●●●●の為に作られたサイボーグ

錆のゆめ 上

sabi no yume

錆のゆめ 上
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神64
  • 萌×219
  • 萌4
  • 中立3
  • しゅみじゃない6

35

レビュー数
10
得点
411
評価数
96件
平均
4.4 / 5
神率
66.7%
著者
 
媒体
コミック
出版社
プランタン出版
シリーズ
Cannaコミックス(カンナコミックス・プランタン出版)
発売日
価格
ISBN
9784829685846

あらすじ

進藤が勤める会社では、
とあるモノが造られている。
それは、生身の少年の身体を改造した
セックスの為のサイボーグ。
試作品であるサイボーグの世話を任された進藤は、
最初は嫌がるものの世話をしていくうちに
サイボーグの少年に温かい感情を
抱くようになり……。
 
BL界に超新星あらわる!
よよよワールド炸裂の
人間×サイボーグBL

表題作錆のゆめ 上

進藤 孝則 / 研究員
聡夫 / サイボークにされた少年

その他の収録作品

  • うたたねの漂着物
  • カバー下

評価・レビューする

レビュー投稿数10

作画がかわいいだけに

ただただエロイ子が見たかっただけなの(´;ω;`)ウッ…
設定だけ見るとやたら萌えるじゃないか。
作画もひどく可愛いじゃないかwwグフグフw
邪な心で本を開いてゴメンナサイ。

攻の務める会社で実験されている
セクサロイドの制作。
男に犯される淫らなアンドロイド。
実はコレ、脳と身体をいじられた生身の少年。
なぜ少年は自らの体を差し出したのか。
記憶を失い、考えることを忘れた少年が何を思うのか。
攻との出会いで少しずつ”人”を取り戻している少年が、
この後どうなるのか。
ていうか、何故五体満足の腕まで切り落とされてるのか・・・・

脳をいじられている故に~なところが救いといえば救いなのかというところですが
今の段階ではまだ救いが少ない。
攻の存在が救いと言えるのかどうなのか。
少しずつ心を取り戻したとして、幸せな顛末は待っているのか。
バッドエンドも面白いとはおもうものの、
やっぱりハッピーエンドで終幕してほしい。

ドロドロのエロエロを期待して読み始めた作品ですが
思いのほかストーリーに重点を置いた作品。
次巻が出るまで大事に保管します続き

6

上巻の評価はどうしても中立

 設定が怖すぎて購入をためらっていたのですが、ちるちるでも他サイトでも評価が高かったので買ってしまいました。正直を言うとレビューを書くこともどうしようかとかなり迷っていたのですが、やっぱり書いておこうと思います。

 初めて読む作家様なので、この作風や絵柄がデフォルトなのかは分からないのですが、インタビューで「メルヘン」と仰っていたように、サイボーグの少年の脳内はメルヘンに描かれているし、淡々としたストーリーの描き方とも相まって独特の世界観に感じるのだろうと思うのですが、背景が真っ白なコマも多くて、それはメルヘン感を出すためというより、私には手抜きに見えてしまいました。 
 改造、サイボーグ、闇の組織、と突飛な世界を描いているのに、突出した見た目のものはサイボーグの少年の姿のみで、その他の人物はみな一様に平凡な容姿に平凡な服装で、たまに描かれている背景の部屋、家具、建物などもすべて平凡なため世界観がちぐはぐな印象です。
 サイボーグの少年の拙い話し方や、赤面する顔などとても可愛いらしいのですが【元は人間の少年を改造したサイボーグ】という恐ろしい設定が、大きな塊になって喉の奥につ続きかえているようで、それが苦しくて萌えるどころではありませんでした。少年が無邪気で無垢なほど苦しくなります。
 少年に絆されてゆく進藤も含めて、みんなが少年のことを一様に「アレ」と言うのにもぞっとしました。「人間としてノーリターン」「もう人間じゃない」。だから「アレ」。
 そんなサイボーグの少年をもっと楽しめるセクサロイドにすることを任された進藤が「(少年に)必要なのはモラルと一般常識だ」って…ダーク過ぎます。そんなもの覚えたら、この少年の目覚めかけた心はどうなってしまうのでしょう。
 
 少年がサイボーグになった理由がまたひどすぎます。私は自分がどうなっても助けたいと思える人がいるので、大切な人が死ぬのを救うためならまだ究極の選択としてギリギリありだと思いますが、この少年の場合は違う。他に幾らでも方法はあるのにこんな姿にされてしまったのです。ダークに次ぐダークな展開です。
 ここまでダークな設定なのに一見それを感じさせないメルヘンな描き方が久間先生の【よよよワールド】なのだとしたら、その良さってなんなんだろう?と考えてしまいました。お話はまだ上巻なのでその答えは下巻にあるのだと思います。メルヘンで包んだ倫理を問う問題作をどのように終わらせるのか興味があります。
 サイボーグになった経緯を聞いて「救いようがない」と感じた進藤に、少年を救うことができるのだろうか?「人間としてノーリターン」な少年が救われる姿とは?読んでいる間ずっとつかえていた喉の奥の塊は取れるのか、それともそのまま残ってしまうのか…下巻を待ちたいと思います。

 下巻で評価がまったく変わる可能性のある作品なので、上巻の評価はどうしても中立になってしまいます。

7

せつな怖カワイ過ぎ。

近頃のBL界、おかしくないですか?
レベル高過ぎっていう話ですよ。

私は雑誌は買わないので、BL本は好きな作家さんの新刊を買うか、
ちるちるさんのランキングに上がるような話題作を吟味して買うか、
もしくはジャケ買いすることになります。←いや〜最近はこれが多くて、
こちらもそうでした。って感じだったのですが。

しかし。そんな軽い入り口から入るような作品ではなかった。
世界観が違和感のないレベルで構築されており、見せ方が新しい!
だって、ドロドロかつメルヘンとか。

人体を使い、その思考をコントロールするか失わせて、
人間に有益なサイボーグを作るという設定は、
BLに限らず様々なジャンルで借用され創作されてきました。
人間の精神世界を、暗部も含めて深く表現するには
適している設定しれませんが、BLはエンターテイメントです。
萌える前に生理的な嫌悪が先立っては本末転倒。
普通は。
……で、こちらが萌えるんです!

『頭いじる』なんてことが行われているアングラな研究施設。
まだ試作段階であろうサイボーグ、無垢で体はエロい聡夫くんに、
様々なこと続きを教え込むはめになった、やる気のない施設職員の進藤。
ストーリーはこのふたりにフューチャーして、
それ以外は断片的に仄めかすに留め進んでゆきます。
(まだ上巻だからかも知れませんが)

・身体検査
・淫語を覚えさせる
・社会性と羞恥心を教える…
といった具合にミッションが進むにつれ、
心を触れ合わせていくふたりに、
じりじりとせつながらせられた上に激萌え。

検査のために口を開けろといわれれば、
検査が済んでも開けっ放しの聡夫くん(だって閉じろって言われてない)。
たれた涎を、みっともない、パーだ、といいつつぬぐってあげる進藤。

『ち○ぽ』も『おち○○ん』も言えないけど、
『しんどお』はなんとか頑張って発音したい聡夫くん。
発音できた聡夫くんをほめる進藤 with スマイル(すごく珍しい)
頭なでなでされてほめられてパァーってなる聡夫くん。
発音時の舌の動きを指でさわらせて教えるっていうシチュエーション。

青姦がミッション(うぉい!)の日に外をただ散歩するふたり。
後任に引き継ぎたい進藤に、離れたくない聡夫くん。
押し問答?の最中、進藤に突然キスして笑う聡夫くん…

同僚からの聞き取りによるアンケート。
サイボーグに対して好意的に思うところを『答えたくない』進藤……

主が留守で冷えた部屋。
寒がりな進藤のためにストーブを点けておいてあげたい聡夫くん………

合間にはさまれる、
聡夫くんの願望がみせる夢がカワイイ…いや、せつな過ぎる…………

萌えというよりせつなさが上回りますが、
しっかりエンターテイメントしてると思います。
とはいえ、やっぱりダメっていう方もそれなりにいらっしゃるはず。
もっと地雷の少ない設定で同様の作品を描くこともできたはずですが、
敢えてそうされなかった、チャレンジングな久間さんに神を捧げます。
漫画大好きなので、軽んじていたつもりは毛頭ないのですが、
ああ、やっぱり漫画だって『作品』と呼ぶにふさわしい
表現手法のひとつなんだなぁと意識させられました。

聡夫くんの件の首謀者は進藤の血縁らしい、という火種もあるし、
『もう人間ではないし 戻ることもできない』と語られている以上、
一筋縄ではいかないこと必至の下巻。
私には思いもつきませんが、どうかふたりが幸せになれますように。
久間さん、お願いです……!

14

聡夫の夢

久間よよよ先生はホームページとかピクシブなどで知っていて
イラストが好きでフォローとかブクマしてました。

地雷ってやつはそんなにない方ですが
モブおじさんたちに少年が…っていうのはそんなに好きじゃないので
萌という評価にしましたが、絵は可愛いですし世界観が独特で好きです。
聡夫の夢が可愛くてメルヘンで現実との対比でなんだかとても切ないです。
最終的にはどうなるのか想像がつかないけど
今後、下巻での進藤×聡夫って展開に期待です!
ハッピーエンドを切に願います。

1

すごい創造力とバランス感覚、これぞプロの漫画

「超新星」との紹介が、決して大げさではない、思いもよらない表現に興奮しました。

キャラクターの気持ちを表す、ちいさな生き物なんかが、どれも面白くて可愛くて(時に、少し不気味で)たまりません。

BL黎明期とは異なり、どんな風変わりな発想や特殊なお話も、それのみを理由に「NG」を出されることは無くなっただろう今、考えうる限りの多種多様な表現が世に出されているなかで、なお、こんなに新しい漫画に出会えたことに、感動しています。

受が、傍から見ればものすごく悲惨な境遇にあるのに、「アホ」なためにそのことに気づいておらず、それが、余計に哀れを誘う効果を発揮するのと同時に、読み手が物語を楽しめなくなるほど暗い気持ちになることを防いでいて、この「超新星」が、才能のひらめくまま、好き勝手に自分の世界を披露しているだけでは決してない、ということが分かります。

お陰で、昔ながらの物語の王道、「気立ての良い子が理不尽な目にあわされるも、救いの手を差し伸べる王子様が現れてめでたく幸せになる」話が大好物の私も、「かわいそう萌え」を大いに発動して、馴染んだ悦楽に浸ることができました。

8

切ない…

ちるちるさんの作家インタビューでお見掛けして、興味を惹かれ購入。

これは評価が分かれるだろうな、と思いました。

セクサロイド、って最近よく見かける設定だと思いますが、女性はセックスは愛情の延長線にあるもの、という受け止め方をされる方は多いと思います。セクサロイドは『セックスのための道具』でしかないわけで、まずそこで嫌悪感を抱く方も多いのではないかな、と。

そして、今作のセクサロイドは『元人間』。
これは痛い。さらに受けちゃんがセクサロイドになる過程がゲスすぎる。
もともと人間なのに左腕はロボットになってるし、ケモミミはつけられてるし、話せないし。彼がセクサロイドにさせられた時、どんなにか痛かっただろうと思うとムカムカするものがこみあげてきてしまった。

個人的に子どもを性の道具にするという設定は地雷なこともあって挫折しそうになったのですが。

でも、ストーリーの組み立てがとてもお上手。
ストーリー自体はシリアスよりなのですが、所々で入る受けちゃんの夢。夢の中では受けちゃんは話せるし、攻めの進藤とラブラブ。ほっこりする内容でほんわかするのです。が、これは受続きけちゃんが見る『夢』。なので、これまた切ない気持ちになるのです。

セックスのこと以外何も知らない(忘れさせられたんだよね、きっと)受けちゃん。
そんな受けちゃんが進藤に出会って優しくされて。
どんどん進藤になついていく受けちゃんが可哀想で健気でウルっとしました。

対する進藤もとてもよかった。
セクサロイドに対する嫌悪感はあれど受けちゃんを放っておけずお世話してしまう、優しいナイスガイでした。

最後に進藤が見た夢。
あれは受けちゃんと夢を共有してたのかな。

切ないとほっこり。
その感情をうまくストーリーに混ぜ込む展開で、最後まで一気に読んでしまいました。
それと久間さんの絵柄がとてもいい。内容はシリアスでハードなのですが、絵柄がほっこりタイプの絵柄なので内容のシリアスさをうまく緩和させてるな、と思いました。

どうかどうか、受けちゃんが幸せになれますように、と願って下巻を楽しみに待ちたいと思います。

6

初めてのレビューです

私的にはお気に入りのこの作品、初めてレビュー書いてみようと思います!
帯によよよワールド炸裂とありますがかなり炸裂しておりまして…この作品は受け入れられる方は限られるんだろうなと思います。私はショタ大好物、地雷はあまりないタイプなので美味しく頂きました!サイボーグちゃんがとってもかわいいです(*^^*)このサイボーグちゃん基本フルチンなのですがうまいこと隠されてて萎えません。修正は黒線です。パイパンです。性器の描写はアップのところはリアルです。お上手だと思います。
設定的に座裏屋蘭丸先生のVOIDが好きなら好きなんじゃないかと思います。(レビューに他の作品を引き合いに出すのはよくないのかな?)あちらは最初は愛のないセックスからの愛が生まれる形でしたが、こちらは最初から行為はなく(精子検査のための手こきあり。それがまたエロい)これから下巻で愛が生まれるんでしょうかワクワクという感じ!
サイボーグちゃんのほうは攻め?の進藤になついていて進藤と幸せに暮らす(セックスあり)のを夢で見ています。それが現実になるといいね!
このサイボーグちゃん元は生身の少年。その少年がサイボーグになった経続き緯ですが…かなり重く…NGの少ない私でもこれはマジか…と引きました。ほんとこれに関してはマイナスで萌え2評価となりました。聡夫くんかわいそすぎ。これから幸せにしてくれないと絶対ダメよ~~!!!下巻に期待しましょう!
共通ペーパーの内容ですが、言葉を教えている進藤。サイボーグちゃんにひらがなのボタンを押すとその音が出るオモチャ?をプレゼントして、かなーり喜んでボタンを押しまくっているかわいいサイボーグちゃんが見れますよ(*´ω`*)

5

下巻が楽しみ!

正直、表紙みただけだと好みではないかなーっと思ってたんですが、試し読みを読んで気持ちがかわりました。笑

生身の男の子が改造されてセクサロイドになってるんですが、そんな重そうな設定忘れそうになるくらいのほんわかしてて可愛い!!
セクサロイドの子が最初はあーとかうーとかしか話せなかったのが、少しずつ言葉を覚えていくんですが(お◯ん◯んとか)そこが可愛い!
そのたどたどしさがたまらないんですが、彼のことを考えると昔のように戻れた方が幸せなのかな…攻めの進藤もいい味してます!教育係?的な任務を任されるんですが、他の人と違って彼をそーゆー目(性的な)でみてないところがいいですね!
ただ、最後にちょっとだけ気持ちの変化がある…かな??下巻が今から待ち遠しいです!!
ハッピーエンドでお願いします!笑


5

表紙に惹かれ...

下のいるいる様が素晴らしいレビューをしていらっしゃって、この上に書くのは大変恐縮なのですが...!! サイボーグBL、とても面白かったので私の思うままにレビューさせて頂きます。

ちるちるさんの記事にて此方のコミックを知ったのですが、人間×サイボーグということで、今まで手にしたことのないようなジャンルだったので興味がわいて購入しました。

まず、表紙と帯に惹かれました。ほぼ全裸な少年の腕は片方が馬の蹄のような機械で、耳も付いている。そして裸にブーツ...。帯には『○○○○の為に作られたサイボーグ』......これはもう手に取るしかないでしょう。

読み進めていくと、この少年はどうやら元は『人間』だったようで...悪いオジチャンに目を付けられ、自分の望みを果たしてもらう交換条件としてサイボーグになったんだとか。脳もいじられてしまっているようで、まともな言葉も話せないし、一般常識も持ち合わせていません。

そんな少年のお世話を任されたのが攻め(?)である進藤さんです。最初こそ嫌がっていたものの、押し付けられてお世話をするうちに温かい感情が芽生えてきたようで...

二人続きがいい感じに接触してきたところで『上巻』での話は終わってしまいます。私は続きが気になって仕方ありません...。

サイボーグくんは進藤さんに特別な感情を持っているようで、このコミックのキーセンテンスである『夢』の中で、進藤さんと幸せな『時間』を過ごしており、ほっこりしたものの、現実とのギャップに胸が苦しくなりました。

進藤さんにサイボーグくんの『想い』が伝わればいいな。二人が、サイボーグくんが見た幸せな『夢』みたいに結ばれればいいな。

『下巻』、絶対買います。いつ出るかな。毎日を生きるご褒美が出来た気分です。よよよ先生、ありがとう。

*

5

夢が意味することは

cannaさんのHPで1話試し読み出来ます。
"サイボーグ"という言葉に惹かれたものの、表紙がショタっぽくて迷ってたのですが、試し読みを見たら買う一択でした╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !

可愛い絵柄でPOPに見せつつ、内容は闇を含んでて仄暗い。
その塩梅加減にヤラレました。とても面白かったです。


セックスの為に造られたサイボーグ、セクサロイド。
1から作り上げたロボットではなく、生身の少年を改造して造られてます。
それを作った施設で働く進藤とセクサロイドのお話です。

取り敢えず、すごく言いたい。
セクサロイドがメッッッッッチャ可愛い!
というか愛らしい?かな。
性的な事以外は真っ新な赤子状態の彼。
「あー」「うー」しか話せないのですが、進藤から教えられ、言葉をたどたどしく「しんどお(進藤)」「あいあと(ありがとう)」etc.と話す姿がすごく可愛い!!
進藤に懐き、進藤の後をついて回り、進藤に褒められて喜び、無垢な笑顔を向ける姿は幼い子供そのもの。愛らしくて愛らしくてキュンキュンします。

でもこの子はセクサロイドなんですね。
中身は無続き垢な子供のようなんだけど、裏ではオッさんらに性的な行為をされていて…。ソレ用に開発されたゆえに快楽に浸ってる顔を見ると複雑な気分になります。悲しいです。

救いといえば、進藤はセクサロイドを性の道具として見ていないこと。最初はセクサロイドに関わることを不本意としながらも、接する時間が増える中で言葉を教え、モラルや常識を教えて。
与えられた研究課題にはセクサロイドに性的な事を仕込むことも含まれてるけど総スルーし「まっとーにしたいって思っちゃう」と言えるまっとーな考えの持ち主なので、なんだかホッとします。

でも歪んだ思考の研究施設内ではその"まっとーな考え"は酷でしかないという現状。進藤にとってもセクサロイドにとっても茨の道という。。。
下巻がどうなるのかドキドキと少しの不安を残した上巻でした。

本編中盤には寝てるセクサロイドが見てる夢が登場します。
そこには進藤と一緒に居て、いっぱい笑って、進藤とエッチな事をして、すごく幸せそうで…。見てるとホッコリするけど「夢」なのが切ない(´•̥ ω •̥` )
ラストには進藤の夢が登場なのですが、セクサロイドの夢ともリンクしてて。セクサロイドの中にまだ本来の姿である聡夫くんの感情がある・・・?ってことだよね??だとしたら体の何処かに理性があるのにこの現状を考えると切な苦しい。進藤との時間が彼にとって唯一の幸せなのかな…。アカン、考えだすとこっちが病みそう(T ^ T)
『錆のゆめ』というタイトル、この先ハッピーエンドに向かってるのを夢の内容が示唆してるのか、酷な未来が待ってて「夢は夢のまま」を示唆してるのか…。

イマイチ分からないのが、この施設って一体なんでしょうね?
やる気ない暇人扱いされてる進藤とか前は仕事なにしてたんだろ…。
所々頭を捻る部分はありますが、セクサロイドの可愛さが全ての疑問を上回って勢いで神です。どうかどうか下巻では、2人が笑ってる夢が正夢になりますように…゚+.((人д<o))゚+.

【追記】
作者さんのインタビューがアップされたのを読むと「育成メルヘン」と書いてあるので、あまり深読みしすぎずサイボーグちゃんの可愛いトコをそのまま楽しめばいいのか…?と脳内軌道修正します。。。(メルヘンで済ませにくい闇がありますが。) 全ては下巻待機ですね。

13

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ