大人気ハートフル極道ラブ第7弾!京都からの珍客が騒動を巻き起こす!?

極道さんは先輩パパで愛妻家

gokudousan wa senpaipapa de aisaika

極道さんは先輩パパで愛妻家
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神5
  • 萌×210
  • 萌4
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

38

レビュー数
4
得点
79
評価数
21
平均
3.9 / 5
神率
23.8%
著者
佐倉温 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
桜城やや 
媒体
小説
出版社
KADOKAWA
レーベル
角川ルビー文庫
発売日
価格
¥620(税抜)  ¥670(税込)
ISBN
9784041083338

あらすじ

いつものように帰宅すると、赤ん坊を抱えた美人が東雲組に賢吾を訪れてきた。何やら訳ありな様子に佐知は賢吾の隠し子ではないかと疑うが、その正体は京都の極道・佐野原椿で、れっきとした男性だった。さらに椿に執着する犬飼まで東雲組に押しかけ、赤ん坊を巡る騒動に巻き込まれてしまう。一方、離れていた時期の賢吾の話を椿から聞き、荒んだ賢吾の無茶苦茶な行動に驚きを隠せない佐知。賢吾を"冷たい"と評する椿に、佐知は誤解されやすいだけだと否定するが…?

表題作極道さんは先輩パパで愛妻家

東雲賢吾、東雲組若頭で佐知のパートナー、30
雨宮佐知(東雲佐知)、雨宮医院三代目、29

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数4

出会えた事に、ちゃんと意味があるのです

極道さんシリーズ第七弾、新キャラ+お騒がせキャラ乱入で、いつもに増してアットホームかつドタバタコメディ風味となっております。

あと、賢吾ですが、こう男として完璧みたいなイメージがあったんですよね。
ちょい突っ走る所のある佐知をですね、抜群の包容力で受け止めみたいな。
が、今回、そんな賢吾の弱さとでも言うべきものが、初めて語られます。
いや~、これまで賢吾の愛の深さに萌えまくってましたが、今作では佐知の愛の大きさにニヤリとしちゃって。
佐知が言う通り、出会った意味がちゃんとあるのです。

ところで、「極道さんはパパで愛妻家」コミカライズ版が同時発売されています。
コミカライズ版の佐知ですが、イラストの威力かなんかやたら色っぽい印象なんですけど。
で、こちらでは、相変わらず早とちりで突っ走り気味で、ついでにド天然。
同一人物のハズなのに、この差は一体何なんだい・・・?

内容ですが、東雲組若頭・賢吾×彼のパートナーで医師である佐知による、アットホームヤクザもの第七弾です。

赤ちゃんを抱えた和服美人の訪問を受ける東雲組。
賢吾の隠し子だと勘違いした佐知ですが、その赤ちゃんは出生に秘密がありー・・・と続きます。

実はその美人ですが、京都編(新婚旅行編)で名前だけ出てきた椿になります。
ワケありである赤ちゃんを守る為、賢吾を頼って京都から出てきたんですね。
で、そんな椿を追いかけ、東雲組に押し掛けてきた犬飼(変わり者の弁護士)まで加わり、大所帯でのドタバタ子育てー。
と言うのが、今回のメインの流れでしょうか。

まぁ相変わらず賢吾は佐知への独占欲丸出しでして、椿から犬飼まで、片っ端から嫉妬しまくり。
また、佐知は佐知で、もう無自覚のノロケがすんごい事になってるんですよ。
こう、賢吾から愛されてると言う事に対して、絶対的な自信があるんですよね。
赤ちゃんを隠し子だと勘違いした時ですら、「必ず何か事情があるはず」と根本的な所ではちゃんと信頼を置いてるのです。
そう、怒り自体は「黙っていた」事に対してなのですよ。
いやもう、シリーズ一作目では、賢吾を信じらずに相当拗らせていた佐知。
それが、よくぞここまで!
今、自分の言ってる事が、ハタから見れば完璧にノロケでしか無いんだと気付いてる・・・?
と、ニヤニヤしちゃうんですけど。

で、この後ここに、赤ちゃんの本当の両親だと言う男女が現れ・・・と続きます。

う~ん・・・。
賢吾なんですけど、これまではすごく器がデカイ印象だったんですよね。
何だかんだ言いつつ、とても思いやりがあり優しいみたいな。
が、今回、そんな彼の本当の姿が語られるんですよね。
えっ!Σ( ̄□ ̄;)みたいな。

ただ、そんな弱かったり、人としてダメな部分がある賢吾も、人間味があって個人的にはいいと思うんですよ。
また、ここで佐知の愛の深さに感動でして。
いや~、どちらかと言うと、賢吾の方が佐知への愛が深いと思ってたんですよね。
が、佐知の愛と言うのも、負けず劣らず深かったんだなぁと。
出会えた事で救われたのは、佐知ではなく賢吾なんじゃないのと。
こんな所までたどり着いた二人の愛に、深く感動しちゃうんですよね。
これが、長く続いてるシリーズものだからこその、醍醐味じゃないでしょうか。

ついでに、新キャラである椿や、超執着系の犬飼。
このカップルも、なかなか興味深かったです。
こっちも拗らせてるなぁ。
この二人のスピンオフを希望したい!


と、ますます深まる二人の絆に、胸を熱くしちゃうシリーズ七作目でした。

6

二人の愛は一層、盤石に♡

このシリーズは人気だそうで、最近コミカライズも出ましたね。
喜ばしいことです。
コミックで興味が出たら、ぜひ本編も読んでほしい!!!

私がこのシリーズを何故買うかと言うと、この本を開けば「揺るぎない愛情で結ばれた二人に会える」からです。
当て馬やお邪魔虫や、敵など第三者が登場するけれども、二人の絆はビクともせず、邪魔者は蟻一匹でも立ち入ることができない難攻不落の城のよう。

賢吾は佐知と養子の史以外は眼中にないし、佐知も賢吾以外の男に許すつもりはビタ一文ない。(そもそも軍用レーダー並みの賢吾だから他の男は近寄らせないけれど)
そういうただただ「ご馳走様」としか言えないところが読んでてたまらなく好き。

今作は「先輩パパ」とつくように、一組みのお騒がせカプ&赤ちゃんが登場します。
前作で登場した椿と、椿に執着というか妄執しまくりな弁護士・犬飼。

椿が超絶激ツンというかクー(デレ)。(→デレが1%くらいしかないのでカッコ付き)
犬飼は、ステイ!!と言いたくなるほどのハイテンションワンコ。

椿から「犬飼」と名前を呼ばれただけで「僕のこと呼んだ?ってことは籍を入れるってことかな?」とか、「一生怒ってる」と言う椿に対して「え?椿ちゃんが一生僕のことを考えているってこと?結婚する?」と聞いてるだけで、笑いと頭痛が……みたいなやり取りが繰り広げられて、もはやこの二人はお笑い担当ですか?って感じ。
もしわずかのデレでも椿から頂戴できたら、嬉しょんしちゃいそうな勢いだけど、残念ながら犬飼の生命の危機レベルでようやくそれってデレですか?デレですよね?というレベルの椿。

そして賢吾と犬飼は「うちのが世界で一番かわいい」というお約束の張り合いも忘れないし、犬飼と椿のやり取りを呆れながら見ている佐知に対して、似たようなものですという伊勢崎の容赦ないツッコミにも笑えます。

さて、今回は佐知から見た賢吾ではなく、昔から知ってる第三者から見た賢吾像というものが焦点です。
周り曰く「賢吾は冷たい」「カチコミで誰かが刺されることがあっても眉ひとつ動かさない」というやつで、それを聞いて佐知は「誤解だ、本質的にはすごく優しい」と不満に思うんです。

賢吾の行動原理は「佐知」なので、何があっても佐知とそして史が第一。
他人の命がどうなろうとも、二人が優先。

でも、それも仕方ない思うんですよね。
我が子を犠牲にしても他人の子を助けますとは私自身は言えないので。

そして確かに昔は他人に全く興味がなく冷徹な人間だったかもしれない。
なので、自分をどうしようもなく冷たい人間だと思っている賢吾。
だからこそ行動基準を自分ではなく「佐知だったらどうするか?」という事を念頭に行動してきた結果、いつしかその「佐知基準」が賢吾のスタンダードになり、冷たいだけではなく優しい一面を備えるようになった。

それでもまだ「自分は冷たい」と思い込んで密かに苦しむ賢吾を諭して包み込む佐知の愛。
「だからこれからも安心して俺を愛せよ」という佐知があっぱれで男前で痺れます。


本当にあっぱれなんですよー!
こんな相互に作用しあってる深いカップルは、なかなかいないんじゃないかなぁと思う。
だからこのシリーズが好きなワケで。

今回は外野がお騒がせな奴らなので、少々賑やかですが、二人の変わらぬ愛が読みたい人も満足できると思います。

1

美人+赤ん坊がもたらす新たな騒動

本シリーズは子持ちの任侠ヤクザの東雲組若頭と
美人と評判の雨宮医院三代目院長のお話です。

東雲組傘下の組長が現れた事から始まるいざこざが解決するまで。

攻様が若頭を務める東雲組は地域に貢献し、住民にとってある種の治安
維持に貢献する存在です。東雲組の現組長は攻様の父親ですが、実質的
には攻様が組を率いています。

受様は攻様の幼馴染で組指定の雨宮病院の三代目です。美人で気が強い
のに天然な受様は、攻様の思いはもちろん自分の気持ちにも全く気付いて
いませんでした。

ある日、恐妻家の父親の隠し子が発覚、攻様が恐妻家の母から子供を守る
為に実子として連れ帰り、子育てに受様を巻き込んだことから2人は長年
拗れていた恋を実らせ、今では受様が攻様の父の籍に入って攻様の家族の
一員となって賑やか過ごしていました。

そんなある日、帰宅した受様は、門前に佇む着物姿の美人を認識し、面倒
事の予感がします。極道と知られる東雲組は軽々しく訪れる場所ではなく、
組員が追い払いもせずに対応を迷うような理由のある相手だという事が
予想されたのです。

思い込みと早とちりがお得意の受様は、またぞろ組長が浮気したのでは!?
姐さんとの鉢合わせしたら地獄絵図!!等と妄想を繰り広げつつ、かの美人
に声をかけます。

かの美人は大和なでしこもかくや清楚な美しさで、思わず受様は呆けそう
になりますが、美人が訪ねてきたのは攻様で攻様の弟達とそう変わらない
くらいの赤ん坊を抱えていたから大変です。

受様が赤ん坊に気づいたと知ると、組員が顔を真っ青にして首を振り、
受様が攻様の浮気を疑い、攻様は即受様に呼びだされる事態となります。

ほどなく攻様はやってきますが、かの美人の存在に多少は驚いた様子を
見せつつも軽い調子で挨拶したのみ。しかも受様の呼び出しの方が大事と
ばかりな態度で2人には全く関心を示しません。

そんな攻様に怒り心頭な受様は攻様の浮気を責め立てたのですが、攻様は
逆にニヤリとして受様の妄想を一言で打ち砕きます。なんと目の前の美人
の性別は"男"だったのです(笑)

しかも、東雲組の傘下の佐野原組の現組長で、攻様とは長い付き合いのあ
る相手で、京都旅行で世話になった佐野原組のお抱え弁護士が恋焦がれる
相手でした。

どこをどう見ても彼の状況には厄介事の匂いがプンプンで、攻様はさっさ
と追い返そうとするのです。対して受様は自分の誤解が発端である赤ん坊
の存在も心配で2人の滞在を強引に押し通すのですが、想い人を追って
かの弁護士まで東雲組にやって来た事から益々事態は混乱を極めていき!?

ヤクザの若頭として辣腕を振るう攻様とその幼馴染の恋女房医師の織り
成す夫婦漫才ラブコメディシリーズの第6弾になります。

今回は前巻の京都旅行で知り合った東雲組の傘下の佐野原組のお抱え弁護
士絡みのお話で、彼の思い人である組長が預かった赤ちゃんの存在が騒動
の発端です。

佐野原組長は前組長の秘蔵っ子でした。組員達も深窓の令嬢のように大事
に扱われていて、父親の引退で組を継いでくれた事に大変感謝し、組長の
ためなら命も惜しまない者ばかりな事から、攻様の補佐をして東雲組傘下
の組の中でも1.2を争うほど厄介な組と認識されています。まあ、その
評価には組長にご執心な弁護士の存在も混みなのかなと推測します(笑)

何しろお抱え弁護士となった男は、ある財閥の御曹司だったのに、組長を
見初めて後継者の地位を捨てて弁護士として組に出入りするようになった
ほどなのです。

佐野原組長はある事情で母親から赤ん坊を預かる事となります。その赤ん
坊はお抱え弁護士とも因縁があるり、組長は東京の攻様を頼る事にします。
当然、彼に執心している弁護士が後を追わないはずはなく、東雲組は新た
な子育てと客人達の喧々バチバチ、弁護士が放り出した案件もあり、誰も
かれもが大忙しとなります。

赤ん坊を狙う殺し屋まで現れて極道らしい展開も有りますが、実の両親が
現れて全ての謎と誤解が解けるまで、デキカプな攻様と受様、恋人未満
ながらも両片想いな佐野原組長と弁護士という2組の惚気満載なやりとりを
楽しませて頂きました。

シリーズはほぼ受様視点で進むため、受様にとって攻様はいつでも自分を
助けてくれる包容力のある優しい旦那様です。但し東雲組の若頭であり、
受様至上主義の攻様が受様以外に見せる顔はまた違っているのです。

今回はそんな攻様の傲慢で非情で冷徹な面と、受様を想うがためにそれを
隠して過ごしてきた攻様の苦しい胸の内も描かれていて、読者が見てきた
"受様から見た"攻様ではない攻様の顔が見られたのも面白かったです。
そしてそんな攻様の顔が見えた事で、受様もまた今まで抱えていた葛藤を
晴らすという展開も見事でした。

シリーズが進むにつれてキャラクターに深みが出てきて益々面白くなって
いるので、来月のスピンオフも楽しみです (^O^)/

今回は極道繋がりで成瀬かのさん『若と馬鹿犬』をご紹介作とします。
どちらかと主役カプより佐野原組長&弁護士のカップリングに近いかな!?

1

安定の絆

東雲家の平和な日々に、あの犬飼&椿が乱入です。とある赤ちゃんも連れて…。対佐知以外の、別の顔?な賢吾を見ることができます。

犬飼の執着がひどすぎるのと、椿のツンが凄すぎる、なんとも極端なカップルです。そんな2人を見ている佐知と賢吾の安定安心感。いつもの如くドタバタトラブルに巻き込まれる佐知と賢吾ですが、これまでに築いた2人の絆があるので安心して読むことができます。史の成長も微笑ましい。椿と犬飼のキャラが濃すぎて、佐知と賢吾と史がいつもよりも少し影がうすい気がしていましたが、最後の最後にラブラブな2人を見ることができたので、一気に相殺されました!元気になりたいときに読みたいシリーズです

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ