猫背が伸びたら

nekoze ga nobitara

猫背が伸びたら
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神5
  • 萌×28
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
66
評価数
16件
平均
4.1 / 5
神率
31.3%
著者
 
媒体
コミック
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
バーズコミックス ルチルコレクション (コミック・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥660(税抜)  ¥713(税込)
ISBN
9784344838253

あらすじ

ハーフでイケメンなのにネガティブな譲二が出会ったのは自分とは逆の明るい悠。体の関係となったが譲二は社交的な悠に不安になり!?

表題作猫背が伸びたら

新井譲二(洋菓子メーカー社員・ハーフ)
石渡悠(スポーツジムインストラクター)

その他の収録作品

  • おまけの日常(描き下ろし)

評価・レビューする

レビュー投稿数4

人間臭さがいい!

いつでも自分を卑下する譲
『俺なんて』言葉を口に出す度に自分がその言葉に相応しい人間になっていく。
自己分析もしっかりできているのに、どう対応して良いかわからない。
そんな譲が、自分とは真逆な悠に惹かれていく。

下を向き生きてきた結果、譲はとても猫背になっていて
インストラクターとして肉体を
前向きな姿を見ることで精神的にも
悠の存在が、猫背を改善させる。

二人が結ばれる流れがとても自然で、
人と関わるのが怖かった譲が
『怖くない人』と出会ったとき、色々な境界線が見えなくなるのは当然なのかもしれない。

そこから独占欲がうまれ、どんどん人間らしくなる譲の姿が
恋って本当に人を変えるのね
と、納得させられる。
一点、悠の譲に惚れた理由がもう少し欲しかった。

ちょっとしたエピソードの描写がリアルで、
『あるある、そういうこと』
『思うよ、そういうこと』
と、とても身近に感じられます。
過去の傷をしっかり見つめ、
傷を埋める、治す、ではなく乗り越えていく人間模様がとてもとても良かったです。
こんなにも人間臭い話なのに、時にコミカルな場面続きがあり、個人的にとてもはまる作風でした!

1

イケメン同士

物怖じせず明るくて社交的なゲイ石渡悠と、日仏ハーフのイケメンでも卑屈男(ノンケ)の新井譲二。
『俺の好み』と屈託無く近付いてくる石渡にどんどん惹かれていく譲二。
衝動的なカラダの関係から始まる2人だけど、甘い恋の始まりとはなりません。
譲二からすると、勤務先のジムでもゲイバーでもいつでも人に囲まれている人気者の石渡に引け目のようなものを感じて引いてしまうし、石渡からするといつも自分に合わせて本当は俺の事どう思ってるの?って掴めない感を抱いてる。それを相手本人にぶつけられないから余計モヤモヤして…
でも譲二は頑張ります!石渡と出会って人間関係に逃げなくなった譲二です。
2人はデレデレのゲイカップルになってハピエンです。

譲二が自分にない社交性を持つ石渡に惹かれるのは納得。でも石渡が譲二を好きになるのが弱いかも。譲二と出会う前はHへのハードルは低く、誘われて気が合えば…のビッチ的な。だからやっぱり譲二のルックスが好みだったからだけ〜?なんて考えになってしまう。また、石渡の同僚女性が偶然譲二の同級生でいきなり今ビアンとか、背景があまり書き込まれてない点などが星一つ減。でもゲイ続きバーのママザビエルのキャラに星一つ増。プラマイゼロで「萌」です。

2

心にも筋肉を!ww

上司にからかわれ、ゲイバーと知らず二丁目の店に来てしまった譲二は
日本人とフランス人のハーフゆえイケメンです。
バリネコの悠にトイレで襲われかけましたが
その後一緒にカウンターで飲み、お詫びにと奢られ
自分とは違い明るく魅力があった悠が気になって…。

イケメンだから皆いけすかないというわけじゃないんですね…!
学生時代、自分のせいで同級生に嫌な思いをさせてしまった事があり
謙遜どころか自分を卑下するクセがついてしまったなんて気の毒でした。
同性からやっかみや嫉妬を向けられるのも最早日常茶飯事で、
開き直れるような図太い神経の持ち主ではない譲二が
ゲイでも自分をしっかり持っていて人生を楽しんでいるような悠に
徐々に惹かれていく様子がとても自然!!
彼の特別だと感じる事でつい優越感を持ち
悠も同じ気持ちでいるんじゃないかと期待してしまった矢先の
すれ違いというか想い違いというか…!!

悠と譲二の再会シーン、悠の反応が最初意外でしたが
やっぱり職場ですぐ馴れ馴れしい態度出来ませんもんね。
とはいえノンケなのに浮き足立ってしまう譲二がね…可愛かった…。続き

恋って、自分の気持ちだけじゃなく、相手がある事ですから
思い通りに進まないし同じような気持ちじゃないかもしれない不安と焦燥、
人と向き合う怖さを乗り越えて勇気を出せた譲二に拍手です!
そんな譲二を好きになって落ち着けた悠も良かったなぁ…。
描き下ろしで、譲二がノンケだから強引に進まず
ちゃんとペースを合わせるような所も健気でした!!
それを寂しく想うとか…どんだけ好きなんだ!!!恋って素敵!!!

ゲイバーのザビエル……清々しい程ザビエルヘアーで笑ってしまいましたが
譲二を「身体だけじゃなくって気持ちも猫背って感じ」と言い当てたりするところが
さすが宣教師…!(違う)

譲二と聞くと“みちの○一人旅”を思い浮かべてしまい困りましたが
悠は「ジョージ」呼びでしたww

なにはともあれ、やっぱり一度しかない人生ですもん、
好きな人には惜しみない愛情と誠実さで
前向きに生きたいなって思わせてくれるような作品でした!!

筋肉をつけると自分に自信が持てるようになるらしいですけど
あながち嘘でもないんだろうなぁと思ってしまいました。
スポーツクラブのインストラクターって意外な悠の職業でしたが
身体を動かすとやっぱり違うのかなぁ……。
運動した分アルコールを摂取してしまいそうな私には不向きでしょうが…ww

5

恋をして鍛えよう!!

描き下ろしまで読み終えた今は、はぁーもっとムギュッとして!!もっとベタベタして!!この先を見せてくださいお願い!!という感じなのですが。一息ついてみれば...何も考えずに入り込め、萌えあり、クスッと笑いあり、切なさもどかしさあり、そして作品に合った色っぽいHシーンがあり、ラストまで気持ちよく読めた一冊だったと思います。攻め視点のお話。その攻めはハーフですが、ルックス以外には特別それを強調した部分がなかったのも自分は好みでした。タイトルにある「猫背」は彼のことです。受けは、○○受けというのにはっきりとは属さないタイプに感じそこも自然でよかった、カップリングに萌えました。※以下もネタバレ含む

表紙のふたりとも、おそらく20代でしょうか。
年の差があまりない年下攻めだと思って読みましたがわかりません。

新井譲二(右前・攻め):洋菓子メーカーのマーケティング部所属・イケメン(日仏ハーフ)
石渡悠(左後・受け):スポーツジムの人気インストラクター・モテるゲイ

「接待用の店をリサーチしておけ」という上司の冗談にも気づかずに、新宿2丁目のゲイバーを訪れる譲二。そこで、自分とは真続き逆のタイプ、明るく社交的な石渡に出会います。ゲイの石渡は、好みだった譲二がノンケだと知って残念がりますが、後日、石渡の働くスポーツジムで偶然再会することにより、お茶したりまたジムで会ったりという付き合いが始まる。一緒にお酒を飲んだとき、普段心を開けないのに自分を解放できたジョージは、石渡と一緒にいるのが心地よいと感じ……。ここからが良いところですがここまでにしておきます。
 
人と深く関わるのが怖いのは、確かに過去のせいだった。
でもそれが最後には「思い出」という言葉で表現されているのが好きでした。

そういえばジョージは最初に「悠って呼んでよ」と言われたのに、本の最後まで「石渡さん...」と呼んでましたね、かわいいな。いつ呼べるようになるのかしら。それと、背中を押してくれるバーのママ's インパクトがすごいのですが、登場具合が程よく、ホッとできる存在として強烈ながらも好印象でしたよ。ぜひ、会いに行ってみてください(笑)。スポーツジムのシーンも楽しかった!神に近い評価です。

6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ