間の楔 5

間の楔 5
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神5
  • 萌×21
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
35
評価数
8件
平均
4.4 / 5
神率
62.5%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
徳間書店
シリーズ
キャラ文庫(小説・徳間書店)
発売日
価格
¥533(税抜)  ¥576(税込)
ISBN
9784199005480

あらすじ

出戻りのペットとして、誰とも馴れ合わず孤高を保つリキ。
主人イアソンの執着ぶりに激しい嫉妬と憎悪が渦巻く中、唯一接近してきたのは、人気トップのペット・ミゲル。
邪険に拒絶しても懐いてくるせいで、リキは一方的に謹慎処分を受け、そのうえ逆恨みから、ナイフで刺されて大怪我を負ってしまう!! 
一方、リキと後味の悪い喧嘩別れをしたガイは、失踪したリキを必死で探し始めるが!?
(出版社より)

表題作間の楔 5

イアソン・ミンク タナグラのブロンディー
リキ スラムの雑種

評価・レビューする

レビュー投稿数3

キリエとの再会から始まる5巻。
ある意味、これキリエをラウールが抱いてて、ラウール×キリエとかなってたら面白いのにな~とポロっと思ったのですが、ないんだろうな(´Д`;)
ともあれ、この辺から、核心に迫っていくというのが実際なのでしょうか。

リキへの執着を隠すことをしないイアソン。
ただの緊縛だったものからの変化。
それは、鈍いリキにも解るほどに変化して。
柔らかいキス、愛撫、そしてしつこいほどの。
イアソンだけではなく、リキは自覚して自らの変化をも感じていく~というのが今回なのですが、直接的にもう少しガツンと変化が見られたら嬉しかったなと
ちょっと贅沢ながら思ってしまいました。

ペットとしての生活を満喫とは言えないまでも~なリキの姿は
変化というのはわかりやすい程
なのだけれど、本質てきには変わらないのは要所要所で見えて嬉しかった

1

リキとイアソンの関係も少し進展が?

リキがエオスに戻ってきて、前回は”いい加減にツンツンツンからツンツンデレくらいになってくれ”と書いておりましたが、ここにきて進展があったようですよ。
扉絵は、木の上で昼寝をする無防備なリキ、頭に小鳥が2羽止まって、なんともかわいいではありませんか。
今回は、ハードカバーと違いCDを再現したオリジナルストーリーになったみたいです。

スラム出身でイアソンとの特別な関係があることから、周囲のペットから異端視されて毛嫌いされているリキ。
今までだと、何かとそれでトラブルの元になっていたりしたのですが、学習したのか、それを回避するような行動を取るようになります。
イアソンに対しても、徹底的に反抗ばかりするのではなく、ちゃんと自分の主張はしながら、それなりに良い関係だとは思うのです。
また他のペットとは違い、お世話係のファニチャーに対しても思いやりを見せたり、本人がそういうトラブル回避の行動をとっているのに、その魅力に魅了されるからなのか、トラブルはリキにどうしても付いて回ってくるのですよね。
そして、エオスを出てまるでイアソンとの隠れ家的生活をするようなアパティアへの住居の移動続き
甘い二人の姿がチラと垣間見えます。

ガイは独自に動き始めるし、壊れたキリエも少し登場してリキに再び嫌悪感を与えました。
今回アパティアに移ったのも、イアソンがリキとの生活を維持する為ですし、再び波乱が起こりそうな予感。
今回は、この二人が少し寄り添った姿を見られるちょっとだけ甘いつくりでしたので、一休みといったところでしょうか?
次が待ち遠しいです。

1

今回からオリジナル版!

キャラ文庫版『間の楔』もとうとう5巻までやってまいりました。あとがきいわく、今回からキャラ文庫オリジナル版になっているそうです。こうなってくると一体あの結末まであと何冊あるのかな、と気になってしまいます。

今回はリキがエオスを出てアパティアに移るまでのお話です。『間の楔』がわからない人は、要するに超偉い人の愛人が、しょっちゅう愛人の自慢しあいっこをしていた超高級社員寮から、いろいろあってちょっと離れた別荘に移された、みたいなかんじだと思ってください。そうしたらどうなるかわかりますよね、ハイ、まさにイチャラブ時代の到来であります。
「いろいろあって」の部分ですが、他所の愛人がリキに懐いてきた結果、トラブルが発生したといったところでしょうか。リキは何もしなくても存在しているだけで周囲の注目を引きつけてやまないので、いわばとばっちりを食った形です。

誇張とか希望とかではなく、本当に今回はイアソン様もリキもデレデレしてたとおもいますよ~。特にリキは難攻不落のツンツンぶりを誇っているキャラクターですが、俄かにデレはじめました。これまでの『間の楔』関連作品では、リキのイアソン様に惹か続きれる感情ってあまり表現されてこなかったと思うんですね。むしろ、一方的な支配への反抗ばかりが描かれていたと思います。なので、このリキの変化には目を見張りました。
今後を想像すると胸が痛みますが、この巻はかなりの蜜月っぷりでした。とくにラスト!!このあたりがターニングポイントかな、と思いますが、とにかく次も楽しみにしております。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ