目惚れをしてしまう。
このつまらない日々を変えてくれるのは彼しかいないと確信した聖は、これからは恋に生きる!と固く誓う。
しかし旧友が言うには、はじめはかなりヤバいタイプの中二病の持ち主らしい。
その後聖は、中二病をほとんど理解出来ないまま、はじめに近づこうと試みるが……!?

表題作曰く、恋の相手は闇属性

百目鬼聖,高校生,元ヤンのおバカな転入生
田中はじめ,攻が一目惚れした中二病のクラスメイト

その他の収録作品

  • 第1話 少年、恋と中二病を同時併発
  • 第2話 豆と疑惑の夜舞台
  • 第3話 "キミ"という熱に侵されて血に飢えた獣は今宵もさまよう
  • 第4話 確かに聞こえたんだ――…狂いだした歯車の悲鳴が
  • 最終話 夜は明け、救済の鼓動が鳴り響く街より
  • 西園寺先生曰く。(描き下ろし)
  • カバー下:漫画・あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数5

西園寺は有名チームのメンバーだったハズなんだが…?

過去作の「俺、セクハラされています」と「世界は愛で満ちている」はあまりレビューの書き込み評価されていないようですが、私は面白かったので勿論こちらも期待して読ませて頂きました!

しかし、中二病っつーのが…痛すぎて…。
その手のラノベアニメも苦手だし、完読出来るかなぁ…と不安を持ちつつも開いてみる。

聖(攻め)はケンカばかりしていたが、はじめ(受け)に一目惚れをしたことを切っ掛けに恋に生きるようになる。

転校前の友達の西園寺にはじめは「中二病」だと聞かされるが、案の定中二病の意味が分からず。
この時の説明がwikiのままだったwww
折角だから伊集院光さん発って事も言って欲しかったなぁw

中二病発言は見てて痛いし、疲れる…。
なので、ヤンキー(?)だけど常識人・西園寺の存在がとんでもなく有り難かった!!
聖とはじめのやり取りを「俺にはクソみたいな茶番にしか見えなかった」発言で全て救ってくれた(泣)
この人が居ればちょいちょい突っ込んでくれるから完読出来そう。

はじめから組織のアジト探しに誘われるが街の中をうろうろ…彼の頭の中ではドラ◯エ状態なんです続きかね?
まぁ、まだ国会議◯堂やヤ◯ザの組、果てはN◯SA辺りに乗り込まなかっただけ良かったかな?

はじめに恋愛対象として見てもらえるように、自分を吸血鬼設定にしてキスを狙います。
色々ありますが、結果オーライ☆
で、引き続き西園寺先生に報告→次は「ラッキースケベって奴になりたい」……なんだと!?w

さすが西園寺先生、吸血鬼の特性からシナリオ用意してくれて、それを聞いた聖「合法ラッキースケベ…!!!」www西園寺「言い方」www
素晴らしい会話w
なんか、合法って付くとやっていいものに聞こえるw

はじめも信じて受け入れるが聖がはじめを騙している罪悪感でただの人間だとバラします。
はじめも「完全な闇の住人ではなくなった、ヒトに侵されすぎてしまったんだ。」
あー、うーん?…まだ中二病は残っているけどやっと好きっていう感情が出て来たねー。

その後はじめとスケベが出来ましたがw(スケベの描写なし…orz)、ぽーっとしながら西園寺に「俺 ホントに鬼だったみたい」「……下ネタか…?」の察した返しにウケたwww

本編の方はキスまでですが、描き下ろしで見れます!!
これが素晴らしい過ぎて泣きながら読ませて頂きましたwww
何かもう、西園寺先生ありがとうございます!orzって感じです。
(目が死んでいたけどw)

話の間に西園寺くん①~④の4コマがありますが、これも良かった!
BLじゃなくても、西園寺先生の漫画をマジで出て欲しいと願うほど大好きです!
初めは有名ヤンキーチームのメンバーだったのに、それが全く出て来ずw
聖の恋愛アドバイザー、後に漫画家とそれこそ秘めた力を解放出来たのは西園寺先生だけでしたねw

後半どんどん面白くなってきて、完読は西園寺先生のおかげです(^^)

1

処方箋

その気になればどこからでも恋物語は展開できると
証明している一冊です。
強引?いえいえ、剛腕でしょう。

昨今では人を一段低く視る為の手段として弄される
言葉として扱われがちですが、本来は愛しさ混じりの
自嘲であったであろう『中二病』。
本作ではその本来的な意味合いで用いられている様な
気がします。
…だからこそ読む際には一寸用心が必要なのですが。
中二病を低く視て嗤い飛ばしていると多分作中の
展開には納得できないでしょう。
身に覚えのある方は、きちんと身悶えしながら
読み通す事をお勧めします。

4

わたしのBLがラノベになったとき(笑)⁈

目の付けどころが「それ、アンタ、ラノベだし!」とツッコミ満載の怪作!BLバージョンでやるとこうなるよね という「ラノベ」定規格のツボをちゃんと押さえてあるのが笑いを誘われた。合間に置かれた四コマ漫画の「西園寺くん」もナイス!

2

バカなコたちが可愛くて

初読み作家さんでしたが、設定に惹かれて手に取りました。
表紙でワクワクさせられた通りの、面白くて可愛くてキュンとなる1冊でした。途中何度も笑ってしまって、ギャグとのバランスも良かったです。

主な登場人物は、中二病の持ち主・はじめとはじめに惚れたヤンキー・百目鬼と百目鬼の親友・西園寺の3人です。
はじめの中二病は突き抜けてて気持ちイイし、百目鬼の恋するバカ男っぷりも萌えます。
そして、何と言っても、西園寺が面白くて大好きでした。心の中で呆れながらも的確なアドバイスをしたり、隠れた漫画家の才能がたまりません。おまけに、百目鬼との会話は漫才のようだし。だからか、主役2人のその後よりも、西園寺先生の作品が気になりました。

そんな、イヤなことも吹き飛ぶような、疲れた時に元気がもらえるような、バカなコたちが可愛い1冊でした。

4

中二病に一目惚れ♪

藤峰式さんの前作・前々作を読みましたが、
この作品でグン!!と面白さが増していました ↑↑↑
転入してきた元ヤンキーの攻め(表紙真ん中)が、
重度の中ニ病のクラスメイト(受け・表紙上)に一目惚れをして…
というラブコメが本1冊全部で描かれています。

受けはかなり拗らせちゃっている中二病で、
自分は異世界から来た闇属性の人間だと思いこんでいて、
家に結界を張ったり、前世で戦った謎の組織のアジトを探していたり。

攻めは最初、受けが中ニ病だと聞いて、
「アイツどこか悪いのか!? そんなにヤバイ病気なのか…?」と、
マジメな顔で言うほど無知だったのに、
受けと仲良くなりたい一心で、右腕が疼く闇属性を演じちゃって…!?


受けに合わせて一緒に中二病になってみるけど、
受けの言動がぶっとびすぎてて驚く事がいっぱい!でも一緒で嬉しい!
そんな攻めの様子がとにかく面白かったです (≧∇≦)♪
でも同時に、
攻めが受けの変わった所も否定せずに丸ごと受けとめるところとか、
根底にある 好き の気持ちがとても純粋なところとか、
キュンとなる要素もいっぱい☆☆続き

そして、攻めにちょっと引きつつも冷静にアドバイスをしてくれる、
ヤンキーっぽいノンケ友人の西園寺くんがまたいい味。
一緒に中二病になるって、バカかよ? それでいいのかよ!?と、
呆れ & ツッコミを入れながらも応援してくれる西園寺くんは、
読者の視点と同じで、それがあることでより読みやすく面白いのです。

一話ごとについている副題も凝っていて、楽しかった~

描き下ろしで、西園寺くんの妄想として、
攻めと受けとの挿入までのエッチが描かれているだけで、
(妄想後は、ノンケの西園寺くんは自爆☆)
エロシーンは少なめでしたが、全然物足りなさはなくて、
すごく笑えて、すごく楽しめた1冊でした~オススメです☆☆☆

8

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ