愛があるならいいじゃない

ai ga arunara iijanai

愛があるならいいじゃない
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神25
  • 萌×223
  • 萌6
  • 中立3
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
12
得点
238
評価数
58件
平均
4.2 / 5
神率
43.1%
著者
 
媒体
コミック
出版社
新書館
シリーズ
Dear+コミックス(コミック・新書館)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784403664557

あらすじ

「奪われることまるごと全部」の美長×鷹緒再び!
相変わらずのダメ男・鷹緒とドS彼氏・美長の同棲生活は愛と波乱でいっぱいのようで!?

表題作愛があるならいいじゃない

永田美長,レストラン勤務,(受)にゾッコンドS 
青木鷹緒,輸入雑貨屋店番,巨乳大好きダメ&バカ男

同時収録作品愛があるならいいじゃない

小沢,鷹緒の働く輸入雑貨屋の総合ブレーン
宮田,同じ輸入雑貨屋の会計,恋人

その他の収録作品

  • されど愛・愛
  • その時 彼らは…(描き下ろし)
  • あとがき
  • カバー下:4コマ漫画「彼氏トーク①」「彼氏トーク②」

評価・レビューする

レビュー投稿数12

愛があるなら

この作品の5年前に刊行された「奪われることまるごと全部」の続編です。私の中で「美人攻」と言えばこの人!の美長と、彼が何故かベタ惚れしているダメ男・鷹緒の、その数年後――…のお話です。

前作ではほぼ高校生だった二人。作中でも数年が経って大人になり、9割ダメ男だった鷹緒が一丁前に煩悶しているのが微笑ましかったです。男性としてのタイプも一緒に居ることに対する考え方も違う二人は、前作ではそのアンバランスさが魅力だったのですが、今作ではより真正面からお互いに向き合っていることが伝わってきました。

そして画風がちょっと変わって全体的にふっくらしたせいか(作者曰く、幸せ太りだそうです)、美長の「超絶美人なS攻キャラ」も少し控えめになりましたね笑

前作よりも二人がイーブンな関係になったように思いました。読めて良かったです。あと、脳内で鳥海さんと鈴木さんのCVで再生されて楽しかったです!

0

もうホントにこの2人は...可愛すぎか!

鷹緒と美長。このカップルが好き過ぎて、読んだ後3日間ぐらい幸せな気分でした♡美長に見合うイイ男になるために悩みに悩んだ結果が家出してバックパッカーの真似ごとってww 鷹緒の可愛さは犯罪レベルです。バカさ炸裂で感動しましたww 温泉旅館で出会う夫婦もまたいい味出してて、最終的に一般的に言うイイ男にはなれなかったけど、鷹緒が自分自身の価値に気づいて自信を取り戻してくれて良かったです。

美長はちょっと昔より丸くなってて、もう少し強気なところが見たかったなと思いますが、前にもまして鷹緒という底なし沼にずぶずぶとハマってて、その一途さとかとにかくもう全部最高。

つまりのところ、私はこの2人を溺愛してるんだと思います。どっからどう見ても可愛いとしか思えない。ご馳走様でした。そして末永くお幸せに!

1

鷹緒・自分探しの巻

「されど愛・愛」
巻頭はこちらで、時系列的にも、表題作よりこちらが先です。
ちるちるさんの受様コメがさらに容赦なくなってます(爆)
「巨乳大好きダメ&バカ男」
‥「アホ」より「バカ男」と書かれた方が破壊力がぱないですね。
でも、ま、アホはアホなりに考えてますよ今回は。
考えすぎてぐるっと1回転して元に戻ってきたみたいな感じですが。

「愛があるならいいじゃない」
出たよ。鷹緒の悪いクセ。
これだからちるちるさんに
「巨乳大好きダメ&バカ男」って書かれちゃうんだよ。

「振り返ってみてみれば?」に収録されている
「愛おしいってそれだけで」の小沢×宮田カプもそこそこ登場。
小沢が髪型といい、キャラといいいろいろ崩壊しています。
この人誰だっけレベルで別人になってました。

「その時彼らは‥」
「愛があるなら~」で宮田が店に戻った後、彼らは‥。
って話。6p。短いけど、ちゃんとまとまってます。

どうでもいいですが、「あとがき」の
美長と鷹緒に笑いました。
私もドン引きだよ。美長。

0

二人が幸せなら

楽しみにしていた美長と鷹緒のお話。(二人は同居中です!)
相変わらず美長は美しいですね。
そしてダメ男、鷹緒への愛情もたっぷりです。

一方の鷹緒は・・・うーん、ダメ男要素は健在のようです。
でも以前に比べたらだいぶ大人になった?!気がします。
勝手に自分探しの旅に出て美長に心配をかけたり、可愛らしい女性に言い寄られしっぽふってついていきそうになったりと、まだまだ危うさはありますが美長への愛情も感じられるので安心しました。

二人が幸せなら良しと考えます(^^)

1

大人になるということは・・・

大人になった美長と鷹緒のお話。『奪われることまるごと全部』と『好きと言うのになぜかしら』に続く美長と鷹緒のお話です。あの鷹緒も働くようになって、俺達も大人になったと自分で言っています。俺たちもって、え?美長だけはとっくに大人って感じだったけどね!?

・『されど愛・愛』前後編
 大人になった2人は変わらず一緒に暮らしていて、さりげない生活感が良い雰囲気です。平穏無事で退屈な毎日。そんな日常がどれだけ素敵なことなのかなんて、まだわからない青い鳥症候群な鷹緒。仕事でも自分の存在価値が見出せず、やりたいことも秀でた才能もなく、このままでは美長との関係もいつか終わってしまうのではないかと、負のループ。あの浮気性でショボイ男だった鷹緒がこんな風に悩むなんて、本人の言うとおり「大人になった」んだねーと、なんだか感動してしまったよ。駄目息子を見守るお母さんみたいな気持ちになっちゃったのかな(笑)
 どこかのサッカー選手みたいに「俺探しの旅」に出て行った鷹緒でしたが、やっぱり鷹緒は鷹緒。やらかしてます(笑)旅先で出会った旅館の夫婦が、まるで未来の鷹緒と美長のようで、おかみにへばりついている、し続きょぼくれた親父さんの言葉が鷹緒の心に刺さります。「ずっと一緒にいてえんだ」。我慢できずに美長に電話をかける鷹緒でした。
 車を飛ばして迎えに来た美長に必死に謝る鷹緒が「会いたかったよ」と言われて抱きしめあうシーン。ここのモノローグが大好きです!されど愛だね。鷹緒の「俺探しの旅」は珍道中だったけれど、2人にとって大切な旅になったと思います。

・『愛があるならいいじゃない』1~3話
「俺探しの旅」から帰った鷹緒は充実した日々を送っていましたが、そんな日常に現れた可愛い女の子。やましい気持ちなんてない、アイドルみたいなものだと言い訳して、彼女のカフェに通っていることは美長には内緒にしますが、つい彼女はいないと嘘をついてしまい、女目当てにカフェに通っていることも美長にもバレてしまいます。あーもうっ!鷹緒は本当に懲りないね。なにがアイドルだよー。美長とのHの時にもその子のことを思い出したりしちゃってるし!よく言い訳できるよー!反対に美長はすっごく大人になったと思う。ふて寝する鷹緒に「昨日は言い過ぎた、ごめん」ってすごく優しいし、慰安旅行から帰ってすぐに鷹緒に会いに来る。その上、カフェの女の子に殴られた鷹緒に「これ以上ケンカはしない」と男らしいのです!鷹緒は由一から送られた写メで、たぶん鷹緒以外全員(読者含めて)が思っていたある事に気が付きます。「美長は俺なんかよりずっとモテるんだ」って。今頃かよ、鷹緒!盛大につっこんだ私でした。モテる美長を心配する鷹緒に「お前だけでいいんだよ。俺にはお前だけだ」っていう美長。カッコよすぎる~~~っ!このコマ、萌えました!

・『その時 彼らは・・・』
鷹緒の仕事仲間で出てくる小沢と宮田のショートストーリー。この二人の馴れ初めが『振り返ってみれば?』に収録されているそうです。『いつもあなたの事ばかり』のレビューで詩雪さんが詳しく書かれています。読む順番などに迷っている時にとても参考になりました!

2

相変わらずなようで

おおっ、ここにきてこの2人がまた読めてうれしいです。 はい、その後ですね。 ですが少し大人になった部分もあるようでないような。 でもお互いが相手に嫌われないように、飽きられないように、悩みまくってる姿が可愛いです。 鷹緒の泣き顔は当たり前ですが、美長はそうしょっちゅうと言う訳ではないのでその分ずっしりときます。 特に今まで以上に美長の気持ちも読めて新鮮。 鷹緒の方からの距離を置きたいという行動は2人をより強くするためにはよかったみたいです。 他の顔ぶれもちらほら出て来たので続編希望!! カバー下も面白かったし、なんといってもあとがきの4コマは最高でした。 鷹緒がいろいろと剛毛というのも新発見ですが、それに対しての美長のセリフに爆笑。 引きはしませんが鷹緒への愛だと思っていいですよね!

0

愛があってもダメなものはダメだろう

出だしでいつになく真剣に悩む鷹緒を見て、おお~成長したなー!大人になったねー!!と思ったのも束の間、鷹緒は鷹緒でした。今作でもハッキリとした浮気はないものの、安定の自己中炸裂の迷走っぷり。都合のいい女々しさは愛らしくないよー!攻めが精神的にやられて傷つくのが萌えツボなのに、美長が凹む姿は見てて悲しくなりましたよ(;ω;)←とか言いつつ萌えツボもギュンギュン押されてますw

美長は丸くなりましたねー!や、顔もだけど性格が!ガツ―ンとお仕置きいっちゃうと思いきや、ほっぺたなでなでして「これ以上ケンカしない」って。なんか愛情が甘いピンクになってるーΣ(゜∀゜)!!(今までは激情の赤!!ってイメージでした)そんな俺様健気な美長にはキュンキュンさせられて、なんだかんだと根本は変わらない鷹緒には(;皿;)ギリィ・・・となった1冊でした。

「愛があるならいいじゃない」って鷹緒が言いそうですね。
愛があってもダメなもんはダメだろう(;皿;)ギリィ

0

鷹緒はほんとしょーもねーなー。

多分この人、今後も何度も繰り返すんだろうなと思うけど、もうこうなったら美長の負けとしか思えない。鷹緒が拾われた旅館のご主人の今の姿が、鷹緒の未来を暗示してるとしか思えない。その頃にはきっと、さすがの美長に捨てられるとしか思えない。鷹緒と一緒に雑貨店を営んでる小沢と宮田って、これまで出てきてたっけ・・・。田舎のホストシリーズとごっちゃになってるけど、リンクしてたっけ?そして顔がどんどん丸くなってるのと、テケトーなラフ画が多いのが気になった。

0

続編を期待していた訳ではないけれど

やっぱり出るとなると読みたくなるカップルのその後。
鷹緒も美長も大分落ち着いていて、大人の余裕?
そんな2人の不安の火種は、やはり鷹緒ぐらいしか考えつきませんでした。

美長のストイックさに社会人になって感じる差。
置いていかれ感に距離の縮まる気配すらなく、焦る鷹緒の気持ちはとても理解できます。
そこで「俺ってヤツを探す旅」に出てしまう発想が鷹緒らしくてうっかりほっこりしてしまいましたが、途中何かを見失いつつもちゃんと答えに気付ける鷹緒の素直さが何よりです。
久しぶりの再会に、発情する鷹緒を制する美長。
お預けプレイにゾクゾクしてしまいました。

でもやっぱり2人が丸くなったせいなのか、最近の作画が丸いせいなのか。
あとがきにもありましたが微妙な気持ちで受け止めてみました。
次回は由一編。
やっぱりスタイリッシュな彼でいて欲しいな。
なんて期待を呟いてみたくなります。

1

このシリーズのキャラ達が大好き

キャラ達の顔が丸くなろうがなんだろうが、ゆるく長く続いていってほしいシリーズです。わりとダメな子達だらけなんですが皆一生懸命なので愛おしいです。私の中でピラミッドの頂点はもちろん美長の店のオーナーです。彼は敵なしです。弱点はゆーちゃんの無意識の浮気?だけです。

今回驚いたのは「鷹緒」が下の名前だったこと。なぜかずっと名字だと思い込んでました。細かい所で色々笑わされました。母「誰か探しに行くの?」鷹緒「オレってやつさ」の下り。鷹緒はあまり美しい受けではないのですが、こういう所がなんか憎めません。攻めの美長の方が美しいカップル。美形攻めです。

小沢・宮田のコンビも仲良く続いていて良かったです。美長のベッドで商売してた時から商才ありましたからね。ショックだったのはお気に入りだったレストランの脇キャラ内山君がオーナーの中でつまらない話をする人認定されてたこと。酷いよ。修君と内山君いないとあの店まわらないのに(笑)

次は泣きボクロのターンらしいのでまた絶対買わなきゃ!と思います。

1

背表紙美長のお尻やないかい…!


待ちに待った美長×鷹緒の新刊…!
堪らない!!と叫びたい。
我慢して我慢して手にとって…少し丸くなっているとの声もあるようですが気になりませんでした。
鷹緒が少し大人になりかけ…ん?笑 な今巻。

相変わらず愛おしいふたり。(特に美長)
綺麗で恰好良くて仕事も料理も出来る長髪攻め。
それでいて周りを気にしなかったり変なところで抜けていたりと当然女の子にもモテる筈です。
なのに、ど〜してか鷹緒命。
ゲイとかノンケとかではないらしい。鷹緒というジャンル。
でも、全くもってワンコではない。布団も丸まって眠る(可愛い)
寧ろ猫…というかSいのでジャガーっぽいというか。
珍しいと思います。
ツンデレという枠にも収まってほしくない正直さも持っていて。「浮かれ」という単語を聞いて「え!そうだったの⁉︎美長…浮かれていたの⁉︎」と物凄い嬉しくなる。
シリアスな場面なのに。

鷹緒のダメっぷりも愛おしいレベルなのでうざったさを微塵も感じない。人間らしくて良い良い。
結局は最強美長が愛してくれるし。(笑)
でも鷹緒もちゃんと良い子なのが伝わってくる。
告白されるシ続きーンでは、個人的によく振った!と思っていたので美長怒…あれ?;となりました。
ちょっと巨乳に飢えている鷹緒は可哀想なのでどうにか打開策をと願っております。

「愛があるならいいじゃない」
成程、と 愛すべきふたりに万歳です。

それから過去作を余り知らないので当然の如く出て来た二人には驚き…めんどくさくてしょうがない二人でした。(笑)
あかねさんの友情出演キャラは由一といい彼らといいうっざいのが多め!ww オーナーは大人です。物凄く大人に見えます。美長から可愛さを引いた感じ。

﹡読み返し見所メモ(1P毎に萌えてしまうので1シーンだけ…~ベッドでの喧嘩編~)
①「ちょっと……距離おかない?」と言われた時の美長の顔
②その後の美長の言葉抉り攻撃(後悔するのこれだろう)
③枕での攻撃を受けてさりげなく髪を直す美長(気持ち逸らしてる)
④再び鷹緒からのまさかの突き返し美長→「(何で…鷹緒)」な表情

何度も読み返したいと思います。
美長最強です。
あかねさんの長髪攻めは最高です。
ありがとうございました。

3

不覚にも共感しました

ヤンデレ美青年とアホ浮気男の幼なじみカップルが(主に見た目が)丸くなって帰ってきました!

お馴染みの登場人物達が7、8キロ太って見えます。

「されど愛・愛」
大学卒業後、鷹緒は、同級生の小沢&宮田と一緒に輸入雑貨屋を営んでいるが、売り子仕事しかさせてもらえない役立たず。レストランで働きながらソムリエを目指す美長に対する劣等感は増すばかり。とうとう家を飛び出した鷹緒は、旅先の旅館で働くことになる。

浴衣えっち!大人になった美長の深い愛情に泣けます(T ^ T)鷹緒は相変わらずダメダメ人間〜

「愛があるならいいじゃない」
鷹緒と宮田は、雑貨屋の常連客ゆっこちゃんにデレデレ。ゆっこちゃんの働くカフェに通いつめ、美長とのえっち中にゆっこちゃんのことを考えてしまったりと、鷹緒の浮気虫が騒いでいる。

プチ浮気に怒った美長がねちっこいえっちをするんだけど、鷹緒はスパイスになったと思う。全く反省の色が見えない〜

鷹緒はクズに違いないのですが、鷹緒の卑屈な思考やズルい言動はけっこう身に覚えがあって共感してしまいます(^_^;)トホホ

電子書籍には、デジタル版続き描き下ろし1ページ漫画がついているのでお見逃しなく!

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ