コスメティック・プレイラバー (4)

cosmetic play lover

コスメティック・プレイラバー (4)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神37
  • 萌×220
  • 萌7
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

190

レビュー数
5
得点
287
評価数
65
平均
4.4 / 5
神率
56.9%
著者
楢島さち 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイコミックスDX
シリーズ
コスメティック・プレイラバー
発売日
電子発売日
価格
¥689(税抜)  
ISBN
9784799748893

あらすじ

「俺がお前を幸せにしてやる」
美容部員の棗は、後輩で恋人の佐橋と
ついにラブラブ同棲生活スタート!
でも新人の春川がプチ嵐を巻き起こし、
佐橋の兄・天真は「斗真に不釣り合いだ」と宣戦布告!?
なんだか不思議な佐橋と家族の距離感に、戸惑う棗。
(恋人として、俺にできることって――)
トラブル続きでも甘キュン保証の第4弾!

描き下ろしは過激とろとろお風呂H
スピンオフ「ビターネス・プレイラバー」も!

表題作コスメティック・プレイラバー (4)

佐橋斗真,元モデル,美容部員
間宮棗,美容部員,斗真の先輩

同時収録作品ビターネス・プレイラバーPlay.3

西園寺幸人,国産ワイナリー社長
柿崎圭吾,外商員

その他の収録作品

  • 描き下ろし
  • あとがき

レビュー投稿数5

大好きな作品です!

とても楽しみにしていました!

今回もメインは佐橋×棗、後半に少し西園寺×柿崎が収録されています。

春川くんの活躍(?)もありつつ、
お互いの家庭環境に踏み込む4巻でしたね。
佐橋の兄、天真が登場し、棗に対して「お前は斗真に不釣り合いだ!」とふっかけてきます。
そこから佐橋の家庭環境(&流れで棗の家庭環境)が分かってきて、家族を大切にしてほしい棗と棗以外興味のない佐橋ですれ違いが起こります。

棗は本当に“いい子”なので、それゆえにお節介だな〜と感じることもあるのですが、斗真にはそれが刺さっているのでとても相性のいい2人なんだなと巻数を重ねるたびに思いますね.....

この作品の個人的な推しポイントは「攻めがクールに見えて結構重めの執着攻め」ってところだと個人的に思っているのですが、今回斗真が最終的に出した結論もかなり危うかったです。
棗の懸念することが手に取るようにわかるので、「斗真本当にそれでええんか....?」と思いつつ(結局丸くおさまりましたが!)、斗真の性格を鑑みると結構自然なことなのかな?とも思いました。
ここで無理やり仲良しこよし始めた方が違和感あるのは確かかな?と。


あと、どれだけ斗真がスパダリでも、拗ねるポイントがびっくりするくらい子供で、そこ根に持ってたの???ということがよくあるのですが、それを包み込んで甘やかしている棗を見ると「年上受けサイコ〜!!!!!!!」となります。
でもやっぱり斗真はめちゃくちゃカッコいいです。

本当にオススメしたいタイトルですし、今回も2人らしさが出ていてとても良かったです!

5

巻数を重ねる毎に強固になる関係

シリーズ4冊目!
結構きましたが、まだ続きそうです。

同棲生活開始でラブラブ編と思いきや、佐橋の兄・天真が現れ、「きみと斗真は不釣り合いだ」と棗が詰め寄られる展開に!

今回、初めて佐橋の家族の話に触れられます。
病弱な兄に付きっきりの母、仕事で帰ってこない父。
そして、一人で過ごす幼少期の佐橋……
ちょっとひねた所があり、察することに長けた佐橋ですが、家庭環境がそうさせていたのだと思うと複雑な気持ちになります。

家族の温かさを知らない佐橋の、唯一の太陽で愛の対象が棗なんですね。
家族に愛されて育った棗だからこそ、佐橋は惹かれたのかもしれないと思いました。
棗の家族も登場しましたが、女性陣がいいですねぇ〜
みんな優しくて、とっても温かい気持ちになりました。


私は、この二人大好きなんですよね。
お互いを愛する気持ちが溢れていて、安心して見ていられる。
NYに佐橋を連れ戻したい天真の出現ですれ違ってしまいますが、プチ嵐を巻き起こした春川が二人を癒し、助けます。
春川が二人を見守る腐男子みたいになっいて、微笑ましかった。
いいなー、春川のポジション^^

「家族よりも大切な人」がいてもおかしくないけど、できれば「家族と同じくらい大切な人」になって欲しいかな。
だから、佐橋の家族に対しての〝興味がない〟という態度は、ちょっと悲しいかも。
そんな佐橋も、棗のおかげで少しだけ家族(兄)と近付けた気がします。

濃厚Hが見所でもある本作ですが、今回もラブラブH満載!
棗の表情が本当に可愛くて、泣き顔なんてキュンキュンしちゃう♡「かわい」を連呼する佐橋も好き。


同時収録作は、『ビターネス·プレイラバー』
西園寺に振り回される圭ちゃんか不憫ですよね;
いたずらが過ぎる西園寺と意地っ張り圭ちゃんは、まだまだ発展途上という感じ。先が長そうな二人です。

2

佐橋兄すき~

紙で集めていましたが、今回電子先行販売ということで待ちきれず、電子購入してしまいました~
同棲編ということで、甘々な感じなのかと思いきや、恋敵?の出現や佐橋の家族問題など同棲感はあまり関係ないかも、な内容でした。
ただ、新キャラの佐橋お兄さんも好きなキャラだったし、いつものように可愛いとろとろ棗さんも見れたので充分満足です✧

3巻に引き続き登場の春川くん。なんと棗さんに告白~だけど、ライバルという感じにはならず。佐橋と付き合ってると知るやいなや応援側に。めちゃくちゃ良い子でした。おまけの帰り道3コマの2人を見ていると胸が苦しい…っていうのなんか分かる…若干腐女子的目線に似たリスペクトを抱く春川くんでした。

そして今巻のテーマとも言える、佐橋の家族問題。棗がいろいろ気を使うのですが、それが逆効果でなんだか険悪な雰囲気に。結局、俺には棗さんがいるから良いんだよ、的な終わり方でしたが、佐橋の家族…もっと掘り下げて見てみたかったなあ。これから続いていったらきっと親も登場するのかなぁ。いろいろな家族の形があるからこれもこれでありなのかもしれないけど、漫画的にはすっきりしない終わり方でした。でもでも、佐橋兄とはなんだか良さげな関係になりそうで良かった!
兄が登場した時には、嫌な感じのお役なのかと思いきや、めちゃくちゃ可愛らしいお兄さんですっかり好きなキャラになりました!また登場してほしいなぁ。お兄さんはBL展開より、気が強めの女の人に尻に敷かれてほしい笑

そしてお祭り後の仲直りエッチ。佐橋が可愛いって言うのに激しく同意のめちゃくちゃ可愛いとろとろ棗さんが見れました~
ストーリーも進みつつ、毎回甘エロなシーンがお約束で大好きです。

そしてこちらも大好きなビターネス!
今回はエロ度は低めかなと思いますが、圭ちゃんか安定の可愛さでした。なかなか懐かないけどそれか最高に可愛いですね!

てことで5巻も楽しみにしています。
余談ですが、先生のTwitterでのカウントダウンイラストに感動しました。お忙しいだろうに、毎回丁寧なイラストをアップしてくれてありがとうございます…!

2

同棲開始編スタート

コスラバも4作目。
この、巻を増す毎に甘さが増していく年下×年上な2人が大好き。

3作目でも感じたのですが、佐橋の包容力といわゆるスパダリ度が更に増しているような。
佐橋ってこんなにかっこよくて男前だったっけ…?
心なしか顔もどんどんかっこよくなっていっている気がする。
棗を見る時の穏やかな表情と、深めのまぶたにムズムズします。
なんでしょうかね、佐橋が棗をからかうように甘やかす姿がもうたまらなく好きで。
かっこよくて包容力のある甘い溺愛いじわる攻めって良くないですか?
その一方で、執着と独占欲が強く、棗の周囲に張り巡らせたセンサーに反応した相手を牽制して周る姿のギャップがなんとも。

そして、佐橋にころころっと手のひらの上で甘く転がされているように見えて、無意識の破壊力抜群の行動・言動をしては佐橋の余裕を一瞬で無くさせてしまう棗の可愛さだったり、ちょっと危うい部分のある佐橋を、丸ごとぎゅっと抱き締めてしまう年上感が突然あふれるところも好きです。
もうこの2人はちょっとやそっとじゃ揺るがないでしょうし、作中で問題が起きてもなんだか大丈夫な気がしちゃうな。
それくらい信頼関係が強い2人だからなのでしょう。

4作目の内容はというと、付き合ってしばらく経って同棲を始めたカップルの定番イベント・相手家族とのアレコレによるすれ違いです。
うーん、やっぱりこう来ますか。
佐橋のお兄ちゃんが登場し、今まで明かされていなかった佐橋の家庭環境や幼少期についてが語られます。
棗は賑やかであたたかい家庭で生まれ育ち、佐橋はその真逆とも言える家庭環境だったと。
これ、棗の自分に対してだけではなく、佐橋にもっと家族を大切にして欲しい気持ちも分かるんです。
でも、逆に佐橋の「別に家族と疎遠でも普通」という気持ちも分かってしまうんだなあ。
家庭環境ってそれぞれ違うものですから、ちょっと難しいところですよね。

今作はここの落としどころが重すぎず、大きくなりすぎず、キャラクターの関係性・性格と合っていてちょうど良かったなと思います。
棗は知らないけれど、佐橋は棗に影響されて確実に少しずつ変わって来ている。
棗がずっと隣に居て、棗なりの愛し方で佐橋を幸せにし、幸せにされつつ、知らない事は教えてあげて、長い時間をかけてでもどんどん佐橋を良い方向へ変えていけば良いんです。もちろん自分もね。
きっと、佐橋と兄や家族との関係も今までより良いものとなっていくのではないでしょうか?

佐橋のお兄ちゃんといえば。
登場の仕方的に、いったいどんな風に引っ掻き回していくんだ…?!と思いきや、意外にも結構可愛いタイプの人だったので、出来れば塩対応ばかりではなくたまには優しくしてあげて欲しい。
きっと飛んで喜ぶんじゃないかな。
不器用なお兄ちゃん、可愛いぞ。
春川くんも本当に素直な良い子で可愛かった!
すっかり推しCPを見守るオタクと化しているようだった彼は、もしかしなくても腐男子の気があるのだろうか…

今作は合間にラブなシーンも多かったのですが、個人的に萌えたNo.1は、同棲を開始して佐橋とずっと一緒なんだ…と思った瞬間にあちこちがキュンとしてしまう可愛い棗でした。
名前を何度も呼ばせる佐橋もツボにぐさぐさ刺さりました。
2人の甘いやり取りにすっかり骨抜きです。

キャラクターも増え、困難や問題が起きたとしても、少しずつ乗り越えて関係をより強いものにしていく2人が好きです。
果たして次巻はどんな恋模様が見られるのか楽しみです。
次はお仕事シーンももっと読めるといいな。

1

家族の問題に切り込んだ4巻、間宮は良妻

同棲編スタート。
今回は同棲イチャラブ日記じゃなくて、重い問題、佐橋の家族について切り込んでいく。
この子が飄々としている理由は家族にあったわけだと、納得の回。
それと、BLお約束展開、相方にどんだけ変えられたかっていう回でもある。
私の中でBLの同棲=結婚ってとこあるから、家族問題は切って切り離せないちょうどいい塩梅の4巻だった。

それにしても、4巻の間宮は良妻すぎん?
彼のこと想って家族と話し合いなよって説得したり、大事だからって泣いたり、俺以外の居場所があったほうがいいとかいって、結局全部佐橋のためにぐるぐる悩んでさぁ……もう、妻じゃん。妻。結婚しろよ。

でも、個人的にいえば、もうちょっとパンチライン欲しかった感ある。
BAっていう新しい職業BLで個人的興味を引いていたわけだが、今回は4巻にもなって、BAから離れて(3巻まででだいぶBAについてのBL展開したからな)キャラクター自体を深堀りしにきたわけだけど、家族に対しての価値観の違いをもっとぶちまけてたらもっとおもしろかったなと。
今回、綺麗にまとまりすぎてた。
兄ちゃんも最初の登場もっとなんとかならんかったんか?あからさまに、佐橋のファンみたいな登場しよって。私は「またこの展開か…モテすぎだろ、この色男めが」とか思ったよ。
結局、間宮と佐橋がお互いを想い合ってて、二人は二人がより大事だよね、きゃっきゃうふふっていう、ね!1巻では想像もしなかったぞ、佐橋がここまで変わるなんてな。

てか、兄貴はあれだな。すごい受。めんどくさいタイプの受。
あー、あと春川くんね。いい子過ぎて、普通に嫁をめとれ。君は私らと同じタイプの人種だ。普通は男ふたりのカップルみてドキドキしないからな。君はこれからもいい相談役として活躍してくれ。いい子。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う