Love Celebrate! Silver -ムシシリーズ10th Anniversary-

Love Celebrate! Silver -ムシシリーズ10th Anniversary-
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神44
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

44

レビュー数
5
得点
223
評価数
45
平均
5 / 5
神率
97.8%
著者
樋口美沙緒 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
街子マドカ 
媒体
小説
出版社
白泉社
レーベル
シリーズ
愛の巣へ落ちろ!
発売日
価格
¥1,500(税抜)  
ISBN
9784592862789

あらすじ

「ムシシリーズ」10周年を記念し、特典SSや関連同人誌作品など文庫未収録作をコンプリートした豪華本が二冊同時発売!

表題作Love Celebrate! Silver -ムシシリーズ10th Anniversary-

兜甲作、ヘラクレスオオカブト
蜂須賀篤郎、オオスズメバチ

同時収録作品Love Celebrate! Silver -ムシシリーズ10th Anniversary-

村崎大和、オオムラサキ
七安歩、ヤスマツトビナナフシ

同時収録作品Love Celebrate! Silver -ムシシリーズ10th Anniversary-

シモン・ケルドア、タランチュア
並木葵、ナミアゲハ

同時収録作品Love Celebrate! Silver -ムシシリーズ10th Anniversary-

白木央太、ツマベニチョウ
雀真耶、ヒメスズメバチ

その他の収録作品

  • 愛の罠にはまれ!EXTRA
  • 愛の本能に従え!EXTRA
  • 愛の在り処をさがせ!EXTRA
  • 愛の星をつかめ!EXTRA
  • 樋口美沙緒×街子マドカ スペシャル対談2
  • 樋口美沙緒WORKS

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数5

まとめて一気に読めるなんて贅沢。

 もちろん、買うなら2冊セットで欲しいです。
「Silver」は、やっと既読のお話も含まれてましたけど、やっぱり初めて読めたお話がたくさん。
一気にまとめて読める満足感もたっぷりです。


 まずは「愛の罠にはまれ」が110ページほど。
初めて読んだのですが、兜がだいぶおかしな方向にぶっとんでいて、うわぁ…。
でもまぁ、攻め様が受け様を好きすぎて、おかしなことになってる話は好きなので嬉しいです。
 書き下ろしの10年後の話は、ヒートアップしそうな兜だったのに、着地点は穏やかでしんみりしてて、なんだいいお話じゃないか、でした。


 「愛の本能に従え」が80ページちょっと。
安心安定の甘さとエロをありがとうの大和&歩なのでした。
てか、10年後の話でえっちが入ってるのはここだけじゃないかな。ふふっ。
 大和の幼馴染の久史と黄辺のこじれまくりの2人のお話も。
どうなるんだろうなぁ、黄辺のままならない想いは。


 「愛の在り処をさがせ」「愛の在り処に誓え」は合わせて80ページほど。
今ではすっかり落ち着いてる2人。
書き下ろしでは、2人で旅行で日本を訪れていて、葵の卒業した星北学園へ。
遅くなった新婚旅行ですね。


 「愛の星をつかめ」は70ページほど。
とっても読みたかった「もしも薔薇を手に入れたなら」が読めて嬉しいです。
さすが真耶兄さま、ありがとうーーー、よかったねぇ央太、と真耶に抱きついてる央太ごと2人をぎゅーっと抱きしめたくなりました。
 10年後の書き下ろしは、付き合い始めて10年じゃなく、央太が突然変異してから10年の月日がたってて、2人が付き合い始めてからは2年後のお話でした。
真耶が誠実で潔くって、どこまでも男らしい。
何度でも惚れ直しちゃいます。


 最後に樋口先生とマドカ先生の対談2と樋口先生のこれまで出版された本の一覧が。


 そしてまた、マドカ先生のカラー口絵が嬉しい。
「Goid」が、ハイポーズ、での1枚なら、「Silver」はその後の1コマの1枚って感じなんですよね。
7組のカップルがそれぞれの表情やポーズで、見比べてはにまにまです。
マドカ先生、美しくて楽しい口絵をありがとうございます。

 
 ムシシリーズ、大好きなので、こんな豪華なお宝本を出版してもらえて嬉しいです。
10周年、ありがとうございます。
まだまだ書くとおっしゃってましので、楽しみに待っています。




1

それぞれの10年が感慨深いです

本シリーズは絶滅に瀕した人類が強い生命力をもつ節足動物と融合を
図った結果、起源種による優越が生まれた世界で繰り広げられる擬人
化ファンタジーになります。

シリーズ10年記念本である「Love Celebrate!」"Gold"はシリーズ早期の
の3作品、"Silver"は以降の4作品の文庫本編以外に、いろいろと書き下
ろされた番外短編類がまとめられています♪

最近、作家さんのデビュー〇周年記念として総集編やファンブックや
記念本が出ていますが、本作は先生ご自身がかなりから前から総集本を
出したいとおっしゃっていらした事もあっての発刊かと思われます。

私は「愛の巣に落ちろ!」が大変面白くて同人とで翼カプの続編を読み、
続々と発刊されるシリーズ新刊を毎度楽しみにさせて頂いていました口
ですが、読みたい時に一気読みできるのは嬉しいですね♪

発刊に合わせてカフェやイラスト展が開催され、それぞれ行かせて頂き
ましたが、改めて10年間を振り返り、樋口作品の愛の深さを再確認させ
て頂きました ヽ(^∀^)ノ

"Gold"に引続き"Silver"をご紹介です。

こちらの"Silver"は"Gold"収録の3作品に続く5作品「愛の罠にはまれ!」
「愛の本能へ従え!」「愛の在り処をさがせ!」「愛の在り処に誓え!」
「愛の星をつかめ!」に関するSS類の他に、樋口先生と街子先生の対談
Part2、先生のこれまでの活動履歴が作品の他にイベントまで収録されて
いて興味深い1冊となっています♪

小説で一番のボリュームは4作目「愛の罠」です。ムシシリーズが好きな
方ってこのカプ押しが多いように感じます。兜の執拗過ぎる執着愛が萌
ツボらしく、兜のあっちゃん愛の高すぎる粘着度は私も結構好きかな。
収録作も兜の篤郎に呆れられるくらいの暑さでした♡

「愛の罠にはまれ!EXTRA」SS類の初出です。

・特典類小冊子、ペーパー
「罠にはまったカブトムシ」「愛の罠から抜けられない」
「兜甲作の憂うつ」「罠にかかって四苦八苦」
「うちの先生はちょっとおかしい」

・同人誌
「愛の罠には気付かない」「どうぞ末永く、お幸せに」
「あっちゃん、えっちしよ」「うちの夫はちょっとおかしい」
「うちの親はちょっとおかしい」

・新作書き下ろし
「十年後の愛の罠にはまれ!」

5作目の「愛の本能へ従え!」は俺様攻の多い中、真面目で大らかな大和
が相手なので基本明るくてコミカルな話なのですけど、大和の起源種が
エロ度高めなのでHが濃ゆいという楽しいカプです。書き下ろしの10年
後もそんな一面が良く出ていました。

「愛の本能へ従え!EXTRA」SS類の初出です。

・特典類小冊子
「本能には忠実に」「七安歩のひみつ」

・同人誌、ペーパー
「愛の本能へ従え!SS」「本能に従ったら」
「愛も本能も、誰のものでも」「愛はない、本能もないけれど」

・新作書き下ろし
「十年後の愛の本能へ従え!」

6作目「愛の在り処をさがせ!」7作目「愛の在り処に誓え!」は本編
では見えないシモン側が描かれています。2人の子供達のお話も読め
ます。

「愛の在り処をさがせ!EXTRA」SS類の初出です。

・特典類小冊子、ペーパー
「愛の在り処をさがせ!SS」「愛の在り処をさがせなくても」
「フリッツの疑問」

・ツイッター企画
「シモン・ケルドアの変化」

・新作書き下ろし
「どこかにある、幸せの国」

「愛の在り処に誓え!EXTRA」SS類の初出は下記の通りとなります。

・特典類小冊子、ペーパー
「翼の訪問」「愛の在り処はここに」「悩める大公シモン・ケルドア」

・同人誌
「君は世界で一番、美しい」

・新作書き下ろし
「十年後の在り処に誓え!」

ラストの8作目「愛の星をつかめ!」はシリーズの受ちゃん達の良き相
談相手であるクールビューティな真耶様のお話です。クールビューティ
受が大好きなのですが、まさかマヤマヤの恋物語が読めるとは思っても
おらず、本編が出た時はホントに嬉しかったのです。

そしてお相手もまさかな央太くん!! 先生のインタビューを読むとわりと
早くから央太くんがお相手として練られていたようですね。SS類も判っ
てから読むと央太の変化がちょっこちょこ見えるのが楽しいです♡

「愛の星をつかめ!EXTRA」SS類の初出です。

・特典類小冊子、ペーパー
「星の名前」「ツマベニチョウの重すぎる愛」「真耶斗愉快な仲間たち?」

・雑誌(電子)掲載
「もしも薔薇を手に入れたなら」

・新作書き下ろし
「十年後の愛の星をつかめ!」

まだまだシリーズが続きそうで、大いに期待しています (^O^)/

1

今後もシリーズを追いかけたい!

Gold版に引き続きSilver版もレビューさせて頂きます。
個人的にはSilver版の方が好きなカップルがいたり、今後のカップルに関するエピソードやインタビューも盛り込まれていたりしてGold版と比べてこちらの方が何度も読み返しています。

性癖丸出しのレビューになるのでご了承下さい。

兜×篤郎
シリーズで1番好きなカップルです。
本編でも際立っていた兜の変態イカれ具合が溢れていて最高でした。
あっちゃん可哀想にと思いながら、読み進めるにつれあっちゃんをもっと困らせて欲しい!と思えてきて完璧兜に同調していきました。
あっちゃんを好きすぎて頭おかしくなっていく姿と、あっちゃんに相手にされず必死になる姿が素敵でした。笑
さらっと大事な人ランキングで自分を1位にランク付ける兜も自分本位さが出ててブレないなーと思いました。
子供4人も生まれてますが、それも兜の自分本位な暴走なんだろうなとか思うと震えます。

大和×歩
樋口先生公認のエロ要員なだけあり、エロエピソード豊富でした。本編でもそうでしたが、歩のモード入った時の淫乱さはギャップ凄すぎてそりゃ大和もハマるよねと納得です。
また、この2人だけでなく志波と黄辺のエピソードもあり今後がとても気になる2人でした!個人的にクズな攻がとても好きなので、志波のクズさに期待が膨らみました。

シモン×葵
シモンがまだ葵への気持ちに無自覚な時期の話があったり、2人がゆっくり近づいていく姿がとても微笑ましく思いました。
また、ここでもフリッツとテオのエピソードが出てきますが気になる2人です。いつかフリッツ暴走話読みたいです。

央太×真耶
央太が突然変異した時の苦悩とか、真耶をどれだけ好きなのか分かるエピソードが多くありました。
央太が真耶に必要とされるために必死になる姿が真耶にとっては可愛く見えてるのかなと考えると、真耶が央太のイケメン度にトキめく姿をもっと見たいなと思ったりしました。

ムシシリーズはシリーズを通して、1冊だけでなく他のカップルも読みたいと思う様なシリーズであり、色々なカップルを読んできて良かったと思えるシリーズであるとこの豪華版を読んで改めて思いました。
まだまだムシシリーズは続いていくということなので、これからもシリーズを楽しんでいきたいと思います。

3

さまざまな愛のかたち


ゴールド版に引き続き、シルバー版のレビューです。
シルバー版は、「愛の罠にはまれ!」「愛の本能へ従え!」「愛の在り処をさがせ!」「愛の在り処に誓え!」「愛の星をつかめ!」に出て来るCPとサブキャラクター達がメインのお話が収録されています。
こちらも上下段組でたっぷりと楽しめます!
ゴールド版よりも小説の割合が多いかと思います。
後半に樋口先生と街子先生の対談の続きと、これまでのお仕事履歴が掲載されています。


内容について。
「愛の罠に〜」は、兜の絶倫っぷりと溺愛っぷりとあっちゃんを好きすぎるが故のサイコパスっぷりがぶっ飛んでいて(笑)
10年も一緒に居ても全くブレない、まだ幼い息子にも注意されてしまう兜のテンションに笑ってしまいました。
なんだかんだありつつも、子沢山で幸せそうなあっちゃんがたくさん見られて私も幸せでした。

「愛の本能へ〜」は、まさに青春と性春。若さが良いです。
コミカルで甘くて可愛い2人!
それから、サブキャラクターである黄辺と志波が目立っていましたね。
黄辺視点で語られるお話が切なくて、今後2人がメインとなるお話も読んでみたいなと思いました!
すごく切なくて…どちらにも幸せと救いがあって欲しい…

「愛の在り処〜」は、初めはどこか機械的だったシモンが葵によって愛を知り、不器用ながらも徐々に人間らしく成長していく姿が印象的でした。
このCPは2冊出ているので、前半と後半の番外編で全く温度が違うのが面白いです。
葵の強さとひたむきさも見事ですが、葵に愛を伝えられるまでになったのね…と、シモンの成長にまるで親のような気持ちに。
こちらも子沢山でびっくりですね!シモンが立派なパパになっていて感動。
テオとフリッツの2人もこれから何か起きたりしそうな予感…?

「愛の星を〜」は、1番新しいお話なので掲載ページ数自体は少ないのですが、他タイトルの番外編にも真耶と央太(特に真耶)がちらほらと登場しています。
側から見ると完璧そうな央太ですが、いつか真耶から必要とされなくなってしまうのではないか、好きなのは自分だけなのではないかと不安で、あれこれと悩んでしまいます。
片思いの時間が長い分、央太の愛は深くて重たいんですよね。
央太と付き合うと決めてからというもの、真耶はそんな央太の事もとっくに愛しているのに…
外見は美しく内面は男前。でも行動がちょっぴり可愛らしい真耶と、甘い顔立ちと余裕のある姿とは裏腹に、とても複雑な内面を持ち、真耶に関しては小さな子供のようになってしまう央太。
書き下ろしでは不安が少し減って、自然と信頼し合っている2人が描かれています。
不器用な2人の今後をもっと見てみたいなあ。
央太の前では隙を見せる真耶も、それに喜ぶ央太も可愛いです。


ゴールドとシルバー、どちらも今まで読めていなかった番外編がたっぷりと読めて、樋口先生・街子先生の貴重なインタビューも読めるという素晴らしい内容の記念本でした!
どのCPも個性的ですし、あの時こうだったキャラクターが…等、それぞれが成長した姿を見る事が出来たり、各CPによって様々な愛の形があったりと、ムシシリーズを追っていて良かったなあと思いました。
本当に10周年おめでとうございます!
これからも末長く続いて欲しいシリーズです!

2

ムシシリーズは続きますよ~!

ムシシリーズ10周年記念の豪華記念本、二冊同時刊行のうちのもう一冊になります。

カップルとしては
・愛の罠にはまれ!
・愛の本能に従え!
・愛の在り処をさがせ! 愛の在り処に誓え!
・愛の星をつかめ!
の全4カップルになります。

こちらも、それぞれのカップルの同人誌収録作から特典SS、小冊子SSに、雑誌掲載作、あと10年後の二人を書き下ろし(SS)って所でしょうか。

他、樋口美沙緒先生と街子マドカ先生の対談2に、デビューから現在までの作品年表になります。

「Gold」の方のレビューで、この対談については書けなかったんですよね。
字数制限が来ちゃって。
で、この対談もかなり興味深い内容になってて、あの表紙にそんな意味が!と驚いちゃったりして。
いや、パッと見で内容を的確に表現される、イラストレーターさんってすごいですよね。
ついでに、ムシシリーズはまだまだ続きますよー!
志波と黄辺らしいですよ~!!
作者さんが書いたレベルではいない程の、かつてないクズ男・志波。
マジで?
いやでも、篤郎が主役だと分かった時に「ええー!」となったけど、今じゃ一番好きなキャラだしね。
マヤマヤと同率一位でだけど。

ちなみに、こちらはブルーが基調で、描き下ろし(Goldは表紙イラスト)の口絵カラーも折り畳まれて収録されています。

以下、個人的に特に好きな部分の感想になります。

「罠にかかって四苦八苦」
愛の罠にはまれ!の特典小冊子になります。
兜視点です。

篤郎と念願叶って結婚し、(フライング気味に)用意した新居で幸せに暮らす赤ちゃんと二人。
しかし、やたら遊びに来る真耶になつく篤郎を見て、兜は真耶に負けてると危機感を抱くんですね。
そこで、あっちゃんが「美味しそう」と言っていたケーキ屋のケーキを買ってきて、点数稼ぎをしようとするものの・・・。

ケーキ屋の閉店に間に合わなくてケーキを買えず、しょんぼりと帰ってくる兜が、ちょいかわいそうになります。
また、ケーキを買うと言う目先の目標に夢中になりすぎて、大失態までやらかしちゃう。
恋する男は無様ですよ。
まぁただ、雨降って地かたまるでも無いけど、おかげで篤郎の深い愛を実感出来たねと。
SSなんですけど、笑えてキュンとして最後は感動まで出来ちゃいました。

「十年後の愛の罠にはまれ!」
結婚十年目を迎え、4人の子供と子沢山になった兜。
そんな彼が、記念すべき結婚十周年のお祝いに向けて暴走するお話です。

個人的に篤郎が大好きでして、その為、あっちゃん大好きな兜が暴走しちゃうと言うエピソードが楽しくて仕方ないんですよね。
いや、本編での攻めザマァっぷりが一番容赦無かったのが兜だと思ってるんですけど、この記念本でも、なんかずっとそんな感じ。
ハイクラスで議員でとスペックだけ見るなら超いい男なのに、この扱いのひどさってなんなんでしょうね。
また、ショボくれてたりするのが似合い過ぎるんだなぁ。
とりあえず、兜が失態を犯してオロオロしてるのを見たい方は、ぜひ。

「十年後の愛の本能に誓え!」
籍を入れてから八年目。
26才でプロテニスプレーヤーである大和視点で語られます。

現在、世界ランキング上位である大和は、世界中を飛び回る生活。
で、不定期に自宅で習字を教えるサービスをしつつ、そんな大和と一緒に世界中を旅する歩。
連れ回すのはかわいそうだけど、3日に一度はエッチしないと、強烈なフェロモンを振り撒いてしまうんですね。
その為ー・・・と言うお話。

作者をして、今シリーズのエロ要員と言わしめる大和と歩。
そんなワケで、このSSでもイチャ甘を繰り広げてくれます。
歩のエロすぎる姿に、鼻血を吹きそうになってる大和が笑えますよ。
この八年で異形再生がかなり進んだ歩。
そのうち、二人の赤ちゃんが見られるのかな?って感じの可愛らしいラストです。

「十年後の愛の在り処に誓え!」
シモン36才×葵28才です。
なんと、6人兄弟の母親となった葵。
そして、そんな葵を心から愛しいと思う、シモン視点で語られます。

内容としましては、一番下の子が3才となり、二人だけでゆっくり旅行に出ると言うものになります。
しっとり読ませてくれる、愛情に満ちた二人のやりとりが素敵でした。

「十年後の愛の星をつかめ!」
付き合い始めて2年。
記念に真耶が、ホットケーキミックスでケーキを作るお話です。
央太視点です。

真耶の家族には挨拶済みであるものの、央太の両親にはまだ挨拶を済ませていないんですね。
真面目で律儀な真耶は付き合ってる事で挨拶をしたいと望みますが、頭の固い両親に真耶を侮辱される事を恐れて、会わせたくない央太。
そんな央太に真耶が告げたのはー?

と言ったお話。
真耶が相変わらず男前ですよ。
ついでに、ホットケーキミックスで一生懸命ケーキを手作りするのが、可愛すぎますよ。

最初のうちは、真耶に愛されてるか不安だった央太。
重ねる月日が、解決してくれる事もあるんですよね。


個人的に、本編終了後の番外編や、SSというものが大好きなんですよね。
本編ではそれなりに切なかったり痛かったりするんですけど、番外編なら既に出来上がった二人のイチャ甘と、美味しい所だけ味わえる。
まぁそんなワケで、10年後の二人なんて読んでて幸せで仕方なかったりします。
また、それぞれ幸せそうで良かったと、すごく嬉しくもなる。

あと、対談ですが、Goldではキャラデザについて、Silverでは表紙について語れます。
表紙に控え目にナナフシとかが居るのに「うふふ」と笑ってたりしたんですけど、構図からポーズから衣装のはだけ具合から、そこまで考えて描かれてたんだとビックリ。
プロって、やっぱり凄いよ。

とりあえず、十周年記念に相応しい、超豪華な記念本で大満足でした。

※間違えて、こちらにGoldのレビューを上げてしまいました(>_<)
失礼しました。
今さらですけど、GoldとSilverでは収録内容が違う為、ご注意下さい。

9

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ