SEX PISTOLS(8)

sex pistols

SEX PISTOLS(8)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神22
  • 萌×226
  • 萌4
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
16
得点
229
評価数
55
平均
4.2 / 5
神率
40%
著者
寿たらこ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
スーパービーボーイコミックス
シリーズ
SEX PISTOLS
発売日
価格
¥619(税抜)  
ISBN
9784799714522

あらすじ

動物の遺伝子を持つもう一つの人類・斑類。セレブな斑類にとって、「結婚」とは「政治」を意味する。
甘い蜜月をスタートしたヨシュアは愛する照彦のため、自分が誰よりも強くなると決意する。一方、国政はノリ夫との結婚に二の足を踏んでいた。政治という重荷を大切なノリ夫に背負わせたくないから。
そんな中、ヴァルネラがひっそりと来日し、志信のもとを訪れる…。

表題作SEX PISTOLS(8)

斑目国政,斑類猫又
円谷ノリ夫,斑類先祖がえり

同時収録作品SEX PISTOLS(8)

ヨシュア・マクベアー 斑類重種アメリカングリズリー
熊樫照彦 斑類中間種ツキノマグマ

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数16

ヴァルネラがんばれ

引き続き人魚編です。
1000年に一度の成人式を終え、国政とヨシュアの動向に変化が。前巻で階層とはファイアウォールだとマクシミリアンが言ってたことが響いてきているようです。
まだ伏線なのでどうなっちゃうのか楽しみなところ。

そしてヴァルネラと志信。なんかこのカプ、一番純粋ではかなげで好きです。やっと再会できた!と思ったら、まだ駄目だったみたい・・。この二人のハッピーエンドを早く見たい!ヴァルネラの一途さがよかったです。
ファンブックも一緒に読んだほうが、より理解できる気がしました。

番外編は巻尾と女将のお話。

国光とか和尚とかキーパーソンだと思うんですが、まだそこまで話は広がってきませんね。これだけ広げた風呂敷を畳むのは時間もかかることだと思いますが、ぜひ妥協せずしっかり収束させてほしいと思います。じゃないと気になっちゃうよ~(泣)

6

⑧を読んで…。

おっ~?!こう来たか~!!…そして一巻から読み返し…ぐるぐると四度も読み返ししても、飽きません!【SEX PISTOLS】⑧を購入してからエンドレスで読みまくり!…これがハマった状態なんでしょうけど…気がつけば一週間、【SEX PISTOL】づけの毎日でした。読み返せば読み返すほど、面白さを増して来るシリーズです。大好きなお話しです!!…これから、どこへ向かうのか?…また、マンボウを泣かせながらも笑わせて、幸せな気持ちにさせて下さるんでしょう…。寿たらこ先生!次作も楽しみに待っております♪

3

素敵な番外編

本編のレビューは他のレビュアー様が詳しく丁寧に書かれておりますので,,,

つい最近セクピスにドップリハマり,1日中繰り返し繰り返し読んでいるなかで一番キュンキュンさせられる米国×しろCP大好きです。8巻には番外編が入っていて巻尾×カレンの出逢い編だとは思うのですが,個人的には米国プロポーズ!?!?編と思ってます(///ω///)セリフは無いんですけど,国政のアドバイス(?)かーらーのー,抱き寄せ+左手の指にキスって,,,もしや!?(/ω\*)と。しろの思いもよらない発言にはかなりビックリしましたが。(見えないトコでイチャイチャチュッチュしてると思ってましたょ(;¬_¬)米国意外とヘタレだな!)
米国しろ好きとしては,イロイロ想像を掻き立てられる番外編でした(´ω`)大満足~!

本編は少しずつ伏線回収に入って――といっても謎は山ほどですが。国政がスゴク心配だし(つд;*)目が離せないです。

2

一般的じゃないよね

この世界観がたまらなく好きだけど、ストーリーの一般的な流れとは完全に違う。
前作を読み返しただけではわからなくなってくることもあるけれど、
やはり、今回のポイントは前作に引き続き人魚なのでしょうね。

このシリーズは一応の主役はいるけれど、誰が主役になっても違和感のないキャラばかり
様々な登場キャラのストーリーが随所に出てくるのでさらっと読んで終わりなんて
絶対出来ないし、この9巻目と同時発売されたファンブックなんかも読みながら
何度か頭の中で整理しないと混乱してしまうこともあるのです。

でも、その普通とは違う作風も癖になるくらい面白いし、今まで以上に斑類、
それも斑目一族の動向には要注意だし、おバカで可愛いノリリンがどうするのか、
気になることばかりでしたね。
ノリリンとヴァルネラとの接触にはちょっとびっくりしちゃいましたが、
次なる展開が読みにくいのもやはり面白いし奥深いです。

5

ひえらくきー

プロポーズにお花畑なノリ夫にこちらまでムズムズとしてしまいます。

班目と熊樫で日本を統治する。
その重責にノリ夫を巻き込まない決意をした国政。
自己完結な男は唐突に別れを切り出します。
それとは別にヨシュアと熊樫先輩のバカップルさに何か裏切られた気が。
幸せで何よりなのですが。

ヴァルネラと志信の過去もまだまだ点と点ばかりで、線になりきれない歯がゆさが残ります。
対面した2人の空気感は温かく感じられたので、ぜひ幸せな方向でお願いしたい。

スケールの大きさに、ノリ夫の別れない宣言に、続きが気になって仕方ありません。

そしてこれほど続くと班目巻尾とカレンちゃんのお話しも読んでみたい。
BLとして女性同士がどこまでゆるされるのか。
そんな願望を叶えてくれる番外編。
馴れ初めから現在と、歪みきっている巻尾がそれでも純粋で真っ直ぐな姿が見れらとても嬉しくなります。
そして、とても魅力的な2人の過去に絡んでくる班目国光。
この男が今後どう姿を現してくるのか。

展開を楽しみに待ちたいと思います。

5

伏線回?

抽象的な表現が多くて、どのように解釈すればいいのか難しかったです。(読み手の理解力にもよるかも)
あと、前よりキャラの描き分けが曖昧になってきて、「これ誰?」状態だったり、筋肉が薄っぺらくなってたり、、
今の絵ならではの決め顔のかっこよさもありますけど。

内容としては、本編が伏線状態+3分の1が番外編で、あまり話が進んでない印象。この状況を、どのようにまとめてくれるのか、、次の巻(はたまたその次…)次第で評価が完全に分かれそうです。
個人としては、この巻は"普通"かも。評価しきれない
とにかく、続きが読みたい。このバラバラな世界をどのようにまとめてくれるのか、萌えさせてくれるのか、期待を込めて星4つで。

3

どうしたの国政!!

今まで、俺サマだった国政なのに
今回はノリ夫を愛してるからこそ、その手を放した。
だけど今までよりずっといい男だよね!!
でもそれでノリ夫を泣かすくらいなら
嫁にして、自分が斑目という家から守ってやってもいんじゃない?
ノリ夫も泣くだけ泣いたら強いよね!
国政が動けない分、やっぱりノリ夫に頑張って欲しい!!

熊カップリング
これまたどうした、気持ち悪いくらいにラブラブじゃないかvv
幸せなのはいい事ですけどね。
だけど国政と違って、ヨシュアは何があっても
照彦のすべてを背負う覚悟は素晴らしいっ!!
見習え国政!!

米国のところ
なんだか米国がグルグルと悩んでる。
国政の言うとおり単純に考えればいい事なのにね。
(この時の国政は素直だったのにね~、
今の国政はその時よりノリ夫を愛してるんだよね)

志信のところ
ここはまだまだ複雑でついていけませんが
志信がその気にならないとヴァルネラにもどうすることもできないのかなぁ。
でも頑張って欲しい!!

そしてカレンさんたち
なんだか凄い過去だったね。
巻尾がこんななのはしょうがないことなんだろうか…
でもこの2人は強いよ、本当に。

この本も久しぶりに読めて良かったけど
やっぱり早く国政の本当の決意がみたい!
そのためにはノリ夫、マジで頑張れ!!

2

興味深い

<そしたらお空がわれちゃった>
それは先祖返りのことだろうか? 感想と考察諸々です。

新刊が出るにあたり、既刊を読み返してから挑んでいます。過去に収録されている詩がなにかしらのキーになるのではないかと思って理解に励もうとするわけですが、おそらくすべてが明らかになるのは連載が終わったとき……なのでしょうね。

>8巻の感想
国政がずいぶんとノリ夫のことを好きになっているんだと、そして国政にずいぶん自我が芽生えているんだとわかる! 好きだから手放せる、好きだから遠ざける。でもそれはとても苦しくて、とても辛くて、悲しいことだと思う。
好きならば、そして生があるならば、愛する人のかたわらでいることがより幸せであると思うよ国政。
V.Bと志信さんの関係を見られて良かった。V.Bが志信を手にいれるためには、やはり志信を(そして国政を)しばりつけている斑目国光の登場が不可欠なのだろうな。
そして噂のカレンちゃんと巻尾の話がようやく収録されていた! 幸せを知らない巻尾を、幸せを知らないカレンが、幸せにしたいと願うキラキラとした美しさに浄化される。

>8巻での疑問と考察
・上殺しのサーベルで先祖返りを処理するとは
人魚とライオンのキメラであったV.Bをライオンとして世に定着させたように、ノリ夫を先祖返り(軽種:猫)から猿に戻すということ?

・V.Bの言う利益と、国政がなにに成ろうとしているのか
ノリ夫の嘆きと悲しみの泡で、国光と思しき存在が覚醒したように見えた。
国政はそれを継ぐわけであるから、国光と同様の存在になる? 人魚が利益を運ぶ存在であるならば、斑目家は彼らよりも上級なのではないだろうか?

>8巻で判明したことと既刊とのつながり
・国政ははじめから斑目家としての嫁が欲しかった
というか嫁を探すことに厭いはなかった、当たり前だと思っていた。それは国政が米国ではなく自分が斑目に差し出されると進んで出て行った日から。

・1巻斑類解説では「その他の哺乳類・爬虫類から進化を遂げたヒト科」であるが、3巻以降は「人への進化過程で猿以外の哺乳類・爬虫類の特徴を残したまま進化したヒト科」となっている。そして6巻でははじめの説明に戻っている。
これがどちらかでずいぶん解釈が変わってくるような気がするのだけどな。同じ意味かな?

・斑類が世を支配していることを表すのが、登場人物それぞれのご両親たち(や錦織家やセス家)である。すべてハイソなおうち。
彼らが生み出す利益を、人魚が回すということ?

・重種が生贄になるっていうのは、貌を取ることができない人魚を憑依させるためじゃないの? そもそも人魚は種を遺すことができるの?

・国光が日本から離れられないのは、斑目を依代にして実体を持てない人魚のような存在なのではないか?
国光はヤマタノオロチじゃないかというのが今の私の中の仮説。神話の生き物が魂現。
天の世界であり水の世界であり神であり地を這うものを総べてもいるから。

尾張くんについてはいまだ深く明かされていない8巻でした。
うっすらながらもなんとなく斑目家の全貌を掴めるんじゃないかともがきつつ、続きを楽しみにしています。

2

必読番外編

米国×しろのCPが好きなら驚きと萌えが補給できる良い番外編でした。
番外編でも決してメインCPではないのに、キュンとさせてくれます。
今後いろんな波乱がありそうですが、ここのCPと熊さんCPは安定の甘さ(稀に切なさ)で癒してくれるといいなぁ

2

ノリ夫のターン!

シリーズ第8巻は、第1巻の冒頭でノリ夫と国政が出会ったあの日を国政視点で振り返る描写から始まります。

お…?昔の楽しく明るいアニマル系学園ラブコメな雰囲気に戻ったかな!?と期待できたのも束の間、まだまだ斑類の深淵に触れる旅は続くようです。

同棲が始まり相変わらずラブラブで絶好調なヨシュア&照彦とは対照的に、ノリ夫に結婚を提案してはみたものの何かがしっくり来ない国政。ノリ夫を「可哀想な馬鹿」だと言い放つ彼は、結婚はあくまで斑目家次期当主としての儀式だと考えています。大きなひずみを抱えたままの国政とノリ夫を置き去りに、周囲では二人が婚約したという噂で持ち切りに。やがてそのひずみが限界に達してしまい――。

私は第5巻までは文句なく「神」評価を付けていますが、この第8巻はまた違う意味で「神」だなと思っています。やっとというかなんというか…ノリ夫と国政が物語の中心であることと、久しぶりにノリ夫がまたレベルアップしたように思えたことが大きいです。★-1は、ごめんなさい…この巻(本編)の絵が苦手ゆえです。

一番最後に収録されているお話は第5巻と第6巻の間に描かれた番外編的なエピソードで、巻尾×カレンの馴れ初めを紹介しつつ、久しぶりに米国×委員長のことやセス×若葉もちょっと出てきて楽しい感じになっています。カレンちゃんは最強です笑

それにしてもヴァルネラ×志信はまだ続きそうだなぁ。なんだか二人とも痛々しくて切ないです。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ