『異世界の王に溺愛されています』初回限定書き下ろしSSペーパー(『極道さんは今日もパパで愛妻家』番外編)

isekai no ou ni dekiaisareteimasu

『異世界の王に溺愛されています』初回限定書き下ろしSSペーパー(『極道さんは今日もパパで愛妻家』番外編)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
8
評価数
2
平均
4 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
GOODS
出版社
発売日
価格
非売品
付いてきた作品(特典の場合)
異世界の王に溺愛されています

商品説明

『異世界の王に溺愛されています』初回限定書き下ろしSSペーパー
帯に封入の記載あり

内容:『極道さんは今日もパパで愛妻家』番外編
3人の幸せな日常(賢吾視点)

評価・レビューする

レビュー投稿数2

望んだ以上の幸せをかみしめて

本品は
『異世界の王に溺愛されています』の
初版限定挟込ペーパーですが

内容は前月に出た
『極道さんは今日もパパで愛妻家』の
番外編で賢吾視点で
賢吾の幸せな日常が語られるお話です。

幸せとは人それぞれです。

東雲組の若頭である
賢吾にとっての幸せとは
いつも佐知と共にあります。

物心ついたばかりの子供の頃から
いつも隣には佐知がいて

恋や愛になるずっと前から
いつの瞬間の幸せも
分かち合って生きてきました。

そんな賢吾なので
佐知のいない人生なんて
考えた事もないし
考える気もありません。

佐知が自分を見ているから
佐知に恥じない自分でいたい

そう思って生きてきた賢吾に
最近、史という宝物が増えました。

それは賢吾の人生にとって
とても幸せなイレギュラー♪

来たばかりの頃
賢吾の顔色を窺って
ビクビクしていた史ですが

最近では嫌だと自己主張もして
佐知に雷を落とされたりしています。

それだけ賢吾と佐知に
心を許していると言う事で

今もソファに寝ながら
書類を見ていた賢吾の腹の上で
史は昼間の出来事を熱心に
話して聞かせてくれています。

そして佐知も
史の扱いが上手くなりました。

史は佐知と一緒に
お風呂に入るのが大好きで
賢吾と2人で入れというと
駄々をこねたりしますが、

今日はだらだらしている賢吾を
お風呂に入れる使命を与えて
賢吾と一緒に入らせる事に
成功します。

そんな2人のやり取りを
笑ってみていた賢吾ですが
佐知が史と一緒に入れないのは
そもそも賢吾が原因で?!

B5サイズ両面、
四つ折りして文庫サイズのペーパーで
他作初版に鋏み込み配布されました。

佐倉先生の新刊が2ヶ月連続したので
そのお祝いの様ですが
要は新作も買ってね♪って
ちょっとアコギな販促ですよね (^_^A)

佐知が史とお風呂に入れないのは
昨夜、賢吾が佐知を可愛がりすぎて
佐知の身体にキスマークが沢山だから♡

賢吾は
蚊に刺された事にしろと言いますが
今は冬なのですよ(笑)

口では賢吾を馬鹿呼ばわりしても
耳まで赤くなっている佐知が
賢吾にはとっても可愛くて

もし誰かが見たら
相手を殺してしまうだろうと
賢吾は真剣に思っています。

健全に眠りについた翌朝
大の字で眠る史と
その向こうですやすや眠る佐知に
ふっと笑みがこぼれる賢吾なのでした。

佐知だけでなく
史まで与えられた自分は
とんでもなく幸せな男だと
賢吾が思う終幕まで

史を中心にした三人家族の
ほのぼのとした微笑ましい一コマを
楽しませて頂きました。

他作についてくるペーパーですし
賢吾と佐知が史のいない間に
くっついてラブラブしますが
いちゃいちゃだけなので
読まなくても無問題ではあります。

でも、
シリーズが好きな方には
こういうちょっとしたラブイチャが
嬉しいのですよね♪

藤崎都さんの無関係な新作でも
純ロマ系のペーパーっいたりするので
わりとルビーでは定番ですし

新刊で複数の特典付くよりも
買いやすいともいえなくもない?!

※他店舗特典(レビュー済)
文庫本作発売時のコミコミス特典は
東雲組の新年会を描いたお話です。

1

ひたすら惚気ているだけ…。

『極道さんは今日もパパで愛妻家』のSSペーパーです。

2ヶ月連続刊行記念で、「異世界の王に溺愛されています」を初回購入すると特典として付いてきます。
内容は、3人の日常を賢吾視点で!
以下、ネタバレです。



自分にとっての『幸せ』とは、佐知がいつも隣にいて、自分を見てくれている事。
そして、最近「史」という宝物も増えた…と賢吾の独白から始まります。

ソファで寝転がった賢吾のお腹の上にうつ伏せで被さり、保育園での出来事をおしゃべりする史。
そこに「史! 給食セットが出てないぞ! ちゃんと出さないと洗わないからな」と洗い物をしながら声をかける佐知。
慌てて給食セットを渡して素直に謝る史に、「じゃあ、あそこでだらだらしているパパをお風呂に入れてきたら許してやる」と佐知が言い出します。
佐知は史の扱いが上手くなり、いつもは佐知とお風呂に入りたがる史も、佐知からの頼まれ事となると張り切って賢吾とお風呂に入るのです。

そこで、「意地悪だなあ、史はお前とお風呂に入りたがってるのに」と賢吾が佐知に後ろから覆い被さり声をかけると、羞恥でうるんだ目で睨み付けてくる佐知。
佐知の身体はキスマークだらけで、そのせいで一緒には入れないのです。

口では可愛くない事を言いながら、抱き寄せるとすんなり腕に収まる佐知。
独占欲と愛しさが湧き上がり、「佐知、愛してんぞ」と告げる賢吾。
「毎日毎日、飽きもせずにそんなこっぱずかしい事が言えるな」と憎まれ口を叩く佐知。
「お前は?」と返事を待つ賢吾に、恥ずかしくて言葉に出来ない佐知はキスをします。
そこから二人がイチャつきモードに入った所で-。

史がお風呂の用意が出来たと二人の所に戻って来るのですね。

翌朝、まだ眠っている史と佐知を、一足先に起きた賢吾が眺めています。
目を覚ました佐知から、幸せそうな顔をしていると言われる賢吾。
「史の寝顔を見ていると、にやけちゃう気持ちは分かる」と話す佐知に、「お前の事も見ていたぞ」と話す賢吾。
史を見ているのが好きなのは、浮気に入るのかという話題になり、正直に佐知が史をみているのは面白くない時もある…と言う賢吾。でも、史を大事にする佐知が前よりずっと好きな事を告げます。

結局、佐知だけでも充分なのに、その上史まで与えられた自分は、世界一幸せな男だ…と思う賢吾なのでした。

賢吾視点なので最初から最後まで、佐知と史がいかに可愛いか…という事を滔々と語られてます。
プラス佐知に対しては、いかに色っぽいか…という事を主に脂下がりながら独白しています。
要は、嫁と子どもにメロメロな旦那が、可愛い子どもと色っぽい嫁に囲まれて自分は世界一幸せだ!…ひたすら惚気ているだけの話です。

それは良かったね…という感想しか出て来ない…。


1
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ