…死ねよ、俺に喰われて死ね。

K先生の秘密の熱情

Ksensei no himitsu no netsujo

K先生の秘密の熱情
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神18
  • 萌×210
  • 萌6
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

14

レビュー数
7
得点
149
評価数
35件
平均
4.3 / 5
神率
51.4%
著者
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥639(税抜)  
ISBN
9784832290051

あらすじ

ゴーマン人気官能小説家×堅物編集者ラブ。「K先生」シリーズ第4弾、ファン大注目の新展開!!官能小説家・鍛治隆生(かじりゅうせい)に押し切られるようにお付き合いをスタートさせたマジメ編集者・小早川翠(こばやかわみどり)。鍛治先生に会いたい気持ちは募るが、恋人は多忙を極めるため、なかなか会えない日が続く。そんなある日、小早川の幼なじみ・昭ちゃんが上京。先生と引き合わせたことが鍛治の逆鱗に触れることとなり二人の関係に最大の転機が訪れる!?大人気「犬恋」シリーズ、今井×あっくん、弟の勝頼の登場からも目が離せない!描き下ろしあり。

表題作K先生の秘密の熱情

鍛冶隆生先生(K先生)・小説家
小早川翠・編集者

同時収録作品Kの詫び状

同時収録作品あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数7

舌先だけのキッス♡

前作から時間が空いていたため、ストーリーの流れ少し忘れてました…
このK先生の怖すぎる目付きと、小早川に対する強すぎる執着。あ〜そうだったそうだった。
本作でも小早川はまだ天然というか激ニブで、鍛治の余りにも強い感情や乱暴さを一見のらりくらりと?いや、訳も分からず?受けていて、アノ鍛治を結果的に翻弄しているんですよ。
まあ、鍛治が俺様なのはともかく、小早川も先生に迷惑かけたくないから、という錦の御旗ですぐ「帰ります」とか。鍛治が何を考えているのかをはなから考えずに、結局は自分の早合点で突っ走ってるんです。激しく求められて一晩中Hした後も3週間電話もしないとか。どっちもどっちだ。
田舎から幼馴染の昭ちゃんが来て余計な事言うから、鍛治が怒りの抱き潰しH。
その後やっと、お互いの気持ちが添うような感じになりましたね。甘さが出てきた。
そして、私が本作で好きなポイントは「キスシーンが多い」という所ですね。
【キスをしないセフレはいても、キスをしない恋人はいない!】
キスシーンには、あの怖い顔の鍛治の恋心が詰まってるんです。そこが最高。

「あとがき」
農林1号さんの男前度続きが……!

2

K先生が小早川に振り回されている

夏水先生の作品で一番好きなシリーズです。

今回幼馴染みの昭ちゃんがかき回してくれました(*´ω`*)
小早川はただK先生の仕事の邪魔はしたくないと遠慮ぎみなんだけどK先生はもっと小早川の方からぐいぐい来てほしんだろうなぁ
中盤のK先生がケータイコツコツやってるシーンはK先生の我慢が感じられて新鮮(/▽\)♪
K先生も会いたいの我慢してんだねv
会ったときの野獣さは半端ないけども
小早川も素直になって色気が増してきてる…さらにK先生の独占欲と心配が激しくなりそうな…

編集長は相変わらず読者の代弁者のように小早川をいじってる。あの人あのキャラずっと続けてほしいなぁ(笑)
お互いの熱量がやっと同じくらいになってこれからの二人も不定期だけどどうなるのか楽しみ♪
本好きの二人だから仕方ないかもだけど願わくば外で普通にラブラブしてる二人も見てみたいな

1

ドロ甘い展開がまちどおしい

表紙のパンチ力がいいですな(*´▽`*)

小早川さんのうさちゃんコスプレからスタートな本作。
なんだろうね、全体的にK先生は優しくないのだけれど、
愛はぎゅうぎゅうに詰まってるといいますか、
解りやすくもっと小早川がグイグイにこないのが面白くないんだろうなと
思う場面が多々多々ございまして。
ある意味、これもK先生をもてあそんでいると思えば面白いのか否かと。。

おいといて

強姦まがいから始まったこの関係も
徐々に甘く甘くなっていくわけで、
お互い両想いは確実なのだけれど
どうにもK先生の顔色をうかがいすぎるがあまりに
結局暴走ぎみのK先生にぐちゃぐちゃに喰われるという展開でしたね。

自分の番だとか
だれにも触れさせるなとか
繋いどきたいとか

かなり独占欲むき出しのK先生が好き。
トロトロの小早川も可愛い。
幼馴染の前でトロトロにされるプレイも個人的にはツボでした。
もっとやれ(n*´ω`*n)
次回も楽しみです。

4

K先生のオスフェロモン(∩´///`∩)

表紙は、野性味溢れる鍛治先生。
帯には、『………死ねよ、俺に喰われて死ね』の一文。

メーーーーーーッッチャカッコいいっ(///Д///)=333

本来なら揶揄でも使うべき言葉じゃないですが
鍛治先生が言うと愛がたっぷり含まれてる言葉にしか聞こえないからトキメキますv

実際、情事の最中の睦言ってやつなのですが、
肉食獣さながらのギラついた鍛治先生だからこのセリフが絵になるんですよね(^//^)
今巻も狂おしいほど小早川を貪る鍛治先生がとってもカッコ良かったです♪

一応、晴れて両思いが成立したはずなのに、鍛治先生の荒々しさは増してたような…?
小早川の体にかぶりつく様が今まで以上に激しい気がする。

表情にも態度にも言葉にも出さないけれど
小早川にもっと会いたい、小早川のほうから連絡が欲しい、小早川から求められたい
というのが端々に感じて萌え転がりました(∩´///`∩)
傲慢な俺様がみせる狂おしいほどの愛情という萌えパワーは4巻になっても衰えませんね!

んで、ようやく小早川がきた思ったら、まさかの男連れww
鍛治先生の心情を考えると不憫続きだけど、そこまで考えが及ばない鈍チン・小早川も可愛い。
その後の"抱き潰す"と形容したくなる嫉妬エッチはとっても美味!

ちょっぴり乱暴に攻め立てる鍛治先生がカッコいい。
グッタリしながら応えようとする小早川が健気キュン。
嫉妬エッチは最高ですな+゚。*(*´∀`*)*。゚+

小早川も良かったですねぇ。
一度認めてしまえば素直に鍛治先生を想う姿が好印象でした◎
恋愛慣れしてないせいか、鍛治先生との距離を図りかねてモダモダしてるのが可愛いです♪

全くタイプの違う2人で微妙な行き違いがあるけれど、
これから徐々に恋人らしくなっていくのかな?
まだまだ不定期連載で続くようなので嬉しい!続刊が楽しみです(﹡´◡`﹡ )

1

シリーズ4作目

K先生と編集者シリーズ、久々の新刊です。
夏水先生は名前買いの作家さんですが、個人的に一番好きなシリーズなのでうれしいです。

傲慢で鬼畜ドSな人気小説家の攻め、ポヤポヤニブニブな編集者の受け。身体先行だったのがようやく心が通じ合ったのですが、遠慮がちで職域を超えてはいけないと思っている受けは、なかなか会いたくても会いに行けず、いつも呼び出すのは攻めのほうから。攻めは攻めで忙しく、受けを呼び出してマンションの玄関先で10分くらいチュッチュして充電するとか、そんな日々。
受けも、10分でも会えるのがうれしく、ホイホイ呼び出されてはむさぼられ、無自覚にエロい顔になっては攻めをヤキモキ、周囲をそわそわさせています。

想いが通じ合っていなかった頃を思えば雲泥の萌えです。すれ違い的な事件はあるけれど嫉妬や恋心を煽るくらいのレベルで、ラブラブを堪能できました。
体格差のあるカプなので、体格差萌えのある身には大変眼福です。受けが細っこいので、騎乗位で腰を下から掴まれているカットなんかは指が回ってしまいそうだし、お尻をこねくり回される感じや、小顔だから片手で頭を簡単に掴まれてしまう感じ続きもカワイソ萌えます。それで種付けされてピクンピクンしてるのがエロくてたまりません。
ひたすら独占欲と愛情が強い攻めなので、受けが上手く甘えてあげれば簡単に手玉に取れそうなのに、間違った方向に遠慮しちゃう受けに焦れ焦れしてしまいますが、それでもちょっとずつ甘えられるようになってきて、微笑ましいしうれしい。1日甘々ラブラブしているだけの番外編とか読んでみたい気がします。

4

2人のラブラブにお腹いっぱい。

いや〜ごちそうさまです。
これが読後最初の感想です(笑)

あらすじとしては、前作の逃避行後から始まっていて、多忙になった鍛冶先生と中々ゆっくり会えない最中に、小早川の幼なじみの昭ちゃんが週刊誌で先生の記事を読んで心配して上京。その昭ちゃんが2人の間に入って…というお話。

っていうかね、もうね、2人のラブラブさが本から飛び出してる状態でして正直お話どころじゃなかったです。
あいも変わらず鍛冶先生は小早川溺愛で、独占欲半端ない。ゆっくり会えないとしても出勤前に呼び出しては激しいキスで小早川を充填しております。(足りねぇ。と言ってましたが)
ある意味安定の鍛冶先生に対して、小早川は先生に対する気持ちを自覚し、前作までの彼からすると考えられないくらい素直になっていました。
先生も小早川の変化に喜んでるんだろうなぁという描写があり、読んでる私もにんまり。
昭ちゃんが2人の間を引っ掻き回すといっても、小早川を心配してのことだし、何よりそんなことで動じる先生ではないので何も臆することなく読み進められます。

小早川は先生に会いたくて淋しがったり、公私混同してしまったと悩んだ続きりしてましたが、鍛冶先生の溺愛独占欲に包まれたラブラブな2人の幸せなお話でございました。

2

翠ちゃん、最高です!私も会いたかったです!

一足先にすいません、某電子本サイトさんが先行してくださいました(涙)
嬉しい限りですー

3巻目で、続きはどうなるんだ?と思っていた当作。もう一段 進化しました。
花音さんの連載の方は追っかけてなかったので、更なる進化にびっくり。
花音さんに載った6話分+書下ろし+あとがき(大事!) 
と私は特典ペーパー2Pがついてました。

3巻目の雲隠れ?とんずら? の後から、始まります。
ミツコさん、冒頭でご登場、翠ちゃんに絡む絡む。
パワーアップされていて素敵(笑)
仮装パーティで、今井先生、ちまちま、勝頼もちっぴり登場。
ぽやぽや翠ちゃんですが、さすがにちまちま、勝頼よりは
大人な所を見せてくれます!
皆さんが何に扮装しているかはお楽しみー
K先生はもちろんカッコいいですよ!
ここで、おや?なサブキャラになるのか?初登場な方が。
えーこの人、あとあと翠ちゃんに絡んできたらやだなーとちょっと心配。

この後、先生が忙しいのか、会って充填、会って充填 な生活が
しばらく続いたようで、翠ちゃん大変。若いが故の体力勝負!
そこへ3巻目で登場した 幼馴染 昭ち続きゃんが、心配して上京、ひっかきまわす
そして雨降って地固まる といった具合。
私も食われてお亡くなりになりたいです♡
ほんと うっとり+あまあま~+幸せほっこり!な巻でした。
さあ、今度こそどうなる?
先生、やですよ、あの紳士を続かせたら。

大事なあとがき。ブルボン王家さんたちではなく、私はお初でした。
失礼ながら先生、これ続くんでしょうか?
そんなに品種があるんでしたっけ・・・

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ