>
新着レビュー

彩景でりこさんのレビュー一覧

媒体
165エキスパートレビューアー2018 19/02/21/ 15:45

※このレビューはネタバレ有です

それぞれの恋愛スイッチ

塚本と清水谷の関係と彼らに恋する若者に惹き付けられました。

塚本は閑職に回されたのは清水谷のせいなんですよね?でも清水谷は塚本に一目置いていて意識しまくりで。塚本を懐柔した桐生にもメラメラして。
しかも言葉使いが女言葉?なかなか屈折した想いを抱えていたんですね。

塚本たちは48才、桐生は入社半年。すごい年の差ですね!桐生がんばれ!

春海と清水谷。春海が新人時代に清水谷の部下だっ…

  • 0
ふばばエキスパートレビューアー2018 19/02/05/ 00:44

※このレビューはネタバレ有です

なんだか怖い話

もうたくさんのレビューがありますので、感想だけ。

この作品を初めて読んだのはもう結構前なのですが、その頃私は「どんな設定でも出てこいや!」的な感覚でハードル高めな設定のBLを続々と読んでいました。
3P?どーってことないじゃん?フツーフツー。
…と読み始め、え、え、ナニコレ⁈、こんなの初めて読むわ…
負けた…って思った。別に勝負でもなんでもないのにね。しかも、こういうのダメだ、って思っ…

  • 0
Sakura0904エキスパートレビューアー2018 19/02/02/ 10:22

※このレビューはネタバレ有です

同時収録作のクセが強い

 どの短編もエロには十分満足できたのですが、ストーリーやキャラクターへの萌えはかなり差があったかなという印象です。私は表題作が一番好みでした。唯一学生ものの『くー様と俺。』シリーズは、独特のコメディにあまりハマれず。キャラクターの宇宙人感がちょっと苦手な部類でした。個人的には表題作の割合がもっと多くても良かったかも。

◆風俗狂いですが年下男子に告られました(表題作)
 書店のバイト×社員で…

  • 0
だーだーエキスパートレビューアー2018 19/01/14/ 09:33

※このレビューはネタバレ有です

三角関係は疲れるけど…面白い

彩景でりこ先生の作品は、すごく気になるんですが…読むのに体力がいるというか、何も考えずにぼやーっとは読めないです。この作品は、まず表紙がとても美しい。そして空木くんが私の好みどストライクでした。恋心というものが、素直に綺麗な形だけではなく、歪んだ形をとることもあるんですね。長い年月を、はた目には不思議で嫌悪感すら感じるような関係で過ごしている二人の大学教授の間に、空木くんがぬるりと入り込むストーリ…

  • 0
ポッチエキスパートレビューアー2018 19/01/11/ 13:34

※このレビューはネタバレ有です

本誌のイメージは皆無なセルフパロです

でりこ作品の『蟷螂の檻』の同人誌。『蟷螂の檻』の同人誌としては『Psychedelics011』
に続く2冊目になります。『Psychedelics011』は蟷螂の檻の番外編でしたが、今作品はセルフパロです。

でりこさん自身、『Psychedelics014』の作中で「キャラ崩壊中」と書かれていますが、本誌のシリアスでダークな雰囲気は一切なし。完全にギャグに振り切った内容になっています。…

  • 0
Sakura0904エキスパートレビューアー2018 18/12/12/ 01:49

※このレビューはネタバレ有です

エロエロしいまま深まる関係

 『純愛えろ期』の3カップルそれぞれのその後が描かれています。相手に対する情が大きくなっていることを自覚したり、嫉妬したり、将来のことも見据えてみたり。充、聡史、恒が、相手との関係にいろいろ悩む話になっていました。カップルによって付き合い方がまったく異なるのが面白いですよね。悩むシーンが増えつつも、濡れ場も健在しているので、エロ目当ての方も十分満足できると思います。

 個人的に一番好きな太郎…

  • 0
Sakura0904エキスパートレビューアー2018 18/12/11/ 19:05

※このレビューはネタバレ有です

体液描写の生々しさはさすが

 幼馴染で仲良し4人組の岸、恒、充、聡史。そこに転校してきた太郎と、別クラスで友達のいない瑛生も加わって、3カップル6人のエロ多めな恋模様を楽しめます。最初にくっつくのは岸×恒。恋人になる前もなった後も、恒が充に相談しながら、鈍感な岸に対して試行錯誤します。岸の鈍感さはまあ仕方ないのかなぁと思いましたが、本当に終始淡白だったので、もう少し自分の欲求を素直に出しても良かったなと。実は岸は受け側をやり…

  • 0
だーだーエキスパートレビューアー2018 18/11/26/ 13:33

※このレビューはネタバレ有です

重厚な世界観に神を。

3巻、ひとことで言うと、典彦がどんどん怖くなってきました。育郎を他の男に抱かせて、さち子さんとそれを見る、そのあとでまた自分が抱いてタバコの火を押し付ける…育郎に対しての行動は、全然理解できないような…それとも人間の奥底には矛盾する感情や残忍さが眠っているのか、わたしには今の段階ではよく分からないので、繰り返し読んでは考えています。評価は好みがかなり分かれそうですが、わたしは、このような、理解でき…

  • 1
だーだーエキスパートレビューアー2018 18/11/25/ 13:39

※このレビューはネタバレ有です

さち子さんが良い女性だけに…

2巻のはじまりは、育郎の大学時代から。同級生の飯田という男が登場します。これからも育郎の人生に関わっていくのか?育郎の闇というのか、心の奥というのかを少しだけ飯田は見て、そこで育郎は地元に戻ってしまいます。
その後、育郎はさち子さんと婚姻しますが、この女性、とても良い人に思えます。ただ、育郎の家に嫁いでフツーの幸せは難しそうなので、これからどうなっていくのか、心配でもあります。体の関係はないので…

  • 1
だーだーエキスパートレビューアー2018 18/11/25/ 07:55

※このレビューはネタバレ有です

好きな世界観

ドラマCD発売のニュースでこの作品を知りました。音声を聴く前に、とコミックスを購入した次第です。
雰囲気は暗いし、なんだかドロドロしてて…わたしにはとても良かったです!独特の陰湿さにエロスがあると思います。
若き当主育郎と、その使用人典彦の関係は、育郎の幼い頃のトラウマに典彦がつけこんでるようでもあるし、典彦の本心がまだまだ分からないです。育郎の兄蘭蔵には、新しい使用人西浦がつき、育郎は婚姻を…

  • 1