こんなに下手な口淫は、初めてだ

駄目ッ子インキュバス

damekko incubus

駄目ッ子インキュバス
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×22
  • 萌9
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
8
得点
46
評価数
14件
平均
3.4 / 5
神率
14.3%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
二見書房
シリーズ
シャレード文庫(小説・二見書房)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784576091884

あらすじ

落ちこぼれインキュバスのタキは、魔界一美しく聡明なクライブ公爵を誘惑。
だが、想像を絶するおぼこさで今回も失敗に終わると思いきや…!?

滴る美貌と魅力的な身体を持ちながら、冴えない性格とド下手なHでそれをまったく活かせない落ちこぼれインキュバスのタキ。人間界で失敗続きのタキは、悪魔を誘惑すべく魔界でターゲットを絞り込む。しかし、出会った相手はなんと魔界を統べる大魔王の傍系で、由緒正しき血筋のクライブ公爵だった!! 恐れおののくタキをよそに、想像以上のおぼこさと、最上位のインキュバスに瓜二つのタキに興味をもったクライブは、誘惑のいろはを教えてくれると言うのだが…。
(出版社より)

表題作駄目ッ子インキュバス

上級悪魔 クライブ公爵
落ちこぼれ下級淫魔 タキ

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数8

ダメで素直な子ほどかわよい。

海野作品ってことだけで購入。
ファンタジーはほぼ読まないので大丈夫かなぁ?、くらいのノリでしたが。

他の姐様方は帯等を見てエロ話だと思ってたのに…とありましたが、
幸いなことにそんな煽り文句にも気づかず(笑)、
本編読むまでインキュバスってなんだっけ?と思ってたくらいで。(^^;

タイトル通り、淫魔として駄目ッ子なタキ(受)が
魔界の公爵様であるクライブ(攻)に恋をしてホネヌキにするお話。
海野先生安定ののほほん、ちょいきゅん、くすっとするコメディラインかな。
(もはや海野先生はこの系統しか読んだことないですが。。笑)
エチシーンは一応あるけどそんなエロくないです。

淫魔なので人を誘惑するも、ことごとく裏目に出て、相手に恋慕させるどころかおかんやペット扱いされ、癒しを提供してしまうタキ。
見た目が人を翻弄させる美しさを兼ね備えている分、余計にギャップにより
捨てられてしまう。

うーん。そんなギャップに落ちる人間いると思うんだけどなぁ。
かわいーじゃん。とか思うけど。笑
まぁ、クライブが驚愕するほどエチが下手すぎるのが難なのかもしれな続きいけど。( ̄w ̄)プッ
それも含めて早々にクライブはタキのことが好きになっているわけなんですが。

『 キスは相手への完全服従 』という設定がヨカッタ。
この前提と、タキの素直に卑屈な考えと、ありえないほどの鈍感さで
中々二人が進展しないのなんの。笑
タキ→クライブはダダ漏れなのでクライブはいつタキが告白するのか、と
悠長に構えていたら当て馬ネロリの登場により更にひっかき回されるという悲劇。笑
“最上位インキュバス”ルーチェの存在でタキが見事に翻弄され
剰え自らクライブとの決別をしてしまう。

はー、わかってたけど。
分かってるんだけど、こーゆーベタ展開好きなんだよねぇ。笑
タキが自分のことを好いていることで悠長に構えてたのに、
まさかの決別宣言に焦りまくるクライブがイイ!!!
逃げるタキを必死で追いかけ、タキに悪さをしかける下級悪魔に激高して
角が出るとか。
仕上げに大量の悪魔の眼前で濃厚キスをタキに注ぎ、洗いざらいの告白をするとか。
くーーーーーーっ。(≧∀≦)
超ハイスペックイケメン悪魔が必至こいて下級悪魔であるタキに
翻弄される素敵なシーンです(*´エ`*)ウットリ

キスをあれほど拒んでいたのに、タキに告白してからは一転。注ぐ注ぐ。笑
隙あらば甘い言葉とキスでタキをメロメロに甘やかすんですぅ。
やっぱりキスシーンって重要だわーと確信イタシマシタ。( ̄ー ̄)ニヤ


今回の挿絵萌え度は低め。
萌えっというよりかわいーってのが多かったかな。
(いや、まぁ中々二人が進展しないので仕方ないっちゃないのですが。苦笑)
クライブがタキのこめかみをギリギリして、痛ぁーーーーいっって
してるシーンなんて文章そのままのらぶりーさでした。

普段ファンタジーを読まない方でもサラリと読めるお話なので
ベタ展開がお好きな方はぜひぜひ~♪

0

タキの正体がわかるところが・・・☆

発売されたときから好きなストーリーだったんで気になっていた本ではあったんです。
でも、ここで皆さんのレビューを読んでそれほど高くない評価だったのと海野さんの本を読んで過去はまるのがなかったんでずっーと読もうか読むまいか悩んでたんですよね(>_<)

んーー評価としては、皆さんと同じような評価になっちゃいましたね(^_^.)
でも、読んで時間の無駄だったとは思わなかったし、楽しめたのでよかったです笑

ストーリーはあらすじ通りです♪
思いは伝え合ってはいないけれど傍目から見ても丸わかりの両想いの2人の仲をクライブの友達?の魔王の息子がいい具合に関係をひっかき回しちゃうんですよ。駄目っ子のタキは勘違いしてクライブから逃げ出しちゃうんですねぇ~・・・。
っで、ガラの悪い悪魔に捕まってやられちゃうところをクライブに助けられてお互いの思いを知る。

この本を読んで一番良かったのがお互いの思いを知ってなだれこんだエッチの事後に最上位のインキュバスのクライブへの思いが書かれていたことですね(*^。^*)
それがあったことでこのストーリーに重みが出たのかな、と思いました。
何も続き考えずに読んでたのでそこでタキの正体を知ったアタシは「ぉえっ!?」ってなりました笑 ←おっそ

確かに続きが読みたいような読みたくないような終わりになりましたね☆★

0

続きがほしいようなほしくないような

 滴る美貌と魅力的な身体を持ちながら、冴えない性格とド下手なHでそれをまったく活かせない落ちこぼれインキュバスのタキ。
 料理上手になれば、モテると聞けば一生懸命料理をして尽くすけれど、それが返って仇となり、「所帯くさい」と言われてしまったり、Hの最中に寝られてしまったり、と人間界で失敗続きのタキ。
 人間界でダメならば! と今度は悪魔を誘惑すべく魔界でターゲットを探すことにする。
 たまたま辿り着いた泉にいた悪魔をたぶらかそうと試みるがあえなく撃沈。
 おまけに、「やってみろ」と言われて押し倒すと、地面に頭をぶつけさせてしまい、キスでもなんとも感じさせられたない。
 すっかり追い討ちをかけられたタキだったが、タキが無礼ともいえる行為に及んだ相手は、なんと、魔界を統べる乃魔王の傍系で、由緒正しき血筋のクライブ公爵だった。
 あまりの身分違いに恐れおののくタキだったが、想像以上のおぼこさと、最上位のインキュバスに瓜二つのタキに興味をもったクライブは、タキに誘惑のいろはを教えてくれる、という。
 翌日、再会したタキに、クライブ公爵は自分が作ったという光り輝く街の中を案内してく続きれる。
 すっかりクライブに夢中になってしまったタキだったが、クライブの中には最上位のインキュバスがまだ居座っているようで……という話でした。

 タキは本当にダメなインキュバスで。
 それは本当は、人間を自分の餌として割り切れなかったりとか、いつまでも過去を引きずっていたりとか、そういうところが原因だったりしたんですが。
 それもクライブにとっては好もしく映っていて。
 でも、タキにしたら自分に自信なんてまったくないので、何をされても臆病になるばかりで、どうしていいのかわからない。

 そして、最後に、実はタキがその最上位のインキュバスだったっていうのがわかるんですが、タキ自身はそれに気が付いてなくて、クライブ伯爵のみが、最上位のインキュバスの想いと共に気づく……という。
 まぁ、気がつかないタキも十分にかわいいんですが、個人的には、気が付いて、タキと半分半分くらいになった最上位のインキュバスの本気も見てみたいなー……と思うんですが。
 出てこないほうが幸せなのか、それは誰にもわからないんですよね。

 ちょっとだけ続編を期待してみたりもするんですが、ない方がいいのかもしれないです。

0

「エロ訓練」に期待しちゃダメ

落ちこぼれインキュバスが、最上級の悪魔と出会い、いろんないきさつがあって「最上級のインキュバス」になるための訓練をしてもらうことになる――
この冒頭のあらすじ説明で予想し、また期待するのは、9割がたエロ訓練だと思うんですが、そこに期待しちゃダメな作品です。
エロは極めて薄くて、ひたすら駄目インキュバスの駄目駄目っぷりや、優しい上位悪魔とのほんわかした日常やらが綴られるストーリー展開になります。あと、駄目インキュバスのかすかな精神的な成長と。
私も「エロエロ話なんだろな」と思ってむしろ期待値を下げて読みはじめたんですが(純情無垢な受けが、やり手の攻めに開発されるタイプのエロエロ話ってあんまり好きじゃないもんで…)、むしろイイ意味で裏切られました。
がんばり屋だけどヌけてる駄目インキュバス受けと、無愛想な見た目の裏側で実は駄目インキュバスに萌え萌えになってる上位悪魔攻めの平和な日常が楽しかったです。
できたらもうちょっとだけインキュバス受けがプラス思考だったら良かったのになとは思いましたが。ニコニコ笑顔で数時間おきにお茶の用意をして、少しでも攻めの近くに行きたいと頑張ってる健気な姿が一番好続ききだったもんで。

オチは予想通りでしたが、若干腑に落ちなかったな。最上級インキュバスがなぜそういう決断をしたのか、もうちょい詳しい説明が必要だったんじゃないかなと思いました。

キャラ的に好きだったのはネロリです。彼がメインになったスピンオフが読んでみたい。ネロリの本気が見てみたいー!

1

タイトルに反したほのぼの具合

魔界の公爵×インキュバス。
この設定でこんなほのぼのしたお話を見ることになるとは思わなかった。
エロはほぼないに等しい。
タキがあまりにも下手すぎて、練習中もちっともいい雰囲気になりません(笑)
けど、それはそれでかまわない気分にさせてくれます。
駄目っ子だけどがんばり屋なタキはかわいい。
対するクライブさんもまたいい人です。魔界の公爵がこんないい人でいいんだろうかという気がするくらい。

ずっと最上位のインキュバスを忘れられないでいたクライブですが、個人的にはラストのオチは当人じゃない方がよかったかなあとも思います。
なんかクライブが今のタキの側にいるのは結局過去のあれこれがあったからでしょっていう感じがするといいますか、なんか今のタキがかわいそうな気がするのは私の考えすぎなのかな。

そんなこんなで中立評価にしておきます。

1

だめだめ、だめっこなv

駄目な子ほどかわいいは言いますが、これはまさにそれですねwww
や、うん。だめだからかわいいのです。
なんでそんなに捨てられまくってたんだろこの子。
中には~というか、結構好きっていってくれる子いそうだけどな。
でも、たしかに眉目秀麗、見た目完璧なのに、中身は駄目ッコっていう恐ろしいギャップには耐え難いものがあるのだろうか・・・正直私もイメージが合致しないでふらふらしてましたww正直。

お話は、インキュバスなのに、人間から性をいただけない。
見た目は完璧なのに、まるでダメ。何をしてもだめ。
結局は捨てられてしまうという結末を繰り返していた受。
人間じゃだめなのかも・・・と魔界にやってきてみたところ、なんと一人の男に拾われる、それは、なんともすごい相手だったわけなのだが、一緒にいるほどに惹かれてしまう気持ちを隠しきれなくて・・・・!?

ほかのレビュアーさんもかかれてますが、「淫魔」「エロ訓練」ときてのエロの期待値をあげ・・・あげ・・あげといてなんですが、エロは非常に薄いです。淡白という意味ではなく、あくまでも受が駄目ッコすぎて事が進まず、攻は攻で、受がかわいいあ続きまり、大事にするあまり・・・な展開のなさが笑えるほどかわいかった。
受の引かれていく様子もいわずもがな。なんですが、個人的には攻が、受のだめっこインキュバスを大事に想い、嫉妬し、優しくなり~な雰囲気がすごく好きです。ダメだから空回りしたり、がんばってるのに~な受ももちろんすきなのですがねwwww
魔王の息子~なお邪魔ムシにひっかきまわされて、素直に誤解して~なばたばたぶりもかわいく読めました。

そして何よりな、受の正体。
これは、最初の「似ている」の地点で「よもや」と想っていたんですが、
「あれ?ちがうのか~そうなのか~・・・」となっとくsっかけての更なるどんでん返しにはしてやられましたw
うまい(´∀`)メ
うまい!といえば、キスをもったいぶるこの作品の真髄です。
上位の悪魔にとってのキスの意味。キスをするということの意味。
だからこそ、惹かれる唇にふれてもらえない。触れたい
このもどかしい気持ちがなんともいえなかったのです!!
ほら、最近のBLっこたちって、そっこーやっちゃうからこのくらいじらされると逆にキューーーんってしてしまうんだろうな。

「俺はお前に絶対服従だ」
なんか、この逆転主従な関係がなんとも萌だったのです。
結局はじめての合体も、意地悪言われながら=なプレイがかわいく見えてしまった。
海野作品。いいぞw

2

なんだこの慎ましさは

仕事帰りに疲労困憊して、アホエロなBLが読みたいと
衝動的に購入。 インスタントエロを期待したらパンチに
欠ける出来で肩透かし。 おいおい、帯の
『こんなに下手な口淫は、初めてだ』ってホントに
ヘタなのかよ!? インキュバスで超絶美形でありながら、
冴えない上に尽す性格が禍して落ちこぼれの受けを
教育する大魔王の傍系で由緒正しい血筋の公爵。
なんちゃってファンタジーらしく、一回転するのに
一日かかる大観覧車、眠らない光の町など、なかなかに
魅力的な舞台。 お話を動かすために投入された
美形のネロリさんとヤっちゃうのかと思ったらそんなこともなかった。
シャレードらしく終始おとなしくて残念。
落ちのべったべたぶりはもう序盤で既に読めてたけど、
そういうべたさが良いのかも。
古き良きBLですな。 

2

インキュバスの名も、帯のあおりも見事に裏切った潔さ

インキュバス=淫魔 で、ダメっ子ってことはひょっとしてお仕置きモノでエロエロなのか?と思いましたが、以前の作品でもファンタジーはちょっと、、とおっしゃっていた海野さんの再チャレンジ魂と、ケモミミや人外の絵で定評のあるククハヤテさんの絵に興味をそそられ、自分もチャレンジ。
予想外の展開に安心してみたり、、

主人公のタキは曲がりなりにも悪魔の仲間なのに、人間くさくて不器用です。
シナを作って歩けば「具合が悪いのか?」とか聞かれたり、ハートを奪うにはまず胃袋からと料理は上手で、洗濯掃除もかいがいしく、それでとっても美系の外見なのに、見た目と違うといって中々精を吸い取ることができないのです。
運よくベッドインしても、下手すぎて途中で相手が寝てしまったり。
この職業向いてないよ、っていうか選ぶ相手も間違ってる気もするし。
そんな彼が悪魔でも誘惑してみようとして失敗したのがクライブ公爵。
あまりの不器用さに同情され、一緒に住んで最上位のインキュバスに教育されることに。
ここで、エロ教育などが始まるのかと思いきや、口淫一回で気を失うタキに、ぜ~んぜん普通の、何だか魔界なのに人間く続きさい所帯じみた生活が繰り広げられ。
生活に魔法や魔獣が出てはきますが、まるきり人間のお話みたいです。
そこで、クライブは唯一愛したタキそっくりの最上位のインキュバス・ルーチェが一晩の交わりだけで姿を消し、今も愛しているのだということを知ります。
魔王の息子ネロリのちょっかいなどで近づく二人ですが、公爵は絶対キスをしてくれない。
それには実は秘密が・・・

まるで人間と一応悪魔(?)の関係のお話みたいで、最後にタキの真実がわかってというネタ明かしにもっていってます。
タキも人間臭いですが、クライブも悪魔にしては優しいですよ。
ただタキに危害を与えるものには容赦ないですが。
タキは本当にダメっ子というにはふさわしい悪魔としてはダメっぷりですが、健気で真っ直ぐで正直で性格や行動など好感が持てます。
別にファンタジー設定でなくてもよさそうなお話ですが、現実がついてきてしまうと、しがらみが多くなってしまうので、こんな甘い話には、この設定が向いているのかもしれません。
エロだろ?っていう予想を見事に裏切ってくれたことでギリ萌え評価をしたいと思います。
軽く流すファンタジーとしてはいいのではないでしょうか。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ