―――お前の一番大事なものは何だ?

くちづけは嘘の味(3)

kuchiduke wa uso no aji

くちづけは嘘の味(3)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神32
  • 萌×219
  • 萌10
  • 中立3
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
11
得点
269
評価数
66
平均
4.2 / 5
神率
48.5%
著者
サガミワカ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
海王社
レーベル
GUSH COMICS
シリーズ
くちづけは嘘の味
発売日
価格
¥639(税抜)  
ISBN
9784796408530

あらすじ

経営者としてはおそろしく優秀、だけど情が薄く人間的に難アリの
青年実業家・和智と元詐欺師のバーテンダー槙尾は恋人同士。
だが、幾度身体を重ねても、槙尾の本心は謎のまま。
そんなある日、突然槙尾が姿を消した。
和智の手元に残ったのは「そのうち戻るので絶対に探すな」というメモだけ…
槙尾を探す和智は、槙尾の“過去"に踏み込んでいくが…?
薄情な青年実業家×元詐欺師のしたたかな恋の駆け引き!

表題作くちづけは嘘の味(3)

和智大介,青年実業家の会社社長
槙尾ひじり,バーテンダー,情報屋

その他の収録作品

  • 灰になる(描き下ろし)
  • あとがき(描き下ろし)
  • カバー下:漫画

レビュー投稿数11

人の心を玩ぶ。恋は勝ち負けのゲームじゃ無い。

1巻に1つ。事件をテーマに進んで行くのかと思ってたんですけど。
本作は2つ。これを事件のうちに入れて良いのか悩ましいところ。
人が関わること全てがまるで槙尾のゲーム。

和智さんの以前の女癖の悪さ、他人への興味の無さが招いた災い。
和智さんは今や小綺麗な女性では無く、槙尾だけに恋するただの男。
なんですがー、女性の色気でもって金を引き出す美人詐欺師・綾崎は、割とオーソドックスな手管で和智を堕とそうと近付く。
知っていて様子見な槙尾がしょーもないです。彼がしたかったのは、ただの惚気?
もちろん和智さんはお金の損もせず。過去の女性も精算出来て一石二鳥。
これで槙尾は丸裸の和智さんを独り占め出来るってなもんですが、
もうちょい詐欺師らしい頭脳戦が見たいところ。

後半は謎に包まれた槙尾の過去に触れるエピソード。どうやら彼が暴力団と関係を持っていたのは明らかで、槙尾はその頭脳で資金調達を手伝ってたみたい。若頭の杜江さんがカッコ良い。多分槙尾の過去の男の1人なんだろうけど。
心配した和智さんは単身乗り込んで槙尾を連れ戻そうとする。
和智さんを巻き込みたくない槙尾と槙尾の事を知りたい和智さん。
和智さんの会社の副社長で何かと和智さんを心配してくれる伊勢や、作者も気に入っているという清丸も参戦してちょっとした男前祭りですけども、槙尾の過去に何があったのかは次巻へ持ち越され。

描き下ろしにて。若頭・杜江のブレーンで悪徳弁護士の白洲の言うには『物でも人でも執着すれば必ず心に隙が出る。弱みになる。』と言っている。槙尾はもう和智さんが大事だから巻き込みたく無い。さぁ、どうする槙尾!

0

槇尾の実家編

2巻までは恋人なのかセフレなのか危うい感じがありました。それが逆にスリリングでよいとも。

3巻は、槇尾の父代わりとも言うべき人物が初登場。それは裏家業の杜江で、まさにヤ○ザ。とはいっても槇尾のことは大事にしていて、放せば分かる人物。一方、その顧問弁護士、白州が実に侮れない人物で、人の情には一切動かされない。

この二人が槇尾を監禁気味にするが、和智が乗り込んできて、その本気に杜江は許す。

そして、やっぱり離れられないといちゃいちゃ甘い二人なのでした。

0

二人の関係が大きく変わるターニングポイント!

強い受けが好きな私には、受けが詐欺師で、攻めがそのカモって、受け最強の ”神” シリーズです♪

3巻はなかなか電子化しなくてイライラしましたが、1年半も電子化が遅れた間に修正と収録内容が改定され、紙本動揺になったのが嬉しい誤算♪
(※5巻電子は紙本から2日遅れまで短縮されました!)


3巻では女詐欺師が現れ、槙尾は舞い込んできたカードをどう使うか楽しんでます。
人の人生を引っかき回すのが楽しい、それが槙尾の性分。

和智は相変わらず、仕事に厳しく、恋心を理解しないクールな男です。
仕事に身が入ってない女性社員を「出ていけ」と怒鳴りつけるし、かつて付き合った女がヨリを戻そうとナイフを持って詰め寄ってくると、「仕事に都合が良かったから付き合った。愛情はなかった」とハッキリ言ってしまう…

ナイフ持ってる人間を刺激するのはバカだと思うけど、和智には人を思いやったり、恋する気持ちがわからないんだと、改めて和智のヒトデナシぶりを再確認したのですが、、、

女のナイフを槙尾が受け止め、手の平から血を流していると、
「あんたに何かあったら俺はどうすればいい?」と和智は大慌てで…
和智は他人の気持ちはわからなくても、すでに槙尾のことをどうしようもなく愛してるのが伝わってきます。

それでも「女が逆上した理由がわからない」と言ってしまう和智。
槙尾は「それでこそお前だ」と笑いだすけれど、そんな男が自分に執着していることにゾクゾクしている。
でもカモが自分に執着してることに満足してるんじゃない、槙尾にも和智に対する気持ちがあるから満足してるんだ。


ただ、強い愛情は身を滅ぼすキッカケになりうるし、
裏稼業の人間にとって、家族や恋人は弱点にしかならない…


ある日、槙尾は「実家に帰る」とメモを残して消えてしまった。
槙尾は、かつて世話になっていた(性的な関係もあった)関東一帯を牛耳るヤクザの若頭・杜江の元にいた。

和智はなりふり構わずに槙尾を探し、杜江とお付きの弁護士・白洲を脅してまで、槙尾を取り戻そうとするけれど…

和智は槙尾のことになると、とことんバカだ。
槙尾の和智が巻き込まれないようにって気づかいも無視して危険な行動に出る。
でも、「槙尾がいない世界で生きるつもりはない」って和智の真剣な愛情は、ヤクザの心さえも動かす。

杜江はきっと怖い人間なんだろうけど、槙尾に子供のような愛情を持っているのかな?
槙尾かわいさに和智を許してやる度量の広さはイイ男だなって思います。
ただ、お付きの弁護士・白洲は、槙尾も恐れているように底知れない怖さがあります。


3巻で、槙尾にとっての和智は「カモ」から「一緒に時間を過ごすのは悪くない存在」に昇格しました。
生きる世界は違っても、一緒に住んで、同じ時間を過ごしていけるだろう二人。

まだ4-5巻は読んでませんが、杜江や白洲がらみで二人の間にまた難問がふりかかってくるのかな?
二人にはラブイチャっとしててほしいですが…


エッチなシーンは槙尾が積極的です♥
海王社が電子ルールを改定してくれたおかげで、濃厚なお口でのご奉仕や、上に乗っかっての巻尾を思う存分堪能できました♪

2

設定はとてもツボなのですが

表紙買いしました。3巻まとめてのレビューです。

企業家としては優秀だけれど人間的に欠陥のある和智×元詐欺師でつかみどころのない槙尾の恋。

うん、設定はとてもツボでした。
綺麗で謎多きミステリアスな槙尾と、その槙尾を追いかける和智の恋の駆け引き。

なんですが、和智にしろ槙尾にしろ、そこまでお互いに固執する理由がいまいちわからんかった。

和智も、逃げられれば追いかけたくなる人間の心理は理解できる。でも、部下もいる会社の社長としてあれはないんじゃないかな、と。槙尾は確かに魅力的かもしれないけれど、そこまでして追いかけたくなる男には思えず。

一方の槙尾も。
単なる詐欺のターゲットでしかなかった和智。それがなぜ彼に恋心を抱くようになったのか、その過程が分かりづらい。ほだされた、だけなら他にもそういうターゲットはいたと思うんだよなあ…。

2巻は中だるみしちゃって3巻を読もうか悩んだのですが、3巻では槙尾の過去が少しずつ明らかになってきたので読み物としては面白くなってきたな、という感じ。

脇を固めるキャラもなかなか濃い面々で結構ツボなのですが、いかんせん和智×槙尾の恋のお話の部分は不完全燃焼気味。

主要CPの二人が好きになれなかったことが、萌えきれない要因かと思ったりしました。

2

こんな上司はいやかも

したたかな恋の駆け引きの、シリーズ第3巻。
和智の過去と、牧尾の過去、それぞれに関わるエピソードが2つ収録されている。
シリーズの前作のあらすじを見て、前作は読了したつもりだったけど、この巻を読んでて、登場キャラに関しての記憶が全く蘇ってこないところを見ると読んでなかったかも。
とりあえず、この巻を読んだだけの印象だと、和智と槇尾がお互いにここまで執着し合う程の魅力というか理由が、私にはあんまり感じられなくて、もうひとつ萌えきれなかったけど、でもそれは、キャラの性格付けやストーリー展開というより、単純に絵の好み的なものかな。

2

キャラ崩壊

1巻2巻が好きだったので、購入しましたが、和智がそこまでするほど槇尾に魅力があるのか分からなくなりました。今回も残念ながら私的には合いませんでした。

2

続きは気になるけれども…。

こちらのレビューで見て気になったので購入しました。

ストーリーはとても面白いのですが、萌えるかどうかと言われると…。好みの問題ですかね?

もともと淫乱な受けがあまり好みではないのですが、読んでいくうちにそこはあまり抵抗なかったです。が、どうも、私は和智があまり好きになれなかったです。
女性に対してわりと言動が酷い…。
詐欺に引っかかりながらも、槙尾を許し愛する姿は健気とはいえ、過去の女性からしたらハラワタ煮えくり返るんじゃないかなぁ。男のしかも詐欺師に負けたんだから。

メインカップルに共感出来なかった分、元カノの女性に同情してしまいました。

4

シンプルに面白かったです!

1巻で終わる予定だったものの続編決定です!というシリーズは半信半疑で買ってしまいます。蛇足になってないかな…とか最初に感じた魅力が薄れていってないかな…とか。


ですが杞憂だったみたいです!(偉そうにすみません。)

ストーリーは他の方が書いてくださっているので私の感じたところを。


まず、絵がパワーアップしてます!
以前まで綺麗なんだけど少し表情のバリエーションが少ないかなって思っていたりしましたが、今回特に槙尾がとっても魅力的な表情に!!タバコをくわえた口元のエロさ!瞳の鋭さが槙尾をより素敵に…!!!!

サガミワカさんの絵は綺麗ですが特に好きだなぁって感じたことがなかったんですが今巻の槙尾……!!どストライク過ぎました!


神秘的な人のベールを明かしていくというのは、とっても難しいことだと思います。謎は謎のままにしておいた方が簡単です。
秘密の多い槙尾のカードをどうやって、ひっくり返していくのかこれから楽しみです。


今回出てきたヤーさんな御二人もこれからしっかり絡んでくるんだと思いますがその序奏としては、とってもいい感じに登場していると思います!

続きが気になります!

1

結局、いちゃいちゃしてる。

なんだかんだ言いつつ、ラブラブなお二人だと思う。ストーカーの女が来た時には、和智さんは冷静に酷い言葉を投げかけていたけど、槙尾が来たら、急に周りのことなんか関係なく2人の世界に入って、いちゃいちゃを見せつけていく。詐欺師の女が言った、あんな男忘れなさいって、私もそう思うと共感しました。槙尾さえいれば、他が傷つこうがどうなろうと関係ないって。本当に酷い男。

槙尾さんの方は、前作とかから思っていたけど、引き分けの件や杜江とのやり取りで、和智さんに対する自分の気持ちに気づいてないっぽいなって思った。まぁ、周りは気づいているけど。でも、大事なものは作らないといいつつ、お前を灰にさせないって、かなり和智さんのこと大事に思ってる。詐欺師の女にも、俺のものだっていう牽制の意味でいちゃいちゃを見せつけてたんじゃないかな。

白州が何やら怪しい感じですが、槙尾が和智さんのものになるのか、今後の展開が楽しみ。

5

綺麗なお兄さんは相変わらず性悪でした。

騙し合いの恋の3巻!
サガミワカさんの漫画では異例だった悪い男達が、すっかり悪い男のイメージがついてしまいました。

薄情な青年実業家の和智×元詐欺師槙尾

2巻辺りから薄々感じてたのですが、3巻で確信しました。
槙尾は意外と嫉妬深いし、
和智に対して、凄い遠回しに愛されてるかを確認して楽しんでる気がします。
そして、和智から槙尾への執着を言葉でもらってニヤついてるこわ〜い男です。笑

和智さんに対しては、もぅ可哀想…としか言いようがない振り回されっぷりなのに、幸せそうで、和智がいいならいいけど…笑
和智の槙尾への思いは底なし沼のですね❤︎

今回は槙尾の裏社会との繋がりが少し明かされているのですが、裏社会いる時の槙尾は普段と違って男らしい表情してました。
綺麗だせど、やはり男らしさが出てくるのが槙尾の魅力だなぁ。と改めて思いました。

まだ続く様なので、楽しみです。
GUSHの応募者全員サービスにも和智と槙尾の話が載るようなので、応募したいと思います。

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う