志水ゆきさんのレビュー一覧

是(3) コミック

志水ゆき 

はぁー、やっぱおもしろい、好き

きました、玄間×氷見編です。
人気のカップリング。
私は怒鳴ったり強引なタイプって好きじゃないので、玄間推してはないのですが、お話として読む分には楽しく読めます。
父が寵愛していた紙様 氷見を譲り受けた玄間。
自分と母よりも氷見を優先して氷見を傷つけたと大激怒して家から追い出した父をずっと憎んできた玄間。
愛してくれなかった父への憂さ晴らしかそれとも初恋の成就なのか。きっといろんな感情が…

0

是(2) コミック

志水ゆき 

読み返すと気付きがある

初見で読んだ時は、1巻からの流れでメインカプは雷蔵×紺なので、この2人のお話を追ってたので、チラチラ出てくる近衛・琴葉・彰伊・阿沙利・櫻花は完全に脇に置いて読んじゃってた。

けどもこの先を知った今読み返すととっても良い!
分家の吟香が息子の紙様にすると無断で紺くんを連れ帰った時に、紺を連れ去られたのに何もしないのは冷たくないかと近衛が和記に詰め寄ってるシーン。過去になんかあったんだなと思わ…

1

是(1) コミック

志水ゆき 

大好きなシリーズ読み返し

大好きなシリーズ是
今更ながら読み返して書いてみる。
すごく好きで色んな人にオススメしてるけど実は1巻読み返すのとっても久しぶりでほぼ忘れてた。

雷蔵くんと紺くんのカップリングは特別萌えがなかったのでサラッと流してたのですが、あらためて読むとなかなか雷蔵くんも紺くんも不憫。

唯一の肉親のおばあちゃんが亡くなって天涯孤独になってしまった雷蔵くん。生活の為に三刀家の住み込み家政夫として…

1

蛇とワルツ 小説

榎田尤利  志水ゆき 

最終巻らしいおいしい1冊

読み返してきたPetLoversも最終巻。
他の巻はどこから読んでも大丈夫かと思いますが、こちらだけは最後に読まれた方がにやりと出来る部分が多いかなと。
本当にどの組み合わせもカラーが違う良さがあって、もっと続いてほしいほど好きなシリーズでした。

物語の締めとなる今作は謎めいていた完全会員制クラブ「Pet Lovers」のオーナーの1人・仁摩。
他作品でも一瞬登場してはミステリアスな雰…

1

花鳥風月 3 初回限定版小冊子付 コミック

志水ゆき 

No Title

大輝と沢斗の話は何回も読み返してます、本当にツボすぎて大好きな二人です❤️

0

酸いも甘いも恋のうち 小説

久我有加  志水ゆき 

読んだら絶対、落語を聞きに行きたくなる

久我先生の新刊『恋は読むもの語るもの』が素晴らしく良かったので、遡って同じシリーズだというこちらの作品も購入し、読んでみました。

『恋は〜』は講談師同士の兄弟子×弟弟子CPでしたが、こちらは同年齢の落語家同士のお話。

も〜〜これも堪らなく良かった…!!

読み終わってからネットで調べまくり、人生で初めて落語を聞きに行ってみることにしたほど。

この作品、攻めも受けも仕事人として…

1

耳から恋に落ちていく 小説

月村奎  志水ゆき 

声優好きの〝堪らん〟が詰まった一冊♡

密かに推していた声優さんと、偶然にも一緒に仕事をすることに…!と言う、夢のような粗筋に萌えて購入しましたが、〝神〟と〝信者〟のような絶妙に噛み合わない2人の交流に思わずニッコリしてしまう可愛い一冊でした♡

超ネガティブ思考で自己肯定感の低い2世料理研究家・渚と、そんな渚の帯番組でナレーションを務める人気声優・横田さんの甘くてほっこり癒されるラブコメBLです。

兎に角、受けの渚くんが可愛…

0

秘書とシュレディンガーの猫 小説

榎田尤利  志水ゆき 

シュレディンガーは何処に?

猫が棲まう古い屋敷で、1人の孤独な老人が死んだという。

PetLoversシリーズの3作目の動物は猫。
それぞれ独立したお話となっていますので、こちらの作品からでも楽しめます。個人的にはシリーズ未読の方にはこの3作目からをおすすめしたいです。
スレンダーからふっくらとした子まで、愛らしい猫ちゃんが登場しますよ。猫好きの方もぜひ。
どの作品も素敵なのですが、猫→犬orライオン→蛇の順番で…

0

獅子は獲物に手懐けられる 小説

榎田尤利  志水ゆき 

非力なガゼルは牙を剥けるか?

「犬ほど素敵な商売はない」に続く、完全会員制の高級クラブ・PetLoversシリーズの2作目となりますが、それぞれ独立したお話なのでこちらだけでも読めるかと思います。
やっぱりこのシリーズはいつ読んでも面白いですね。

とんでもない上にろくでもない下衆…もといどクズが登場したり、前作の犬編と比べると大分ヒリヒリ成分が強いライオン編。
というのも、主人公である千昭の義兄による所業の数々が胸糞…

1

ツァイガルニクの恋の沼 小説

月村奎  志水ゆき 

優しく甘く深い、恋の沼

ふあ。。。なんですかこの読後の多幸感とふわふわは…!!!!

毛糸玉に手編みのニットに手袋、暖かい暖炉の前で食べる手作り料理…

現実の自分の世界には到底出てこない、夢のような品の数々・:*+.

「夏」から始まり、季節のチャプター毎に紡がれるお話にときめきと胸きゅんが止まりませんでした…

両片想いの幼馴染、当て馬(に見せかけて全然そうではないのだけど誤解して暴走する攻め)、クリ…

1
PAGE TOP