光源氏の花嫁

hikarugenji no hanayome

光源氏の花嫁
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
3件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
集英社
シリーズ
コバルト文庫(小説・集英社)
発売日
価格
¥514(税抜)  ¥555(税込)
ISBN
9784086016254

あらすじ

十歳のころに両親を亡くし、歳の離れた従兄の佳鷹に育てられた奈緒。旧財閥の一ノ宮家を背負っている佳鷹は、身内からみても容姿、能力ともに非の打ち所がない、自慢の従兄だ。だがこれまで独身を貫いてきた佳鷹に結婚話が持ちこまれ、奈緒は自分の感情に気づいてしまう。男同士だけど、佳鷹のことが大好きだということに…。佳鷹の結婚を阻止したい一心で、奈緒がとった行動とは―。

(出版社より)

表題作光源氏の花嫁

一ノ宮佳鷹 旧財閥の御曹司だが養子(32歳)
一ノ宮奈緒 佳鷹の従弟(18歳)

その他の収録作品

  • 一ノ宮佳鷹の苦悩
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

若紫だよね。

花嫁シリーズ8作目です。

今回は、10歳で両親を亡くした奈緒(受)が14歳年上の従兄(実は遠縁の養子で血の繋がりはない)である佳鷹(攻)に引き取られ育てられたという、謂わば『光源氏と若紫』パターンです。

佳鷹が自分の母を想っていたことを知り、見合いを勧められて困っている佳鷹の前に母そっくりの女性が現れて気を引けば断りやすいんじゃ!?と幼馴染みの女の子に焚きつけられるんです。そして『別人』としてでも気持ちを伝えなきゃとも。

思惑通り、佳鷹は女装した奈緒の誘いに乗って来て、その後2人はデートを重ねるようになります。

身代わりものでも特に『女装して知人と会う』という場合、いくらなんでも気付くだろ!?と突っ込みたくなりますが、ましてや子どものころから一緒に住んでる立場ですからね~。バレない方がどうかしてるよ。
まあそこはさすがに『全然気付かなかった!』ではなかったんですけどね。

う~ん、まあこのシリーズはこういうものではあるんですが、それにしてもちょっと物足りなかったかな。キャラクターが(シリーズ中でも)上辺だけで浅い感じがしました。
まあ、郁が続き『佳鷹好き好き好き~っ!』なのはよくわかりましたしそこはよかったんですが、18歳にしてはちょっと幼すぎじゃないの?

しかし『身代わり花嫁』のコンセプトでよくこれだけ書けるなと感心します(嫌味じゃなく)。

まあ、必然的に設定やストーリー展開はよくある・どこかで見たような~の連続ではありますし(でもシリーズ中では被ってはいない。当たり前だけど)、内容も言うほどのものはないんですが(ゴメンナサイ)、それでも多くを期待せずに読めばそれなりに楽しめるのがスゴイ。

ただ、今作だけではないんですが台詞にハートマークが気になります。個人的にすごく苦手なんですよ。レーベルの仕様かなあ。
そんなにしょっちゅう出て来るわけではないんですが、それ以外の文章はわりときちんとしてる方だと思うので(気になる部分はありますが)、なんか台無しで勿体ないと感じてしまうんです。

真船さんの花嫁シリーズ、安心できて結構好きだから次々読んでしまいますが、続けて読むと飽きが来るので(やっぱりワンパターンには違いないですから・・・)間を空けるのは大事です。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ