愛の巣へ落ちろ!

ai no su e ochiro

愛の巣へ落ちろ!
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×23
  • 萌6
  • 中立0
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
3
得点
35
評価数
13件
平均
2.9 / 5
神率
7.7%
著者
イラスト
作品演出・監督
蜂谷幸
音楽
野崎裕樹
脚本
青嶋みお
原画・イラスト
街子マドカ
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
フィフスアベニュー
収録時間
79 分
枚数
1 枚
ふろく
メーカー通販特典:トークCD、コミコミスタジオ特典:オリジナル書き下ろしSS小冊子
フリートーク
あり
発売日
価格
¥2,857(税抜)  ¥3,086(税込)

あらすじ

シジミチョウ出身で庶民の翼は、ハイクラス名家の御曹司でタランチュラ出身の澄也に憧れ星北学園に入学。しかし実際の澄也は超嫌な奴で、あげくにすぐに手を出され!? 擬人化チックファンタジー!

ブックレット内にSS「恋とはかくも、恐ろしきもの」

表題作 愛の巣へ落ちろ

七雲澄也 → 前野智昭

青木翼 → 下野紘

その他キャラ
七雲陶也[興津和幸]/ 雀真耶[阿部敦]/ 兜甲作[平川大輔]

評価・レビューする

レビュー投稿数3

もうちょっと心理描写が欲しかった

原作既読。
有名な虫擬人化ものなので、内容については省きます。
続編が出ると知り、それなら原作好きだし特典CDも手に入るみたいだし、と購入しました。

タランチュラの澄也を前野さん、シジミチョウの翼を下野さんが演じてます。
自分が買ってるCDが偶然そうなのかもしれないのですが、ここ数年の作品が、聴くもの聴くもの前野無双すぎて……そろそろ前野さんの受が聴きたいです。
下野さんは得意のやんちゃ健気で、もう普通に可愛いしで、特に不満なく聴けました。
その他、兜先輩を平川さん、陶也を興津さんと、今後が楽しみなキャラたちに、続編を見越してのキャスティングだったのかとニヤニヤしてしまいます。
これはもう是非ともシリーズ全部作って欲しい。
兜先輩が想像通りでイメージとぴったりだったので、特に平川さん編にに大期待。

役者さん方の演技に不満はないのですが、脚本と演出の問題なのでしょうか、原作の良い部分をことごとく殺しちゃった感があります。
まず、大切な心理描写をごっそり刮げ取ってますので、澄也が色々と唐突すぎます。
いじめシーンをもっと削って、心理描写に力入れて欲しかった。
続き
続編は2枚組構成と、フィフスさんでは珍しい力の入れようなので期待してます。
できればBGMのクオリティも何とかしてほしい……。

悪くはないんだけど、原作ほどの勢いと感動があるかと言われるとそうでもない。
ドラマCDって原作と役者が良ければいいというものではなく、全てが揃ってないとダメなんだなと実感しました。

0

たまらないー(*^^*)

これは好みが別れちゃうと思うのですが、私は大好物の分野なので、美味しく頂きました(*^^*)

原作は未読なのですが、様々な方のレビューを読んで、買ってしまいました(>_<)

もう妊娠ネタが…すいません、ツボなので本当に貴重な音声化だと思いました。

つわりとか、あります。

ネタバレしちゃうと、妊娠はなかったのですが、とにかくそれっぽいやりとりが周りのキャラもいっしょになってやってくれるので、後半のトラックはとにかくたまりませんー(*^^*)

攻めの声優さんは発聴きだったので、印象うーん、なのですが(ファンの方すみません)
翼役の下野さんが激萌えなのでございます!!!!!!!!

可愛いくて強気で、でも健気ーっ!

虫は嫌いですが、これは大丈夫でした!

脇役の皆さんもキャラがよかったです!

買って良かったな♪な一枚でした!

2

虫って、、、

原作未読です。

なんといったらいいか、、
階級差を乗り越える純愛物語?
やってることは強姦だけどね。
って感じでしょうか。

現代の日本じゃ、階級差差別を切実に描こうと思っても、なかなか無理難題。
なので、よくあるのは時代や国を現代日本以外に設定すること。
この作品では、虫を擬人化して階級差を表しています。

虫かぁ
確かに階級差はくっきりとわかりやすくなっていて、本当の恋はハイクラスとロウクラスの階級の差をも乗り越えるのだ、っていうお話の展開もわかりやすいです。
また、下野さんの可愛いけれどしっかり男らしさもあるシジミチョウの翼や、平川さんのおっとりとしたヘラクレスオオカブトの甲作、前野さんと興津さんの特権階級タランチュラなど、声優さん達の演技も、階級差がくっきりとわかりやすい。
でも、差別意識からくるいじめとか私は苦手なので、聞いていて途中ちょっと苦しかった。

本編CD内のキャストコメントは、役名と自己紹介のみのごく簡潔なもの。
お話の本編でいきなりCDが終了しちゃうのも寂しいし、本編の余韻を破壊するほどテンションに温度差のあるトークを展開され続きても困るし、
本編CDの最終トラックは、この名乗るだけパターンのコメントが一番好き。

ブックレット内の書き下ろしSSは、翼が央太と真耶の3人で出かけるのを許した澄也だったが、、、
恋愛は人を成長させもするっていうお話。

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ