演技の裏側、お見せします。~蟷螂の檻の中の人~

enginouragawaomiseshimasu

演技の裏側、お見せします。~蟷螂の檻の中の人~
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×22
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
14
評価数
4
平均
3.8 / 5
神率
25%
著者
彩景でりこ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
シュークリーム
レーベル
from RED
シリーズ
蟷螂の檻
電子発売日
ISBN

あらすじ

若手俳優の藍郎は、NetHugx配信ドラマ『蟷螂の檻』の主役に大抜擢されたものの、演技のことで悩んでいた。メンタル強めな今どきのワカゾーの藍郎には、自分が演じる“陰キャ気味なエロ坊っちゃん”こと育郎が、イマイチ理解できないのである!
使用人への依存度MAXなエロ若当主!? …なんだコレ、この役めっちゃムズカシイぞ!! 誰かタスケテ…とすがった先は、相手役の“攻俳優さん”ことエムヤマさん。悩みをうちあけるうちに、熱っぽい気持ちになった藍郎は、「エムヤマさんのことを演技のために好きになってみてもいいですか?」とするりと関係をねだった。
――それが、この秘密の恋の始まりだったのである。

演技の裏側、お見せします。~蟷螂の檻の中の人~(1) 34ページ

表題作演技の裏側、お見せします。~蟷螂の檻の中の人~

咲山倫明,深山典彦役
渡木藍郎,當間育郎役

レビュー投稿数1

待ちに待ってた連載の単話バージョン。本編をほんわりと癒す効果となるか。

良かった、「from RED」に連載中の「〜蟷螂の檻の中の人〜」が単話バージョンでスタートしました。「from RED」と同じく赤い表紙も素敵。なんか、典彦イヤラシイですね。「蟷螂の檻」の本編のヒリヒリ感を巻末でふわっと癒す、これが纏めて読める様になるなんて嬉しい‼︎
本編をNetドラマの連続ストーリーとして。それを演じる役者たち、ドラマの裏側という設定で、劇中劇の逆?の様な、所謂サイドストーリー的な設定。
その名も「演技の裏側、お見せします。」と銘打っている。
BLに広くあるある、芸能ものとしても読める。本編の中盤からこれがスタートしている、というのも面白い。
そして、当たり前だけど。それを演じる役者のキャラ設定も本編とは違う。
育郎役の藍郎は、イマドキの言葉使いの若手。しかもメジャーを目指す地下アイドルだし、弟・蘭蔵役も同じグループのアイドル。しかも、藍郎よりもしっかりしていて、先輩風なのも面白い。
藍郎はアイドルらしく元気良すぎて、育郎の鬱々とした雰囲気が掴めないでいる。それに、彼はまだ恋を知らない。聞きかじった演技論をかざして、典彦役の咲山に撮影中は擬似恋人でいて欲しいと提案する。これも演じる為と藍郎を抱く咲山だったが…。

作中の典彦よろしく、藍郎をちょっぴりSに翻弄する咲山だが、藍郎のエッチなおねだりに煽られてもいて。典彦無しではいられなくなった育郎の歪な愛執とは逆に、咲山が藍郎にメロメロにされちゃうラブな展開を期待したいな♬
蘭蔵役・らんらんや、西浦役・ケニー、さち子役・さっちゃんの登場もあるだろうから、とっても楽しみ。

7

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う