幻惑の鼓動(19)

yami no kodou

幻惑の鼓動(19)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神2
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
16
評価数
4
平均
4 / 5
神率
50%
原作
 
作画
 
媒体
BL漫画(コミック)
出版社
徳間書店
レーベル
Charaコミックス
発売日
価格
¥533(税抜)  ¥576(税込)
ISBN
9784199604317

あらすじ

頻繁に見る異世界の夢の謎を探るため、葉月の元を訪ねた淳。そこで、葉月の額に埋まる忌石に淳が触れた途端、葉月が暴走!! 淳も衝撃で意識を飛ばしてしまう。その後目覚めた淳は、途切れがちな記憶の中で、葉月の忌石が自分のものだと確信するが…!? 前世の夢をきっかけに覚醒を始めた淳は、かつての親友の敵となる──!? 新展開の最新刊!!

表題作幻惑の鼓動(19)

塔谷一臣
天野晃一

評価・レビューする

レビュー投稿数2

やっぱり中途半端な弟…

19巻はかつて親友だった神生葉月と、天野淳(晃一の弟)の話です。

淳は兄・晃一への執着と依存心が強いブラコン。
晃一にとって、神霊が宿ってる一臣と葉月は特別な存在で、淳はその輪の中に入っていけないことが悔しい。
でも葉月に憑いている神霊タルパは、元は”呀雷”=蓮のものだから、蓮の器になるはずだった淳は正当な後継者でもあり、子供のワガママのように葉月の額の霊玉を欲しがる。
ただ神霊が憑くということがどんなに大事で、脳に癒着している霊玉を取られたら葉月がどうなるかを聞いて、アッサリ神霊を諦める。

18巻のレビューでも書きましたが、淳は物語の重要人物でありながら、すべてにおいて中途半端…
こんなに兄に執着してるくせに、晃一が一臣との関係に悩んでいた時に「セックスしてるって言っても驚かない」と背中を押して、ブラコン設定はどこへ?と思ってしまいました。
それと最終決戦前に蓮が忍び寄り、器だった淳になにか災厄が起こるかもしれないと思わせていたのも、神魔将を夢に見るようになっただけで、蓮が最後の悪あがきで何をしたかったのかもわからない…
物語が長く続くといろいろありますね。

黒髪美人の晃一とかわいい顔の淳、並ぶと麗しい兄弟なんですが…

0

弟の心の闇

壮大なミステリックホラー物語の19巻です。

淳に、額の忌石を狙われた葉月。でも、その石を奪うことは葉月の命に関わると知って…。
忌石は諦めるけど、晃一に認められるように頑張ると、前向きになった淳が良かったです。

今回は、塔谷家の仕事を、葉月もするようになって、晃一や塔谷に追いつこうとするのもキュンとなります。

そして、晃一たちも、神隠しの事件に首を突っ込んだ時に知り合った能力者の城戸の存在や、謎のマント姿の2人組の存在が気になるところで、20巻に続きます。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ