SEX PISTOLS(2)

sex pistols

SEX PISTOLS(2)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神25
  • 萌×29
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
13
得点
170
評価数
37
平均
4.6 / 5
神率
67.6%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
ビブロス
レーベル
スーパービーボーイコミックス
シリーズ
SEX PISTOLS
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784835216065

あらすじ

委員長の首筋に、熱烈なキスマークを見つけた日から、……米国はいやらしい夢を見る。
カタブツの委員長が、眼鏡をとって…米国の腰にまたがる夢だ。男嫌いの米国が、いったいなんでこんな夢を…!?一方、熊樫先輩の契約Hが密かに進行していた。一晩数千ドルの種付け料で…。

表題作SEX PISTOLS(2)

斑目米国 斑類重種・蛟
藤原しろ 斑類重種・犬神人

同時収録作品SEX PISTOLS2

ヨシュア・マクベアー 斑類重種アメリカングリズリー
熊樫照彦 斑類中間種ツキノマグマ

その他の収録作品

  • 呪いランプ
  • 魂現ショート

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数13

お兄ちゃんカプ大好き!

2巻は、国政のお兄ちゃんの話(米国×しろ)の続きと、ノリ夫の先輩の話(ヨシュア×照彦)の二本立て。
メインカプ(国政×ノリ夫)は脇役での出演です。

ヒトが「人類」と「斑類」に分類されている世界のお話。
今巻もまだまだラブコメ調のトーンですが、それぞれのお話の中に少しずつ「斑類の実情」的な情報が断片的に登場しはじめます。
本巻に出てくる、個人的に気になるワードは「断絶種」。

ここからは頭の整理用のメモをレビュー代わりに残していこうと思います。
※ネタバレ注意


「人類」・・・サルから進化したヒト科の人間
「斑類」・・・サル以外から進化したヒト科の人間
斑類は「犬神人」「猫又」「熊樫」「蛟」「蛇の目」「人魚」に分類され、さらに「重種」「中間種」「軽種」に分類される。トップ階級は「人魚(重種)」。
人類の中に突然斑類として覚醒する希少種「先祖返り」がいる。階級は人魚に次いで2番目。
・ノリ夫:猫又のプレミア種、先祖返り
・国政:猫又の重種、ジャガー、猫又と蛇の目のハーフ
・米国:蛟の重種、クロコダイル、蛟と蛇の目のハーフ
・しろ:犬神人の重種、オオカミ
・ヨシュア:熊樫の最重種、グリズリー
・照彦:熊樫の中間種、ツキノワグマ


メモ
#6,7 米国×しろ
#8,9 ヨシュア×照彦

0

第2巻

第2巻は、米国(よねくに)と藤原の物語から。
男が嫌いだ、とバリアを張って藤原を遠ざける米国だけど、実は。

蛟(みずち・ワニ)の米国は体温調整・自律神経のコントロールが難しい。意識が混濁する時に藤原の元に行き、無意識のような状態で藤原を抱いていたのだ。それも1年以上も…
しかも、藤原も猿人ではなく斑類(犬の重種・狼)だった!
米国編は切なさもエロもあって良いです!国政xノリ夫編と合わせて続いて欲しいですね。

続いて、ノリ夫を好き好き言ってた斑類・熊の先輩、熊樫照彦のお話。
熊樫家は日本有数の重種だけど、お家断絶のピンチ。故に外来の種を招いて種付けしてもらうという超絶展開。
ここで男性妊娠の仕組みが明かされます。なんと肛門に懐蟲を寄生させて借腹の袋を作るという。
熊樫くんもかなりガタイのいい男の子ですが、お相手は最重種グリズリーのMr.ヨシュア・マクベアー(年下)。
はじめは見知らぬ男とH⁉︎と抵抗があったけど、フタを開けてみれば甘々展開です。

「呪いランプ」
セクピスとは関係のない短編が収録されています。
盗賊の王様(外見女の子?)に魔法のランプが献上されたが、王様は何度も捨てる。というSS。

巻末にセクピスの「魂現ショート」の4コマも収録です。

1

テルちゃん心の日記

ついに第9巻が出ると知り、復習を兼ねてシリーズを読み直しています。ま、このシリーズでは復習になるかどうか怪しいもんですが…ははは。

シリーズ第2巻には、第1巻に続いて「蛟の重種」米国×「サル(not 斑類)」委員長・しろのお話(後半)と、「熊樫の重種」ヨシュア×「熊樫の中間種」照彦のお話が掲載されています。

多種多様な種族とカップルが入り乱れるこのシリーズにおいて、私は米国×しろが一番人気なんじゃないかと思っているのですが…どうでしょうか。学園モノの雰囲気が強く、萌えポイントが分かりやすいし、(一応)主人公カップル(…のはず)の国政×ノリ夫よりギャグテイスト控え目で見た目のバランスも良く、正統派BLと言えるエピソードになっていると思います。その分、他のカップル達より地味な印象ではありますが…。

ヨシュア×照彦は、まさに熊同士のぶつかり合いのような肉体派カップルでありながら二人の雰囲気は甘々ラブラブでそのギャップが何とも面白かったです。また、ノリ夫が男の子らしく頑張っていて和みました。このエピソードで、斑類における男性の妊娠方法と、世界中の斑類が桁外れにセレブであり家柄が非常に重視されるとこと、強烈なヒエラルキーが存在することなどが少し明かされています。

この巻を読み終えた時点では「…ま、まあなんだか登場人物が増えてきたけど…次は国政とノリ夫のラブラブなお話かなっ♪」などと思っていた過去の自分を慰めつつ、引き続き第3巻へレッツゴーです。

3

愛されカップルの誕生巻


最高か!!と叫びたくなる。
米国しろはアニメ版から好きで好きで…原因の判らない謎に追われた結果自分が一番嫌と考えていた事柄に結びつき…

実はそれも全て自分の欲求が生んだことだったという。

裏の裏をついていて、切ないのに色がある。
やられたと思っていた相手に自分がやっていたんだもの。

しろは綺麗で、米国も、猿と思ったまましろのことを認めていたところに発覚だったので後味もよかった。

凄く良い子な熊樫くんのお話も最高。
無理強いから始まる恋愛いいなぁ。何だろう、コマ的に淡々としてるのに運びがお上手だからかな?各々のカプの良さが素晴らしいです。主人公そっちのけになりつつあるくらいだし(笑) 先々のカプたちが本当楽しみ。
酷いことされた筈なのに、熊樫くんは照れていてこちらまで和んでしまったし、それにベッドサイドでごめんって謝るヨシュアも本当いい子や…と。
子どもがどちらに…の話では、思わずこっちで違うんだよヨシュア!って心内の弁解してしまいました。
特性、気性も忘れず暴れまわっていたのもよかった。
忠実。

読み手に愛されそうなカップルが立て続けに誕生したように思えた、二巻でした(いちゃいちゃしてくれ)

1

子どもっぽい横暴な純情

気持ち悪いと言われた翌日からとなります。

気まずい2人の間に立つクラスメート達のいたたまれなさとその心労が推測されます。
そんな中判明した米国の夢遊癖。
藤原の体温に覚えがある。その理由を知ることになります。

斑類の本能で嗅ぎ分ける嗅覚と個々の特徴。
冷静に分析できても認めることのできない感情に苛立ちながら、つい手を掴んでしまう無意識。
確かめる為に肉体に聞くあたりまんま動物です。
藤原の正体も顕になり、認めてしまえば嫉妬の塊な米国が可愛くみえてしまいます。

そして、ノリ夫に横恋慕中な熊樫先輩偏へ。
見た目を裏切る乙女思考な先輩の押しの弱さになんとなくわかっていたのですが、これほどまでに可愛くなるとは。
ヨシュアの独占欲とDV一直線な暴力性をも包み込んでしまう優しさでどうぞお幸せに。

切りつけるような感情がぶつかった後には純情な恋心が成就される。
ほっこりと幸せに満たされ、今後の展開もあることにわくわくしてしまいます。

2

なぜに神かと申しますと

この巻に収録されている2カップルが猛烈に好きだからです。
自分のなかの萌えにはなかったはずの、
キツくてチャラい × 黒髪眼鏡優等生
がド真ん中でした。見目麗しいとかもうそのあたりは置いておきます。現実味とかも置いておきます。
メインカップルの受けであるノリ夫のプレミアゆえの力が発揮されているところや、米国自身がモノローグで語っている『斑類はひと目惚れが普通だ、自分に合う相手を一瞬で嗅ぎわける』というのも納得です。
献身的なしろと米国は相思相愛で安心します。

もうひとつの
でっかい年下 × 同級生内ではでっかいけど攻めよりはちっちゃい年上
も文句なしです。エロスに特化しているようで、特別濃厚なわけではありませんが密室軟禁(合意です)やりたい放題し放題(ビジネスです)は悪くありません。
斑類の肉体的接触に対する垣根の低さがあるからこそ展開するものですが、だからこそいい。おまけ話のヨシュアが殺気モロ出しにするところも可愛くていいです。

不安に感じるところなく、読後もしあわせな気持ちになれる2巻だと思います。

2

金髪 碧眼 重種の美形=米国

現在 6巻まで出版中!! 寿先生 早く 続きを!!! 
ノリ夫を 胎ましてくださいよ!!! 国政の 子供が見たいのじゃあ。

で 2巻であります!

なぜに この巻を選んだかと言いますと 委員長の一途さ のみ。

イケメン米国さんが なかなか自分の気持ちに気づかずイライラしている 読んでいるこっちも悶々としている状態が続きますがー

ーーーーーーーキタァーーーーーーーーーーーーーッ

『蛟(みずち)』 × 『日本では最後のオオカミ』

事が終わった後で  「委員長 お前、もっと 自惚れろよ・・・」

ハァハァ  こんな言葉を言われてみたいです!! なんたって超美形ですから。これからは 委員長を大事にして下さることでしょう。めでたし めでたし
このカップルの子供も見たいっす!  先生 お願いします!!

「SEX PISTOLS」 は とても難解なストーリーです。
何度も何度も 繰り返し読むことによって スルメの様にじわじわくるのです。
酒飲みにはたまらない そんな一品でございますわよ。読んでくだされ。


1

2作目

全編通してひとつのストーリーだけど
前作同様、別カップルのお話がそれぞれにあり。
2作目のカップルは、前作に引き続き
米国(ヨネクニ) × 委員長
ヨシュア × 照彦(先輩)

ヨネクニ・いいんちょカップルは、前作の続きで、
「どうなるの!?」という気持ちから解放されましたw

2つ目のお話に出てきた照彦くんは
第1巻で、ノリ夫くんに猛アピールしてた先輩。
この先輩のリアクションがとにかく面白くて
かわいい~っと笑える第2巻でしたー。

1

米国×委員長にメロメロです

一巻では明かされなかった真相は完全に予想外で、把握した瞬間に呻きました。

とにかく米国×委員長のカップルが好きで好きで大好きです。
この二人に対する萌えって究極だなと思います。

男ギライの米国とストイックな委員長の、キャラの対比がいい。
とくに委員長。甘えの一切ない受けって大好きなんですよ。可愛くて愛しい。
傲岸だった米国が見せた嫉妬心って、それまでの委員長の苦しさをふきとばすほどに心地よい切なさで、「そうそう、こういう嫉妬が読みたいんだよ!」と思いました。
嫉妬萌えの究極の形だなと。

あと、寿たらこさんの「見せ方」の巧さも光ってると思います。
情報の提示の仕方が神。
委員長の視点に立って切なさを味わっていたかと思うと一転、米国と同じ驚きを共有することになる。
このお話は、すべて好きです。

後半は熊樫くんのお話。
デカい熊樫より更にデカい攻めを登場させて、熊樫を受けに回らせたのがステキw
子作りに励むセックス三昧のめくるめく日々に愛が生まれるんだけど、カラダで陥落したって感じがないんだよね。実はオトメな熊樫は、しっかりココロから陥落してる。
斑類の攻めは根本的に身勝手でワイルドだよね。
「例えテルがオレに惚れなくても無理強いするつもりでいたから」ってサラッと行っちゃうところなんて大好き。

1

むつこ

私もそう思う!
ぜんぶ好きなカップルだけど、この二人は他カップルを二馬身ぐらい引き離してる。ミドリさん、前にめっちゃオススメしてたカップルだもんねーw
ヘタレ攻め以外だと、こういう俺様攻めが好き。こういう身勝手な俺様攻めの良いところは、嫉妬して独占欲をあらわにしたときの萌えが半端ないとこだと思いません?
寿たらこさんに巡りあえたのはミドリさんたちのおかげだよ。ホント素晴らしい萌え作品の伝授をありがとう!w
てゆかこれDVDまであるんですか!観たいッス!観ます!

ミドリ

こんばんはむつこさん!
やっぱりむつこさんもこのカプ好きだよね!
しろの健気さも、米国の残念さも(笑)私は大好きです~‼
数あるセクピスカプの中でもこの二人はずば抜けて好きだな~
DVDはこのカプメインだから興味があったら見てみてくださいww

しろ(受け)にシンクロ200%

動物の魂を持って生まれる斑類たちのシリーズ第2巻。
1巻で引っ張られた米国とシロの決着編と、ノリ夫に横恋慕していた人の良い熊樫先輩編が収録。
米国×しろ編が好きすぎなので、先輩編を度外視しての(笑)神評価。

男嫌い女好きの米国(ワニ)×真面目委員長・しろ(猿人?)
諦めと背中合わせの片思いの奥に秘めた、しろの秘密の欲望が切なすぎます。
ひとときの時間が例えまがい物でもかまわないと自分に言い聞かせ、それでも夢見ずにはいられない浅ましくも切ないしろの想いに、読んでるこっちの心臓までが痛んでしょうがない。

対する米国にも葛藤がないわけではなく、重種の自分、その上死ぬほど男嫌いなはずの自分が、猿人の男にどうしてこんなにも心を乱され、あまつさえ体が反応してしまうのか…と二重の枷に苦しむ姿がたまりません。フェロモンもでまくりです。
理屈を越えて求めてしまうのは、体なのか心なのかそれとも……?


最重種・ヨシュア(熊)×人の良いノリ夫の先輩・テル(熊)
ブリーリング、それは交配。魂現の強さを最重視する斑類にとって大事なのは、その血統(重種)を絶やさないこと。
ということで、1巻の主役・ノリ夫に片思いしていた先輩に、その白羽の矢が立ちます。重種の父と中間種の母の間に生まれ、中間種として生まれた先輩に、家人が用意した契約相手は最重種のヨシュア・マクベアー。

一週間一千万円で種付け契約……馬か!
というツッコミは置いといて、そう、斑類は同性間でも子作り可能とは知っていましたが、どんな方法かは先輩が体を張って実践してくれております。
ほほぅ、なかなか興味深い…。
正真正銘熊受けですが(笑)、ヨシュアにかかれば見事に可愛く見えてくるマジック。
しろと米国で切なさを堪能した後は、この二人のロマンティックな話でほのぼの。
ノリ夫&国政も登場して活躍(?)してますよ。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ