炎の蜃気楼(19) 火輪の王国(烈濤編)

honoo no mirage series

炎の蜃気楼(19) 火輪の王国(烈濤編)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
0
得点
4
評価数
1
平均
4 / 5
神率
0%
著者
桑原水菜 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
浜田翔子 
媒体
小説
出版社
集英社
レーベル
コバルト文庫
シリーズ
炎の蜃気楼
発売日
価格
¥457(税抜)  
ISBN
9784086141581

あらすじ

熊本市街の怨霊たちを呑みこんだ『黄金蛇頭』(鬼八の首)は、阿佐羅たちによって、阿蘇へと持ち去られた。
それを追う信長、清正、光秀。
市内の混乱をよそに、阿蘇では大友と組んだ直江ら新上杉が、阿蘇中岳で陽威ダム建設のための呪法『大火輪法』の準備を着々と進めていた。
直江ら新上杉を阻止するために、高耶は彼らと戦うことを決意する。

表題作炎の蜃気楼(19) 火輪の王国(烈濤編)

直江信綱
仰木高耶

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う