炎の蜃気楼(7) 覇者の魔鏡(中編)

honoo no mirage series

炎の蜃気楼(7) 覇者の魔鏡(中編)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神2
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
13
評価数
3
平均
4.3 / 5
神率
66.7%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
集英社
シリーズ
コバルト文庫(小説・集英社)
発売日
価格
¥476(税抜)  ¥514(税込)
ISBN
9784086116657

あらすじ

魔鏡に魂を封じられて、北条氏の手におちた高耶。彼の思念波を頼りに箱根へと駆けつけた直江が見たのは、生きるしかばねとなり、変わり果てた高耶の姿だった…。一方、拉致された譲の消息は!?

表題作炎の蜃気楼(7) 覇者の魔鏡(中編)

直江信綱 27歳
高校二年生 仰木高耶

評価・レビューする

レビュー投稿数2

幸福な死か、過酷な生か。

 選択を迫られる直江。
高耶を救い出して過酷な現実に戻り、憎み合いながら戦いを続けるのか。
高耶を殺し、失うこともない、ほかの誰かを愛することもない理想郷への扉を開くのか。
魂はすでになく、人が触れれば死に至ってしまう状態の高耶の肉体。それに口づける直江。消えてゆく鼓動。

『そんなに俺を信用してはいけなかったのだ。あなたは、だれも信じない淋しい人でありつづけたらよかったのだ』
 いますべての望みがかなう。望みがすべてかなう。
(終わりにしても……いいですか)
(もう……幸福になってもいいでしょう?)

 後々まで各方面でネタにされるこの名シーン。涙が止まりません。
→8巻につづく。

1

みんな、頑張れ~

北条陣営に捕まった高耶から思念波を送られた直江は、その映像を頼りに箱根へ。
そこで北条氏照に連れられ、高耶の所に来た直江が見た高耶は魂が抜けた状態で・・・。
綾子は日光に行き片倉達に合流。千秋も譲の行方を追っていて、日光に行きつきます。
箱根のでは北条が高耶を矢立の杉の贄にしようとしていて。
譲の方は北条氏政の所で、森蘭丸により力を引き出されていて・・・・。



※ネタバレですのでご注意を。
直江は高耶を死なせたくないが、誰かに取られるのも嫌で矛盾を感じながらも、高耶と恙鏡の中に永遠に閉じこもろうと考えます。
そして、北条氏康と風魔小太郎に選択を迫られたとこで、次巻に続きます。

高耶は鏡の世界からあっちこっちに出てきて人を動かしてました。
高耶というか景虎に近いらしいです・・・もう、ややこしいなぁ。

譲の方も何かやばそうですし。千秋と片倉、大丈夫か?
伊達小次郎もここにいましたね・・・。

あっちこっちで話が進むから、ややこしいです。ここら辺からややこしいとか言っていたら、この先大変なんですけどね・・・。
直江がどういう決断をするのか、楽しみです。
高耶と直江、なんとかならないものかな?と思ってしまいます。


つつがの漢字が頑張っても出せなかったので、恙で代わりにしました。正しくは恙に獣偏がつきます。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ