紅楼の夜に罪を咬む

kourou no yoru ni tsumi wo kamu

紅楼の夜に罪を咬む
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
9
評価数
2
平均
4.5 / 5
神率
50%
著者
和泉桂 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
円陣闇丸 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
幻冬舎ルチル文庫L
シリーズ
この罪深き夜に 清澗寺家シリーズ
発売日
価格
¥790(税抜)  
ISBN
9784344837300

あらすじ

憲兵の浅野要は抗日運動の地下組織を探るため上海に赴任する。その矢先、妓楼「紅閨楼」の主・梁天佑という美貌の麗人に出会い……?

表題作紅楼の夜に罪を咬む

浅野要、陸軍省東京憲兵隊本部所属の中尉
梁天佑、妓楼「紅閨楼」の楼主で実質的な経営者

同時収録作品凍える蜜を蕩かす夜

伏見義康、和貴の父・冬貴の幼馴染で情人の一人
清澗寺和貴、清澗寺伯爵家次男

同時収録作品凍える蜜を蕩かす夜

深沢直巳、和貴の妹・鞠子の婚約者で和貴の情人
清澗寺和貴、伯爵家次男で家を憎む美貌の次期当主

その他の収録作品

  • 双宿双飛
  • あとがき

レビュー投稿数1

胸にズキズキきます

■表題作『紅楼の夜に罪を咬む』

個人的にピンとこない攻め受けの熱情。
知ることはできても理解は難しい。
二人きりにしか分からない惹かれ合い。

でもそれが面白くないわけではなく、今回も見事なお話を書いてくれていたと思います。
舞台が上海とのことで、中国の読み方が馴染みなさすぎて覚えていられませんでした(反省)

主人公浅野にはなかなかに驚きましたが、天佑には最初から本名を名乗ったところや国貴を匿ってもらうようお願いしたあたり浅野にしては安易すぎた気がします。

長男に久し振りに会えましたが、家族はあんなにも変わったのに国貴の中では時が止まったまま…次男に対する反応で寂しくなったと同時に、なんとも後ろめたい喜びに似たものを感じてしまいました。


■同時収録『凍える蜜を蕩かす夜』

次男編きたー!!!!!
とCDでたっぷり聴きまくってお馴染なのですが、原作では細かな部分まで知ることができ世界が膨らみました。
そして改めて読むとやっぱり心がズキズキする…。

こんなにも助けを求めているのに、誰も気付いてくれない。
真に彼の心に寄り添い続けてくれる人がいればあぁはならなかった。
和貴自身が自分なりに真実を見定めこの道を選んでしまったっていうのもつらいなぁ。

長男にも兄なりの気持ちあってこそだけど、弟があぁなった責任の一端が自分にもあるなんて…それこそ国貴は一生知らないままなんだろうな…。

この時の和貴を軌道修正してあげられる人がいたら…
でもどこか違えば一つの体に産まれたかったと切願するほどの深沢に会えなかったと思うと…。

うーん。和貴の理想的な幸せってどんな形だったんでしょうね。
今も読者視点だと幸せというにはあまりにも重く…でもその重圧をあの華奢な体で一生懸命受け止めている姿は…それこそなんとも後ろめたくも甘美な愉悦がありますな。
そこに嵌る様をいつまででも見ていたいと思ってしまう。

和泉さんは一人一人のドラマ、真の内面やそうなった理由、変化を余すところなく書いてくれるので、よくいる登場人物…ではなく、一人のキャラクターとして好きにならせてくれる。
こういう攻め、受け好きなんだよね~ではなく深沢と和貴が好き!と叫びたくなる…これってとても喜ばしいことですよね。
彼らを生み出してくれてありがとうございますと定期的に拝みたくなります。

今回も読み応えある作品でした。
この勢いで原作も順番通りに制覇していきたいです。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う