木原音瀬さんのレビュー一覧

吸血鬼と愉快な仲間たち 2 小説

木原音瀬 

暁のモテは罪深い

2巻は暁の魅力が炸裂した巻でした。
それどころか、とにかく総モテです。本人はそんな事態を1ミリも望んでいない。だからなのか余計にモテ期でした。
分かる。暁がモテるの分かる。荒くれてるけど実は優しいし、美クールだけど熱いし真面目だし。
(やむにやまれず)コウモリ飼ってるし、美的センスも必要とされる技術職。自分のこと語らないからミステリアス。
そりゃモテますわ。
2巻では、困っている人をほっ…

0

灰の月 下 小説

木原音瀬  梨とりこ 

タイトルの考察

読後じわじわ効ますねー。
読んでる時の脊髄反射の感情と、読み終わって振り返ってみると違う景色が見えてきたり。
ちょっと置いてまた再読したいです。

タイトル「灰の月」
個人の勝手な考察なんですが
燃え尽きた紙の月(ペーパームーン)
→燃え尽きた紙(灰)の月なのかなと。

ペーパームーンは張りぼての月が由来で、まやかしや偽物という意味がある反面、紛い物でも信じ続ければ本物になる。と…

2

吸血鬼と愉快な仲間たち 小説

木原音瀬  下村富美 

妙に軽いあらすじや帯に引かずに読んでほしい

おもしろかったです。
木原先生の作品を白と黒に分けるなら、完全白い作品。少なくとも1巻は。
不幸にも中途半端な吸血鬼になってしまったアメリカ人のアルが、コウモリの姿のときに冷凍牛肉にまざって日本に出荷されるという不幸な事態に見舞われ、解凍されて色々あって日本で生活するようになる1作目。
日没とともに人間になり、日の出とともにコウモリになる、自分でのコントロール不可、と言う難儀な体質が気の毒だ…

1

期限切れの初恋(BBN) 小説

木原音瀬  糸井のぞ 

BLとしては・・・

木原先生は8作品目。

読み終わって「これはBLなのか?」と思いました。
確かにBLではあるんですが、個人的にはどっちつかずな印象を受けました。
大半がとことん現実を突き詰めた内容に占められていたので、最後の展開に少し違和感を覚えました。
あくまでも個人的な感覚ですが、ほとんどBLとは関係ないストーリーだったところで、最後によくわからないまま宇野と村上がヨリを戻して終わりというのが...…

0

美しいこと 下 小説

木原音瀬  日高ショーコ 

「美しい」「愛しい」「愛する」とは何か

やっと読みました...
木原音瀬先生の作品はこれで7作品目。
こちらのホリーノベルス版だけでなく、Ripika Novel版もお迎えし「愛すること」も拝読。
今まで読んだ中では最も穏やかな読後感でした。


読み終わって、「美しい」って何なんだろう、と考えました。
女装していた松岡の見た目?
松岡という人間の内面?
何だろうなぁ...と。

同じように、考える。
「愛しい」…

0

吸血鬼と愉快な仲間たち 4 小説

木原音瀬  下村富美 

怒濤の展開、そして…

とんでも設定に通常モードの世界観がするっとフィットしている(ように見える)ホワイト(?)木原なシリーズ新装版の4巻!!早くも5巻が待ち遠しすぎる、ひりっと切ないラストでした。

アルと暁のアメリカ珍道中、アルの受難は続きます。(つか、中途半端吸血鬼になってからずっと受難なんでしょうけど…。)ハイジャック機内のドタバタは、笑えない事態なのになんだか可笑しくて、クスクスしながら全然BLじゃなくね?…

0

黄色いダイアモンド 小説

木原音瀬  鳩屋タマ 

可愛い表紙に...

ここ数ヶ月、木原音瀬先生の作品のどハマりしています。

鳩屋タマ先生の可愛らしいイラストに惹かれて、「木原先生の甘々BLってどんなだろう?」と読み始めてみたら...何てこったい!

表題作『黄色いダイアモンド』の時点で既に甘々ではなかったんですが、『歯が痛い』はしんどいとかそういった問題ではなく...
とにかく不快感が先行し、何度か本を閉じました。
それでも木原先生を信じて読み進めると…

0

FRAGILE 小説

木原音瀬  高緒拾 

ヤバい奴×ヤバい奴

いやぁ~流石です。クソ野郎を書くのが本当にお上手!
上司のいるお仕事をされた方の多くが共感できるだろうクソ上司wwここまで酷い上司は流石にいませんでしたが、青池に共感同情してしまいます。何度妄想でコ◯したことかw
最後まで自分が悪かったと微塵も思わないところは本当にリアルですね。悪酔いしてバーでくだまいた時ぐらい?w
でも青池のやり過ぎにドン引きしちゃいました。大河内の家に人を呼んだ時はマワ…

1

『吸血鬼と愉快な仲間たち 4』コミコミスタジオ限定SS小冊子「忽滑谷刑事の事件簿 4」 特典

柳川成長記

本編のアルと暁はアメリカですが、こちらのショートストーリーの舞台は日本。
忽滑谷の相棒・柳川視点のお話も4作目。
毎巻毎に忽滑谷の刑事としての姿が見られるので、もうコミコミさんでしかこのシリーズが購入出来ない体になってしまいました。

今回はなんといっても、柳川の成長が見られるのが今までの事件簿シリーズとの大きな違いではないでしょうか?
そして、忽滑谷ともなかなかに良いコンビになって来て…

0

吸血鬼と愉快な仲間たち 4 小説

木原音瀬  下村富美 

新装版4作目

新装版4作目。
登場人物紹介ページの追加に加え、リチャードのボディーガードのヘンリー視点の書き下ろし短編「パパとボディーガード」が新規収録されています。
今作でも新装版既刊同様にスマートフォンやタブレット等、時代に合わせて細かな変更ありです。

4巻はもう、シリーズ1と言っても良いほど怒涛の展開が続く巻なのではないでしょうか。
そして結びの部分がまたずるくてですね…ここで終わり…?!とな…

1
PAGE TOP