オロチの恋(1)

orochi no koi

オロチの恋(1)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神26
  • 萌×226
  • 萌13
  • 中立4
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
10
得点
277
評価数
71
平均
4 / 5
神率
36.6%
著者
雁須磨子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
バーズコミックス ルチルコレクション
発売日
ISBN
9784344834170

あらすじ

泣いていたその姿が気にかかり、同じ高校へ進学したオロチ。その相手・3年の田之崎へ地道に迫るオロチの恋の行方は……!?

表題作オロチの恋(1)

木羽(あだ名:オロチ),高校一年生
田之崎良彦,高校三年生

レビュー投稿数10

キャラが良い

まっすぐでマイペースでちょっと(?)変わっているオロチこと木羽くんと、叶わないと決めつけた恋とかいろんなことに悩んでいる田之崎先輩のお話。

面白くて切なくて、雁須磨子先生らしさのある大好きな作品。
突然の五郎さんにはびっくりして笑ってしまいました(笑)

0

為せば成る 為してもならぬは人の心

久々に読み返しましたが、やっぱりいいなあ。
オロチのように生きてみたい。

中3の、雷に撃たれたような衝撃と共に、恋は訪れた。
名前も、どこに誰かも知らない。
知っているのは制服と、そのひとの泣き顔が美しかったことだけ。
野球一筋だったオロチ(木羽)の人生を変える恋が始まる…。

オロチが最高です。
何もかも自分ルールで突っ走ります。
自分が好き→運命→相手も自分を好き、と信じて疑わない。
田之崎を追いかけて野球部のない高校へ入るべく猛勉強して、上級生の教室をしらみ潰しに探しまくる。
でも、やっと見つかった相手は自分を知らず(当然)、自分じゃない人が好き。
「会えたら実る」はずだった恋の成就に、全力で邁進するオロチの姿は滑稽だけど応援したくなります。

一巻では「好きな人が自分を好きとは限らない」ということ、「好きな人に好きになってもらうのは、すごく難しい」ということに直面したオロチの奮闘が描かれています。
大抵のひとなら、「好きな人が好きな人は自分じゃない」という局面にぶち当たったことがあるのがふつう。
でもオロチは微塵もそんな可能性を考えていなかったわけで、恋愛の基礎どころか、それ以前のところからのスタート。
無口でコワモテで何を考えているか分からないけど、聞かれたことは一生懸命答えるし、その言葉に嘘がない。
そんなオロチに戸惑いつつも、田之崎が靡かないのがリアルです。
靡くどころか、オロチと接することで、自分の狡さや迂闊だったことを改めて突きつけられていくのが何とも…。

田之崎の過去の回想もしっかり描かれています。
好きな人と親しくなれたこと、でも好きにはなってもらえそうにないこと、同性を好きになってしまうばかりに叶わないけれど、誰かに抱きしめられたい、抱き合いたいという満たされない思い。
そんなときに声をかけてきた友人と関係を持ってしまった自分の弱さ。
狡くて、弱い自分のせいで、好きな人に軽蔑されたこと。
それでもまだ諦めきれないこと。
オロチ応援団のわたしたちにはつらい現実ですが、オロチの想いと田之崎の人生は別物なわけで。

どんなに頑張っても思い通りにならない恋。
ふつうなら断りそうな田之崎の提案を飲んだオロチの運命や、いかに!?

0

思考が明後日の方向過ぎる

 先生があとがきで仰るように、強面電波男と戸惑い優男の組み合わせが面白くて目が離せない、これに尽きると思います。先輩である田之崎に、一切物怖じすることなく迫るオロチが電波過ぎる。田之崎に考える隙を与えないようにとの意図みたいですが、読者にもツッコむ隙を与えてくれません(笑)。どういう思考回路なのかまったく謎だけど、とにかく田之崎が好きなことだけは分かるから、そっと見守ってあげたくなる、そんなキャラでした。

 一方で田之崎にはそれなりに複雑な過去もあって、彼が好意を抱いていた同級生のムタとの関係も気になってしまいます。今でこそ仲が拗れてしまっているけれど、ムタが根っからの悪人ではないことも伝わってくるし、彼は彼で田之崎のことを気にしていると思うんですよね。本当に嫌悪しているなら話しかけすらしないと思う。2巻ではオロチとの関係も進展しつつ、ムタとも何かしら関係を修復するきっかけがあればいいなと願います。

0

ちょいデンパ系攻めがいい!

とにかく攻めのオロチが一途です。一途なんだけどちょっと性格がぶっとんでいるというか独特で面白い。

一年前に静かに涙を流す先輩に一目惚れして以来、勉強を頑張って同じ高校へ入学したオロチ。先輩はゲイで、クラスメイトのことが好きで辛い思いをしているのだけど、御構い無しにグイグイと攻め込んでくるオロチ。オロチのアタックをはぐらかそうとしても、オロチにははぐらかしなんか通用せず、静かに確実に迫る。
なんども「好きです」言うオロチに先輩が絆されるのも時間の問題というか、首の皮一枚で繋がっている感じなんだけど、先輩は「一回やらしてやるから、そしたら俺の事はあきらめてくれる?」と切り出して…。

独特のキャラや間合いの取り方、モノローグなどに雁須磨子さんらしい個性が詰まった作品だと思います。

強面のオロチが、先輩との恋に浮かれて「いつもはムカつく鳩も今日は愛くるしいカナリアのようだ」と思うシーン。可愛いなぁと思いました。

1

これからはじまる2人に期待

村上キャンプ先生オススメ棚より購入です!

初めてのカリスマ子先生。
優しい線のタッチが爽やかで心地良いです。

仏頂面のオロチくんと綺麗な目をした先輩の対比が好きです。
ディスコミュニケーションのもどかしさとあたたかさが心地よく、頑張れ!と言いたくなるBL。
うまくいってほしいと思いながら、展開の読めなさにドキドキハラハラしました。

1巻の時点ではまだまだ展開がゆっくりで「面白くなりそう…」という感じだったため、萌2です。

0

いちいち笑える

主人公のオロチが変で面白いです。

セリフ回しや小さい書き文字が独特で笑えます。

オロチがかっこいい瞬間、田之崎がかわいい瞬間をとらえたコマにきゅんとします。

無駄のない画面作りが潔癖なかんじで好きです。

0

電波でいいじゃない

机に突っ伏したまま静かに卒業しようとしていた田之崎くんの前に現れたのは強面電波君なのでした・・・

こう書くと身もふたもありませんが、あとはもう平穏にやり過ごそうとしていた彼を無理やり揺り起こし、決着を付けないで埋めた恋や、はたまた隠そうとしていた欲望まで引きずり出して、心をざわつかせる、すごい電波くん、それがオロチなんです。
雁さんの描く、独特なテンポの中だから活きるキャラクターです。

オチ要員の野口くん、いいです。雁さんは脇キャラに定評があります。

キャラ同士が視線を絡ませるコマや、目のアップが印象的で読み手に心情の変化を如何様にも想像させてくれます。

終わったように見えてまだ、全く終わっていなかった田之崎くんの恋にどのような決着をつけるのか。
物語が動く直前で今巻は終わっているので、
次巻では今以上に顔を近づけている二人が見られるといいなあ。

2

微妙な天秤

これは…好き嫌いが綺麗に別れるでしょうね。
他所様に薦めるにしてもまず先様の好みを
把握した上で薦めないと気まずくなって
しまいそうなそういう癖を含んでいます。
ある意味王道ではあるのだと評者も頭では
理解しています。
その上で好みかどうかと問われたら、きっと
即答できません。感じる為に気合を入れないと
多分色々負けてしまうから。

感覚としては少年漫画の心情描写に近いのだろうと
思われます。そういうノリなら多分乗りきれる筈です。

0

ヤキモキしまくり

雁須磨子さん好きならきっとハマるカップリングです。
目付き悪い系ガタイいい男子×ゆるゲイ男子。
攻めがぶっきらぼうながら真っ直ぐに受けに好かれようと
悩み苦しむ姿にヤキモキします。

0

オロチの“一途でちょっと電波系な”恋w

雁須磨子さんのBL本…お待ちしておりました…。
なんていうのかな、やっぱり絵柄にクセはあるというか
個性的でいらっしゃるんですけど
この独特な雰囲気の面白さは雁須磨子さんにしか
お描きになれないと思ってます!!!

中学生の頃、野球部で丸刈りで身長が高くて
目つきもちょっとおっかない木羽(キハ)は
その容貌からオロチ(大蛇ww)と呼ばれていましたが
ある日ファストフード店で泣きながら
ハンバーガーを食べている高校生に一目惚れしてしまいます。
その制服の高校を受験して合格し
ようやくその時の彼を探そうとすると
そんなに時間をかけずにあっさり見つけられます。
その彼の名は田ノ崎良彦で、どうやらゲイとの噂が…??

オロチwww
すっごいキャラ来ました!!w
なんかもう、怖いもんナシだなお前!っていう印象なんです。
1年のくせに、3年の教室に勝手に入っていっちゃったり
靴箱にラブレターならまだしも、
個装された飴に電話番号(家電w!)と“キハ”って書いて置いたり
田ノ崎が戸惑っているにも関わらずまた教室来たり。
でも、田ノ崎が悪く言われてるのが我慢出来ず
口を返したりと優しい男ではあるのです。
相手に椅子で殴られて怪我しても
フラれかけて泣いちゃうとか繊細な部分もあって…。

田ノ崎は、悪く言うムタを本当は好きなのですが
他の男に言い寄られ寂しさから抱かれて後悔した過去があり
いくらオロチに好意を示されても応えられなくて
それでもオロチはメゲずに押してくるっていう。
オロチにとって「雷に打たれたみたいな」衝撃的な恋だったから
諦められず
完璧にフラれてないんだったら、とまさに前向き!!
その割に色々悩んだり調べたり一生懸命なんスもん…。
田ノ崎が絆される日も遠くない!!
がしかし1巻だから!!2巻早く読みたい!!!

好きだったシーンは、オロチと田ノ崎が映画の後
こじゃれたカフェに行った時の会話です。
オロチは脈絡なく話を始めるような感じだし
突然その話も終わっちゃうのかと思いきや
それは田ノ崎を“可愛いから見ちゃう”っていう理由の話だったりで
こーいーつーはー!!!!と頭をかかえたくなりましたww

あと!中学からの友人・野口に「誠意って何かね…」と聞いて、
野口はすぐ田○邦衛さんを思い浮かべて
「カボチャっつったらカボチャもって来そうだからなこいつ」と
心の中でツッコんでたのが笑ったなー…。
北の国○らを知らない方には「???」でしょうけども、
ツボった……。
要は田ノ崎は全然オロチの事を知らないから
信用も出来ないんだろうと言うことで
どうにかして自分を信頼して欲しいという健気さですよ。
思い余ってキスして抱きしめて出ちゃうとか若いな…ww

男同士のやり方を野口の家で調べたり
ローションを買うのにも野口を付き合せたり
いくら野口に相談していたからといって巻き込みすぎて面白いw
田ノ崎絡みの事ならちょっと(つかだいぶ??w)ズレてても
心底一生懸命なオロチ!!頑張れ!!!
田ノ崎の心とカラダをとかすのはもうすぐだ!!

8

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う