家族になろうよ

kazoku ni narouyo

家族になろうよ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神110
  • 萌×270
  • 萌39
  • 中立15
  • しゅみじゃない7

--

レビュー数
24
得点
962
評価数
241
平均
4.1 / 5
神率
45.6%
著者
倉橋トモ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス moment
シリーズ
家族になろうよ
発売日
価格
¥630(税抜)  
ISBN
9784801957398

あらすじ

つきあって8年になる千秋と和馬。
ある日、彼らの元へ涙を流しながらやって来た幼なじみ・巴は言った。
「あゆをお願いっ…! 」
そうして、突然“パパ"になった彼らの生活は一変!
知識ゼロからの育児、仕事と両立する難しさ、邪魔される夜の営みetc…
あゆの存在は、2人の心と関係にも変化をもたらして…?

様々なかたちの“絆"を描く、愛に満ちたハートフル・ストーリー!

描き下ろしマンガ8P収録

表題作家族になろうよ

千秋,サラリーマン
和馬,フリーイラストレーター

その他の収録作品

  • おまけ
  • あとがき

レビュー投稿数24

是非読んでほしい作品です。

久しぶりにBLコミックを買いました。
レビュー投稿日にニュースアプリから設定を見てすぐ買いに行きました。
まだ1回しか読んでませんが感動しました。
私は男性ですがエロ要素もソフトでとても読みやすくストーリーも良かったです。

内容は伏せますが、是非皆さんに読んで頂きたいです。
もし続編があるなら飛び込んで買いに行きます。
ほのぼのしてて読んですごく癒やされました。

11

かわいいいいいいい

「THE・倉橋トモ先生」という感じが、すごくて大好きです。優しい感じ、ふわふわしているんだけどそれだけではない感じ(語彙力)その雰囲気に飲み込まれて何回も読み直していました。なんか現実では明らかにあり得ないことが、結構おこったりしますが、二次元だし可愛いしBLだし許せるかってなりました。
私は、あゆちゃんが大好きでした。普通にちょーかわいい!でも巴譲りのカッコよさに感動しました。あゆちゃんはきっとかっこいいすばらしい大人になります(確信)やっぱり、千秋と和馬のからみも良かったです。二人ともすごくいい人だし、大好きだし、色々と楽しませてもらいました。

4

映画化されそう

表紙の雰囲気そのままのほのぼのとしたBLでした。既にカップルだし、親も知っていたりするので男同士と言うことで悶々と悩むところはほとんどありません。

唯一、赤ちゃんをほったらかして戦場に仕事に行くと言う巴がちょっと無責任すぎるでしょ?!とムカッとしましたが、読み進めるにしたがって三人の絆や、暮らすと言うことがこうじゃなきゃ正解じゃないなんてないんだなと分かりました。

最後の方は号泣で、感動の嵐!これ、絶対映画になりそうだー。

3

ほのぼの子育てBLもの

子育てものやハートフルストーリーが好きな私は子育てものと聞き、買わずにはいられないと思い購入しました。

幼馴染みカップルが幼馴染みの娘のあゆを預かり一緒に成長し生活していくというストーリー。

受けの和馬は見た目はヤンキーっぽいのに主婦力が高く、攻めの千秋がヘタレという点も私的には萌えのポイントでした。また、絵も可愛くあゆちゃんかわいい!


幼馴染みの子供(ワケがあり預かる形に)のあゆと暮らし、家族として過ごしていく姿が本当にほのぼのでありとても感動する作品でした。


是非、続編描いてほしい作品です!
また、興味ある人は読んでみて欲しいです!

2

子育てもの好きな方は是非!

幸せになりました〜
子供が出てくるお話大好きなので最高でした。
和馬が全裸であゆちゃん抱っこしてるとこのやりとり面白かったです。
全体的に幼馴染感というか長年一緒にいる雰囲気が素敵だなって感じました。だからこそのすれ違いもあったりして。
巴さんがかっこよくて女性として憧れます!重要人物ですね。この3人は巴さんが2人を上手い具合にとり持っている(仲悪いみたいな言い方になってしまいましたがラブラブですよ!)んだなあって感じでした。
和馬が涙脆いのも「その見た目で!?」って言うギャップがたまりません♡髪おろしてる時も好きです!おまけの女装は必見です!!!

1

高校時代の2人も、ぜひ読んでみましょう!

『いつか恋になるまで』を読んだので、再読です。
神評価を付けたまま未レビューだったので、
これを機に記します。
すっかり忘れていたのですが、
読んでいるうちに思い出してきました…

千秋と和馬の馴れ初め編、
『いつか恋になるまで』を読んでから読むと、
また違った目で2人を見る事ができます。
巴と先生の子のあゆも加わり、
まさに家族になっていく二人…というか、
もともときっと家族なんでしょうね。

改めて本作を読み、母親たちに認められた二人をみて、
感慨深いものを感じました。
きっとどちらから先に読んでいいのでしょう。
でも、読むならどちらも読んだ方がいいと思います。

8年も付き合った二人が、法的にも家族になり、
自分たちの親に認められていく姿を先に見てから馴れ初めを読むのもいいでしょう。
また、出会って恋に落ちて行く過程をじっくり知り、
それから家族になっていくのを見るのも良し。

とにかく、千秋と和馬がずっと一緒に居られれば、
それで良いのです。
そう思えるくらい、私は2人が大好きです!
それに、巴も(自由すぎるけど)あゆも、親族も、
みんなみんな大好きです。

ただ、先生が亡くなったというのだけが残念でした…
先生も大好きだったので(泣)

0

再読しました

「いつか恋になるまで」が発売されたので再読しました。
理解が深まってさらに面白かったです。あゆちゃんの保育園で2人がパートナーとしてカミングアウトしていた事は、あの過去があるからなのだと思いました。
破天荒だと思っていた巴の行動には理由があったし、帰国してからの巴の個展とサプライズでの2人の婚約披露パーティーへの流れが繋がりました。
後書きに過去編を描きたいとあったので、すでにあたためてあったのだと知ることが出来ました。

お願いですから千秋の大学と和馬の専門学校のお話もお願いします!

0

幼馴染カップルの絆

最初は子育てモノか…と、二の足踏みつつ。
お試し読みの誘惑には敵いませんでしたw

タイトル通り、血の繋がりのない個々の集まりが少しずつ家族になっていく過程が描かれているゲイカップルの子育て物語です。突然託された子供の育児を通して、パートナーとしての絆も深めていき、個人的には子供主体のファミリー一色でなく きちんとBL感もあったように思います。楽しく読了できました(﹡´◡`﹡ )


赤子を友達に託す女性に違和感がありましたが少しずつ理由が明らかになっていきます。

攻めと受けと幼い頃からずっと一緒だった。
攻めと受けがゲイで悩んでた時期も横で見守ってきた。
回想やモノローグを通じて垣間見る3人の信頼関係。

読み進めるごとに『無責任な母親』という印象は薄くなっていきました。
また、子供の存在が皆を繋ぎ、周囲の人も含め優しさの連鎖に癒されました。


表紙でヤンキー見える方が受けですv
ヤンチャな見た目に反して主婦力バッチリ!

攻めは優しい見た目通りのヘタレ気味な攻めです。
でもココぞ!の時は頼もしい一面が良し◎

幼馴染で分かりあってるカップルゆえに安定感があって。
互いが精神的な支えになってる姿って良いですねぇ。
一方だけが寄っかかるのでなく、言葉にしなくても伝わる。
幼い頃からずっと一緒だからこそ作り上げられてる関係に萌えます(∩´///`∩)

そこに新たに加わった子供・あゆちゃん。
子供ながらに母親譲りの芯の強さと、2人が育てた優しさ。
とっても可愛くて描かれていてほのぼの(﹡´◡`﹡ )

家族になる過程を優しい視点で描かれてるので
ちょこちょこ差し込まれる過去のシコリ?が気になりました。

攻めは家族に反対されてる?
あゆの父親と攻め受けの間にあるエピソードとは?
攻め受けが幼馴染からカップルになるキッカケは?

どれもやんわり触れてるだけなので気になります。
続編への伏線になるのかなぁ…。
バックボーンを知った方がより楽しめると思うので
学生時代のお話を楽しみに待ってます!ヾ(*´∀`*)ノ

8

表紙がかわいい

ゲイで幼馴染なカップルの子育て奮闘記。
すでにカップルということもあり、
ラブの部分はどちらかといえば弱め。
なのですが、子煩悩な親バカっぷりも可愛く
なにより絵柄が好きなのでとても癒される(*´▽`*)くふ。
父と母として~というよりも、
等身大の二人と女児が家族として~な雰囲気がすごく良い。

お母さんはお亡くなりなものだと思っていたので(読む前)
ま、よかったです。形はどーあれ。

ふたりの学生時代の話。
いかにしてカップリングされたのか。
そこ!私も読みたいです!!
ぐぅぐぅです。首を長くして待ちたいと思います。

6

仲良しゲイカップルと女児

ややヘタレ気味なサラリーマンと、ソフトヤンキーな在宅インテリアデザイナーという組み合わせのゲイカップルが、幼なじみの女性の乳児を育てることになり…というお話です。
カップリングはサラリーマン×インテリアデザイナー。

最初にあらすじを読んだ時点では、男2人に乳児を預ける母親にドン引きだったのですが、その印象は早々になくなりました。母親はちょっと大雑把すぎるだろう、という気はするもののとてもいいキャラだったし、何しろ女児がとってもいい子で可愛い。乳児のときに預けられ、すでに幼稚園児になっているのですが、BLのちみっこにありがちな健気タイプの子供ではなく、かと言ってオマセさんタイプでもなく、フラットな印象の子供。しっかりしているけれど悲壮感はなく、子供っぽさはあるけれど精神的に成熟していて、受け攻めのことも自分を放置して外国を飛び回っている母親のことも揺るぎなく大好き。こういうBLのちみっこはレアだなぁと思いました。

受け攻めカップルもとても良かったです。
幼なじみで、元々出来上がっているカップル。どちらかと言えば受けのほうがハイスペックで、ちみっこが幼稚園に行くようになっても先生や園児のお母さんたちとの交流もソツなくこなし、キャラ弁作りは職人技だったり刺繍までこなす人。ヤンキーでそれほど愛想も良くないのに、誰からも好かれ信頼される人。
それに比べると攻めは不器用だし、性格もヘタレなワンコ気質。でも愛情深く優しく、受けとちみっこをひたすら愛していて、いざという時はとても頼りになる人。
元々仲の良い、周りからも周知されている2人が、女児の存在のおかげでより強い絆で結ばれるのに萌えました。

そんな仲良しカップルですが、ちょろっと出てきた高校時代の青さや悩みなども大変萌える感じでした。あとがきによると、2人のなれそめ的なお話も書けたらな、ということでしたので、もし出たら買いたいです。

5

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う