「もう1回絶交と俺に抱かれるの、どっちがいい?」

ひとりじめボーイフレンド

ひとりじめボーイフレンド
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神18
  • 萌×216
  • 萌31
  • 中立17
  • しゅみじゃない14

--

レビュー数
31
得点
264
評価数
96件
平均
3.1 / 5
神率
18.8%
著者
 
媒体
コミック
出版社
一迅社
シリーズ
GATEAU ガトーコミックス(コミックス・一迅社)
発売日
価格
¥657(税抜)  ¥710(税込)
ISBN
9784758071222

あらすじ

久しぶりに再会したかつての親友はすごぶる綺麗な顔をして、オレを困らせることばかり言う――。小学6年の冬、健介は親友の支倉と中学が離れてしまうのが嫌で、つい心にもない絶交宣言をしてしまった。それから3年が経ち、高校で再会した支倉は何もなかったかのように健介と接してくれる。仲直りが出来たと喜ぶ健介だったが、支倉はとんでもないことを言い出して……
ありい先生の初コミックスは独占欲の強いイケメン×やんちゃ少年、ド王道の直球ストレート!
(出版社より)

表題作ひとりじめボーイフレンド

支倉麻也,3年ぶりに再会した元親友,15歳
大柴健介,お子様な高校1年生,15歳 

その他の収録作品

  • その後のふたり
  • 理想
  • フラグ
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数31

BLな雰囲気をお手軽に

本作のスピンオフに当たる「ひとりじめマイヒーロー」がアニメ化するということで読んでみました。

いやはや…びっくりするほど趣味じゃなかったです。BL作品に対象年齢があるとすれば、単純にこの作品は私が読むのに適さないものだったのでしょう。あ、エロの有無ではないですよ。クドさとは無縁のさっくりした絵と明るく楽しい作風でボカされていますが、これといったシナリオがなく、主人公二人の内面的・人間的な深みも描かれていないので、感情移入して読むための盛り上がりに欠けると思いました。

BLな雰囲気をお手軽に楽しむにはオススメの一冊です。

0

顔も名前も出てない攻めの姉の旦那が気になって仕方ない件。

健介が小型犬みたいで可愛い。
みんなに可愛がられてるよね(*´艸`)
勢多川なんてもはや父目線だしwww
健介と支倉に振り回されまくってる勢多川…お疲れ様でした。
労いの言葉を掛けて差し上げたい。

お兄ちゃんのブラコンっぷりも( ̄ー ̄)bグッ!
支倉について感づいた兄の牽制シーンが素敵でした。
自分の首元にトンッと手を当ててニッと笑って「なっ♪」なんて…!
(意訳:お前が健介に残したキスマークに気付いてないと思うなよ)

5話目の支倉視点良かった。
いつもとは逆に健介からこられると弱いというか…幸せ過ぎて青い鳥まみれになるところとかwww
でも幸せだけど体調つらすぎるという罠。
あの…健介さん、開放して介抱をお願いしますwww
支倉さん39℃超えておられますんでwww

もうほんっとメロメロねー!
その後の2人だって「ナニするんだ?!」と思ってたら…何この可愛い2人は(*˘︶˘*).。.:*♡

エロ描写苦手な人にも割りと大丈夫そうな作品ですねー。

それにしても支倉のお姉さんの旦那のインパクトがすさまじい。
顔とか名前とか一切出ていな続きいのに…!
美人な支倉姉に「ブルマはいて女装した自分(旦那)と百合プレイ」を要求する旦那がものすっごい気になって仕方ない。
どんな旦那だよ!

あとクラスメイトの女の子。
1ページ漫画で支倉姉にときめいていたけども…調べたら本当に百合姫で「ひとりじめマイフェアレディ」として掲載があった模様。
え…これどうなの?どうなったの??
だ…旦那泣くんじゃ←

0

ブラコン兄ちゃんと父勢多川に会えます

長編ものではないので仕方ないのですが健介の気持ちがだんだん変わっていく過程がもう少しほしかったです。もともと大親友で絶交していたことがあったから常に気にはなっていたと思うので、その辺のところをもう少し詳しく書いてほしかったですね。
支倉の転校してしまった理由もはっきりしないし、お兄ちゃんと勢多川の細かい設定もちょっと違っていて、続けて読むと、あれ?と思ってしまいます。
支倉はいいのですが健介はマイヒーローの時の方が可愛いです。

0

本当の"好き"って何?

■プロローグ
小学生の頃、大親友だった大柴健介(おおしばけんすけ)と支倉麻也(はせくらあさや)。
ところが小学6年生のある日、健介は親の事情によって同じ中学校に通えなくなってしまうことを支倉から告げられる。
咄嗟に「お前なんか絶交だっ・・・!」と口にしてしまう健介。
そして、高校1年生の春、何の巡り合わせか健介は同じ高校で支倉と再開してしまい・・・!?
天然元気っ子の大柴健介と、やんでれ王子の支倉麻也が織りなす、友情と愛情の高校生日常物語。

■感想
私は「ひとりじめマイヒーロー」から、ありいめめこさんの作品を読み始めました。
ひとりじめマイヒーロー側で登場する健介は幼い動作や描写が多く、健介と支倉の絡みをより深く読みたかったため本作を購入しました。
しかしながら、意外にも「ひとりじめボーイフレンド」側での健介は割りとしっかりと自分の意見を持つ一面も描写されており、
期待していた「天然キャラでふわふわしてて、いやいや責められてしまう」という展開はそこまで多くありませんでした。
ただ、ありいめめこさんの独特の作風、ストーリーの完成度は自分の好みとマッチしており、評続き価を「萌x2」とさせて頂きました。
並行して出版されている「ひとりじめマイヒーロー」も、ありいめめこ節がしっかり効いた作風に仕上がっているので、そちらも併せてオススメの一冊です。

0

感情移入できず…

周りにこの作品を好きだと言う人が多く、掲載誌でも人気作のようでしたので読んでみましたが、個人的にはいまいちでした。

私がいまいちだと感じた理由は多分、健介にも支倉にも感情移入できなかった事。健介が流されてしまっているように感じてしまい、本当に支倉の事を好きなのか、何故好きなのかがいまいち伝わってきませんでした。

絵もこれはこれで味があって良いとは思うのですが、ちょっとざくざくしている感じがして少し読みづらかったです。ストーリーに面白みを感じていたら気にならなかったかもしれませんが。
表紙は可愛くて好きです。読む前は表紙を見て読みたくなった部分もありました。

マイヒーローも読んでみましたが、私はマイヒーローの方が好きです。
でもマイヒーローから読み始めていたとしてもやっぱり気になってボーイフレンドも買ってしまったような気はします。

0

めめこ先生にはまった原点です

めめこさん初コミックスにして
私の一番好きなめめこさんの作品です。
「ひとりじめマイヒーロー」の方が評価が高く
巻数も出ているんですが。私は断然こちら派であり、
このカップリングありのこのシリーズだと思っています。

美形×元気という大好きな設定だけにとどまらず、
再会ネタと来ると胸が弾みました。
それに加えて、攻めに執着、ヤンデレ属性がついているとなると
怖い位に好みに一致していて、これは読まないとならない!と
途中からは義務感のようなものさえ生まれていました。
受けの鈍感っぷりが可愛いです。
攻めがこんなにも執着していて、友達にさえも嫉妬して
ひどい行動をしているというのに、直接的に迫られて行動に移されないと
気づかないというのは萌えるポイントでもありますが
鈍感すぎて心配にもなりました。
階段の踊り場のところでキスする場面が好きです。
「全然足りない」から畳み掛けるようにいうシーンが
病んでいて非常に萌えました。受けの怯えた表情もいいですね。
元気っ子がこういう攻めに段々と浸食されて、判断力が損なわれていく
展開は非常に美味しく感じます。
続き
「こんな乱暴が気持ちが友情なわけ・・・あるもんか・・・」
受けにしがみつき、泣きながらこういうシーンには
切なさに胸が締め付けられて、苦しくなりました。
ずうっと好きだったけれど、友達としてみられていて
その友達から脱却したくてたまらなかったんですよね。
途中から受けではなく、攻め視点で見ていたため、
報われた時には心の底からおめでとう!と
拍手を送ってあげたくなりました。

台詞から展開まで、ぜんぶが全部すばらしく私の萌えるところを
突きまくって、何回も何回も進んでは戻って、
戻っては進んで、その動作を繰り返していました。
先に進みたいんですが、終わるのが勿体無い、
終わってほしくない、まだふたりの恋愛が終わってほしくない、
そう切実に思った、久しぶりの神作品でした。
発売当初に手に入れることが出来なくて、
五回刷られた一年後に手に取ることができました。
めめこさんの存在を知ることができ、本当に良かったです。
キャラクターもみんな大好きなので、これからも登場人物たちの
行く末をひっそりと見守り続けていきたいと思います。
様々な方たちがレビューされている中、特に書かなくても
評価はされているのですが、この熱いパッションを伝えたいがためだけに
こうやって長々と書かせていただきました。

本当に大好きです!読んだことがない方は是非読んでみてください!
特に、高校生、同級生、個性的なキャラが沢山出てくる、
ヤンデレ、執着、シリアス、コメディ、など
好きな方にはものすごくおすすめです!
展開も面白く、王道なんですが、王道すぎない、ちょっと違う
そういう感覚を味わうことができますよ!

1

ちょっと…

面白味もあるんですが、展開の早さについていけない…(^ω^;ゞ

絶好が理由で性格が変わったのかと思うが、乱暴過ぎたし…。
小学生で別れて、高校生で再会していきなりキスしようなんて…。

主人公は天然過ぎて、キスされそうになった事にも気付いてないけど。

志倉のキャラが受け付けません。
ドSなのは良いけど、もうちょっと段階踏んでからの方が良かった気がします。

優しい笑顔で近付いて、優しさをとことん見せつけて本当は野獣でしたみたいなね(°ω° ;)

設定は嫌いじゃないけど…呑み込めませんでした(^ω^;ゞ

0

ドラマCD化ということで

ついに、ドラマCD化ですよ!ひとりじめボーイフレンド!
いつかはするとは思っていたので、とても嬉しいです!
スピンオフ作品、ひとりじめマイヒーローの方も限定版が発売され、今こそありいめめこ先生時代じゃぁぁぁぁぁあと内心舞い上がっております笑

読み返してみると、やっぱりありいめめこ先生の作品は、かわいいし、ギャグセンが高いなぁと思います。
なんだろう、ただ普通のBLって感じじゃなくて、なんか独特の世界観というか…くっつけばいいって感じではなくなにか読者に与えてくれるんですよね。きちんと読み込めばとても深い話が多いと思います、ありいめめこ先生は。だから大好きです♡

まだ読んでいない方はドラマCD化をきっかけに買ってみたらどうでしょうか。そしてあばよくばドラマCDも買っちゃいましょう(宣伝笑)

1

王道だけどいい

幼なじみ、喧嘩別れ、再会、仲直り、友達から恋人へ・・・

ありがちな展開ではありますが、主人公の支倉と大柴それぞれの視点から
時間と共に動いていく気持ちが描かれていて
どちらの気持ちにも共感でき、それぞれの性格や環境と
それぞれの立場からの想いが、分かりやすく表現されていました。

幼い頃からの仲のいい友達という関係から
少しづつ成長するにつれ「好き」と言う気持ちや「愛してる」と言う気持ち
そして、自分のものにしたい、繋がりたいという気持ちが芽生える支倉と
長いこと「大好きな仲のいい友達」のままでいた大柴。
二人の気持ちが交わるまでに何年もかかって、
時間をかけてゆっくり結ばれた気持ちは、そう簡単には離れないほど強く
強い友情から、揺るぎ無い愛情に変わっていく過程がハラハラさせられて
すごく良かったです。

「ひとりじめマイヒーロー」間もなく新刊が発売になりますが
「ひとりじめシリーズ」このボーイフレンドから続けて読むとより内容がよくわかり
それぞれの登場人物について理解できるので倍楽しめると思います。

0

ありがちな強引さ?

1話だけ試し読みして、支倉ちゃんのピュアブラックっぷりに惹かれ購入。

支倉ちゃんみたいな執着系・嫉妬系攻めの話しをよく読むのですが、

他の作品でありがちな、受けちゃんを手の上で転がしてるとか、極端な言い方をすれば掌握してる感じではなく、

支倉ちゃんがとっても健介ちゃんのことを好きで、ずっと想い続けて迷ったりしてた部分もしっかり描かれていて良かったです。

ちゃんと恋愛してる感じが出てました!

0

読み疲れた

イラストがガチャガチャしている
ので、読むのが一気にはできなかった。

小学生で絶交をし高校で再会する。

それまで交流がなかった設定のようだけど、小学校が一緒で中学が別、そうであっても学区は近いわけで、友達の交流もあるだろうし
高校で再会というのが
劇的じゃないと思ったので
最後まであまり好意的によめませんでした。

お互い好きなのですが
好きの表現がわからないというか
相手を追い詰めている様に見えるし、どうしてもすっきりしませんでした。

中学生ならまだしも、高校生だしな。

微笑ましいとは全く思えませんでした。

0

王道でかわいい。

この「ひとりじめ」シリーズはマイヒーローのほうを先に購入してしまい、前があると知りボーイフレンドも買いました。

ボーイフレンドからすでに勢多川がかわいいですウオオ…

カバー下がとってもいい…


ひとりじめボーイフレンドはイケメン×かわいいという王道CP。

攻めがヤンデレ気味、というか受けに執着をもっています。


攻めはなんとなくもっとこう…スマートに攻めてくるイメージだったのですが、案外いやらしい攻めかたでびっくりしました(笑)

あ、Hシーンの話ではないですよ(笑)

あと受けも良いです、すごく。

素直だけどちょっと意地っ張りで、おばかだけどちゃんと考えてる。


評価はもえもえでも良かったかなー…と思うのですが、マイヒーローのが個人的に好きで、こっちは一歩及ばず、って感じなので「萌え」に落ち着きました。

0

これぞ純粋なBL!

本当にだいすきです。
店頭で絵に一目惚れして購入してほんとによかったと思っています。絵も綺麗、ストーリーも面白いし、キャラが濃くって楽しい。ベタな雰囲気もありますが、読んでて展開が気になります。
こんなにハマった漫画は久しぶりでした!
続編をすごく期待してるんですが……ないかな。

0

正反対な二人のラブ

高校に入学し、絶交していた幼馴染の支倉と再会した大柴。
無事仲直りが出来て喜んでいた大柴だけど・・・
大柴の中学からの同級生の勢多川に嫉妬した支倉は、突然大柴にキスをした上、
「もう一回絶交と、俺に抱かれるの、どっちがいい?」と迫ります。

お子様な大柴とは対照的な支倉ですが、かなり大柴に執着してます(笑)
そして支倉とこれからも友達でいたい大柴は、支倉を拒みきれず、
かといって受け入れきれない、中途半端な状態・・・
でも、好きだと言われたり、やさしく触れられたりキスされたり、
支倉の彼女疑惑にもやもやしたりしている内に、少しずつ気持も変化していきます。

お互いに相手の事が好きなんですが、その好きの種類が違っちゃってて、
大柴の気持が支倉の気持になかなか追いつけない。
それでも頑張ってる姿が良かったです。
そして支倉も、最初は自分の好きをただ押しつけるだけだったのが、
大柴の気持も想いやるように成長してます。

個人的には、ちょっぴりブラック入ってる支倉が、好みでした(笑)
大柴も天真爛漫さがカワイイです。

1

好きな設定のハズ・・・

全部まるごと一冊でひとつのストーリーです。

攻め様が結構上から目線な感じとか・・・
すご~く好きなんですけどね。

なぜだろう?
受けの子にめぇっっっっっっちゃ違和感感じてしまいました。
なので、イマイチ楽しめませんでした。

だって・・・おかしくないっすか?
いくら「友達と思ってない」って
そう言われたからって、=(イコール)嫌い
になんのか、その状況で。
・・・って思ってしまうわけですな。

ず~っと各所で違和感を感じまくった作品でした~。。。

4

等身大

主人公たちが、いかにも高校生!!な恋愛観を持っていて本当に良かったです!!
私は女なので、男子高校生の気持ちは完璧には分かりかねますが、
きっと、15歳男子の恋愛観ってこんなだろうなーと、nynyしてましたw
BL作品の攻めって、一般には『完璧』な感じの人が多いと思いますが、
この作品の攻めは、所々に欠点があって、それが可愛らしくて良いなー❤と思いました^^
そして、攻めがヤンデレという設定ですが、そこまでのヤンデレ度ではなく、
程よいヤンデレ?w
一般にありそうな程度のヤンデレ…つーか嫉妬深いで良かったですw
攻め可愛いよ攻めw
しかも受けの事で常に頭いっぱいなところとかw

そしてそして名言
「だってオレ 健介(受け)のこと 友達だと思ったこと一度もないもの」
※最初から恋愛対象で見てたんだよー発言w
まあ、この発言の真意が分からなくて受けはショックを受けるわけですが。
最初(小学生)の頃からそういう感情を抱き続けるとか本当に良いですね!!
純愛GOOD JOB❤

あと、余談ですが、絵が綺麗で読みやすかったです!!

1

『わたしの』趣味じゃないんです(´・ω・`)

皆さん好評のなか、空気読まずすみません(;´д`)


周りの脇役達、康介・彩香・満・剛に次郎君。そしてなにより勢多川!たちは大好きなんですが、主人公の健介君が趣味じゃないんです。
鈍感でおバカさんで無意識で少し自己中かなぁ。そこから前によく読んだ携帯王道小説の王道主人公を連想してしまいました(×_×;)!!
苦手なんです……。


ですが、作品事態は所々いいところにギャグが入ってきて、しまるところはしまってとても読みやすかったです。

続編で勢多川の作品が出たら買っちゃうかも…。
相手は康介だと思うけど、やるとしたらどんな内容になるか知りたい。
買っちゃうな多分!!


以上は個人の感想です。本当に気にしないで下さいm(__)m

6

眠れる森

>続編で勢多川の作品

・・・もう出てますよ、「ひとりじめマイヒーロー」が!

萌えた

話の流れや登場人物、などなど、私の好みばかりで最高でした
また、幼馴染で久しぶりの再開‥というシチュエーションはめっちゃ萌えました

攻め様に関して、きれいな顔だけど、腹黒でヤンデレ王子というところが萌えましたし、受け様に関しては、天然でかわゆいところとか、きゅん萌えでした
私は、幼馴染というキーワードに萌える人でありましてもろきました!
また、メインの二人を取り巻く周囲の人々にも注目ですね
とくにヘタレヤンキー君(笑)の活躍というかがんばりというか‥とにかく彼はこの本のよさをさりげなく引き出していた!

0

受けっ子の可愛さだけで萌えとける。

というか、途中からもう「いかにも15歳」な恋愛観+ルックスの健介君のかわいらしさと表情変化につられてたような気がします。

まだ友情と愛情の境目が曖昧で、もっと幼いころに放った言葉の傷なんか中に抱いてたりなんかして、でも久しぶりに会った相手が自分より一歩先の愛情側に突っ込んでることに戸惑ったりなんかして。

BLとしてはびっくりする位普通なんですが(でもこれはNLだとほとんどありえないよね・・・)、表情が豊かすぎるくらい豊かなんで健介君と一緒にうんうんそうだよねぇ。と思ったりなんかしちゃいます。

でも、ガトーさんはエロもたしなむレーベルなので最後にもう一押しあっても良かったなーって感じはするのですよ。

0

普通におもしろかった。

本棚の肥しとなっておりましたが読んでみたら案外面白くてビックリです。

高校生同士の再会もの。2人の別れは最悪で再会当初は健介(受)一人グルグルしてたわけですが支倉(攻)は何もなかったような態度でまた一人グルグル健介。しかし、同じ学校で、同じクラスで過ごす中でどんどん支倉の本性が見えてきます。それに戸惑い悩みながらも真摯に少しずつ支倉を受け入れ葛藤していく物語です。…と言っても、結構軽く読める作品ですよ♪

健介はかなーりおバカで鈍感過ぎるわけですが大事なシーンではきっちり支倉が欲しい言葉をかけてあげることが出来る人物です。なので天然すぎるおバカ受は苦手なんですが健介は好感が持てました。
そして、支倉は意外にヤンデレ系でビックリ。ブラックな部分とかもあったり、そこには過去健介と過ごした中での隠していた苦しみや寂しさとかが今の性格に大きく関係してきたのかなと感じました。結構怖いくらい健介に執着してますね。

ギャグはギャグでしっかり笑わせてくれますし、そうでないシーンとのメリハリもついていました。コミカルでギャグティストが強いですが嫌にならない程度で読んでて疲れなかったです続き。しっかり萌も詰め込まれていて王道ものですが最後まで楽しく読むことができました。

1

”友達”って残酷な言葉

だなぁ。としみじみと感じました。

純粋で天然な元気っ子受けと嫉妬深いイケメン攻めのお話。

小学校の時に絶交して転校した攻めと高校入学と同時に再会。
気不味いと思ってたら案外そうでもなくって仲直りできたと喜ぶ健介。
でも支倉は絶交するか抱かれるか選べと言ってきて、どうする、健介!?
なんてお話。

誰彼構わず健介に近づく者に殺気を飛ばす支倉は見てて楽しいですし、
そんなことには気付かず、天然ゆえに支倉を傷つけてしまったり
純粋ゆえに振り回されたりする健介。
そして巻き込まれる勢多川がかわいい!
健介の兄の康介さんと何かありそう・・・期待!

0

ほのぼの学園すぎてかわいいwww

表紙を見た瞬間にノックアウトされた本でした。

支倉くんが健介くん好きすぎて「いいぞ!もっとやれ!」的な目で見てましたwww
あと、健介君がところどころでするのぼーってなってる顔が天使です。エンジェルです(大事なことなので2回言いました)

あと、健介フレンズ3人もかわいいです。

見てるとほのぼのな気持ちになるかわいい漫画です。

0

絵も内容もどつぼでした


わたしの好みでした!

ところどころクスッとくるところがあり
何回も読んでます。

健介が可愛すぎてきゅんきゅんでした
もうこれは萌えですねやばいです

0

割とよくあるお話。

 大柴健介と支倉麻也は小学校の同級生で大の仲良し。
 ところが、健介は支倉に突然、「違う中学校に通わなきゃならない」と告げられて、思わず「絶好」を告げてしまう。

 けれど、高校に入るとどういうわけだか、その支倉とクラスメイトとして再会してしまう。
 普通の顔をして支倉に話しかけられた健介だが、突然、支倉に押し倒されてしまう。
 自分のことを「好きだ」という支倉に対し、健介はどう接していいのかわからなくて……?
 というような感じだったと思います。

 まぁ、よくある。
 イケメンだけど受けのことしか見えてない、それしかいらないヤンデレ攻めと、天然八方美人、みんなのアイドルな受けのお話。
 受けは鈍くて、攻めに襲われても、イマイチピンときてなくて、無邪気に抱きついたりくっついたりして攻めを振り回して。
 振り回された攻めはプッツンしちゃって受けを襲ったりしたりするけど、そうやって結局受けに嫌われた……って自己嫌悪に陥ったりして……
 そして、そんな攻めを受けは結局見捨てられなくて、大事だって気が付いてハッピーエンド! という話の流れ。

続き  ちょっと健介から支倉への告白が唐突だったようには思いますが、まぁ、悪くなかったと思います。

0

最凶におバカな天然受け

メイトにお試し読みがあったんでそれ読んで欲しくなって買いましたww

前半かなり大好きです!!
支倉の嫉妬具合とかドS具合とか強引具合とか素晴らしかったです!!
それも愛ゆえなのがかなり萌えます≧▽≦
電話越しにホントに愛しそうに話している支倉とかキュンキュンしますww

ただ「もう1回絶交」と「俺に抱かれるの」の2択を迫られていたのにも関わらずモンモンとしていたのは最初だけだったのが残念です;;
まぁ、おバカで天然な健介にしては悩んでいるつもりなのかもしれませんが、なかった事にしたい方向でマトモに考えようとしないのがちょっとイラッときたりww支倉が可哀想になってきますww
ページ数が少なくなってきてやっと「一緒にいられないのが一番嫌だ」と気付いたにも関わらず仲直りして親友みたいな位置付けに・・・あれ?引っ付くんじゃないの?!って感じですww
ホントに残りのページ数少ないのに引っ付くのコレ??!!って思ったらイキナリ引っ付いてホント吃驚ですwww

攻めに一途に想われてて、何でも逃げ腰でおバカな天然受けが好きな人なら満足するかと思いますww
私的には支倉の強引続きさを最後まで保って欲しかったです;;ドS心が出てくるのも最初だけですし´`
え、今更相手の心情気にするの?!って感じでちょっと残念でした´`
いや、それはそれで萌えたんですがそれなら最初からその方向で進めばいいのにとか思っちゃったり・・・

1

いいと思いましたのですよ

表紙が可愛いかったので買ったのですよ
 絵が綺麗で自分はスキなのです

えろいのは少なかったのですが
 これはこれでいいと思いましたのですよ

腹黒攻めは最高なのです、そして健が彼女だと間違えるのがなんか可愛かったのですよ

絶交するのと抱かれるっていう設定がいいと思いましたのですよ
 後、健がお見舞いいったり、人のゲームをこわしたり・・・、、
面白い所やちょっと感動する所もあっていい漫画だったのです
 買ってよかったと思える本です

0

前半残念。後半よろし!

友人に借りて読んでみました。

健介はとっても可愛くて子供っぽいかんじで、支倉は嫉妬心丸出しな王子様。裏表が激しかったです。私好みのキャラクター設定ではありませんでしたし、嫉妬しているときの支倉の乱暴な扱いや言葉はかなり残念。
前3分の2は個人的には良いと思えるシーンはありませんでした。

ただ、2人が両思いになった後は特にいざこざもなかったですし、健介が物凄く可愛い!そしてなかなか積極的!
お互いの関係が良くなったからか、ふわふわした雰囲気が伝わってきて何だか和みましたね^^
友人たちの絡みもかなり良いです!「妖怪バカップル」と「尻子玉隠せ」には内心爆笑(笑)

絵はもともととても可愛いですし、読みやすかったです。
前半が個人的に残念だったので中立ですが、この本を貸してくれた友人は相当大絶賛していたので、どう感じるかは人によりけりですね。



「中立」
ストーリー:★★★★☆
エロ:★★☆☆☆
キャラ設定:★★★★☆
萌え度:★★☆☆☆

0

にwぎwやwか!!!

お話の感想としては、他のレビュアー様に激しく同意です(丸投げw)。

どSヤンデレ王子とヤンチャ天然の高校ラブコメ。
周りのキャラも面白いやつらばかりで、楽しかったです(^^)

さて……本当に書くことがありません><

でもガンバル!!
ちょっと斜め上行ってるかも知れませんが、感想(?)を↓↓

えーっとですね……。
このマンガ、コマがにぎやかでしたw
最近白いマンガばっかり読んでいたせいでしょうか(--;)

ページを開いたとき思ったことが「黒い(゚Д゚!」でした……。

背景というより、擬音とか小道具が多い印象です。
それがカワイイ(〃△〃)
健介(受け)健介の元気さというかヤンチャさがよくわかります。効果抜群☆ です。

特に最後のほう……
「こんもり…」「ひょっ」「まふっ」「きゅ――」の流れが大好きです!!

あー、そのあとの青い鳥もかわいかった><
こういう小道具の使い方がすごく好きです。

と、いうことで。
にぎやかで楽しいマンガでした。

青い鳥カワイィv ←注目ですwww

0

かわいいヤツラでした♪

天然純粋系男子・健タン(受け)と腹黒美系で嫉妬深い王子・支倉(攻め)の2人の愛の物語がまるまる詰まってました☆

私は腹黒攻めが大好きなので、読んでてキュンキュンしちゃいました。
いや・・・支倉は腹黒というか…策士というか、まあそんな感じです。
とにかく、健タンの視線やら愛情やらを全部、独り占めしたいがために色々やっちゃうわけなんですが、そのやり方や行動が若干黒いところがイイのですよ(笑)

 支倉は健タンを好きすぎるあまり、いつも嫉妬ばかり☆
しかも、色んなアクションを起こすのですが、なかなか健タンが自分の気持ちに気付いてくれません。なので、つい健タンにちょっと酷いことをしてしまいます…
んもぉー支倉ったら可愛いヤツめ(笑)
  一方、健タンは支倉との関係を友達以上には考えられません。あくまでも、この気持ちは友情なんだと言い張ります。…とは言いつつも、支倉の彼女疑惑に嫉妬したり、この関係は「友情じゃない」と言われてショックを受けていたりと、好きサインは出まくってますがね☆(笑)あはは
でも、そんな健タンだから、このお話は良かったんだと思います。いつでも、どこでもこ続きの関係を「友情」だと言って、美系・支倉に流されない健タンだったからこそ、モエでキュンなお話になったんだと思うのです。このグラグラ期間が私的に燃え上がりました。
だって、簡単に友情→愛情に変わってしまったら、興ざめしてしまいますものね。

 だから、流されるのではなく、健タンがちゃんと自分の気持ちと向き合って、支倉のところへ向かっていってくれて本当に良かったです。
そして、向かい合ってくれた健タンのために本音を言う支倉のセリフも切なくてキュンキュンしちゃいました。(←ここめっさ重要!!)

 …まぁその流れでエッチしちゃうのかなぁと思ったら…
健タンたら、支倉を抱きしめたまま寝ちゃうんかぁーい!
支倉いわく「幸せな拷問」だったようです。さすが健タン♪おそろs…もとい可愛い子☆

 そして、心が通じ合った二人のその後なんですが、特に支倉がめっちゃキュンキュンでした~♪
支倉は、健タンから「絶交!」と言われたあの日から…健タンの心をどのように取り戻すか、また掴んだら色んな手を使ってでも離さないと考えていたのです…っ!
さ・ら・に!支倉、ちょっ…アナタ!そんな小さい時から、そんな風に健タンのことを想っていたのね…っ!いじらしいじゃない…♪支倉っ!

ところが!そんな支倉の気持ちを無下にするようなセリフを健タンが言っちゃったあああああ!健タン、それ焦らしプレイか?焦らしプレイだろっ!///みたいな…(笑)ふふ
豹変する支倉…。
え?まさかまた振り出しに戻るの?と思いきや…

 いえいえ☆
ちゃんとやってくれます健タン。エッチなしかと思われた二人の様子でしたがようやく…

という感じでした。
脇キャラで、健タンの友達・勢多川がとても面白かったです。とってもイイ子です、勢多川くん。というか何気にボケキャラでしょ!みたいな(笑)
それと、絵がめっっっちゃ可愛いです。ちょいくずして、ほのぼのさせるこの絵っ!めっちゃ可愛い!つい、じっと見てしまいます。つまりスキなんですよねワタシ。この画風が♪
 …まあでも、絵っちゅうもんは好みの問題とかありますもんね☆ここは、参考にしないでくだされ☆

それからそれから!ちょいコメディちっくでした(*´∀`*)
またこれが面白いんですよおお!脇キャラ達が笑わせてくれます。作者さんは笑いのツボを押さえてるとみましたネ☆これは!
 要所要所で笑いを放りこんできてくれるんですよ~♪面白かったです。
私も、もっと支倉が嫉妬で狂うところが見たいので、続きあったら読みたいなぁと!思いました。

1

最初は面白かったのになぁ…なんか残念…

表紙の可愛らしさとあらすじに惹かれ購入。見た目は王子様ばりの美貌なのに実は嫉妬深い腹黒攻めと天然な元気っこ受け。
しかも舞台は学園で再会モノの王道ストーリーで…ときたら絶対萌えない訳がない!と思ってワクワクしながら読み始めたんですが……あれれぇ?読み終える頃にはそんなワクワク感いつの間にかすっかり何処かに消えちゃってました…(苦笑
いや最初はホントに面白かったんですよ。昔ヒドい事を言って音信不通になってた親友と高校で再会し、罪悪感に苦しむ健介。しかし当の支倉は何事もなかったかのように接してくれ、ようやく素直になれた健介が本音を告白して2人の仲は元通りに。
だが仲直り出来たことを純粋に喜ぶ健介とは反対に支倉は友情以上の独占欲で周りを威嚇し、挙げ句は嫉妬のあまり「絶交か?抱かれるか?」と脅してくる始末ww
こうゆう受けの事が好きすぎて、巧みにSな本性をさらけ出してくる腹黒攻めが私は大好きなんですよ!そして、そんな攻めにいいように振り回される受けを見るのも!
電話の最中、支倉の姉を彼女と誤解して思わず彼の所へ飛び出したくだりのお話までは本当に楽しく読ませて貰ってました。
でも中盤にさしかかり続き支倉から友達だと思った事は一度もないと言われショックを受けるあたりから段々失速…あれだけ好きだと意思表示されておいて何を今更!?て感じと事あるごとに友達友達と口にする健介にイラッとさせられっ放しで。勢多川じゃないが、これじゃホント蛇の生殺し…。
まぁ突然の友情と恋人との2択に揺れる健介の葛藤は理解出来るし、そう簡単に答えを出せないのも分かる。…分かるんだけど、これを一冊まるまるやられちゃうと終盤には「もういいよ、クドい!」と思っちゃって健介の事が可愛く思えなくなってしまってました…orz
↑無邪気な明るさでカバーされてるけど実は支倉より結構無神経な性格なのでは?
なので最初はSっぽくガンガン攻めてた支倉が、しまいには何だか可哀相に思えてきちゃって…このゆゆしき事態が私にとっては全ての敗因かもです…(苦笑
どうせなら2人が付き合い始めてからのお話をもっと沢山読んでみたかったなぁ~。嫉妬に狂うドSな支倉がいっぱい見てみたかった!ww残念っ(>_<)

でも絵柄はめちゃくちゃタイプです!
色っぽい支倉の表情とか強気な健介の泣き顔なんかは私的にドストライクでした^^
今回はちょっとアテがハズれちゃいましたが、次回作を楽しみに待ってマス!

2

友達でない特別な好き

作者さんの初コミックだそうです。
絵柄も丁寧で、主人公が高校一年というのもあるが元気で勢いがあって、楽しい一冊なのではないでしょうか。

ずっと一緒にいるつもりだった同級生が、転校してしまうということを聞いて絶交した小学6年生。
高校入学するとその彼が同級生となって再会することになります。
バツが悪くて無視するけれど、彼は前と変わりなく・・・いやジワジワと攻めて追い詰めるように「絶好するか?それとも抱かれるか?」と聞いてきます。
さてさて、この少年の貞操は・・・?・・・で、なくて~
特別な好きを自覚するまでのお話ですね。

って、、、スミマセン!
こういう子供な話、ちょっと苦手でした(汗、、)
大丈夫な時もあるんだけれど、どうしてダメかっていうと、同じ15歳なのにある意味ドSの執着攻めと
ヤンチャで元気で天然の、鈍感受けがグルグルするという
同じ15歳でこんなにギャップがあるというのが
そして受けの性格設定がイラっとする、萎えツボなのかもしれません。
しかし、こういうヤンチャ天然が好きな人には結構萌えツボだと思うんですよね。
幼馴染再会というものもあるし続き
主人公の友人達も、友人らしいいい味出してるし。

ただね、主人公のお兄ちゃんの登場が蛇足のような気がして、、、ただ出ているだけな感じであまり重要性は感じなかったんですよね~
攻めのお姉ちゃんは、彼女かと勘違いさせる存在として役立ちましたが。
いっそ、お兄ちゃんが超ブラコンで、攻めにガンとばしまくるとか、主人公の友人勢多川にちょっかい出して苛めて喜ぶとかいう、そんな番外編でも付いてれば、その登場に納得もしたんだけどな~

あくまでも好みの問題で、作品としては悪くなかったと思います。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ