ララの結婚 (3)

rara no kekkon

ララの結婚 (3)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神68
  • 萌×238
  • 萌13
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

47

レビュー数
17
得点
533
評価数
122
平均
4.4 / 5
神率
55.7%
著者
ためこう 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイコミックスDX
発売日
電子発売日
価格
¥689(税抜)  
ISBN
9784799749579

あらすじ

酷い男を好きになってしまった 女と偽り妻としてブルクティーン家に留まっていたラムダンは、ある夜偶然にも仮の夫・ウルジと、ララの駆け落ち相手であるロサンの会話を聞き、二人の婚儀の企てを知る。 激情のまま家を飛び出し、ララを探すラムダンが辿り着いたのは、 華やかな都と寂れたスラムの間に建つ娼館で? 異国の嫁入り奇譚、三巻描き下ろしはぎこちない二人の夜のお話。

表題作ララの結婚 (3)

ウルジ・ブルクティーン,富豪の跡取り
ラムダン,妹ララの代わりに嫁いだ嫁

その他の収録作品

  • 初夜(描き下ろし)

レビュー投稿数17

そして、恋が始まる

前巻でウルジの策略を知り、家を飛び出したラムダン。

絶望に打ちひしがれた彼が辿り着いた先は
都・ミンシンの寂れたスラム街にある娼館でした。
そして、そこで偶然にもウルジの兄・バドマと再会します。

その頃、ウルジはラムダンの家出を知るも、第二夫人の
アリアナとの婚儀が目前に迫り、身動きがとれずにいました。

そんなとき、ウルジの元にやってきたのは…ララでした!
ここにきてやっと正真正銘の本人\ララの登場/です。

窓から家の中へ飛び込み、対面するなりウルジを
引っぱたくという先制攻撃を仕掛けるララ(強い)

ラムダンの気の強さといい、血筋でしょうか。
いや、その眼差しが示す意思の強さはラムダン以上かも?
流石のウルジも突然の出来事に唖然としています。

全ての真相を知り、兄を心配して駆けつけたララ。
彼女がものすごい勢いでウルジをまくし立てていると、
そこへ駆け落ち相手のロサンがララを追いかけやってきます。

すると、今度はララとロサンの痴話喧嘩が始まり、
無事夫婦の愛の再確認を経て仲直りするも、続いて
婚儀を控えたウルジを迎えにアリアナがやって来て…
次から次へと、なんだこの地獄絵図(笑)

しかし、そこでウルジはアリアナへはっきりと
婚姻の意志がないことを伝え、婚儀は中止へ。

ララとの対話を通して、自分の愛情がいかに一方的なもので
ラムダンの気持ちを無視していたかを突き付けられたウルジは
ララに心からの謝罪を述べ、ラムダンを必ず連れ帰ることを約束し、
ミンシンへ向かいます。

最初は同行を申し出たララですが、何やら体調が優れない様子…
もしや、おめでた?と思ってしまったのですが、深読みしすぎでしょうか。

今回のララの強襲で感じたのは双子の互いへの思いの強さでした。
互いに伴侶に欺かれ、自身も傷ついているはずなのに、二人とも
まずは片割れの元へ駆けつけたという事実に絆の強さを感じました。
二人が無事再会を果たす日が早くやってきますように…

一方、ラムダンは娼館での生活にも慣れ始めていました。
女たちに囲まれ、胸を押し付けられ慌てふためく
ラムダンが年相応の青年に見えてなんだか新鮮でした(笑)

そんな生活の中、ラムダンがふとした瞬間に
思い浮かべてしまうのはウルジのこと。
憎いはずなのに、頭をよぎるのは楽しかった思い出で、
憎しみと愛情が渦巻き、葛藤に苛まれているところへ
現れたのは迎えにやってきたウルジでした。

ウルジから聞かされるララの安全を喜ぶラムダンでしたが、
その後に続く「戻った後はお前の好きにしていい」という言葉に
動揺してしまいます。

解放されて嬉しいはずなのに、ウルジのことは嫌いなはずなのに、
彼の目を見ると、ラムダンの心はどうしようもなく揺れてしまうのでした。
それはウルジへの愛の自覚でした。

1、2巻を経てようやくスタート地点につき、
ラムダンの恋が始まったという感じです。
ここまで長かったなぁ…

まだまだ家や跡継ぎのこと、問題は山積みですが、
次巻では甘く恋に浸るウルジとラムダンを見れたらいいなぁ。

11

描き下ろしが素晴らしい!

後継者問題から側室を迎えることになったウルジ。
さらに、ララとロサンの駆け落ちはウルジによって仕組まれた策略だと知ったラムダンは、ララを探しに都を飛び出し……と、いう前巻からの続きです。


ウルジを好きだと自覚した途端に裏切られてしまったラムダン……切ないですね。
憎みたくても憎みきれないほど、心はウルジに傾いているのに。
指輪を握りしめて震えるラムダンの気持ちを思うと、胸が苦しくなります。
そんなラムダンが連れて行かれたのは、スラム街の娼館。
そこで出会ったのは、なんと……⁉︎と、いう展開。

ラムダンはどこにいてもラムダンで、この子は本当にカッコいい子ですね。媚びないしめげない。
強い気持ちで現状を受け入れ、適応できる子です。
娼婦たちとの交流が楽しくて、ラムダンもおっぱいには弱いのかぁー、なんて思ったり^^

そして、ウルジサイドではアリアナとの婚儀の準備が着々と進められています。
ウルジ父の、「家を守るという事は血筋を守ると同義」という言葉ーー重たいですね。
ずしりとウルジの肩に伸し掛かってきます。

さすがのウルジも抗えないか?と、思った時に現れたのがララ。
ここで明かされるララの悔しさとロサンの本音、ウルジの恋心にジーンとしてしまいました。
嘘偽りないウルジの本音。信じてもらえないいかもしれないけど、誠意を持ってララに伝える姿にグッときました。

両サイドで展開されてきたストーリーが、ラスト1話で繋がります。
ウルジとの再会で心が揺れるラムダン。
ウルジの後悔と愛がラムダンを揺さぶり、抑えきれずに溢れ出すラムダンの涙がいじらしくて身悶えました。
頭でどれだけ考えても抗えない心の機微を、セリフなしで伝える場面は圧巻です!

そして、何より良かったのが描き下ろし‼︎
タイトル『初夜』
初めて男としてのラムダンを抱く…と、いう意味だと思います。
恥じらうラムダンも、tnkを曝け出させて全てを愛するウルジも尊かった。
ラムダンの表情が激かわです♡

次回こそ蜜月かな?(そろそろ頼む)
問題は山積みだけど、なんとか乗り越えと欲しいと願わずにはいられません。

10

がんばれ!ウルジ回。読者としては「そりゃそうよ」としか言いようがないw

待ってました三巻!

ウルジの企みを知り脱走したラムダン、焦るウルジ。そこへララが飛び込んで来たので大変です。

ラムダンとソックリな顔で「ドン引き!!」を見事なまでに表現してくれたララには拍手喝采するしかない!

ウルジに対するカウンターパンチとしてこれほど痛烈に効くやつがあるでしょうか。1話からずっとことの顛末を見守って来た一読者としては、「そりゃそうよw」としか言いようがないですね。ちょうでっかいお灸。グッジョブ、ララ。さすがラムダンの妹。

ラムダンが娼館の女の子達に囲まれてハーレム状態になっているところはなんか和みました。女の子達がまた可愛いです。

なんやかんやあってウルジと再会したラムダンの、まるでやっと家族に会えた迷子みたいな涙がよかったです。

三巻ではラムダンの村やウルジの街の外のことが描写されて、急に世界が広くなり、次巻からはどんな展開になるのか想像がつきませんね。不器用ながらもやっと想いが通じたラムダンとウルジに何が起こるのか?楽しみです。

9

受けさんの男気に萌え

ためこう先生は女の子の描き方がとってもお上手だといつも思っています。今作品も魅力的な女の子がたくさん登場します。

ララ(というかラムダンといった方が正解かな?)も男の子、というよりも女の子に見える。もちろん双子の妹の身代わりで嫁ぐというバックボーンのあるお話なので女の子に見えないと意味がないわけですが、それだけではなくって非常にジェンダーレス、っていうのかな。

女の子でも、男の子でも、自分の生きたように生きる。

そんな「自我」がきちんとある子が、ためこう作品には多く登場していると思うのです。

ラムダンが女の子に見える、という理由で今作品を敬遠している方がいらっしゃったら、ぜひとも食わず嫌いせずに手に取ってほしいと思います。見た目は女の子ですが中身は非常に男前。カッコいいです。

というところで、今作品のレビューを。




ウルジに第二夫人が嫁いでくることが決まったこと。
そしてウルジの策略によってララとラムダンが騙されていたこと。

前巻で、この二点がラムダンにばれてしまい、ウルジとラムダンの関係を大きく動かすことになりました。

ラムダンはウルジへの想いを自覚しておらず常に反発していましたが、皮肉にもこれらの事態がラムダンの想いを端的に読者に示すことになりました。

ウルジがじぶんを騙していたこと。
そして、他の女性を娶ること。

それが、ラムダンにはショックだったわけで、ではなぜ、それがショックだったのか。読者には手に取るようにわかるわけですが、当のラムダンにはピンと来てない。

で、そこにきての今巻です。

ラムダンにとって、唯一血のつながる家族のララ。
ララを探すたびに、ラムダンは出かけるけれど―。

ここでラムダンは様々な出来事に襲われますが、この展開が非常に素晴らしい。今までの伏線を回収しつつ、複雑な人間関係が少しずつ見えてくる。

ラムダンはララ探しの途中でひどい目に遭いますが、基本的に登場するキャラは優しい人ばかりです。

ウルジの兄のバドマ。
ウルジの第二夫人(予定)のアリアナ。
ラムダンの双子の妹のララと、ララの夫のロサン。

彼らには彼らの正義があり、心情があり、それに従い行動している。
何よりウルジの父のブルクト。
彼は家のことしか興味がないように見えるが、それを守るために、彼もまた奮闘しているのだと。

あと、娼館のお姐さんたちがカッコいい。
酸いも甘いも噛み分けた、その深い優しさがこれまた非常に良きでした。

誰一人悪い人がいない中、結局ウルジとラムダンの2人の愛情如何でしかないというところに萌えが滾って仕方ありませんでした。

ためこうさんと言えば濃厚な濡れ場も大きな魅力の一つですが、今巻はエロ度はやや控えめ。身体の繋がりうんぬんよりも心情面に多くのページ数が割かれているため。

が、だからこそ、最後の2人のセックスシーンにめっちゃ萌えた…。
描き下ろしのタイトルも素晴らしい。

ただ、「ラムダン」が欲しい。
そんなウルジの想いと、その想いを受け止めたラムダンの覚悟のようなものを感じました。

今巻の優しい表紙に納得。
次巻も楽しみ待っていようと思います。

7

本当に愛しているという言葉。

1巻も。え?どうなるの⁈ どうなるの⁈ ハラハラ、というところで 次巻へ。となっていたかと思うのですが。もうそれヤラレてるから。それほど大変な事にならないから‼︎ というのは、読み手側にはバッレバレなので。ちょっと安心して読めました。
ラムダンの、「ララを探して」の旅はちょっとばかり危なかっかしいけども。本当に危険な事にはならないで済むし。ララは思いの外直ぐ見つかるし。ウルジの友人、ロサンは本当にララを愛していたし‼︎ (これ、予想通りね。)アリアナも良い子でしたし。これも予想通り。
最近、1巻、2巻、と読み返していたところだったんだけど。終始ラムダンは美しいし。
ウルジは雄々しく立派に成長している。
ウルジが、ラムダンの事が心配で、心配で。何よりも大切に思っているから。直ぐに飛び出してラムダンを追いたいんだけど。プルクティーン家の跡取りとして、仕事に関わる全てにおいて。冷静にテキパキとこなして行く姿。彼は、彼の信念に従って「欲をかいた。」のでしょう。家の繁栄と、それに関わる者共たちの幸せと。恋も。彼は何も捨てないで、全てを全うしようとしている。
まぁ、そんな彼がロサンに「家を棄てれるか。」と言うのもどうなんだ、って話ですが。
それがウルジの、ウルジたる由縁なのでしょう。
彼は大切にしているもの、全てが欲しい。
ある意味雄として圧倒的にに強い。そんな彼にラムダンが惹かれてしまうのは、仕方のない事だったのかも。嘘をついて謀ったのは良くなかったけれども。ウルジの強い気持ち、強い愛は、嘘の無いものだったから。本当の意味でその愛情を受け入れるラムダン。

プルクティーン家の表向きの仕事である塩の売買の他に、何か情報の売買をしているという事実。
それは今後どんな影響を及ぼすのか。
冷徹に見えたウルジの父の、後継への願いとは。まだまだ気になる事もいっぱい。
続きが待たれます。

同じ顔、同じ瞳のララ。彼女もまた、ラムダンと同じくらい気丈で、守られるだけの女の子では無い。
ラムダンを守ろうとしている。とても強い心の持ち主なのだ。
双子で、同じ顔と言っても。ウルジか直ぐにララと分かったのも。私たちが直ぐにその違いが分かったのも。ためこう先生の絶妙な描き分けには唸るものがあります。ラムダンは美しいけれど、着衣でもやっぱり男の子で。同じ顔をしたララはどう見ても女の子なのだ。
ウルジと、ラムダンの、それぞれのアップの表紙もとてもとても美しかったけれど。淡い色合いの衣装を纏った 本作の表紙も、扉絵も。とても綺麗で、ほぅっとため息。
そして「民族BL」と謳う、民族調の調度品や装飾のきめ細やかさにも感嘆。
科白の無いコマの美しさにも。とにかく愛でていたい。
ああ、ラストの画も大好きです‼︎

6

脇役がいないお話

側室・駆け落ちの真相…と、一波乱ありそうなところで続く!状態だったので、首を長くして待っていたララの結婚3巻。
読む前は、ラムダンとウルジの行く末にハラハラする展開になるのかと思っていたんです。

ちょっと、良い意味で予想外でした。
なにがって、メイン2人のもどかしさももちろん良かったのですが、サブキャラクター達のストーリーがとっても良くて!
どのキャラクターも脇役で終わらない感じが好きです。
中でも、ララを含めた女の子達それぞれにきちんと物語があるのがすごく良かった。
ララ、アリアナとエリン、ラムダンを慕うヤン、娼館の女性達。
決してメインの2人を邪魔することなく、自然と彼女達の恋や想いも描かれていて、どの女の子にも愛着がわいてしまうんです。
BL作品で女性キャラクターが魅力的ってすごいですよね。
それもきっと、ためこう先生の描き方がお上手だからなのだと思います。

ウルジとラムダンを中心に描かれていた背景が、今作でやっと点と点が繋がった気がします。
バドマとラムダン、ララとウルジ、ララとロサン、ウルジと父親、ウルジとラムダンなど、組み合わせの違うやり取りの中にドラマがありました。
ウルジの父親に関してはあまり良いイメージがなかったはずなのに…はずなんですけど、なんだか誰のことも憎めなくなってしまう。
掘り下げ方が絶妙で、どのキャラクターも本当に魅力的に見えるんですよ。
ためこう先生は余白とアップの使い方が上手いなあ。

今作でようやく不器用ながらスタートラインに立てたウルジとラムダン。
やっと本当のウルジという人が見えた気がしました。
ラストシーンがすごく綺麗。
2人はこれからお互いにどう向き合っていくのか?
後継者問題は?など、その他もろもろの問題は残っているようですが、今後の展開が非常に楽しみです。
個人的には弟バカなお兄ちゃん・バドマとウルジのやり取りをもっと見てみたいなあなんて。
双子の再会も早く見たいところです。

あとですね。普段は一見すると女の子に見えてしまうラムダンが、娼館の女の子達の中にいると、やっぱり「男」なことが分かる描写がちらほらと見られて、こう…上手く言えないのですがグッと来てしまって。
ラムダンは女の子に対しての何気ない立ち居振る舞いだったり、素がもう男前でかっこいいんですよね。
そんなかっこいいラムダンがウルジの前では…と、こういうギャップがまた良いんだな。
描き下ろしが本当に萌えの塊でした。

5

あぁ、やっと(*^-^*)

 あぁ、やっとやっとここまできたのね。
胸をなでおろしつつそっと拍手したい気持ちになりました。

 ラムダンは、2巻ラストでいなくなったと漏れ聞いたララを探すべく、通るであろう危ない方の街、ミンシンへ。

そこで、娼館で管理人と称するパドマと再開し、匿ってもらう。


 一方、ラムダンに婚儀での企みが知られたと悟ったウルジは、すぐに追いかけようとするけど、こんな時に限ってな面倒事がまいこんで、じれじれっすよ。
父親には、家を守るためにもアリアナと結婚して子供をもうけてほしい、と頭を下げられる。
お父さん的には、愛してた奥さんが残してくれた血筋を絶やしたくない、という思いだったのかな。
 頑張ってみたかった、というアリアナは、引き際も潔くて本当にいい子でした。
ウラジではない別の人と幸せになって欲しいものです。


 屋敷内がアリアナとウルジの婚儀の準備で沸いてる中、本物のララが飛び込んでくる。
ウルジに対して、怯えたように不信感丸出しのララの姿に、ラムダンを重ね、自分が傷つけてしまった重さを突きつけられるウルジ。

 1巻で、ウルジがララに男をあてがった、なんて言ってたから心配してたんだけど、ララの駆け落ち相手のロサンは、本当に駆け引きなしでララに惚れていてよかった〜。

ようやくミンシンでラムダンと再会して謝罪するウルジの、悔恨にまみれた表情がきゅんでした(*´ω`*)

そして、自分の気持ちを認めたラムダンの表情もとてもいいです(〃∇〃)
川原でキスする2人の姿に、よかった〜と胸アツでした(;つД`)

 また書き下ろしがいい。
題名が『初夜』ここからグッとしちゃう。
誰はばかるとこなく、ラムダンとして全てをさらけ出し愛し合う2人。

 もぅここでハピエンでいいんじゃね!?って気分にさせられました。
家に帰ったら頭の固い舅が控えてるからまだまだ終われないのだけどさ。
来年からの新章スタート、楽しみにしています。



5

まだ暑い時分から10月になるのをソワソワと楽しみにしていました。待ちに待ったララの結婚の新刊ーー♪

二巻を読み終えた時、次巻でそろそろラブの進展ありそうだなぁとニヤつきました。
ですので三巻、もう少しラブの進展あるかと期待したのですが、楽しみは次巻に持ち越しといった感じ。
でもお話は面白くて大満足!!そして、相変わらず絵がとても美しいっっ。こちらも大満足。

ウルジってラムダンに愛を告げる時、同時に、すまないと謝罪する事があるんですが(二巻で1回、三巻でも1回。かな?)…もう、本当、心にグサグサくるんですよね。
好きになり過ぎてごめんね。の気持ちが痛いほど伝わってきて。
私は、そんなウルジの事を応援せずにはいられないのです。

今回、一巻から読み返したのですが、ウルジ、どんどん眉の凛々しさに磨きがかかってる^_^笑

はぁ〜♡次巻も楽しみにしています!

4

眼を見たら分かる

ラムダンがウルジの企みを知ってしまい、屋敷を飛び出したところで気になる終わり方をしていた2巻。
3巻は家出したラムダンがミンシンという街にララを探しに来たところから始まります。
拉致され、連れて行かれた娼館でまさかの再会!

ウルジへの憎しみもありつつ、なにかにつけ思い出してしまうラムダン。
一方プルクティーン家ではウルジとアリアナの婚礼の準備が進んでいて、もうまさに式が始まろうとしている。
ウルジの父親が後継ぎを残して欲しいと頭まで下げたので、さすがにコレは断れないのでは?と思ったけどね。ウルジの一途さには感動しました。

ララの恋人ロサンですが、企てのためだけにララと逃げたんじゃなくて良かった。
ララもラムダンと同じように幸せになって欲しいから。

ラスト〜書き下ろしの流れが最高でしばらく幸せな気分に浸れました。
セリフの無いシーンも表情だけで魅せられるのは、さすがだと思います。
すごく内容の濃い一冊でした。読んで良かったです!
評価はかなり迷う…んですが、本編最後の抱擁からキスのシーンが素晴らしかったので神評価にしました。

4

次巻が待ち遠しい…

ついにこの時が来ました。

ウルジはララに全てを話してラムダンを迎えに行きます。
ララの夫であるロサンの本心も知れて一安心しました。

アリアナとの婚儀はウルジの一途さを知っていたので、あまり心配はしてませんでした。

ラムダンのウルジに対する愛憎のせめぎ合いにキュンと来ました。娼館の姐さんの言葉が全てだと思いました。

今回はウルジは謝ってばかりでしたね。でもラムダンにも本心を伝えられて良かったです。

密かに好きだったキャラのパドマの登場も嬉しかった。

描き下ろしのタイトルに3巻の全ての意味が詰まっていると思いました。
早く4巻が読みたいです。

今回の流れから何となく後継者問題は解決するのでは無いかと思ってしまいました。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う