「生涯仕えると誓う代わりに、伯爵以上の陞爵を」──

憂鬱な朝 2

yuuutsu na asa

忧郁的早晨

憂鬱な朝 2
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神76
  • 萌×222
  • 萌8
  • 中立2
  • しゅみじゃない4

278

レビュー数
10
得点
494
評価数
112件
平均
4.5 / 5
神率
67.9%
著者
 
媒体
コミック
出版社
徳間書店
シリーズ
Charaコミックス(キャラコミックス・徳間書店)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784199604430

あらすじ

桂木(かつらぎ)からの条件に同意し、
強引に抱いてしまった暁人(あきひと)。
けれど、どんなに情事に溺れても、
桂木の態度は冷たいまま。
怜悧な美貌を崩さない家令に、若き子爵は
激情と苛立ちを募らせる。
そんな緊張を孕む主従は、ある晩、
森山(もりやま)侯爵家の夜会に招待されて…!? 
華族階級の光と影を鮮烈に描く、
クラシカル・ロマン第2巻!! 
(出版社より)

表題作憂鬱な朝 2

子爵家当主 久世暁人
家令  桂木智之

評価・レビューする

レビュー投稿数10

全身全霊できみを愛するを華族社会でやるとこうなる

お前がそばにいてくれるなら
僕は何だって

どこかにありそうなラブストーリーのセリフですが2巻で出てくるところ、すごい好きです。
どこにもない重みを感じます。全身全霊で、ってこう努力するんだよ、と知られされているような展開になっていきます。

絵もすごいきちっと描かれていますよね。すごい、と思います。
絵もかため、かみのけもきちんとしている
さわると堅そう!?

堅苦しい貴族社会のイロイロ、
学問を究め
社交でも頭角を現し、
株式に精通し、
資産を基盤に事業に邁進する。


こちらも実際のトコロ、貴族の複雑な人間関係など、読むのに骨が折れたりも、
暁人と桂木が5巻の夜会でそれぞれ何をねらっているのか、とか複雑で、何回も読み返さなければ、となってしまいます。
が、がんじがらめの旧来の社会で自分の地位を固めるサクセスストーリー(?どう暁人が決断するのかはエンディングのお楽しみでもあります。)
としても、すごい二人、成長してるな、と見守りたくなります。

ただ、アイシテルの言葉をささやけばいいんだ、では片付かない
有言実行タイプのハートの強さに惚続きれること間違いなしです。

はじめから与えられた位置から数段飛び越えて、
自分で愛する自由をつかみとっていく

なかなかないカッコイイ人物像だと思います。

2

桂木は変わらないというけれど、
明らかに変化していくのが見ていて嬉しくもあり、
今後の事を考えると少々苦しくもありという展開(´A`。)
執着というか執念というか。。
桂木を側に置くためにまっすぐな暁人。。
「桂木とともに並んで歩きたかった」の言葉にキュンとする。
決して対等な立場ではない。
決して対等な立場ではないけれど、同じ目線、同じ気持ちでいたいと願う
そのまっすぐさに心打たれます。
つらいこと、悲しいこと、過去全部含め変えられないけれど、
最後には大団円でおわって欲しいなと心から願う。

1

大きすぎる枷

 2巻の表紙。手に口づける暁人と、その手を見つめる桂木の表情はまだ硬い。それでも1巻で目をそらせていた桂木が、暁人に視線を向けて物語が動き始める。

 1巻で「先代」「父上」と呼び名だけで語られていた暁人の父『暁直』が、桂木の見る夢で彼に対してどんな人物だったのかがわかるのですが、とても厳格でピリピリと張り詰めたような冷たさを感じます。久世家に入る前から桂木はずっと一人だったのですね。暁直の言うことを聞いて精進していけば、居場所が見つけられると信じたのに、そうはならなかった。何も知らされぬまま含みを持った暁直の言葉を聞く幼い桂木がとても哀れです。桂木が自分の出生を知ったのはいくつの時だったのだろう?この巻では未だ曖昧です。義父は真実を桂木に伝えていたのだろうか?

 暁人は桂木と体の関係を持ってからは、あからさまに桂木を求めます。おまえの言う通りにするからと、取引を持ちだして、何度も桂木を抱きます。「好きだ」と繰り返し口にする暁人の『熱』を感じる桂木。桂木の求めるものが『居場所』で暁人の求めるものは『桂木と共に在ること』。それはきっと同じものなのに、すれ違う二人がもどかしくて悲続きしい。子供の頃は大人たちに翻弄されて、そして今は背負うものが大きすぎる二人。だけどこの枷がなかったら出会うことすらなかった二人です。

 元書生の雨宮が現れて、暁人の婚約話も具体的になっていく中、二人が変化していきます。「先代に全然似ていない」と言われていた暁人が父の背格好に似てきたと言われ、強気な姿勢や声が先代のそれとシンクロしてくる。
 桂木は取引きとして抱かれながらも、感じて思わず暁人の肩を握りしめてしまいます。惹かれあいながらも「すべては久世家のため」を合言葉にすれ違う二人。暁人には桂木の迷いを、そして桂木には「永遠はあるよ」と教えてあげたい。
 二人の情事が大変綺麗です。高揚する表情と抑えた息遣い、それに重なるモノローグに胸が痛くなって、こんなに思い合っているのになんとも切ない!
 
 事後、自室で身体を拭く桂木の褌姿・・・ほんの一コマ、チラ見せでこの破壊力。日高先生に完敗です。

4

冷たい間柄

前巻で、大正時代の世界観に
魅せられてしまった私。

でも、暁人(攻め)も桂木(受け)も
本当に可哀想な人で、
見てて哀れになってきます。

哀れというより、切なすぎます。

暁人は、桂木を見て何を思うのか…。
桂木は、暁人を見て何を思うのか…。

執拗に桂木を求める暁人。
でも、それを理性で抑える桂木。

いや、実際、まだ桂木はこの頃はそこまで
「恋」というものを暁人に対して
自覚していなかったのかもしれません。

でも、暁人の婚約の話で
自分の心がわからなくなってしまう桂木。

「もっと迷ってしまえ。
 そして、暁人への気持ちを強くして自覚してしまえ」

と、思ったのは、きっと私だけではないはず。

このへんのストーリー運びは、
かなり悶々とします。

大正時代の世界観は美しいですが、
そのしがらみに囚われず、
彼らには、早く幸せになってほしいな。

明るい未来がありますように。

0

桂木の蟠りの正体が明らかに・・・

◆あらすじ◆

桂木が久世家に入った経緯が明らかに。
やがては久世家の後継者となる予定だった桂木の未来を暗転させたのは、暁人の誕生だった…?
いまだに桂木を当主にと主張する、元久世家書生の弁護士・雨宮の登場で、にわかに不穏な空気が漂い始めます。
しかし、どうやら桂木には既に野心はなく、今の彼はむしろ当主としての暁人を守ろうとしているようで。
一体何が、彼の心を変えたのか?
「お前が好きだ」と真正面から想いをぶつけてくる暁人に、揺れ動いていく桂木の心情を描いた2巻です。

◆レビュー◆

なるほど、暁人は、桂木の人生を暗転させた張本人だったんですね。
それも、本人には何の自覚もなく、ただこの世に生を受けただけで、桂木を日蔭へと追いやったという…。
「どれほど優れていようとどうにも叶わぬことはあるものだよ」
前当主から言い渡された残酷な言葉を、桂木は幼心にどう受け止めたのか…
桂木の暁人に対する「あなたはお父上に似ていない」という言葉には、自分のほうが当主にふさわしいという思いも込められていたのでしょうか。

しかし、暁人に対して長い間蟠りを抱え続けてきた続きはずの桂木が、意外にもすでに暁人に陥落寸前とは。
ちょっと、早い・・・?(汗)
家族に愛されずに育っただけに、直球の愛に脆いんでしょうか。案外わんこ攻めスキーだった??
とはいえ、あと一歩で桂木ツンデレ化か?…と思うと、期待が高まります。
ただ、家令という彼の立場では、そう簡単にデレてるわけにもいかず。
心を鬼にして暁人の婚約話を進めようとする桂木、痛々しい。・゚・(ノД`)・゚・。
そして、そんな桂木に苛立ちながらも、否が応でも当主という立場と向き合わざるをえなくなっていく暁人も…
「家」と恋との板挟みという、なんとも時代背景にふさわしい恋の障壁。
辛いけど、辛いけど、・・・・・・オイシィ(≧∇≦)

おいしいと言えば、忘れちゃいけないのが、2巻の目玉・桂木の褌チラ見せ!
あの、クールで妖艶で、フロックコートが死ぬほど似合う桂木さんが実は褌着用とは…
よーく考えてみれば明治の人なんだししごく当然なんですが、なんでしょう、カナヅチで殴られたような 衝 撃 とでも言いましょうか? 意外性もまた有効な萌えの起爆剤というわけで。
ここへ来ての褌チラ見せ、それも、攻めの暁人ではなく、敢えて受けの桂木の褌姿をチラリ御開陳、というあたりに、日高さんの非凡なセンスを感じます。
暁人と桂木の、声を殺して愛し合う、時代物らしいサイレントHも萌えますのぉ(*゚∀゚)=3

雨宮の登場で、すわお家騒動か?と思いきや急展開はなく、登場人物こそ多いものの、大きな動きはなかった2巻。
焦点になっていた桂木の出生の秘密は、次巻でいよいよ明らかに。そして、急速に事態が動き始めます。

3

剥がれ落ちていく

毅然とした桂木の内面が少しずつ見えてきた2巻です。

桂木を貪る暁人が急激に大人の男へと変貌しつつも求めるものが得られない苛立ちから更に強固な態度で探ってしまう。
ひたむきな気持ちがとてもいじらしくも桂木の教育の賜物か血筋なのか、時々顕われるしたたかさ、狡猾さに少し裏切られたような複雑な感情を持ってしまいます。
が、しどけない桂木の姿にはときめいてしまいます。

どうして、こうなってしまったのか。
思うように動かなくなった暁人に対する桂木の想いも波立ち始め、言葉と態度で矛盾するような部分が見えてはその真意を知りたくてウズウズしてしまいます。

桂木の過去を知る雨宮の登場に、お家騒動的な波乱と新しく露見した桂木の出自が2人の関係に絡んで今後どう展開されていくのか。
そして重ねた手のひらの力強さの意味が気になる続きとなりました。

1

この時代、洋装でも褌ですよね

普通に子供だった暁人さんがどんどん大人になられていきます。
桂木さんに対する想いは変わらないままで。

何でしょう、この苦しいまでの両片想い。
一応、当主の座を狙っていたなど色々かつては思っていたような展開ではありますが、どれも何故か「嘗て」としか受け取れないのですよ。
四巻まで読んでから読み返すと、暁人さんが大切なのが駄々漏れじゃないですか。
真っ直ぐな想いをぶつけられ続けたら、最初は本当に憎んでいたとしてもほだされますよね。
時折、ふとした瞬間に桂木さんの表情が一瞬崩れるのがたまらないです。

お友達の石崎くんもいい子。
君はノンケでいて欲しいなあ。

あと、この漫画で一番すごいと思ったのは、褌。
そうですよね。この時代、洋装でも褌ですよね。
そうかあ。

2

ふたりそれぞれが、憂鬱になる朝

どこまで読み進めても緊張する作品です。ピンと張りつめたような世界を見ている、そんな気になります。
息抜きがてらに笑える箇所もなく、ずっとシリアスな展開で進むのですがそれだからこそ良いのだと思います。まさにこの桂木と暁人の関係性のように、自由のきかない小さな箱の中にいるような、そんな気分です。

以下、断片的な感想など。

暁人はいつの間にか、社交場で女性を優しくリードし、他家の男性ともしっかり話ができるようになっていた。桂木が知らない主人の姿がそこにあった。
けれどもその暁人は、桂木のこととなると己を保てなくなる。華々しい社交界で緊張することもなく年嵩の者たちと交流できるにも関わらず、たったひとり桂木にまつわることですぐにおかしくなってしまう。
それが顕著なのは森山侯爵夫人に対しての返答。「桂木と並んで一緒に歩きたかった」まるで、ただの子供のよう。
どれだけ周りが、暁人を大人になったと言い、変わったと褒めそやしても、暁人の心を揺さぶる桂木の諸々に関わると彼は等身大よりも幼い。子供のようになる。
冷静でなんていられない、桂木のことが大切で一番で仕方がない。その桂木に主人続きであると認められたくて、そうしてできうるならば好かれたくて愛されたくて。はじめこそ友人のようになりたいと願っていたけれども今ではそれが恋人であればいいのにと希うほど。
その必死さが、そのもどかしさがジリジリと伝わってきます。
暁人には叶えられないことが、越えられないしがらみがあるからこそもどかしくて仕方ありません。華族であり久世家の人間であること、どれほど努力したとて桂木は彼と同じではないんです、今は。だからこそ『今』の『一度』ならば並んで歩ける。これからは無理でも、この会でなら、そしてこの会でしか、たぶん並べることはないんでしょう。
暁人の数あるわがままというか、願いのなかでも大きく権力を使ったところではないでしょうか。こんな子供みたいな願いが、でも暁人にとっては叶えたかった望みなんですよね。
自分という人間を認めてもらいたい、その相手と並んで歩きたかった……。

そして徐々に明らかになる桂木の『ほんとう』の両親のこと。
それと同時に加速してゆく桂木と暁人のままごとのような、刹那的な関係。
桂木は「自分がなんであるか」を薄ら悩んで生きてきています。桂木の姓を名乗る自分、久世家の次期当主になるはずだった自分、桂木でもなく久世でもない自分。
けれども暁人は、彼だけはおそれることなくただまっすぐに言いました。「お前がだれだろうが、なんであろうが、関係ない」

なんにも関係ない。
桂木が桂木じゃなくても、ただのおまえでいい。
ただのおまえと、ただの僕が一緒にいたい。
久世とか桂木とか、子爵とか公爵とかもうそういうのもどうだっていい。
ただのおまえ、ただの僕。ただの僕がおまえのことを好き、傍に居てほしい、そう思うだけのこと。

畏れを知らない十も離れた子供の言葉が、桂木の心にしみないわけ、ないと思います。
つらい、苦しい。ここを、越えてほしい。

2

熱が氷を溶かしていく

4巻が出た時に一気に購入したために、限定版は入手できませんでした(涙
5巻の時はスタートダッシュします!
でもできたら同時収録して頂きたいです…

『憂鬱な朝』2巻です。

桂木の子供の頃のストーリーがあり、彼の立たされていた境遇が徐々に明らかになります。
桂木の心中で暁人の存在は、一緒に暮らしだしひととなりを知るまではどんな影を落としていたのでしょうか。
先代のことといい、桂木兄貴登場のことといい、かつての書生であった雨宮のことといい、桂木にはまだまだ隠されていることがあるのがプンプンです。
先が楽しみー!

生涯桂木が仕えることを条件に、桂木の希望であるしょう爵(スマホでは漢字が探せません)を目指すことになった暁人でしたが、その延長線上で伯爵家との見合いが決定したり、桂木が色々暗躍していたりとまだまだ良く先が見えません。
ですが、暁人のつきつけ続ける熱が桂木の凍った心に侵食していっていると感じられるのが、1巻との大きな違いかと。

あー、桂木可愛すぎです。
でも、暁人が寝ている時にしかそういうことが出せないのは、彼の苦しみが伝わるようで切ない…
気持続きちを抑えることを常に当たり前として生きてきた、そうしなければ生きられなかった桂木が自分を解放できる日がきて欲しいなあ。

3

大人になった暁人

 桂木が熱心に勉強している矢先、久世の家で世継ぎが生まれたとの知らせが入ります。久世の血を引く正当な跡継ぎなら、桂木の立場はないのです。

 暁人の方から桂木を押し倒してしまい、好きだよなんて言うのです。暁人は好きでも、桂木の気持ちがまだはっきりしないような気がしました。そんな中、急速に始まった伯爵家との見合い話。好きとか嫌いと言うよりも、家の格を上げるため、地位を守るための政略結婚です。
 かつての書生、雨宮が訪ねてきた時は、暁人側についた桂木です。そして社交の場では、桂木の兄まで登場して、こちらでも内紛があることを見せつけられるのです。

 好きという気持ちから恋愛、ハッピーエンド、体から始まる関係でもなく、ともかく物語を動かしているのは「家督」なのです。萌えではありませんが、また次巻を読みたいと思う骨太のストーリーです。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ